スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョイDIY

又もやチョイットDIYです。

手芸刺し針の柄付け

綿の様なものを針で突き固め、人形などの個体を作る手芸が有りますが、その時使う針を素手で持って突くと、手が痛くなってしまう為、持つ為の木製の柄を付けました。

丸棒を適当な長さに切って先を細く削り、エッジに丸みを付けて、開けておいた小さい穴に針を差し込みました。

柄を付けた手芸ピン
16-11-14手芸刺し針柄付け
3本の針が有ったので、どれが使い易いか長さを変えて作成。

元々の針は、手持ちの部分が「L」字形になっていたので、L自部分を切り落し(硬い針なので、傷をつけて折り曲げて切った)、針をペンチで銜え、ペンチをカナヅチで叩いて差し込んだけど、開けておいた穴が1.5㎜で、針の径が2㎜だった為か、中々奥まで入らず、何度もたたきました。

柄の加工は、先の部分などを予めカッターで削っておき、電気ヤスリで仕上げ。
針を差し込む穴は、卓上ボール盤(ドリル)で柄の中心に1.5㎜の穴を垂直に開けました。

出来上がった物は、針の入っていた(もともと5本入り)ピニールバックを切り離し、其々の保護サックとして使用。

これで、手芸作業で手が痛くならないでしょう。

作業者に、どの長さが作業に良いか聞いて、次の作成に反映します。



アンテナケーブル加工

知り合いの家のアンテナケーブルが、とんでもない信号分割をしていたので、きちんと分配器を付けました。

その分割方法が、電力線の分割の様に、単純にアンテナケーブル(同軸ケーブル)を並列につないだだけだったので、インピーダンス(75Ω)が狂ってしまい、チャンネルによって映りがカンバシクないんです。

電気屋さんが工事をしたと言う割には、***です。

なので、正規のアンテナ信号分配器を付けました。

信号分配
16-11-16TVアンテナ線分配
左が元々の状態で、単に芯線同士・編組シールド線(網状の外部導体とアルミ導体)同士を結合したもの(ケーブルをギリギリで切ってしまったので、分かり難いかな?)だけど、普通の電気の線ではないので、これはいけませんね。

右が使った分配器で、電気店やホームセンターで買うと高いので、ネットで安く(280円:税・送料込み)購入したものです。
Made in China だけど問題なく使えてます。

ケーブルの加工
16-11-16F接線組み立て
分配器にアンテナケーブルを接続する為に、F接栓(コネクター)の加工(アンテナケーブルの先端加工)です。

ケーブルに締め付け(カシメ)リングを通しておき、先端の外皮を15㎜程むき、外部導体(編組シールド線)を1㎜程残してカット。
芯線は、白い絶縁体を5㎜程残してむき9㎜程出します。

コネクター本体を、外部導体と白い絶縁体の間にシッカリはめ込み、リングをペンチでカシメて完成。

芯線は、コネクター本体より1㎜位出る程度にカット(一番右の写真程度)すればOK。

アンテナケーブルに、F接栓を取り付けるDIYをする方の参考になれば幸いです。

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。