スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農作業(7)

トラクター アクセサリーの事

小生より詳しくご存知の有る方々も居られる思うけど、小生の経験上珍しい事なので、
アップしまっせー!

トラクターは勿論、新(赤色)・旧(青色)の代掻き用ロータリー、クロ(畔)作り機械、
肥料撒き機械などトラクター関連機械は、トラクターも含めて5機種有り。

新ロータリー
農15_4_30 新ロータリー
ロータリー部と、レーキ(ロータリーで出来た槌の盛り上がりを鳴らす羽)を、
全部広げた状態(植え代掻き状態で、ブログの最後に畳む状態の動画あり)。

新ロータリー修理
農15_4_29 修理2左バネ付け
コイルバネが無い事と、レーキを動かす為のアームが若干曲がっていた為、
代掻き作業中にレーキを開きたくても、開かなかったんです。

ここで言うレーキとは、ロータリーで掻かれた土が、ロータリーの両側で盛り上がる為、
それを平らにならす為の羽の事です。

なので、小生手元に有ったコイルバネ2本を繋いで取付け(修理2)、
更に、左右のアームの高さを更に高くする為、アームの曲がり部分が浮き上がる様、
支え物(木ネジ)を挟み込み、針金を巻いて補強したのが、次の写真。
修理3の拡大
農15_4_29 ロータリー修理2&3
チョット見てくれは悪いが、実用上問題なしなので、ご勘弁の程を!

尚、修理1は、先ごろ紹介したロータリー機の連結爪紛失対策ですね。

ロータリーの取り外し
農15_4_30 旧ロータリー取外し前
農15_4_30 取外し作業工程
右端の状態から安全ロックを手動で外し、トラクターを少し前進させると、
ロック部分と回転駆動結合部も離れ、安全を確認しながら更にトラクターを先進し、
外し作業の完了となります。

この取り外し(撮りつけは逆の操作)方法は、全てのアクセサリーとも同じ。
ただ取り付けるときの位置あ合わせが難しかったですね。

機械の格納
農15_5_1 清掃後格納完了
トラクターの各アクセサリーは、泥だらけだったので、小生が持参した
高圧洗浄機(古い)を使い、キレイ(?)に清掃、保管場所に収納しました。

清掃作業の写真は無いですが、清掃している本人(小生)も、跳ね返る泥水で
顔まで泥にまみれながらの作業でした。

各アクセサリーとも重量が有るので、当然ながら保管場所までトラクラーに
取付けたまま移動し、その場で取外し作業をします。

最後に、新ロータリーの折畳状況の動画を!
動画は折りたたみの状況だけど、開くときはこの逆に動きます。
但し、左右のローラリー部分が開くときは、左右同時のに展開。

レーキは、左右別々に操作する事が出来、田んぼのエッジを掻く場合などは、
レーキを跳ね上げて、クロに当たらない様にします。

新ロータリーの折畳(動画)
[広告] VPS


DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メカ好きにとっては
こういうメカニズムってメチャクチャ
ついつい見入ってしまいますね
メカメカ大好きです。

Re: Tazさんへ

小生も、メカメカ・デンデン大好き人間です!
本当は、畳であるのを開くところから畳む所までの
動画を撮影したかったんですけど、失敗した為
畳む所だけになってしまいました。
そのほかに、クロ(畔)つくりの機械の動作、
肥料撒き機の動作などの動画も撮りたかったけど
自分撮り出来なかったので、残念でした。

DEN

> メカ好きにとっては
> こういうメカニズムってメチャクチャ
> ついつい見入ってしまいますね
> メカメカ大好きです。
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。