スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電機は?

実を言うと、田んぼ仕事で家を離れている間に、風力発電機が
動かなくなってたんですよ。

風力発電機の修理

原因は、ウスウス感じていたんですけどね。
ローター(マグネット回転盤)の取付がずれてしまい、
ステーター(固定発電コイル)に当たっていて、ローターが回らない、
つまり風が吹いても回転翌(プロペラ)が回らず、
発電できない発電機になっていたんですよ。

ローターの部品のうち、マグネットを張り付ける鉄板は仮設で、
厚み 0.3㎜のトタン板を 3枚重ねた物だけど、
軟弱だったんですね。
なので、3㎜厚の鉄板をインターネットで「鉄板コンビニ」と言う
鉄板屋に注文しておきました。(3㎜の鉄板円盤の自作は無理)

また、発電機本体のポール(発電機を空中高く上げる為の支柱)
テッペンの回転ベースも、仮の状態だったので、シッカリした物に
仕上げようと、回転ベースのボールベアリングやシャフトなども
テレビ広告もしている「モノタロー」に注文しておきました。

農業関連の作業も一段落、自宅の補修作業なども一段落したので、
動かなかった風力発電機の修理と恒久的仕上げの為の作業に
取り掛かりました(12月1日)。

尚、発電機本体は、動かなくなっていたのに気付いた日に、
取り外しておき、分解しておきました。

購入したローター鉄円盤
DIY11月ローター鉄板穴開け
既に穴開けを終わった写真ですが、中央に大きい穴を開けた
3㎜厚の円盤(特注) 2枚を「鉄板コンビニ」から購入しました。

鉄円盤穴開け加工
DIY11月穴開け
穴開けにはボール盤を使い、錐が過熱しないよう、注油しながら
穴開けしました。

ローター再完成
DIY11月ローター完
マグネットの付いたプラスチック円盤を取付てローターの完成。
左がマグネット側、右はもう一つのローターの裏側。

マグネットは、既にプラスチック円盤に接着剤で固定されており、
鉄板との結合では、マグネットと鉄円盤が張り付いてしまって、
位置合わせがメッチャ難しかったです。

マグネット上の黒マークは、マグネットの極性見分けの為のマーク。

ローターは、写真右側の中央に付いている黒色のセットカラーの
押しネジで、プロペラシャフトに固定します。

集塵機への吸引防止
DIY11月吸込み防止ネット
回転ベースの発電機ユニットへの取付は、アルミ製アングルで
軽い為、加工時にウッカリ手を放すと、集塵機に吸い込まれるので、
吸込み口に網を付けて吸込み防止。

尚、上の写真はアルミ製の回転ベースアングルの、
加工中の写真です。

回転ベース(パイプ)挽き割り
DIY11月回転ベース切割
回転ベース用に購入したボールベアリング(上下2個)の
大きさが、少し大きめだった為、パイプを引き割って無理やり
ハメ込みホースバンドで固定します。

回転ベース用セットカラー穴皿加工
DIY11月セットカラ―面取り
セットカラーをアルミアングルに取り付けるには、
皿ネジを使う為、取付穴に皿面取り加工が必要。

手持ちの錐に皿ネジの皿角度と同じものが無かったので、
大(13φ)小(9φ)二つの錐を使ってさらいました。

回転ベースセットカラー取付状態
DIY11月セットカラー取付
発電機ユニットに、こんな風に取り付けます。

回転ベース完成
DIY11月回転ベース完2
回転べースの完成です。
(回転ベースを発電ユニットに取付た状態)

しかし、引き割った切れ目に雨水が入ってしまうので、
何か良い方法を考えなくては。

次回に続く。

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。