スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォターサーバースタンド(2)

中段中段の棚を如何するか、塗装をどうするか、を残して組み上げましたでー。

単純にこんな物で、スタンドと言うより、ただの台だわな。
前の外観
WSS完 前

後ろ側
WSS完 横裏

上部にウォターサーバーを乗っけて、この台の中に、スペアーを入れてストックする予定。

棚が要るか否か、色は何色(小生はナチュラルオイル仕上げ推薦)、又、扉が要るか否か等、
使用者に確認して決めっぺ!(~_^)

作業工程は、

側板に、ビス内用穴開け
側板穴開け
多数(12本)の同じ様な寸法の板の、4個づつ穴開けする為、穴開けガイド治具を作り、
同じ位置に穴開けをしやした。(^く^)
穴あけ中の場面と、左が穴開け済みの板だす。

天板のトリミング
天板の両面に、面取りとトリミングを施した。
天板トリミング
写真で見えているのは、裏面の「さじ面(凹)」トリミング、表面(写真では下になってて
見えないけど)は「ボーズ面(丸味)」の面取り。

勿論この作業は、実際には桟木を取り付ける前に行なったですよ。

天板と底板の完成
天板・底板完
左が、針葉樹合板の底板で、右がパイン集成材の天板。
側板を止める為の、桟木を取付け。

其々の板の、表に出る全ての面は、サンダーを掛け研磨をし、組み立てたです。

中段棚板を付ける場合は、その材料を如何するべ!(~_~)

仕上げ塗装は、ナチュラル派いいと思うんだけんど!(^o^)

今日はここまでだけんど、明日が楽しみだなや!(^ー^)

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうそう!
こうなってればストックの場所まで確保する必要はないのにね!
この間店頭でバイトのお姉さんにこの知恵を授けてきちゃった(笑)!
大体日本の家には大きすぎですよ!
うちも置きたいですがコンセントがあってある程度の広さがあって直射日光が当たらないところなんてないです!!!
(今日は!マークだらけだ(笑))

No title

ししゅうねこ さんへ

ウォターサバーですけど、背の高いハードな円筒容器に入ったやつじゃーなくって、本体は高さが50Cmくらいで、水の容器もビニール袋の様に柔らかく、水が減った分だけチジンで行き、空気が入らないので、雑菌も入らないと言うやつです。

従って、床に直接置けないし、現状は高さ1mもあるカウンターの上に載せてる為、水容器を交換するのに、大々苦労しているので、専用台を作った訳です。

明日(28日)のブログ(出来れば)で、ウォターサバーを乗せた状態を紹介しますよ!

このタイプは、オススメです。
水は、宅配で配達してくれる、富士山麓の深層水です。

冷たいの・アッタカイのと欲を言わなければ、電源をつながなくても出るようですよ。

家には無いんだけどね!m(_ _)m

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。