修繕作業

今日やって来た、壊れた壁などの「修繕」、「DIY」の部類に入るかなー?

と言うわけで、先の3.11震災で壊れた壁など、隙間風が吹き込むので、
そこ「をふさぐ」作業です。

軽トラに、作業用の「ウマ」、充電丸ノコ、デンドル、インパクトドライバー、
他、木工道具と、材料等を詰め込み、出張作業。



修繕作業

建物の骨組みは鉄骨なので、地震に対して揺れるため、石膏系の壁材が壊れ、
寒い風がピューピューと。

しかしながら、その場所は金属を切削加工する工場で、床には油が、
修繕作業する所も、狭かったり高い所だったり、一人での作業なので、
脚立から滑り落ちない様(クツも油で滑るんだわさ!)、慎重に作業
しましたよ。

ビフォーの写真が少ないけんど、証拠写真とって来たんで、見て下さいな!



1:高い所
天井が、雨漏りで抜け落ちてました。(屋根は修理済みで、今は雨漏り無し)

ビフォー
AS修繕前北天
高いところは、1.8mの脚立の、上から2段目に立って作業するくらいの
高さが有り、さて如何やってふさごう!

幸い、穴の開いている場所の両側に、木製の桟が付いているので、その桟に、
穴ふさぎ用の合板を受ける横桟をつけ、ハシゴ状にしてくっ付けようっと!

写真では、その横桟が1本打ち付けて有ります。
この1本を受けにして、合板を差し込んだんですよ!

アフター
AS修繕済北天
で、仕上げたのがこれ!ハシゴ状です。

左右の隙は、更に板を打ち付け、上・下端は木っ端を打ち付けて、
隙間を埋めました。

高所作業で、テコ(助手)は居ないし、靴は滑るし怖かったですよ。



2:パッケージエアコン横の狭い場所
体が入り込めない、腕だけでの勝負の場所!

アフター写真
AS修繕後西北エアコン横
ここには、木の桟が無く、上の方と下の方の鉄骨のみ。
従って、鉄骨用のセルフタッピングネジを使用し、上・下の鉄骨にネジ止め。

下に見えるのが、割れて落ちていた石膏系のボード。
このボードが無いと、いきなり外壁のセメント波板になり、冷たい風が!



3:窓の上
作業員から、一番初めにクレームを受けた場所で、屋根に吹き込む風がモロ
吹き込むんです。

アフター写真
AS修繕済西窓上
窓の上の壁部分のボードが部分的に割れていて、大きな隙間が出来ていたし、
天井のボードも、右の部分が欠けていて隙間となり、さぶーッ!

窓の上も、相手は鉄骨なので、セルフタッピングネジで。

天井の下側(窓側)の横桟は元々修理で打止められてた板で、ここに板を差込み
天井のボードを押し上げると共に、欠けていた隙間を埋めました。
上側は、天井の梁がヤッパ鉄骨の為、タッピングネジで固定。

更に、建物を支えているのが「H鋼」で、そのHのフィン部分が開けっ放し、
そこから冷たーい風が・・・・・これも木っ端を旨く嵌まるよう加工して
打ち付けふさぎました。



4:窓下穴ふさぎ
長さが2間有る窓下のボードが、マルッキリ落っこちて「もぬけの殻」。
  (ダンボールで、仮にふさいであったものの、それでも隙間だらけ)

アフター写真 2間と長いので、写真は2枚です。
左側
AS修繕済東窓下1
右側
AS修繕済東窓下2


落っこちていた壊れたボード
作業前の、いわゆる「ビフォー」写真の無い場所が有ったので、
壊れて落ちたボードの、残骸写真です。

AS修繕割れた壁材


作業に、正味4時間くらい掛かってしました。(午前2H,午後2H)
従って、帰宅は4時頃になり、今日の作業を終了としました。

これで安心して、自分の作業が出来るぞー!

今日の夕食は、風邪を吹き飛ばす為、タレにタップリの「ニンニク」を入れて、
「焼肉」食ってくるべー!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

修理お疲れ様。
にんにくたっぷりの焼肉はどうだった??
お母さんの具合はどう?
季節の変わり目だからまたぶり返さないように気をつけてね。
って、滅多に病気しないPさんもちょっと体調崩してます。

Re: woceanさんへ

有り難う!
修理は、一人でしかも、変体(変な格好)での作業だったので、大変だったわ。
でも、今日のところ腰イタなどの恩返しは出てないけど、これは年寄りの傾向かな?
お母ちゃんは、ひどい声だったけど、ニンニク焼肉で大分良くなったね。
熱は無いので、もう大丈夫だろうな。

あの強靭なPさんが体調不良とは、**のカクランかね!
養生して、早く回復するよう遠方より祈念してますよ。

(何だか、個人のメールみたいに成ってシマッター!)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR