スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風力発電機(26 最終回)

小生、未だ風邪のヤッカイになってますが、動くことは充分出来るので、
コントロール Box(制御盤) を設置し、動作完了しました。

発電システムの完成

これまで活躍していたソーラー発電システム(80 W×2)に加えて、
今回作成した風力発電機を含めた、自家発電システムを完成させました。

風力発電機そのものは、まだ試作的性能で少々力不足を感じており、
今後もっと効率のよい発電機を作ろうと思ってます。

従って日中は、ソーラー発電で蓄電し、夜間に風が吹いた時に、
風力発電で蓄電する情況です。

DIY14_12_13 風力発電機制御版
写真の左端は、据付完了したコントロール Box 外観。
左から 2 番目が制御盤内部。
      分岐部品のフタが開けてあるので、中が見えてます。
右手前は、設置している風力発電機。
右端は、ソーラー発電だけだった時の制御盤で、この部分を解体し、
      今回作った制御盤を取り付けました。

設置には、ソーラーパネルに光が当たらない様、ダンボールやブルーシート
等を覆い被せて、発電を止めての作業です。

蓄電池(バッテリー/満充電済み)を先に配線し、次に負荷を接続、
最後に発電機を接続。

蓄電池は 2 個有り、並列接続(これまでは夫々のソーラーパネル専用でした)
する為に、万が一の事故に備えて、夫々にフューズを入れました。

各発電機には、逆流防止ダイオードを入れ、各発電機への逆流を防止。

夜間用 12 V動作のセンサーライトは、制御回路に仕込んでおいた
光感知回路からの、夜間電力出力端子に接続してます。

充放電電流計
DIY14_12_6 Box内配線完
両写真の右方向に有る 2 個のメーターが、充/放電メーターセットで、
下側は上下逆に取り付け、放電電流計としてます。

この2 個のメーターは、次のように接続し、夫々充電(蓄電)用/放電用のメーター
として働きます。

2 個のメーターでの双方向電流計の理屈は次の如くです。

擬似双方向電流計原理
DIY14_12_2 双方向電流計原理
本物の双方向電流計は高価なので、貧乏人の小生は安く手に入る電流計
2 個を使って、双方向電流計とする事にしたのです。

上の図(ヘタクソ!)で分る通り、電流計に対して順方向にダイオードを接続し、
それを 2 組用意し、夫々を逆に接続して 1 セットの双方向電流計の出来上がり。

現用の 12 V電気機器
・ 常用灯: 2.5 W × 3 灯
       4.5 W × 2 灯
・ 常夜灯: 2.5 W × 1 灯
・ センサーライト: 3 W 1 灯
・ DVDTV: 15 W 1台
・冷蔵庫(12V用): 65 W 1台

今後、100 V インバーターを使って、37 型液晶TV(220W)や、空気清浄機(70W)等
試してみようと考えてます。

以上で、風力発電機の作成ブログを終了とします。
長い事、お付き合い頂き有り難う御座いました。
次のプロジェクトに、請うご期待!

そうでしたね、さして期待してないし、楽しみでもないんでしたね。
でもめげずに DIY ブログ継続(時々途切れますが)しますので、
今後とも宜しくお願いしま~す!

そうだ、今日は夜 7 時から「防犯パトロール」に出なければ成らないんだ!
暖かくして出かけなくては! (鼻水、グズグズしてる)

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成、おめでとうございます\(^o^)/

昼間は太陽、夜は風力、そして蓄電
再生可能エネルギーの弱点を補完したモデルシステムの完成ですね

今後の、いろいろ計画も興味津々
楽しみにしています(^_^)v

Re: Tazさんへ

有り難う御座います。

太陽光発電、結構力がありますね。
昼間、ダンボールとブルーシートを被せたくらいでは、
発電停止できず、外しておいた雨戸を乗せても、
6Vくらい出ていました。
それに比べ、風力発電は本当に気まぐれですね。
その意味で、そよ風でも充電出来る電圧が出るような
発電機を作りたいですよ。

これからしばらくは木工DIYに成りそうですが、
寒いので中々動き出せないですね!

DEN

No title

おはようございます。

自家発電システムの完成おめでとうございますv-438
かなり複雑なシステムなので、素人の私には良く分からないのですが・・・・・
昼も夜も発電できるって所が凄いですね。
プリント基板全盛の時代に、これは修理がし易くて好いですね。

Re: わいわいさんへ

わいわいさんへ

お晩方です!
有り難う御座います。

発電システムですけど、複雑そうに見えますが、理屈は簡単ですよ。
近くに川でも有れば、水力発電もやりたい所!

プリント基板は、穴あきマルチ基板を使ったので、裏側の配線がヤッカイでした。

我が家の発電システムは、使う量がまだまだ少ない様なので、
風力発電システムも加わったし、もっと使わないとね!

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。