スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小屋作りの記録(4)

小屋作りの記録も、イヨイヨ棟上げだすでー!(^ー^)

その前に、昨日は姪1号(A子ちゃん)のK宅で、洗面台の蛇口の水漏れがひどく、
その手当に出かけ、オヨバレをしちゃったので、ブログを休んでしまい、お詫びです。

棟上げ

棟上の前に、土台部分の上に、12mm厚の構造用合板(針葉樹合板)の床下地板を貼り、
そこに壁となる骨組を立て、木ねじ(コーススレッド)で床にガッチリと固定するんです。

床は、後でもう一枚「塗装合板(コンクリート型枠用合板12mm厚)」を全面に張って、
仕上げるんだす。

建築方法は、既に理解してもらってっぺと思うけんど、アメリカ式の「2×4工法」、
日本式表現法で「枠組壁工法」てやつで、日本式の「在来工法」の様に、太い柱は無く、
大壁で強度を出す方法。
しかも、壁板は全て接着剤と木ねじ(コーススレッド)で、これまたガッチリと止めたんで、
強いでー!(^ム^)

床下地貼り(接着剤とネジ止め)は済んだものとして、話を進めますだ。

壁骨組取付
壁骨組取付
こんな風に、床下地板を張った上に、壁の骨組みを乗っけたのであります。
つまり、デッキの上に立ち上げたってな感じだわね。

横に桟の入っている部分は、窓になる所だす。

写っている人は(先輩友人)、気にしないでごれ!(^o^)

トラス部分
切妻部分の三角骨組(トラス)も、棟木も乗っかりまった。
切妻骨組組付け完
三角(トラス)の上の真ん中に出っ張っているのが「棟木」で、軒が、前に90Cm、
後ろは45Cm出るようにしたです。

右に立て掛て有る、広い組板が屋根で、見えてる方が屋根の上になる方だす。

棟上げ完了
棟上完了
この屋根を乗っけるのが大変で、後で出てくる「人足」達で無理やり?押上げだんで
ござんす。

何とかこれで、小屋らしくなったがねー!

屋根の裏板は見えてっけど、上側(屋根下地板12mm)は見えねーし、未だ板は張って
無いがんね。
張ってだら、益々重くて「クレーン」でも使わねば上がんね重さだわ。(><)

屋根の勘合
棟軒下状態
双方の屋根は、棟木の所で其々の屋根の棟当部分を、太いボルト(12Φ)で締めつけ、
引っ張り合ってくっ付げだのでっす。

どうです、屋根部分は、地上で「破風」も「鼻隠」も全部くっ付けた、あの重い屋根が、
棟木の所で「ピッタリ」くっ付いてっぺな!(^J^)

棟上げ人足
棟上げ人足
両側に、乗せた屋根部分が写ってっけど、でっかいべな。 で、重いんだは。

こんなスタッフで、屋根を乗っけたんですよ。(真ん中は、口で力を出した人)(笑)
皆んな「ヒーヒー」言ってましたわ。(ご協力に感謝です) <(_ _)>

次回は、屋根張り編ですね、お楽しみに! では、又です。

雨の降んねーうじに、屋根貼んなくっちゃねー!(^ー^)

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おーーー!
屋根作ってから持ち上げたんですか!!!
おっごーーーーい!!!
っていうか普通は無理ですよ~~~~(笑)

No title

う~ん・・凄い!!の一言だわ・・。
ぜひ家にもww。

mimiさんへ

今思うと「良くやったわ!」てな感じ。
これ、道具とやる気があれば、誰でも出来るじゃねいかなー。

DEN

ししゅうねこさんへ

そー、持ち上げたんですよ。

屋根作りも、何しろ面積があって大変。
土台の上で壁用の骨組を組み、その骨組みの上で屋根の骨組を作って、裏板を張ったんです。

一時は、本当にクレーンを頼もうかと思ったんですけど、人手でやっちゃいまった。(笑)

DEN

鍵コメさんへ

了解です。

・お母ちゃん、モデルみたいなんて言われて、喜んでますよ!

・ホント、これだけ人足が集まっつたので、助かりました。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。