フォトフレーム作り

パッチワーク絵のフレーム(額)を作ります。
Asさんの作った作品を入れるフレームです。


その前に、TVアンテナ工事の件が先でしたね。
スンマセンが、写真が無いんで文章だけです。 m(_。_)m

BSアンテナ工事奮闘記

BSアンテナと混合器(信号をミックス)を
外壁に取り付け、(2階の屋根上での作業で、
多少へっぴり腰)地デジ(UHF)アンテナの
ケーブルと、BSアンテナのケーブを混合器
に接続。

これまで地デジのみに使っていたアンテナ
ケーブルを使い、各部屋へTV信号を供給
出来るようにしました。

早速、居間のTVに分波(地デジ信号と
BS信号を分ける)器を取り付け、BS
チャンネルを合わせるもののBSが映らない?

客間のTVでトライするも写らず。
居間のTVを再度トライするも映らづ?

所が、寝室のTVを点けてみると、BSが
シッカリ写っているではないですか。

BSアンテナは電源(約51V)が必要で、
各TVは、BSアンテナへの電源を供給
しているはずなのに?

そこで、各部屋のアンテナケーブルを、
部屋ごとにTVから外して、ケーブルを
測定してみると、本来測定できるはずの
電圧が出ていない。

寝室だけが正常に映ると言う事は、寝室の
TVからは電源が供給されていると言う
事になります。

考えた結果、この家に使われているTV信号
分配器は全端子通電型でなく、寝室へ供給
する端子だけが通電タイプの物と判断。

仕方ないので、寝室以外でBSを見たい場合は、
寝室のTVをONして観てもらう事にしました。

しかし、BSアンテナには、常時電源を供給する
方法を考えなくては。 (_._)

フォトフレームの作成

最初に記した如く、キルティングで作った絵を
入れる為のフレームで、2つ作ります。
一つは、月並みの45°突き合わせタイプで、
もう一つは、板をくりぬいて作ろうと思います。

その一つめ

普通の形状の物ですが、トリミングを少し豪華に
しました。
では、基本の写真から。

基本カット(済)
16-2 額1
奥に見える棒状板の半分を使い、それを
スラド丸鋸で半分に切り割り、更にフレームの
基本である「45°」カットを。
この45°カットが狂っていると、突き合わせ目に
隙間が出来たり、組上りがヒシ形だったりと、
まともなフレームに成らないんですよね。

トリミング
16-2 額2
ルーターテーブルを使い、フレームの内側と
外側をトリミング。
16-2 額3
ギンナン&サジ面ビットでフレームの内側を、
小さいギンナン面ビットで外側をトリミング。

ビスケット溝加工
16-2 額5
今回は、フレームの45°突き合わせなので、
ビスケットがはみ出さない様に、小さい
FFタイプのビスケットを使用。

写真に写っているビスケットの、右の2つが
FF(30×13㎜)タイプ、その左から順に
#0(46×15㎜)、#10(52×19㎜)、
#20(57×23㎜)のビスケットですね。
(寸法は元々インチ製なので、約です)

FFタイプのビスケットを使うには、
カッターの刃もそれに合った小径物に
替えなければならないけど、
今回初めてFFタイプを使い、刃の交換
方法(刃の交換だけでなく、他にも作業が
有りました)も分かりましたわ。 (笑)

現物を組み合わせる
16-2 額6
まだ作業工程は残ってるけど、
こんな感じに成ります。

今回の作業は、ここまで。

残るは、絵を入れる為の凹みの掘り込み、
フレームの組み付け(ビスケット&ボンド)、
塗装、裏板作成、裏板押え留め金付け、
フレーム吊り下げフック付等と、もう一つの
くり貫きタイプの作成ですが、何せ寒いと
作業が辛いので、暖かめの日に
チョコチョコと作業します。

では次回まで、ばしお待ち下されれ~ぃ!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

当方、こんな状態になると全くお手上げです
流石に、電気の匠DENさんです
トリミングするとプロの作品ですねぇ
トリマーが欲しくなってしまいます。

Tazさんへ

トリミングすると、確かに豪華に見えますね。
この飾り加工は、腕と言うより道具で出来てしまうので、
自慢にはなりませんけどね。
Tazさんもトリマーを是非手に入れて、豪華作品を作ってください。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR