FC2ブログ

室内洗濯竿掛け柱(4)

ほぼ完成したけど、実際に祭さんの家に行って据付てみないと、最終的な長さ等が決まらない。
又、鋼製束(床下突ぱり金具)が丸見えなので、これを隠さないと最終完成に成らない。

仮完成状態は、写真が見にくいけどこんな感じ。・・・・ホント見にくいなー!(><) 
但し、設置状況を確認する為の仮組なので、竿掛け腕木は、使用者に合わせて高さを
決める為に、付けてない。
12柱仮組
白い柱が、今回のテーマの柱で、右下の長靴みたい方が下になり、その上の細い金物が
鋼製束・・・これを隠さねばなんねんだ・・・で、これを回す事で上下に伸びる突っ張り柱
になる。・・・柱の強度は大丈夫だけど、部屋の天上の強度は大丈夫げー?(~?~)

鋼製束のネジ留め部分が合わない事と、穴数が少なく、強度アップの為穴を開け足した。
12鋼製束トップ部穴あけ
上の外側の2つと、曲がった下の外側2つが、元々開いていた穴、それ以外を6φで6個
追加開けし、ネジ6本で止めた。

下側は?
12鋼製束下側
既に、かさ上げ為の下駄に取り付けて有る写真なるも、小さい頭のネジ(4つ)の穴を追加し、
合計6本のネジで止めた。

かさ上げの下駄
12嵩上げ下駄

鋼製束部分と、天突き部分
12仮組鋼製束部 12柱トップ突き当て
かさ上げ下駄を付けた接地部分はまるで長靴だぁ~~~!天井が弱そうなので幅広にした。

竿掛け腕木
12竿掛腕木
ぶら下げた状態(2本)の写真なるも、実際には切込みが上になる様に、そして使わない時は、
上方に折りたためる様に、丁番で取り付ける。(^O^)
中心に有る白っぽい四角いものは、戸棚などに使うロック付きラッチで、押して閉じ、
再び押せば開く特徴を利用し、折り畳んだ時に自動的にロックがかかる様にした。(良かんべ)

そして、据付に持って行く為、軽トラに乗せたが、やっぱり長い・・・・・どうすべー!
鋼製束部分で分割し、運ぶとすっか。(~ム~)

そんでもって、据え付けたらまた報告しましょう。

DEN
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR