田んぼ仕事

14日は、看板取付までこぎつけなかったので、田んぼ関連の記事をアップします。

水の無い時期に、田んぼの用水関係の改善・修理等を行いました。

取水口栓取付

小さい田んぼ(田2)の取水口は、キチンとした開閉栓が無く、U字溝に開けた穴に、ぼろきれ等を詰めて閉じたり、詰める量で取水量を調整する等、原始的やり方でした。

その取水口に、専用の開閉部品を取り付けました。

専用開閉部品
16-12-12水口栓
塩ビ材で出来ていて、多くの田んぼで使われてるけど、結構値段の高い物らしです。
今回使った部品は、幸い亡くなった義兄が手に入れた板物で、改めて購入せずに済みました。

さて、セメント(モルタル)で、シッカリ固定できるかなー?
U字溝と面接触する部分は、シリコンコーキング材をタップリ塗って張り付けたので、水漏れは起らないと思います。


U字溝の斫り(ハツリ)
16-12-12U字溝
U字溝にハンドグラインダーで切れ目を入れ、タガネを使いハンマーでたたいて斫ります。
中には鉄筋も入っていて、日花が出ましたよ。

この四角く斫った部分の下に、これまで布切れなどを使って、開閉していた小径の穴が開いてます。

コンクリートをグラインダイーで切る時、さすがに穂頃がすごいんです。
なので、小生はマスクをし、保護マスクをしての作業。

取水口開閉部品をモルタルで固定する為は、U字溝の切り子やほこりを取り除かないとうまくくっ付かないので、ブロワーで吹き飛ばしました。

ホコリ払いのブロワー
16-12-12電動ブロアー
このブロワーです。

ブロワーとハンドグラインダーは、小型エンジン発電機(600W)で発電し、その100V電源を使って動かしました。

小型エンジン発電機
16-12-12発電機
停電対策で購入したものだけど、停電対応は太陽光と風力発電で賄えるので、殆んど使ってなかったんですが、何かと便利です。

U字溝の隙間コーキングの時にも、ブロワーを使ったので、既にご承知いただいていると思います。

コーキングも、6か所ほど残っていたので、コーキングしました。

U字溝隙間コーキング
16-12-12U字溝コーキング
隙間に入ったゴミや泥を掻き出し、金ブラシで表面の汚れを落としてブロワーで吹き飛ばし、コーキングしました。

仕上り(見本)
16-12-12水口栓取付
小生がDIYした所は、既に凍結防止の対策をしてしまったので、同じ様に開閉部品を取り付けた、隣の田んぼの取水口の状態の写真を使わせて頂きました。
つまり、類似と言う事ですね。

凍結防止策
16-12-12凍結防止策
飼料の入っていた紙袋を被せ、更に土を乗せて保温しました。

この作業の日(12日)の夜から次の朝の気温が、零下となり更に次の日(13日)の夜は降雨の予報だったけど、さて凍結せずに済んだかな?

DEN

看板作り(6)

看板本体の完成

やっと出来上がりました。

小生のブログをご覧の皆さんは、既に出来上がりのイメージはつかんでおられると思うので、新鮮味がないでしょうが、それでもせっかくなので完成品をアップします。

各パーツの組み付けには、既にご承知の通り、色々手の込んだ事をやりました。
・ベース板も、各パーツも全面(上面・下面・側面)全てを、水侵入防止の為にワトコオイル塗布。
・すべての文字パーツは、全てベース板の後ろからネジ止め。
・ねじ込み部分は、上・下(根に頭側・パーツ側)シリコンコンパウンドを塗り、浸水防止。

では、組あがった看板をどうぞ!

看板出来上り
16-12-13看板完成
英文字がベース板と似た色で目立たないけど、斜めにしたことと、左上の白い所が目立つので目を引いて、POPCPRNの店名にも目が行くので、良いでしょう。
英文字の読めない年寄りの方でも、右下のカタカナで分かると思うね。

裏側は、前述した通り多くのネジで止めました。

看板の裏側
16-12-13看板裏側
ベース板の後ろは、背割りの切り込みを設けてます。

ネジの部分には、白いコンパウンドがはみ出てますね。
これでネジ穴への水の侵入を防ぐんです。

板は50㎜弱で、使ったネジが60㎜なので、ネジ頭を板に食い込ませると、ネジの先端が表に出てしまう恐れもあるので、格好良くないが、ワッシャーを噛ませてネジのめり込みを押えました。
おかげで、ネジの先端も表に飛び出さず、綺麗にくっつきました。


完成した看板をいかにして取り付けるか、明日現場確認してきます。

以上、完成編でした。

DEN

看板作り(5)

「看板作り」も、5編目になりましたね。

色付け

先ずは、各パーツに色付け。

「手しごとの店」の塗装
16-12-5手しごとの店塗装
「手しごとの店」の部分は、切抜いた文字の部分を緑色に。
  写真は、1回目の塗装後の物で、2回塗して乾燥後に表面を研磨します。
表面は、緑塗装が乾燥してから研磨のうえ、白色で塗りつぶし予定。
  写真は、表面塗装前。

「双葉マークの塗装」
16-12-5双葉マークの塗装
上の面だけ緑色に塗装。
  写真は1回目塗りして乾燥途中。
傾斜面は無色でワトコオイル塗布。

2度塗り乾燥中
16-12-8乾燥中
色むらや色付きを良くする為、2度塗りをし乾燥中です。

「POPCORN」文字の塗装は?
16-12-8英文字塗装
英文字は、赤味を増すのと雨に強くする為、ワトコオイル(本来は家具用仕上げオイルですが)を塗布。
写真は、乾燥中のもの。

カナ文字は、緑色にします。

ベース板ネジ止め穴開け
16-12-8全文字ネジ止め
看板板に文字の外観を写し、その位置に合わせてネジ穴を開け、板の後ろから木ねじを使って、各パーツをネジ止めします。
尚、看板板に厚みがある(50㎜弱)ので、ネジの長さと埋め込みの工夫が必要かな。

看板板の表面仕上げは、超耐久アクリルニスを塗布するつもりだったけど、ニスは長年の間にはどうしても割れて剥がれると思われ、再塗装が難しいので何年か毎の塗布は必要と思うけど、ワトコオイル塗布にしました。
ワトコオイルは、本来家具用だけど、木に浸みこみ表面はオイルが硬く固まり木を保護するので、良いかと思う。

尚、気候が寒い為、ワトコオイルの乾きが悪く完全に乾くまで、3日くらいは放置が必要と思うので、完成までは少々時間が要りますね。

次回は、最終色付けと完成編、続いて取付(難しそう)編へと続きますよ!

DEN

看板作り(3)

今日は、依頼者と連絡が取れ、看板の文字を表示することに了解をもらったので、隠しなしでアップします。

塗装前の確認

全てのパーツが出来上がったので、看板板の上に乗せて文字のバランスを確認します。

各パーツ出来上がり!

「手しごとの店」部分
16-12-5手しごとの店文字
切抜いた文字の部分を緑色で染め、表面は白色塗つぶしの予定。
「の」と「店」は、切抜くと取れてしまう部分があるので、つないで加工しました。

切抜いた双葉マーク
16-12-5双葉マーク
細く切抜くと、木(板)が割れてしまうので太めに切り抜き、表面が細くなる様、台形に削りました。

双葉マークの仕上げは、表面だけ緑色に塗装予定。

「ポップコーン」の彫り込み
16-12-5ポップコーン文字
直接看板板に彫り込みましたが、板が大きく作業台上(色々置いてある為に狭い)で、板を回転しながらの彫刻が出来ず、‟仕上りにやや不満が残る”ですが*****。
彫った文字は塗装するけど、ベースの色をやや暗めの色にするので、白にしようかなー。

全体像
16-12-5全体像
各パーツを乗せて、塗装前の全体像を見ました。
こんな感じだけど、塗装するとまた違って見えるだろうなー。

ベースの看板板は、何色で塗装しようかな~!
塗装色を決めなくっちゃ!

次回は、完成までたどり着ければ良いんだけどな~!

DEN

看板作り(2)

表示文字の作成

文字は、看板板に彫り込もうと考えたけど、彫るのが大変と思い、結局切抜いた文字を張り付けることにしました。

今回は、メインの文字を切抜いたので、それをアップします。

文字の切抜き
16-12-3文字の切り出し
文字は、オリジナルの文字を拡大プリントして、針葉樹合板に文字の形を写し書きし、電動糸のこ盤で切り抜きました。

また、糸鋸で切抜いた切り口が滑らかでなかった為、サンドペーパーと棒ヤスリ(金属のヤスリ)で、滑らかに仕上げたので、横から板目が見えて、結構綺麗ですよ。

糸鋸での加工は、あまりやってない為か、思い道理に切抜くのが結構難しいですね。

看板板に仮置き
16-12-3文字の仮置き2
スミマセン、今日はフルネームの掲載を遠慮して、部分的に隠してます。

文字の切り抜きは、マズマズの出来だけど、バックの看板板と同じ様な色彩なので、目立ちにくいね。
でも、看板板をやや暗い色のステインで着色すれば、文字は目立つかな?

「手****店」の文字を、写真の様に白地に濃い色のペイントで書くことにより目立つので、「P*****N」の文字は目立たなくとも読んでもらえるかな?

尚、英文の下に、カタカナで、「ポ****ン」の文字(小さめの)を彫り込む(黒っぽい色の塗りつぶし)予定。

続きを、お楽しみに!(本人だけが楽しんでるのかも!)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR