FC2ブログ

旋盤不動対策

本日は曇天なり! 朝方は霧雨。 (>。<)

なので、昨日予告していた本箱の材料仕入れは、お流れ!

で、ノンビリしていたら勤め先の社長からTEL。
「機械の1台が動かないので、応援頼む」との事。 (~。~)

NC旋盤修理
NC旋盤=Numerical Control(数値制御)旋盤=コンピューター制御旋盤かな!

小生、電子ヤだったもんだから、電気系統のでは、何時も応援していますんです。

結論から言えば、機械メーカーにアドバイスを貰い、電源ユニットの不具合
であることが判明。
動かない機械と同じ型の機械の電源ユニットと交換して動くように成り、一安心。

機械加工場で、機械が動かなかったら、大きなロス! ($L$)

電源ユニト
機械電源U内部1
大きさは、160㎜×310㎜×60㎜で、結構大きい方だ。

基板銅箔面
機械電源U内部2
古いユニットの為、銅箔面のコーティングがブカブカに成ってますねー。

半田付けの所どころに変色が見える!・・・・・・怪しい! (?L?)

ここが怪しい
機械電源U内部3
完全に変色・・・・・高温部分の半田付け部分は、熱伸縮(熱疲労)がある為、
半田クラックが出やすいんですね。

この(放熱板の)後ろが
機械電源U放熱板
左に見える緑色(?)の、大小の長方形の部品は「ヒューズ」で、小さな窓が白く
成っていたならば、「そのヒューズは断線している」と言う事。
だが、いずれのヒューズも問題なしでした。

放熱板の後ろに、パワートランジスターが多数付いていて、その足の半田付けが
危ないのだ!

パワートランジスターは、かなりの発熱をする為、放熱板が必要な訳で、足(端子)の
半田付け部分は、熱疲労が激しいんですね。

但し、これはまだ推測の域で、後でクラック(半田のひび割れ)の有無確認と、
修理(半田盛り付け)を試みよう!
これまでも、ここNC旋盤で、ブラウン管式モニターや電源などで修理経験が有り、
半田クラックの可能性が高いんです。 (Hi!)



今日は、朝9時頃に呼び出しが有り、結局夕方5時まで勤めてしまったので、
時間切れで、ここまですよ。

DEN
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはDENさんの得意分野じゃない?!
頼りにされててありがたいね。

No title

木工、いつも感心しきりで見させていただいてますが
この電気はいつも脱帽ですね
充電池復活やLEDライトの修理
電気音痴の私には、羨望そのものです

Re: wocean2さんへ

そうなんだけど、最近の電子機器は、デジタル制御なで、アナログ育ちの小生には、そこの故障にはお手上げ!
この様なアナログ的故障なら、対応可能なんだけどね。
確かに頼りにされるのは、嬉しいね!

DEN

Re: Tazさんへ

有り難う御座います。
そういう小生はアナログ育ちで、デジタルにはめっきり弱いんです。
小生の場合、電気と言っても、どちらかと言うと機械的・木工的感覚に近いのかも知れないですね。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR