合板フレーム作り(1)

14日に、スタンダードな形のフレーム作りの
仕上りまでアップしましたが、今回は針葉樹
合板を使ったフォトフレーム作成記事です。

針葉樹合板製フレーム

前に記した様に、針葉樹合板を使って、
ウインドウ(写真や絵を入れる窓)部分を
切抜いた一風変わったフレームを作って
みたんですよ。

材料

頂き物の材料で、単なる構造用の
下地合板。
手持ちの電動丸ノコで、長手方向をカット。

材料と、そのカット
16-2-19フレームB1
左の写真の板を、板目方向に丸ノコで
カット。

窓の切り抜き
16-2-19フレームB2
外形の違うフレームを2枚作るので2枚を
重ね、切抜く部分を木ねじで止め、開ける
窓の四隅に10㎜の穴を開け、ジグソーで
切り抜き。

トリミング
16-2-19フレームB3
ルーターテーブルでフレームの外と、
窓の部分をトリミング(面取り)。
右上の写真の様に上手くいったし、
バリも出てない。 (#^.^#)

その時、最初の一枚目の外周を木目の
横方向にトリミングしたら、バリバリ音がして
部分的に表面部分の板が剥がれてしまい、
焦りましたわ。 (汗)

窓部分の45度面取り(ルータービット)の
時は問題なかったのに、ボーズ型ビットで
周囲の面取りしたら、バリってしまった。

なので、他の一枚は外形の面取りも、
45度ビットを使用し、バリも無し。
ビットが悪いのか?

合板厚みが12㎜で、絵をはめ込む凹みを
彫り込めなず、右下の写真の様に、5㎜の
板を、ボンドとタッカーで張り付けました。

どっちが良いかなー!
16-2-19フレームB4
仕上げ塗装(オイルフィニッシュ予定)を
してないけど、はめ込むパッチワークの絵を、
それぞれのフレームにあわせてみました。

左のフレームが、トリミング作業でバリバリと
表面板が剥がれてしまった物で、仕方なく
彫刻刀で彫り増しサンダーで磨いで、体裁を
繕いましたが、マンザラではないでしょっ。

次回は、仕上げ状態と、木工作業用ウマの
修理の事です。
お楽しみに!(一応ね)

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今後もいろんな展開がありそう
楽しみです(^_^)v

Re: Tazさんへ

今度は、ワインのコルク桂を使って、鍋敷きを考えてます。
カナダでもらって来たコルク栓が沢山有るのでね。

DEN




> 今後もいろんな展開がありそう
> 楽しみです(^_^)v
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR