スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看板作り(4)

これまでの記事で理解頂けていたと思うけど、彫りこんだり・切抜いたり・張り付けたり・塗装をしたりと、色々なテクニックを駆使し、完成に近づいてきました。

看板板の追加工

作ってますが、看板のベースになる板(看板板)に手を加えないといけない様なんです。

看板板の反り対策

板は、厚みの有る無垢材の為、どうしても反りが出てしまうので、その対応をします。
(ある人曰く:一番初めにやっとく事だんべ!)
(小生:その通りで反省してます。(´;ω;`)ウゥゥ)

先ずは、設置後の反り予防の為、板に背割りを入れます。

反りの確認
16-12-6看板板の反り
結構反っているので、文字の貼り付けに支障が出そう!

背割り作業
16-12-6反り対策1
背割りには、幅の広い溝はいらないので、ノコ刃の厚み(普通1.6㎜)の薄く取り回しの良い充電丸ノコ(1.2㎜)を使用。

充電丸ノコは、バッテリーが充電不足だったことと、作業に比較的時間が掛りそうなので、12Vの自家発電電源(バッテリー蓄電式)を使用。

自家発電の電源は、丸ノコでの切削作業にも十分使えました。

尚、丸ノコへの給電は、使えなくなった充電バッテリーを改造し、12V供給用の電源コードを付けた物で、充電ドライバーやインパクトドライバー等と、作業場内での作業に使ってまいす。

背割りの状態
16-12-6背割りの状態
4本の背割りをいれ、両端は見た目の関係から10~20㎜残し、深さは板の厚み(50㎜)の半分、約15㎜とした。

その後、凸面状態に反っていた表面を、電気手押しカンナとサンダーで、平らに仕上げました。
少しずつ削る作業で、結構時間が掛りましたね。

平面具合確認
16-12-6反り修正後
ほぼ平らに仕上がりました。

凸面修正は、カンナとサンダーによるところなのに、作業中の写真無し、残念!

尚、裏面は反り予防の為の割りを入れているので、そのままにしておきましょう。

次回は、いよいよ塗装工程です!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。