スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電機修理改善(5)

風力発電機配線改善

これまで、風力発電機(風発)から制御盤まで、細い電線で配線していたけど、
以前にも説明した様に、太いケーブルに変更しました。

配線状況
DIY15_3_25 風発電線1
この写真は、母屋から作業場2階への空中配線と母屋側配線で、
屋外の部分(空中配線)は、ジャバラ配線ホースに電線を通して配線。

この3芯 F-ケーブルを、6.5mのジャバラホースに通すのがなかなか通せづ、
お母ちゃんにも手伝ってもらい、やっとの思いで通しましたよ。

母屋側の配線は、ケーブルを破風内側に固定(別の商用100V配線と平行)。
左h側へ配線してある電線は、作業場への商用100V配線で、空中配線も裸線
だったので、今回同時にジャバラホースに通しました。

使用ケーブルは次の写真の様に、細い縒り線のものから、芯線径がΦ2㎜の
3芯 F-ケーブルに変更。

但し、風発本体取付部の垂直回転ユニットの、穴あきボルトの穴径()約Φ8㎜の
関係から、風発本体と配線中継Box(風発ポールの直ぐ下)までの間は、
これまで使っていた細い縒り線のままです。

穴あきボルトの穴の太い物を入手し、垂直回転ユニットの変更が出来た時に、
この細い線をもっと太い線に変更する予定。

電線の比較
DIY15_3_26 電線比較と中継Box
写真4.線の外観比較で、左の「青・黒・赤」の3本が従来の線で、
     グレーのケーブルが今回使用した、芯線径 Φ2㎜・3芯のF-ケーブル。

写真5.其々の新鮮の人差の比較(参考なので2本づつです)。

写真6.制御盤側の配線は、爪方か占め端子を使いネジ止め。

写真7.風発下に取り付けた中継Boxと内部で、中継コネクターを付けてるけど、
     最終的には、3回路2接点のスイッチを付ける予定でです。

     理由は、強風時に風車の回転にブレーキを掛ける為、回路を
     遮断すると共に、風発側の回路をショートし、ブレーキを掛けます。

更に、制御盤内に使っていた、風発用逆流防止ダイオードを、先般購入してた
順方向電流 10Aのダイオードに交換。

ついでに、風力発電機の出力が上がった事で、ソーラーパネルへの逆流の
危険性が有るので、ソーラーパネルへの逆流防止ダイオードも追加。
これで強風の時でも、安心です。




JJ!

公園でボール遊び
JJ15_3_27 公演でボール遊び
当市の、野崎工業団地にある公園で一休みしていた時、JJは勿論
公園の遊具でも遊んだけど、持って行ったボールを追いかけ遊んでました。

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。