風力発電機(9)

今日のメイン作業は、発電機本体のフレームに成る円盤の作成です。
勿論、他にこまごまとした加工作業等が有りますよ!

フレームとして使う板を、アルミニウム板で作ろうかと思ってたけど、
端材を見たら、台所の壁のリフォームに使った、耐熱化粧板が有り、
厚みが 3㎜、硬くて曲らず丈夫なので、これを使う事にしました。

集塵機吸い口ラッパ作成

耐熱化粧板は石膏ではないが滅法硬くて、糸鋸やボール盤で
加工すると、ホコリがびどいんです。

なので、折角デッカイ集塵機が有るのだから、これを充分活用
しなくては、と考え(以前から考えていたけどね)、今日の作業の
手始めに、集塵機のホースの先につける集塵ラッパを作成。

こんなんです
DIY14_9_10 集塵機ラッパ
はじめ、ボール紙で作ってみたが、集塵機の吸引力が強くて
つぶれてしまううので、ストックしてあったダイソーで買った
「PPシート」を使って、簡単なラッパを作りました。

使い方は、至極簡単!
単に集塵ホースの先に差し込んで、集塵したい場所に置くだけ。

キリコを、充分に吸い取ってくれました。
特に、耐熱化粧板の加工では、粉塵が舞い上がらず良好でした。

フレーム円盤作成

発電機本体のフレームに、アルミ板でなく耐熱化粧板を使用します。
その加工は、硬くて大変でした。

たまたま切れ端になってた化粧板。
センターを決め、コンパスで外形の円を書き、両面テープで
2枚を貼り合わせ、集塵ラッパで集塵しながら糸鋸でカット。
(上写真参照)

その中心に穴を開けてボルトを通し、旋盤代わりのボール盤に取付、
外周の仕上げをしました。
硬くて、バイト(超硬チップが取れている)の方も減ってしまいました。

フレーム円盤
DIY14_9_10 フレーム円盤
この写真は、円板を切り抜いた状態までの写真ですが、更に
ケースへの取付穴や、コイル取付穴、中央の穴の拡大などの
加工をします。
(白い方が化粧面で、茶色の方は裏面)

今日は、2枚しか作れなかったけど、あと 2枚必要なんですよね。

円板集合

フレーム円板があと 2枚足りないんですが、今日の作業の
成果として、写真に収めました。

円盤類の集合
DIY14_9_10 全円盤
左の 4組(マグネット位置決円盤と固定用アルミ円盤の組合せ)は、
  ローター円板。
  皿穴加工をし、2枚を 3㎜皿ビス・ナットで留めてます。
  (ビスの頭が出ないよう皿ビス使用)

卵形の穴の開いた円板(?)は、発電コイルを付けるステーターで、
  2㎜厚アクリル板の 2枚重ね。
  これも、2枚を 3㎜ビス・ナット(普通のビス)で留めてます。

右の 2枚(重ね)が、耐熱化粧板で作ったフレーム円板。
  中央の穴拡大加工や、ケースへの取り付けの為の穴等の加工が
  残ってるし、もう 2枚必要。

仮組みまで、まだまだたどり着けないなー!

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR