スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出!

今日は、午前中は結構の雨が降り、午後も雨が降ったり止んだり
曇ったり。
梅雨はとっくに過ぎたのに、良く降ること!

12年前の思い出

小生がマレーシア赴任中に、お母ちゃんと(4泊だったかなー)行った、
ミャンマーの「シュエダゴォン・パゴダ」の写真が出てきたので、
アップします。

写真は、もっと沢山有るはずなんだけど行方不明の為、
「地球の歩き方」のミャンマー編から頂戴した写真も掲載しますので、
悪しからず。

「ミャンマー」は、1989年6月までは、「ビルマ」と言う国名でした。
軍事政権が勝手に変えたらしいですが、今では公式に「ミャンマー」と
なってますね。

「ミャンマー」一有名な「シュエダゴォン・パゴダ」は、首都「ヤンゴン」に
有ります。

本物の写真ですが、マレーシア在住時に、A4サイズでプリント
して置いた物を、再撮影した物です。

シュエダゴォン・パゴダ
ミャンマーシュエダゴォンパゴダ
中央に写っている人物は、小生のおかあちゃんでして、
割にスラーっとしてますねー!

パゴダ境内は、裸足でしか入れません(イスラムのモスク等も同じ)。

真っ青な空と、金ピカピカのパゴダが対照的でした。
パゴダは、金箔が張られていて、本当にまばゆいばかりでした。

首都「ヤンゴン」は、以前は「ラングーン」といわれていましたね。
しかし今の政治の中心は、軍政時代作られた「ネピドー」です。

「ヤンゴン」では「ホテルニッコー・ローヤル・レイク・ヤンゴン」に宿泊。
「ミャンマー」と言うお国柄か、渋い感じがしましたね。

そして、本来の目的地である、パゴダの林立する事で有名な、
「バガン」へプロペラ飛行機に乗って移動。

「バガン」には、黄金に輝くパゴダも有るけど、石積み建てのパゴダが
多数、それも大から小(2~3m高)までピンからキリまで林立してます。

バガンのパゴダカタログ
旅・1パゴダカタログ
代表的パゴダの一覧で、殆んどのパゴダを見てきました。
案内は、日本語の話せる現地人のガイドでした。

バガンの風景
旅・2バガンのパゴダ群 (2)
スゴイ量のパゴダが林立してます。

バガンで代表的パゴダ
旅・パゴダの色々
左:シュエズィーゴォーンパゴダで「バガン」代表No.1
    シュエズィーゴォーンパゴダより後の建造らしい。
中:シュエサンドパゴダで、石積みの大きなパゴダ
    1057年建造
右:アーナンダ寺院本堂内の高さ9.5mで、4方に4体あり圧巻。
    直下で見ると怒った顔、離れてみると笑顔の黄金仏像。

「バガン」での宿泊は、「バガン・ホテル」、バリのリゾートホテル風で、
客室棟は「バガン」の遺跡風外観であり、食事もショーも中々
良かったです。

最後の日の観光場所は、「ビルマ」独立に尽力した「ボーチョー・
アウンサン将軍」の家で、あの「スーチー」さんの幼少時代に
暮らした家でしたが、当時は博物館として観光名所になってました。
(今日でも博物館だと思う)質素な生活を送っていたらしいです。

≪記憶に残ってる事≫ (約12年前の事です)
・小生達が訪れた頃は未だ軍政下で、貧しい国でした。
・観光地に行くと、裸足の子供達(コジキ同然)に取り囲まれ、
 「ボールペン」とせがまれました。
・国際空港の送迎バスは、東京のワンマンバスで、日本を
 走っている時と全く同じ姿のままでした。
 勿論、停止呼び鈴ボタンも付いたまま。
・自動車は、殆んどが日本の中古車、トラック等も「自家用」の
 表示や店の名前がそのまま、又、バスも「108」=栃木県の
 「東野バス」や、 「**観光バス」等と掛かれたままで、
 日本での衣装のまま。
 塗装変えもまま成らなかったんでしょうね。
・「ヤンゴン」の街を散策しいていると、日本語で話しかけてくる人が
 多いのに驚きました。
 その人達に聞くと、「日本で、ラーメン店で働いていた」とか、
 「日本の**に住んでいた」等との返答、日本との関りが多い国
 だったんですね。
・「ミャンマー」の食事は割りと口に合いました。
 「バガン」のホテルでは、赤飯に近いコワ飯も有りました。
・「バガン」は、無数のパゴダが有るけど、田舎的でした。
・「ミャンマー」も今は民主化されたので、訪問もし易いでしょうし、
 小生達の行った時期も、行きやすかったけど、数年前は、
 行くのにとても勇気の居る国でしたね。
 争乱中に射殺された日本人写真家の事件も有ったし。
 
飛行場で合った、ミャンマーの夫婦 (生写真です)
旅・1-1ミャンマーの人
真ん中の人は日本人ですよ、小生のお母ちゃんですから。

この人たち、日本人的な顔つきですよね。
「ミャンマー」の北の地方で、果樹園(みかん園だったかなー)を
営んでおり、以前は日本で働いていたとの事。

「ミャンマー編」は、写真が見つかったら、再放送予定ですが、
今日はコレまでとします。
とにかく、色々思い出されて懐かしいですね。


余談ですが、多くの海外のホテルは、一部屋ナンボで、
子連れなどでもエクストラベッド追加くらいで、同額で泊まれる
(エクストラベッド代が掛かる所も有る)ので良いですけど、
どうして日本のホテル(旅館)は、一人ナンボなんですかねー?

ではおやすみなさい! m(_。_)m

DEN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一度は行きたいな~、ミャンマー。
お母さん、ほっそりだね~。

また二人で旅行行ったら?
と、思うけど、旅行行くならトロント来て!って願っちゃうからね、、、

No title

> 余談ですが、多くの海外のホテルは、一部屋ナンボで、子連れなどでもエクストラベッド追加くらいで、同額で泊まれる(エクストラベッド代が掛かる所も有る)ので良いですけど、どうして日本のホテル(旅館)は、一人ナンボなんですかねー?

これは私も時々思います。旅館とかだとご飯もセットになっているので、まぁ一人幾らなのだろうなとは思います。

Re: ワキさんへ

そうですねー、日本の旅館の場合、それが有りますね。
日本の場合、ホテルと銘打っていても、
実体は、日本式旅館が多いですからね。

DEN

Re: No title

ミャンマー!
歴史のある国なんだけど、今は貧しい国だね。
見るところ、パゴダだけどイッパイ有るし、行ってみると良いよ。

細身だけど、いろんな面でガッチリもしてたな。

先ずは、思い出のバトゥパハ、それとキンゲンさんから
何度も誘われている台湾に行きたいね。
でも、優先順位的に2番手以降になっちゃうんだよな~!

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。