風力発電機(15.5)

1日の作業時間が、午前 3時間、午後 1時間の計 3時間なので、
作業は中々進捗しません。

風車部分仮組み

ブレードもキレイ(?)に仕上げたので、取り付け用アングルをブレードにつけました。

ブレードにアングル付け
DIY14_10_23 ブレード単
左:ブレード裏側
右:ブレード表(風を受ける面)側

3枚羽ね一式です。

風車として仮組み
DIY14_10_23 風車仮組
中央の円板は、塩ビ水道管継ぎ手の外形Φ125㎜品です。

ブレード部分には、補強部品を付ければ安心なんですけど、
手本にした先生の場合を参考に、敢えて付けませんでした。


アクシデント!

1・ブレード取付アングルのアクシデント
アルミ アングルの穴あけ加工中に、アングルから、ウッカリ手を離してしまい、
集塵機に吸い込まれてしまました。
なもんで、アルミのアングルがキズだらけに成ってしまったんです。

予備のアングルがあったので、作りなおしました。

傷付いたアングル
DIY14_10_23 アングル アクシ
左は穴あけ完了品、右は半加工品、そして中央が「キズだらけのアングル」です。

心配していた集塵機のブレードは、流石に鉄製なので、多少の傷は有るものの、
無事でした。

2.ブレード取付ベース円板のアクシデント
(写真はなしです)
ブレードの取付ベースになる円板は厚みが、約 15㎜有るので止めネジの長さが
ジャストで、ナット止めが出来ない。

そこで、ナットとスプリングワッシャーの厚み分のザグリをしようと、ボール盤で
Φ12㎜の錐でザグリ加工中に、錐に食いつかれ穴が 12㎜の貫通穴に
成ってしまいました。

円板を手持ちで加工したのがいけなかったので、ヤッパリクランプ等で、
ガッチリ押えて加工すべきでしたね。

以降全てのザグリ加工は、クランプでシカリ抑えて加工しました。

尚、円板への取り付けは、ネジ 2本ではなく、3本止めにするので、Φ12㎜で
貫通してしまった穴は使わず、別に2つの穴を使って止めるので、大丈夫です。


さて如何すっぺ!

ここで、この風車を、発電機本体の回転シャフトに取付ける方法ですが、
未だに検討中です。
誰かが言った:「出来るのかー」
小生:「何とかすっぺ」(どの様にして取り付けようかなー!・・・思案中)

では、次回をお楽しみに!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一挙に見えてきましたね
カッコイイ!!

Re: Tazさんへ

有り難う御座います。
この風車を、軸に取り付ける方法で、苦脳しそうです!

DEN

No title

凄いですね!
風力発電なんですね・・
さすがです^^v

Re: こてつぱんさんへ

以前から作ってみたいと思っていたところ、良い見本(教科書)が有ったので、思い切って作り始めちゃいました。
バッテリーに充電して使います。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR