こんな物作ります(2)

小さな「岡持ち」作り
今のテーブルの上に置いて、リモコンやたばこその他の小物を入れる為の、入れ物ではがきの幅の物が入るように、またリモコンを入れる事を想定し、少し深い入れ物です。

ベース板の溝埋め
ベース板は、丁度良い巾のレッドシダーの端材板が有ったものの、先のブログでご承知の様に、残念ながら端っこに溝が掘って有り、使うのをあきらめ掛けたんですけど、これを埋めて使う事に。

16-12-20ベース溝埋め
ベース板は、研磨してもヤニのシミが取れなかったのであきらめました。

埋め木の幅の丁度良い木が有ったが、長さが短いので、3本使い埋めます。
埋め木を作り、ボンドを付け溝に入れてクランピング。

出ている部分をアサリ無しのこぎりで切り取り、手カンナで平面出しして完成。

取っ手部分の加工
取っ手の手持ち部分は、手になじむのでハート形に切り抜きます。

手持ち部分の加工
16-12-20取っ手バリと面取り
始めに、直径35㎜のフォースナービットで2つの穴をあけ、次に糸のこ盤で2つの穴を切りつなぎ、彫刻刀や木工ヤスリで均しルーターで面取りします。
写真には無いけど、均しにはミニサンダーも使用。

枠の組み立て
先に加工して置いた側板を組んで、枠を作ります。

枠組み立て
16-12-21枠組み立て
結合は、突き合わせだけど、ボンドとエアーネイラーのネール(釘)で固定。

枠の修正
16-12-21枠修正加工
枠の凸凹を手カンナでそろえ、ネイルのクボミは目立たなくすべく、水を付け木を膨らませる作戦。
クボミは幾分見えにくくなったものの、完璧には塞がりません。
しかし、以前作った時は穴埋め用のコンパウンドを使ったけど、オイルが浸みこまず目立ってしまったので、今回は穴埋め材は使わないです。

取っ手・ベース板取付

ベース板埋め木仕上げ
16-12-21ベース板溝仕上げ
溝埋め木の出っ張りを、カンナで削り平らにしました。
ベース板のこの面は、下(底面)にして使います。

ベース板取付
16-12-21ベース板取付
ボンドを塗り、底面からミニネジで枠に(枠を)固定。
この底面は、フェルトを貼るので、見えなくなります(木口は見えるけど)。

オイル仕上げ
ワトコオイルを塗って仕上げです。

オイル塗布
16-12-21オイル塗布
使ったオイルは、カナダで購入したもので、日本で売られている容器と異なるんです。

オイルは、木に浸みこんでさらに表面が硬く固着し、なんとも言えない色に仕上がるんです。
その為には、1回目はタップリとオイルを塗り、木に十分浸み込んだら、固まらないうちに拭き取り、細かい目のサンドペーパーで表面を磨きます。
すると、木の粉が、表面のザラザラ面に入り込み、ザラツキが改善(少しですけど)されます。

2回目は、オイルをしみこませた布で刷り込む様に塗り、乾燥したら布で磨きます。
オイル塗布しても、年月を経ると次第にあめ色が増してきて、更に良い色になります。

最終仕上りは、次回のアップです。


カナダは寒い!

16-12-20Wo2地方の気温
Wo2の住んでる地方(カナダ)の気温、-25℃ 体感温度―32℃、鼻の中も凍るらしい(12月14日)。
部屋の中は暖かいけど、外がこれでは小生暮らせない!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR