小屋作りの記録(2)

小屋編の、2回目になったでー!

今日は土台部分の巻だがんね。

建設場所:屋敷が元「自転車屋」だった事から、幸いなことに床がコンクリートに
     成っていたので、整地の必要なし。

◎ 建物の大きさ:低面積・タタミ4枚分(2坪)、屋根面積・タタミ約9枚分、
       棟高さ・約3300mm

・土台石:200mm角・50mm厚の「コンクリート平板」使用

・束柱(土台柱):防腐剤注入の90mm角材を、600mmの長さにカットし、13本立てた。

・土 台:防腐剤注入の 2×6材で、土台枠を組んだ。

・根 太:防腐剤注入の 2×4材使用。

・その他:床に断熱材(60mm厚)入りで、隙間をコーキング剤で埋めた。

それでは、写真を!
(カッティングの写真は有りませんが、殆んど「スライド丸ノコ」でカットした)

土台部分
ウッドデッキを作る時の要領だす。
土台組立
一人での作業の為、自動車のジャッキーも活躍。水平器で水平を確認しながら組立。

コンクリート平板の下の黒いのは防水紙で、コンクリート地面との密着性を考慮したもの。

束柱(土台柱)は外周(前後)に10本、人が入った場合、内側の床に負荷が掛かるので、
内側に3本、外周は壁で強度が有ると判断したもの。

床下に断熱材を入れる為に、床下板を付ける。
床下板付け
床下板張り1
根太に、床下板受け桟を付け、床下板を取り付けた。

床下板受け桟
床下板受け桟拡大
左と上に有る板が床下板、打ち付けてある細い角材が、床下板が乗る桟木。

コーキング
コーキング
土台板や根太と、床下板の隙間をグレー色のコーキング材で埋めた。

断熱材入れ
断熱材完
30mm厚みの断熱材「スタイロフォーム」を2重(60mm)にして取付た。

拡大写真
断熱材拡大
断熱材の「スタイロフォーム」の表示が見える。

この小屋は、床は勿論、天井・窓・ドアー等ぜーんぶ2重構造で、ドアー家窓などガラス部
(プラスチック製)も、当然ペアガラス構造、ドア下の板の部分も含め、床・壁・天井全て
断熱材入りなんだすよ。

今日はこごまで。

次回は、壁の骨組みと屋根部分の組立状態になっかんね。

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
これは、すごいっすね。
断熱材30mm×2枚&ペアガラスの断熱構造の小屋なんて、
雪国でも少ないですよ!!

水平取りは、1人だと大変ですよね。
私は、2年ほど前にウッドデッキを作ったのですが、
水平取りに一番時間がかかりました^^
しかも、ウリンという重い木を使ったので、微調整が大変で・・・
自動車用のジャッキを使えば良かったんですね!!
参考になります^^

次の記事、楽しみに待ってます^^

Re: No title

完全2重構造なんですけど、もったいなかったかなー、とも思ってます。

水平出しは、「水盛り缶」方式も使いました。
この小屋の場合、地面がコンクリート煮なっていたのでやりやすかったですね。
小生も、ウッドデッキつくりました。(同じ、娘の家に、デッキと言うより屋根付きなので、洗濯物干場ですね)
レッドシダーだったので、つくりやすかったですが、土の地盤で水平度が悪かった為、やはり水平出しには時間が掛かりましたわ。

次回も見てくださいな。(^^)

DEN

No title

DENさん、これだけの物を作るのなら

是非、レーザーを使ってください
水平と垂直が図れるものだけでも100人力ですよ!

ただ、10万円以上する高性能のレーザーよりも、江戸時代から使われている水盛り管の方が超正確なんですけど(笑)

Re: No title

小生も、レーザーが良いと思ったんですけど、使用頻度を考えると高価だし、結局普通の「水平器」と
「水盛り管(自作)」で水平出しやりましたわ。
尚、レーザーは水平のみ用のは有るんですけど、使わないですね、殆んど。(笑)
土を叩き固めたりと、デッキの時の方が手こずりましたね。

DEN

むらさんへ

ゴメンナサイ! m(_ _)m

返信に、むらさんの名前を入れるの忘れてしまいました。

「小生も、レーザーが良いと思ったんですけど、」・・・・・の文が、
むらさんさん宛の返信です。
ご了承を!

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR