風力発電機修理3回目

風力発電機修理3回目完了

大変長らく御無沙汰してました。
何となく、ブログの更新を怠ってしまいましたよ!

風力発電機も3回目の修理が無事終え、作動再開しました。

改善点

1.マグネット吸着鉄円盤強度アップ
  前回の故障の原因は、仮に取り付けたマグネット吸着鉄円盤が、
  0.3㎜のトタン板を3枚重ねた物で強度が不足していて、マグネットが
  発電コイルに接触してしまったもので、この鉄板を3㎜厚みの鉄板に
  変更し強度をアップ。(12月4日のブログ参照ください)
  この強度アップにより、マグネット(ローター)と発電コイル
  (ステーター)の距離をより近付けることが出来、発電効率も
  上がった筈です。

2.回転ベースの防水処理
  回転ベースは、ベアりングの径に合わせる為に引き割りをしており、
  (12月4日ブログ参照)その引き割り部分の防水方法を如何様にするか
  悩みました。
  長期に耐えるかどうか分からないけど、アルミフォイルテープを
  巻き付けました。
  DIY15-12-28回転ベース防水
  このテープでどれくらいもつかな~!

3.問題発生時容易に発電機部分を外せる様に
   発電機部分で問題発生時、これまでは発電機からの配線を、
  ニッパー(カッター)でカットして切り離していたが、
  再接続時にいちいちカシメなどで加工しなければならなかったので、
  マストポール最上部(回転ベースのすぐ下)に中継端子板を付け、
  ネジ止めで簡単に付け外しができるようにしました。
  写真撮影を忘れて組み立ててしまったー!
  電線の端子状態の写真が有るのでご覧あれ
 DIY15-12-28端子カシメ

4.マストポール内絶縁強化
  上の中継端子板の部分は、当然絶縁テープを巻いて保護しますが、
  万が一を考えて、マストポール内部に塩ビ管を押し込み、絶縁強化。
  塩ビ管は、雨樋の縦樋パイプを使い、引き割りを入れる事で
  マストポール内径にジャストフィット(叩き込んで入るきつさ)させました。
  DIY15-12-28絶縁パイプ

再稼働開始
3回目の修理を終えて、再稼働させました。
が、前日(27日)まで強い風が吹いていたのに、28日月曜日は風もない
良い天気となり、わずかの風でやっと回る状態でした。

夕日機輝く我が風力発電機
  DIY15-12-28夕日に輝く風力発電機
今日まで、風らしい風がほとんど吹かず、実力発揮も出来て無いんです。

強い風が吹いてくれるよう祈りながら今日はここまでで、
次回は別のDIY記事とします・・・・・・こうご期待!(してないよね)

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

脱帽ですねぇ、継続は力なり
改良を加えて行って逸品の風発に進化ですね

来年も宜しくお願いします
良いお年をお迎えください。

No title

こんばんは~♪

改良に次ぐ改良ですね~!
ますます良くなって・・・・・
結果を楽しみにしています。
来年も宜しくお願い致します。

Re: わいわいさんへ

コンバンハ―!
風力発電機は、改良というより修繕みたいなものですけどね。

また田んぼをやるので、連載できないかもしれないですけど、
こちらこそ、来年もよろしくです。

DEN

Re: No Tazさんへ

こんばんは!

風力発電機は、修繕(手直し)みたいなものですけど、
頑張って動かしてます。
来年ですが、規模を縮小して米つくりしますので、
歯抜け日のブログになると思いますが、こちらこそよろしくです。

DEN



> 脱帽ですねぇ、継続は力なり
> 改良を加えて行って逸品の風発に進化ですね
>
> 来年も宜しくお願いします
> 良いお年をお迎えください。
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR