FC2ブログ

ドッグフードボールスタンド(7)

このプロジェクトのレポートも、いよいよ7回目と相成りました。

今日は、すべてのオイル塗布の1回目までを終わしてしまおうと思ってたけれど、
足板結合の、ダボ穴開けでトラブル発生。(>.<)

10φ(直径10mm)のダボを使おうとして、手持ち品を確認すると長さがチョット短い、
そこで長いものを買ってこようと、ホームセンターに行って買ってきました。(汗かいた)

さて、穴開けは、通常木工用ドリルビット(キリ)が良いので、穴開け位置の
定まりの悪い足板の方から、 10φのキリ(当然のごとく)で穴を開けました。
廃材を使って、試し彫りをして、慎重にイザ本番。(ームー)

乾ききったウェスタンレッドシダーは、皮肉にも10φキリにもかかわらず、
ガリガリガリと嫌な音がして、周りが削り取られて大きな穴になっちゃいました。

アワワーーッ! シマッターッ!(´Д`;)
当然の如く慌てましたが手遅れ、大きい穴は小さく出来ないのです!(><)

ボール盤では、フトコロの高さが足りないと、ガタの多い手持ちドリルスタンドを
使ったのが運のつきでした。(汗)
(トホホーッ、鉄工用の切りを使った方が良かったかも)

結局、12φ近い大きさになってしまい、せっかく10φのダボを買って来たのに、
時間の無駄と化してしまったでやんす。(>o<)

仕方なく手元にあった12φのダボ(長さはOK)を使うことに致しました。

が、ハテ困ったぞ、ダボ位置決めピン(ダボピン)の手持ちが、10φまでしか無い。
つまり、12φのダボピンが無いという事に、気が付いちゃったのです。(@o@)

考えた末、10φのダボピンに約1mm厚みのボール紙を巻き、12φダボピンとして
使うことにしました。(^_^)
22ダボピン付け
穴の中に見える白い輪が補助の紙で、左端のダボピンは差し込む所、右の2つは
差し込んだ状態。
ケガキ線と合っていないのは、タテ目方向の穴開けが、木目にツラレてズレて
しまった為で、前述のごとく“位置の定まりが悪い”からなのでありんす。(ー_ー)

ピンを天板に押し当てて、天板側のダボ穴を開ける位置に、印をつける。
22ダボピン押当て1
ピンの付いた板を押し当てると
22ダボピン押当て2
この様に、穴のセンターと成る位置に、印の凹みが出来ます。
これで、お互いのアナの一が合致すると言う訳。(^_^)

天板に印が付いたので、早速穴あけ。
22天板穴開け
ここで使用したキリは、木工用で刃先が三角型の12φのものを使ったが、
キレイに開いてくれたので、ホット致しましたです。(~ O ~)

次に、オイル塗布の下ごしらえとして、細かい目のサンドぺーパーで表面仕上。
が、天板に割れが生じているのを発見、接着とパテ塗り込めをせざるを得なく
成ってしまいました。(~へ~)
22天板補強
黒っぽく見える所が割れた所で、接着剤(瞬間接着剤)を流し込んだ跡です。
足板が付けば、強度の問題は無しですけどね。(^ O ^)

そして、足板にオイルをタッップリと染み込ませました。
22オイル塗布
残念ですが、切り抜き部分は見せられません。ソーリー(SORY)です。
2つの大きめの凹みが見えますが、これは最終組立の時に、木ネジを打って
天板に固定する為の、ネジを入れる凹みです。(見えにくい内側です)

今日はここまでで、後片付けをして終了と致しました。

次は、天板の補強部分と、パテの塗り込め部分をサンダーを掛けし、
これまた、タッップリとオイルを染み込ませます。

そーだ、忘れないようにしなければならないのが、足板を結合する部分に、
マスキングテープを貼って、オイルが付かない様のしなければ!
忘れるなよーっと!(0_0)

一方足板は、細目のサンダー掛けをして、更に滑り止めのゴム取付加工を
しなければならないが、それをやってから、再度オイルの塗布し、
少し置いて拭き取ります。
天板もオイルがある程度乾いたら、サンダー掛けと再オイル塗布と拭き取り。

オイルが乾いたら、乾いた布でよく磨き、次にワックスを掛け、
ワックスが乾燥した時点で仮組み確認を行い、仕上がり確認ですわ。(^ム^)

最終組み立ては、wocean の所でやってもらうので、必要部材も含めて準備を。

今週末には、完了する予定なので、来週発送すべーっと!(思ってるがのー?)

イヤーッ!今日は変り種の写真を入れなくて済んで、良がったたなー!(^_^)

DEN
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

すごいですね~!
どんどん出来てますね。
我家も道具はあるのに(実家の職業上すべて道具が揃っています)
借りに行って作ればすぐ作れるんだろうけどな~。
私はまだ握力もイマイチだし難しいかもしれないけど。
プラスチックの加工も出来るので(実家では)
作れたらいいな?
パパさん、気合は入っているみたいだけど、時間の調整が難しいらしく
・・・でも、毎日寝る前にDENさんが載っている本を読んで寝ているらしく
頭元においてあります(笑)

No title

いやーっ!これでも中々進んでないんです。
作業場が寒くて、あきまへんです。

糸鋸細工はどうですか?
ホコリだけ邪魔ですが、小さなスペースで出来るし、
オモチャなど作ると楽しいかも。
パパさんの見ている本の、096~099ページには、糸鋸アート
が乗っていて、本当ーにすごいですよ!

パパさん、本を楽しんでおられる様で、嬉しいです。
パパさん多忙で、中々出来ないと思いますが、実用本位の木工であれば、
あまり手間は掛からず出来ると思うので、コツコツとやってみて欲しいです。

前に、紹介しているかもしれませんが、主婦と生活社の
「DIYで作る ナチュラル&レトロな家具」という本に乗ってる木工作品は、
女性が作った物も沢山あり、参考になると思います。
DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR