スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダへの珍道中

ユージンからニューポートに向かい、リン&ポールさん宅で一泊させてもらい、
荷造り直し
この荷造り直しでも、またもやゴタゴタ。

ニューポートの飛行場で、メッチャスムーズと思いきや、手荷物検査で珍事。

順を追って報告しまっせー!

先ずは、穏やか(でも、高速道なので速い)写真から!

ユージンからポートランドへ高速道で

高速道で見た
キャンプカー1
2連結キャンピングカー!

バイク
小さく写ってっけど、ハーレーダビットソンでっせ!


ポール&リンさん宅で
27日1泊させてもらい28日のフライトでカナダへ?

着いて目に入った車
U-CA2-1 リンさんカー
日本では、見たことの無い(小生だけの事かな?)三菱のスポーツカー!

一服して
U-CA2-3 Pで一服

再荷造り 
U-CA2-2 Y-P再荷造り後
この写真の後、機内持ち込みの量が多いと感じ、結局スーツケース10個に増量!
8人×2=8個までのところ2個オーバー、超過料金覚悟!
(1個125U$と聞いてるが?)

何故こんなに多いかと言うと、カナダへの持ち込み物以外に、消費税の
掛らない米国で、土産物など多く買ったりしたもんだから!

リン&ポールさん
ポール&リン2
仲の良いこと!

再開を願って
U-CA2-5Pにて2'

荷物の積み込み 「ムラーノ」に10個のスーツケースを押し込んだっす。
U-CA2-6 ムラーノ荷満杯

そして、ポートランド空港に到着。

飛行場の出発入口前に着いたら、外に仮のチェックインカウンターが有り、
中に入らず、すぐチェックイン!
スーツケースは、当然2個オバーチャージを取られたが、なんと 2個50U$、
予想していた1/2 1/5以下で良かったー!

チェックインも難なく済んで、腹ふさぎに一服を。
ロビーのホール
P飛行場Dロビー
平日の為か、混雑してなかった。

この後が大変

手荷物&ボディーチェック
ボディーチェックでは、全ての金属物を外すのは当然として、クツまで脱
がされ
ました。

手荷物チェックでは、当然PCをバッグから出して透視に掛けるのだけれど、
小生がPCを受け取り忘れて、係員とやり取りする珍事の一幕

Jのリュックに、小さなナイフ(我がおかあちゃんの持ち物)が入っていて、
透視結果、検査官が・・・・・・?。
2度の透視でも分からず、結局時間は掛かったものの無事パス。

機内では、手持ちリュックにパンパンに詰め込んだ為、頭上の棚に
中々入らず苦労。




飛行機の出発遅れ
飛行機に乗り込んで、いよいよカナダに向けて出発かと思いきや、
定刻になっても飛ぶ気配なし!

機内アナウンス「当機は、ドアーの故障のため修理中」、暫らくして
「ドアーの取り付け中」、更に暫らくして「レポート作成中」
・・・・・そんな事している内に、出発時刻が約1時間半遅れ

ちなみに、飛行機会社は全部通しで「デルタ」だす。

やっと出発したもの、「ミネアポリス」からの乗り継ぎの便と、
ポートランドからの元々の到着時間からの待ち時間が1時間半、
間に合うはずが無い!

やっぱり!  乗り継ぎまで10分しかない!

乗り換え通路で、デルタ航空の人が「10分では、間に合わないので
泊まっていって」とのことらしい。

やむなく、ホテルの宿泊券と食事券を貰って、ホテルへ止まる事に

○○によれば「ホテルは、空港敷地内のハズ」というので、トロント空港に
迎えに来るであろうWoへの連絡は「ホテルに行ってからにしよう」
と言うことに。

いざホテルの場所を確認すると、シャトルバスで行くらしい。
バス乗り場が分からない・・・・・アチコチで聞き、ようやくバス乗り場へ。

ホテルへのシャトルバス 15人ほどしか乗れず、すぐ満員になってしまう!
U-CA3-1 Pのホテルへ移動
結局、すぐ来たバスに乗れず、待つ事約20分、やっと乗れた。

ホテルは、17分くらい掛かる空港の外、ヒルトン系で部屋はデッカイが、
キーカード入れは無く、入室したものの、部屋のランプが点けられない

ランプは、入り口にもベッドサイドにもスイッチが無く、いちいちランプ
の所まで行ってON/OFFしなければならないし、チョッとがっかりだす!

翌日(28日)のミネアポリス手荷物検査で、とうとう小さいナイフ
(スイスの何とか?)が見つかってしまい、没収されてしまいましたわ

国際便なのに、飛行機の機体は小さく50人乗りで、水・ジュース類と、
ピーナツなどのツマミ以外は、有料。

機体が小さい為、当然頭上の棚が小さく、席の下にも手荷物2つが入らず、
結局、荷物室に預ける事に、なってしもたっす。




トロント空港着

やっと着きましたよ。

トロント空港では、イミグレーションでQ&J組が、運悪く厳しい審査官に
引っかかり、手間取ったものの、小生組みは難なく通過。

荷物検査では、大量のスーツケースなるも、全くチェック無しで無事通過、
ヤッター!

迎えに来てくれました。
トロント飛行場着

Woに「荷物が多くて○○○人みたい」と言われてしまいましたよ。
「Woの所に持ってゆく荷物が多いんだから、しゃーんめ!」だよね。

以上、米国からカナダに移動した時の、珍道中報告でした。

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お邪魔したものの瞼が・・・

珍事確認の前にやっぱり荷物が目に止まりました

でも・・・・・  おやすみなさい
また明日お邪魔します   なんて変なの!

Re: maman さんへ

スミマセンでした、今、日本の自宅に居ます。

トロントでは、woceanの家では、部屋数が足りず、
すぐ近くの家を借りて貰って、3泊してましたが、
WiFiが使えず、PCをいじる時間も取れず、
返事が出来ませんでした。

カナダ(記事)まで追っかけて頂いて、有り難うございました。
又、日本での生活に戻りますので、改めて宜しくです。

帰りも、8つのスーツケースで、御座りましたわ。(笑)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。