スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電流計修理

こんにちは!

25日は寒くて、木工DIYになりませんでした。
26日は脳神経外科に通院の為、作業なし。
でも何もしないでいられない小生、壊れていた
自家発電制御盤(コントロールユニット)の
充電電流監視電流計をいじくりました。

電流計の購入

インターネット「Amazon マーケットプレイス」で、
30A電流計が、1個 334円送料手数料タダの
格安で売っていたので、壊れったメーターの
交換用とスペアー用として2個買いました。

さすが中国製で、しかもその梱包がすごい!
小さなポリ袋の入ったメーターが一個やっと
入るチャック式袋に入れ、それ(2個)を
単純に大きさ15Cm四方程度のプチプチ付の
紙袋に入れただけ。
これで中国から送られてきたんですよ。
良く壊れなかったわ!

このメーター、実は電流計とは言うものの、
肝心のシャント抵抗(分流)器が付いてない!
そりゃーシャント抵抗器が無かったら
あきまへんはな。
シャント抵抗器を考えなくては。
ドオリで安かったー、しまった―!

交換用に買ったメーター
16-1買った電流計
右のメーターは、20Aを指してますが、
壊れて届いたのではなく、テスト中なので、
無視して下さい。

新規に買った電流計が30Aと言うのは、
これまでのメ―ターが20Aの物で
焼けしまったので、最大電流が20Aを
超えた為と思い、30Aの物にしたわけ。
(原因は違う?判断が甘いんだよ!)

新しいメーターは、シャント抵抗を
何とかしないと使えないので、仕方なく
これまで壊れたまま制御盤に付けといた
メーターの修理にトライ!

壊れていたメーターを修理

壊れたメーターは、内部の端子固定ネジが
チャチな為、締付け不足で接触不良をおこし、
発熱で焼けたと思われます。
調べると、メーターと分流器そのものは
生きてたので、穴を開け端子用けネジを
取り付て生きかえらせました。

修理したこれまでのメーター
16-1 修理済電流計
左の写真は、この電流計の正面で20Aのもの。
右の写真が、修理部分で撮影時に倒れない様
枕にして置いてある合格証のているカバーで
被ってありました。

追加したネジは、直径4㎜の物で、そのネジ頭
と比べ、メッチャ小さいネジ頭が見えますね。
写真で、グニャリ曲がった太い針金(シャント)の
その先にボケてますが何とか見えるでしょう。
(撮影が下手ですみません)
尚、メーターに直列に抵抗が付けられており
メーター本体の感度は、結構良いものと
思われますね。


天気予報では、また暖かくなるらしい(?)ので、
木工DIYすっぺ!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。