スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人目をひく(?)ドゥーパ

今月8日に発売になった(資材で頂いた)
4月(111)号が、閉じ込み付録なんですけど、
変わった構成に成っているんです。

普通は、本に輪ゴムで小さな付録の冊子が
挟んで有るか、完全に閉じ込みかなんです
けど、今回は妙なんです。

ドゥーパ4月号と普通の別冊付録
16-3-8ドゥーパ4月1
普通はこんな風に、付録が別冊に
成っているのが多いのだが。

3つに分かれた!
16-3-8ドゥーパ4月2
真ん中が本体、左が付録、そして右が
それらを挟んでいたカバーで、全体の
「ひょう紙」です。

全体を包んでいた「ひょう紙」は、
剥がせる糊で接着されており、
強く引っ張ると、パカッと剥がれます。

元の本のままで「ひょう紙」を開くと、
本体の表紙が現れ、ガレージの内側が
見えると言う仕掛け!

本屋で他の雑誌と並べて置いた時に
目立つ事と、別冊を輪ゴムで挟む手間が
要らないとの事からだそうです。


もう一つの趣味の本

小生、元々は電子工作好きな人間でした。

なので、本屋に行くとどうしても電子関係の
雑誌に手が伸びてしまうんです。

かなり以前に、NHKのTV放送のテキスト誌
である「住まい自分流」への投稿で頂いた、
500円図書購入券が財布に入ってたので、
これを使って「トランジスタ技術(トラ技)」を
買ってきました。

トラ技4月号
16-3-8トラ技4月1
付録には、別冊の年間手帳と、記事解説の
CD-ROMも綴じ込みされていました。

特集と電子回路実験室
16-3-8トラ技4月A
無線家の場合「シャック」と言いますが、
小生の場合、木工作業場(以前の車庫)の
2階に有る「シャック」は、海外勤務から
帰国した後、物置と化しています。

整理して活用しなくては!

記事の一部
16-3-8トラ技4月B
左端の記事は、昔し小生が作りたかった
電子打楽器(パーカッション)の現代版。
作ってみたいなー(言うだけか)。

中央は、オーディオアンプ音質調整回路。
なんと簡単に、しかも綺麗な特性カーブが
得られること!

そして右端は「カミオカンデ」で有名な
「光電子増倍管」の記事です。
既にカラス球ではなく、ソリッドステート化
されて、指の先に乗る程に小さく成って
いるんですね。

時代は、確実に進化している。
(が、地球は***に向かっている
のでは?)

明日は、木工記事がアップ出来っかなー!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。