スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29日のDIY(1)

29日は、田んぼの水の見回りが
無かったので、暇に任せて色々
やりました。

一挙にアップすると、後の記事ネタが
無くなるので、少しづつアップします。

第一弾
  スライドトランス電源
      修理と活用


小生が30歳の頃、古物屋さんから
格安で入手してきた、スライドトランス
(スライダック=交流可変電源)を、
同じ古物屋さんから入手した測定器の
筐体(入れ物の箱)に、実用本位で
組み込んだ電源器です。

筐体は測定器の物で、入手した時は
製造から既に30年位は経過していた
ものらしく、取っ手が革製だったた為、
劣化して切れてしまいました。

そこで、廃物利用を得意とする小生が、
娘の使っていた小物入れの取っ手を
利用して、取付ました。

取っ手交換
16-6-29取っ手交換
壊れた革製の取っ手を、金属製に
交換。

上に物を乗せられないので、
不便だけど、重いトランスを
支えるのには、丈夫なので
良かんべ―!

電源器内部
16-6-29スライド電源内部
古物屋さんから入手したスライド
トランス(東芝商品名スライダック)は、
測定器に付いていた物で、ケーすが
無く裸状態でした。

電源メーターも、古物屋さんから
入手してきた物を活用してます。

スイッチと出力端子は、屋内用
電工部品(スイッチ+コンセント)を
使用。

前面パネルは、材料が無かったので
再利用のベニヤ合板。

電源コード収納式
16-6-29スライド電源コード収納
電源コードは写真の様に、背面の扉内に
仕舞えるので、持ち歩きに便利!

イヤー、それにしても時代を感じる
物体ですねー!


修理したファンの動作確認

軸受部分のオイルが固形化していた為
動かなかったファンモーターの、
軸受部分を分解修理した(同日)のと、
動作電圧を確認する為、
早速スライド電源器を活用。

ファンモーターも、古物屋さんに有った
測定器から外してきた物で、動作電圧が
不明だった為、約40年もの長い間、
ジャンクとして保管してました。
(と言うより「使い道は後で考えるべ」と
とっておいたのが本音)

ファン動作確認
16-6-29ファン動作確認
AC50Vから動作し、100Vで完全動作
する事が判明。

このファンは、ある物に利用予定なので、
活用実行時にアップしましょう!

では、次回を乞うご期待
(しないって!・・・・・やっぱり)

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。