スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米造り!

稲刈りが終わると、次は籾すり作業で
いよいよ玄米造りです。

玄米造り

乾燥させた籾(水分含有率15%)を、
籾すり機にかけて籾をすり取り、
計量して袋詰め(30Kg)し出来上がり。

籾摺り
16-9-10玄米作成中
左が籾摺り機で、部屋の天井部の
ライスプールから、乾燥させた籾を
取り込み、この機械の中にある
ゴム製の2本の向かい合って回転する
ドラムの間を通り抜けることで、
籾を摺り落とします。

右の写真は、摺り上がった米(玄米)と、
籾を振り分ける部分で、この振るいは
上下3層に成ってます。

玄米となった米は計量器へと送られ、
籾殻は籾殻排出ダクトから外部
(実際は、籾殻袋)へ排出します。

尚、計量器は計量だけではなく、
くず米を振るい落としてくれます。

ライスプール
16-9-10ライスプール
天井近くまで拡大しており、
このライスプールが有ることで、
乾燥機と合わせて、7~8反歩
(約70~80アール)分の籾が
保管でき、その分休まずに
稲刈りを続けられ、効率的です。

籾殻排出
16-9-10籾殻排出
左の写真は、籾すり機側から
覗いたもので、ダクトから
勢い良いよく排出され、
右側の写真の様に、4分配器
で、4つの袋に吹き込まれます。

実は、この排出された籾殻の
処理に苦慮してます。

出来上がった!
16-9-10米のやま
出来上がった玄米は、
計量器で30Kg(多めにする)に
計量され袋に詰められるので、
袋の口をシッカリ縛ります。
(縦結びはNG)

30㎏の米袋、結構重いですね。
小生では、連続作業困難ですよ。

JAへ出荷するには、籾付きのまま
または、写真の様に袋詰めする
場合と 2通りあり、籾付きの場合、
軽トラに、JAの専用コンテナに、
コンバインから直接積みこんで、
そのままJAのカントリーエレベータ
へと運んで行きます。
なので、玄米作りの手間が省け
ます。

以上米(玄米)つくりの事でした。

DEN
スポンサーサイト

コンバイン清掃

コンバインのブログアップが続きますが、
飽きずにご覧くだされ!

コンバイン水洗い

泥んこの田んぼで働いてくれた為、
コンバインも泥がイッパイ。

高圧洗浄機で泥を落としてあげました。
とにかく泥の付着がすごいんです。

新しくエンジン付高圧洗浄機を
ジョイフル本田(宇都宮)で購入。
(義甥(N)が、設備として購入)
購入してきた本人が使わないうちに
一番乗りで小生が初使い。

エンジン洗浄機
16-9-25エンジン洗浄機
小生の持っている電気(100V)式の
物よりパワフルで、給水もバケツ等
からも汲み上げられるし、何しろ
電源無用なので、どこでも使える
便利グッズ。
メーカーは、丸山製作所製12Hp、
エンジンはスバル(富士重工業)。
洗浄ホースは、8mと若干短いですね。
フレームが付いているので、
移動はしやすいです。

コンバインの洗浄

洗浄前
16-9-25洗浄前1

16-9-25洗浄前2
泥と藁が絡み付いている。

庭先で洗浄すると、庭が泥だらけ
になってしまうので、泥が落ちても
問題ないような、影の方で洗浄します。

洗浄後
16-9-25洗浄後1

16-9-25洗浄後2
少し残っているけど!

結局洗浄に、3時間近く掛かって
しまいました。
コンバインを移動して再洗浄すれば
更に綺麗になるけど、動作上問題
ないので、この状態で良しとしました。

小生自身も跳ね返ってきた泥水で、
は面、作業服も泥だらけ。

洗浄後のあと
16-9-25洗浄後3
コンバインを動かすと、庭も凸凹。
コンバインから出た(落ちた)泥は
御覧の通り。
但し、泥の多くは、泥水となり
流れてしまいました。

農機具は、次回(来年)の為の
手入れが大変ですね。
でも良く働いてくれたので、
綺麗にして、再度油をさして、
保護シートをかけ冬眠させます。


JJの乗馬

富士通那須工場の「2016フェスタ」で、
ポニーに乗馬し大喜び。
16-9-24JJポニーに乗馬
富士通の工場敷地内だけど、
広くてきれいな庭ですねー!

DEN

コンバインの事

ぬかるみ田んぼと
湿った稲に悪戦苦闘


トラブル有り

トラブル時の写真が無いので、
説明が難しいのですが、事は
コンバインに稲藁が詰まってしまい
度々ストップしてしまったんです。

稲を刈る前の天候が悪く、田んぼが
ぬかるんでいて、稲の乾きもイマイチ。
そのため、稲藁の滑りが悪いのと、
操作がヘタな為、土付きの稲藁を
取り上げてしまい、アチコチで
詰まるんです。

脱穀ドラム部分や、藁排出チェーン
で詰まると大事で、自分が稲の有る
ぬかった田んぼに入り、詰まった藁を
綺麗に取り出さねば成らず、炎天下の
為も有り、結構体力を消耗します。

稲刈りを終た、コンバイン
16-9-22コンバイン

問題のVベルト
16-9-22コンバイン1
赤矢印の部分のVベルト(左:藁排出
チェーン駆動ベルト・右:ドラム駆動
ベルト)が、スリップして外れたり、
焼き切れたりしてしまうんです。

脱穀ドラム部分での詰まりの原因

特に、脱穀ドラム部分で詰まりの
原因は、ドラムに藁が巻き付いて
しまうのが原因らしいのです。

藁切り刃
16-9-22コンバイン3
ドラムの後ろ側の上・下に、ドラムに
巻き付く藁を、掻っ切る為の刃が
全部で10本(1本2刃なので20刃)
付いてます。

これを交換すると、一本に付き
1,500~2,000円×10本と工賃が
掛かりますが、自前で(DIY)で
刃を研いでみました。

残念ながら、我らが田んぼの
稲刈りは、終わってしまい、まだ
稲刈りの残っている、他人の
田んぼで試すか、来年のお楽しみ
に成るか?ですね。

コンバインは、後に高圧洗浄機で
洗って注油し、来年に備えます。

以上、稲刈りでのトラブル
シューティング記事でした。

DEN

稲刈り

やっと、稲刈りのブロブアップです。

9月3日の晴天の炎天下で稲刈りを
始めました。

始めたのは稲の露付きが乾燥して
からなので、午前9時半ころから
スタートし、午後5時ころまで掛かって
4反歩(約40アール)を刈り取り。

田んぼはややぬかるんでいて、
稲がコンバインに詰まってしまい、
結構なタイムロスが生じました。

稲刈り

コンバインで刈り取りスタート
16-9-3稲刈り
左の写真は、田んぼの縁の部分の
稲を刈っている所で、だんだん
内側へと、刈り込んでゆきます。

右の写真は、コンバインの籾の
タンクが一杯になり、運搬用の
軽トラのグレイン(種子=籾)
タンクに移し換えているいる所。

この軽トラが荷下しして、田んぼに
戻ってくる間に、更に刈り取りし
コンバインの籾のタンクも満タンに
成るも、軽トラが中々戻ってこない。
そのわけは、軽トラから籾乾燥機に
移し換えるのに時間が掛る為。

籾の運搬と搬入
16-9-23グレインタンク
軽トラは、この籾がイッパイに成った
グレインンタンクを家まで運び、
籾排出ホース(電動送り機)をつなぎ、
乾燥機の籾投入口へ排出。

尚、乾燥機は籾受け入れの為、張込み
(乾燥の為籾を乾燥タンク内に取込む)
状態にしておき、張込み終了まで待ち、
張込み動作を停止し、軽トラ
(グレインタンクを乗せたまま)は
田んぼへと戻ります。
なので、結構自時間が掛るんです。

稲刈り終了したコンバイン
16-9-23稲刈り終了
使い回し写真ですが、同じ田んぼには
違いないですよ。

稲刈りが無事(?)終了し、コンバインも
これから家に帰って一休み!


久しぶりのJJ

16-9-22久しぶりのJJ
なんだか急に大人っぽくなった感じ!
の写真です。

DEN

ご無沙汰でした!

暫くぶりに、ブログアップします。
それでも、小生の長い間の欠勤にも
係わらず、覗いて頂いき感謝です。

さて、小生稲刈りも終わり、早速稲刈りや
籾摺り等の農作業についてアップすると
思われるところですが、
今日は、お恥ずかしながら小生の上手く
行かなかったDIYをアップ致します。

それは!

自動車天井張布の
       剥がれ直し


小生の車も、丸10年になろうとしてますが、
走行距離は、7万2千Km弱と少な目。
16-9-21計器盤

何とかなるだろうと修理依頼せず、
修理DIYにトライしました。

天井がヒドイ状態に!

小生は、農作業の為あまり乗用車に
乗らなかったので、あまり気にして
なかったんだけど、えらい事に!

本当は見せたくないけど
16-9-21修理前1

車外後ろから見たら
16-9-21修理前2
恥ずかしい!
後方確認が出来ないくらい天井の布が
剥がれて垂れてしまってます。

天井の布は、クッションを持たせる為に
スポンジがサンドイッチされ張り付け
られていて、そのスポンジが経年変化と、
夏の炎天下で剥がれてしまった様です。

もっと早いうちに対策していれば良かった
とは後の祭り。
中々その気にならなくて、ついつい
今日まで延び延びに。

修理に使った材料
16-9-21修理材料
3Mのスプレー糊 99番ですが、
これ以外に、数種類有りました。

ノリが飛び散った場合に備え、
養生テープも用意。

養生しました
16-9-21養生
スプレーなので飛び散るかと思ったが、
意外と飛び散らなかったです。

修理後
16-9-21修理後
どう見ても失敗ですね。
端っこ近くは何とかくっ付いたものの、
剥がれた奥がくっ付いてくれません。

後方視界をさえぎる事もないし、
車外後方からも、垂れ下がりが
見えないので、取りあえず良しと
しました。

また剥がれないか心配ですが、
今回は仮の修理と言う事にして
様子を見ます。

何事もそうですが、皆さんは小生の様に
事が大きくなる前に、不具合が起きたら
直ぐに対処してくださいね。
(「そんな事分かってらー」って言われそう?)

では、小生の恥さらしの今日のブログ
終了と致します。

(何方か、対策方法アイディアが
 有りましたら、アドバイス頂けると
             有難いです。)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。