スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農作業(6)

驚いた場所

前回、小生も見て“ビックリ!”した所をお披露目します。
田んぼ6&7への水の取水場(川)です。

それは、やや大きな川(箒川)の、およそ10Km上流から水を取りいれ、
川(崖等有る)の端っこを、川に沿って延々と隧道(水を流すトンネル)を流れ、
田んぼ用水として、たどり着いた川の水だったんです。

残念ながら、上流の隧道や川の有る場所は、撮影してなく、
田んぼへのパイプ(水の取水口)の有る場所しか撮影してないのですが、
その場所がどの様な場所に有るのか、ご覧あれ!

水源の川のある場所
農15_4_30 本元の取水場所1
左の写真は田んぼ6の取水口(噴水状)で、その水源のある場所が、
中央の写真の黄色い○印の辺りの、高い場所に有るんです。

しかも右の写真の様な、勾配が30度も有ると思われ、距離にして10mほど有る
道なき道を、雑木や枯れ枝を掻き分けて、手にはゴミ避けの金網とスコップを
持って登り(途中転倒しそうに成りながら)、取水作業をして来ました。

水源の川と取水部分
農15_4_30 水源1
この川の水は、前記の様に遥か彼方から挽いてきている水で、川幅1m程度の
人工の川です。

左の写真が取水部分の上流方向で、中央の写真の取水部分を通り、
右の写真の方向に流れ、地下隧道へ流れ込みます。

取水場所は、川の流れを石で若干せき止め、塩ビパイプの取水用パイプで
取水します。
写真の様に、枯れ葉などのゴミが入らない様、金網を被せています。

如何ですか!
この川がここまで来るのに、いかに川縁と言っても途中には山あり絶壁ありで、
しかも地中に潜る隧道を掘ったり、高低差も考慮しながら、必死で延々と
川を造った昔の人たちの労力がしのばれます。

小生が子供の頃、小生の実家の近くにも隧道跡が有って、子供がやっと
通れる位の地下トンネルでしたが、枯れた松の根っこ(ヒデ根っこ?)を掘り起こし、
松明と称して火をつけて明かりにし、もぐった経験があります。
いわゆる那須疎水が完備されるまで、昔し使われてたのだろうと
思い馳せりますね。

皆さん如何です?


今(も)、お母ちゃんの実家に来ているので、ここまでてす。

Good luck !

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Pさんにちょうど田んぼの水はどこから引いているの?
と、質問されて、って適当に川じゃない??と教えたんだけど
それじゃ納得いかなかったようで、お父さんに聞いてよ!と
言われていたんだよ。タイミングいいわ~。
って、やっぱり川だよね。

Re: wocean2さんへ

その通り! と言いたい所だけど、例えば田んぼ5(ゴルフ場隣)や6(前山の上の方)は、
共同で、ポンプで水をくみ上げてる(稲が実るまで毎日)所も有るんだよねー!
低い所にある田んぼは、間違いなく川から(箒川)からだよ。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。