私のシャック(秘密の部屋)

長らく。サボってしまいました!

今日は、小生のシャック(無線関係の部屋=秘密の部屋=電子DIY部屋)についてです。

シャックとは、主にアマチュア無線関係の通信室兼工作室を指すと理解してます。

小生は、高校生時代にアマチュア無線に熱が入り、その後社会人に成って鉄塔まで建て、
オーディオに、更にエレキバンドをやったりバイクに乗ったり(通勤にも)、そして退職後は
木工中心のDIYに至っています。

そのシャック
2017-9-5シャック
木工作業場(元々は車庫)の二階がいわゆるシャックですが、これまでは、色んな物の
物置状態でした。
無線機器は、受信機のみを残し、他の全部を捨ててしまいました。
真空管式なので、アンティーク機械として再生している方もおられるようですが、
モッタイけど動作しないので邪魔なだけ(?)と決断したんです。
トランシーバー(送受信機)は、短波(HF)帯用、超短波(VHF)帯用共にトリオ社(現ケンウッド)、
オールバンド受信機として、トリオ社のQR-59、その他TV信号発生器機や、測定器等
ポイしてしまいました。

写真では、無線機器は見えず、まだ何やらゴチャゴチャと物置状態も継続してます。

残した受信機
2017-9-6無線受信機
この残した受信機も、まともに動作しません。
何とかレストアして働かせようと思ってますが、果たしていかに!

約50年前の物で、当然真空管式。
当時憧れでしたが、高値な為、中古品を譲ってもらったんですが、使い切らないうちに、
海外赴任となってしまい、それ以来30年もホッタラカシにしといた物。
無線機器の同調コイルなどのメーカーだった「スター無線」で、モデル名がSR-700Aと言う
アマチュア無線の高級受信機でした。

残った測定機器
2017-9-6測定器
真空管式のオシロスコープとバルボル(真空管式テスター)、左に写っているのが、いわゆる
サーキットテスター。

下に写っているオシロスコープは、千葉県で個人で作り販売していた機械で、30年間ホットイタのに、
今でもきっちり動作してます・・・・・・素晴らしい。
オシロスコープの上に載っている、アクリルケース入りの物は、最近購入して組立てたソリッドステート式の、
電池駆動式簡易オシロスコープで、後日詳細を紹介します。
中国からの物ですが、買うのが申し訳ないくらいとにかく安いんですよ。

説明不足の所が有りますが、今日はここまでとします。

今度の土日(9~10日)は、稲刈りに成る様なので、コンバインで田んぼの中をドライブしてきます。

では、不定期ですが次回、またお会いしましょう。

DEN
スポンサーサイト
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR