スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪カ旅行記(2)

オハ・コンバンハ!(こちらの時間は、日本より1時間遅れの、昼夜真反対)

カナダから、2回目のアップです!
(アップ時間は、日本時間のままです。)

一昨日から昨日までは、時差ボケで(誰かの独り言 : うそつけ、何時もボケてっぺ!)、
調子が出ず、ユックリしてたんだげっと、さて今日は如何だんべ?

昨日の続き!

USAパーキングの、1ヶ月預けで¥10,185は、高いのか安いのか?
多分、平均値より安いと思ってますけんど、皆さんの御判断は「高い」Or「安い」?

成田に着いて、チェックイン手続き開始。

自動発券機(正式ネームは?)にパスポートをかざして、ペラペラ紙(味気ないねー)に
プリントされた搭乗券を入手。

チケット各人2枚ずつと、帰国時のフライトスケジュールのプリントと共に出力されけんど、
この3枚目のスケジュールが、後で役立つとはつい知らずでした。

無料で預けられる荷物(エコノミークラスなので、23kgまで)は、1個/1人の
制限に対して、1個多いので、オーバーチャージが発生。

この支払いも、同じ発券機でクレジットカードでの支払いが可能で、9千円プラスの
引落しとなり、発券手続き終了。

いよいよチェックインカウンターへ、荷物は、計量もせずすんなり手続き完了。

海外旅行用プリペイドカード(クレジット機能の無い、現地使用可能なATMカード)を
購入したので、とうざ用の金額をカナダドルに両替。

昼時になったので、昼食を5階の展望デッキで食べたり、写真をパチリ。

第1ターミナル展望デッキ
成田展望デッキ1 成田展望デッキ2
展望エリアから食事エリア方向      食事エリアテーブルから滑走路方向

滑走路側の金網には、所々ろカメラを出して撮影出来る様、切り抜きが有るんですね。

飛行機
搭乗機DL296 訪カ13年9月10日1アエロフロート機.JPG
小生たちの乗る「デルタ DL296」    ロシアの「アエロフロート」機
(ボーイング747-400)

昼食
成田で昼食待ち 成田での昼食
携帯いじって、料理待ちのお母ちゃん    食べた「冷やし中華」

ラーメンが食べたかったけど、熱いのはで汗が出るのでまずかんべな。
そんで、冷たいのを注文、愛想の無い店員が「20分以上掛かります!」とのこと。
出発時間(PM3:30)まで余裕があるので、「良いよ」と言って注文。

長い事待ってたら、呼出器が「ピピーッ・ピピーッ」と鳴ったので、早速取りに行き
すぐさまパクついてしまって、写真を撮った時は既に混ぜ混ぜして、食掛けになって
しまったですよ!

搭乗機内
DL296機内 機内モニタGPS地図
席の並びは窓側3席中央4席で、小生たちは中央の通路側2席。

モニターのナビ地図は、イリノイ州上空でアトランタに向かっているところだす。

この様なGPS地図を始めて見たのは、シンガポールエアーライン(SQ)で、およそ
20年位前の事、飛行中の前方の景色もモニター出来たりしてましたわ。

乗継地のアトランタまで、12時間プラスのエコノミークラスでの長旅だったけんど、
エコノミーにしては、座席前が比較的広く感じたことと、右側隣席が空席だったので、
割とユッタリ(とまではゆかないけんど)してられ、座席での苦痛はあまり無かったっす。

アトランタで乗継
アトランタ乗継搭乗待ち
アトランタで、DL411トロント行きに乗継ぎ。

荷物の出し入れなしで、たすかったー!
と言うのも、始めの予定では、DL411の出発時間がもっと速く、乗継時間が少ない
(1時間チョイ)上に、更に「荷物の出し入れが必要」、と聞いていたんでね。

米国での出国審査(イミグレーション)の厳しい事! 前回も経験してたけんど、
電子機器は勿論、ズボンのベルト、靴や靴下まで脱がされての身体検査、そして
審査官の質問攻め。

やっとの思いで審査を通過、飛行機に乗り込んだら、アチコチ空き席だらけ。
多い手荷物も、頭上の棚にすんなり収納出来、ラッキー!


カナダに到着 (写真なし)
トロントの飛行場にランディングするまでの間、トロン路上空をU字型に飛んだんで、
街が良く見えたこと。

CNタワーも、北米野球リーグのブルージェイズの本拠地ドームも見えたし、とにかく
「トロントの街が丸見え」ってな感じでしたわ。

ここからが、珍道中!

トロントに20時頃着いての入国審査、スゴイ人と時間の掛かる事!

ここで、飛行機の全スケジュールがプリントされた、成田で発券されたペラペラ紙が
役立ちましたっす。

審査官から、「出国(カナダからの)のエビデンスは無いのか、E-チケットは無いのか」
との質問。
結局観光目的ビザなので、そもそも出国のエビデンスが無いと、入国が難しいんだわね。

小生なんの事か良く理解できずあわてたげっと、審査官がその3枚目を見つけ、
「OK・OK」と言ってくれたので、胸を撫で下ろしましたよ!

やっとの思いで審査を通過し、バッケージクレイムのベルトコンベアーに行ったら、
3つ出ているはずのスーツケースが、1つしかコンベアーに乗ってない!

実の所、間違えてよそに運ばれていってしまったかと、慌ててしまいましたわ。

小生たちの来るのが遅かった為か、2つのスーツケースは、既に何者(係員?)かが
幾つかの他人のスーツケースと共に、コンベアーから降ろして、奥の方に置いたんだね。

見つけるまで時間が掛かったけんど、いやー!良かったですよ。

スーツケース3つと、重たいリュック2つ、そして大き目の手さげバックの結構多い
荷物なので、カートを借りようとしたら、2カナダドルコインが必要。
所がその2ドルが無い!

仕方なく、カート無しで、リュックや手さげバックを乗せた2つのスーツケースを
小生が引っ張り、お母ちゃんもスーツケース1つ、荷物を載せてエッチラ・コッチラ
引っ張って出口へ向かいましたわ。

出口に着いたら、Pとwocean2 が出口の前で待っていてくれました。
待つこと1時間だったそうで、きのどくな事をしましたです。

3つのスーツケースは、4人の人間と共に、Pの車にやっとの事で収まり、
無事P宅に到着。

時計を現地時間に合わせようと、あれこれいじるも、時計操作が複雑で覚えてない為、
結局日本時間のまま、まっ1時勘違いの夜昼逆なんで、良しとすっぺ。


ハンセイ : コスト優先で、米国経由の乗継便にしたものの、手ぶらなら良いけんど、
荷物が多いときはアキマヘンね!ダイレクト便が良い!・・・・・・運賃が高いけんどね!


それでは到着後の事は、次回からアップすっから、また覗いとごれ~。

<追・この場を借りて>
リンクさせてもらっていた「エコ スペック プラス」さんから、ブログ閉じられるとの連絡
頂いたところ、連絡取れず残念ですが、覗き見には来て下さい。
有り難う御座いました。





カナダに居てもJJ

JJ13年9月12日ご機嫌

毎日朝晩に、スカイプ FaceTime でテレビ電話し、写真はLINEで送ってもらうんだす。
便利な世の中に成りましたねー!

<余談>
小生がマレーシアに初めて勤務した1985年の頃は、通信手段といえば国際電話、
それもオペレーターを通しての高額の電話や、仕事ではテレックス(ローマ字電報)
でのやり取りで、工業技術的問題点をテレックスで日本に伝えるのが非常に難しく、
また、日本の情報は夜中12時頃のNHK国際放送のみで、これまた大変でしたからね。
その頃は、FAXも入ってなかった(田舎だったので)ですから。
以上、余計な話しでした。

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(^_^)/おはよー

カナダは10年ほど前に行ったことがあります、
近ツリのツアーでした、新婚さんも2組おられて
和やかでした、DENさんもツアーですか?
ナイアガラの滝、氷河観光もコースに入って
いるのでしょうね、また見てみたい風景です!

Re: (^_^)/おはよー

友遊クラブさんへ

カナダは、良いところですね。トロントは特に住みやすそうです。
12年近く前、カナダに娘が嫁いだので、そこに遊びに来てます。
5度目の訪加で、観光と言うより娘の家のリノベーションの出来具合見や、
コテージでDIYなど、趣味と実益の旅でしょうかね。 (笑)
友遊クラブさんも是非、再度のカナダ旅行を!

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。