スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農作業(6)

驚いた場所

前回、小生も見て“ビックリ!”した所をお披露目します。
田んぼ6&7への水の取水場(川)です。

それは、やや大きな川(箒川)の、およそ10Km上流から水を取りいれ、
川(崖等有る)の端っこを、川に沿って延々と隧道(水を流すトンネル)を流れ、
田んぼ用水として、たどり着いた川の水だったんです。

残念ながら、上流の隧道や川の有る場所は、撮影してなく、
田んぼへのパイプ(水の取水口)の有る場所しか撮影してないのですが、
その場所がどの様な場所に有るのか、ご覧あれ!

水源の川のある場所
農15_4_30 本元の取水場所1
左の写真は田んぼ6の取水口(噴水状)で、その水源のある場所が、
中央の写真の黄色い○印の辺りの、高い場所に有るんです。

しかも右の写真の様な、勾配が30度も有ると思われ、距離にして10mほど有る
道なき道を、雑木や枯れ枝を掻き分けて、手にはゴミ避けの金網とスコップを
持って登り(途中転倒しそうに成りながら)、取水作業をして来ました。

水源の川と取水部分
農15_4_30 水源1
この川の水は、前記の様に遥か彼方から挽いてきている水で、川幅1m程度の
人工の川です。

左の写真が取水部分の上流方向で、中央の写真の取水部分を通り、
右の写真の方向に流れ、地下隧道へ流れ込みます。

取水場所は、川の流れを石で若干せき止め、塩ビパイプの取水用パイプで
取水します。
写真の様に、枯れ葉などのゴミが入らない様、金網を被せています。

如何ですか!
この川がここまで来るのに、いかに川縁と言っても途中には山あり絶壁ありで、
しかも地中に潜る隧道を掘ったり、高低差も考慮しながら、必死で延々と
川を造った昔の人たちの労力がしのばれます。

小生が子供の頃、小生の実家の近くにも隧道跡が有って、子供がやっと
通れる位の地下トンネルでしたが、枯れた松の根っこ(ヒデ根っこ?)を掘り起こし、
松明と称して火をつけて明かりにし、もぐった経験があります。
いわゆる那須疎水が完備されるまで、昔し使われてたのだろうと
思い馳せりますね。

皆さん如何です?


今(も)、お母ちゃんの実家に来ているので、ここまでてす。

Good luck !

DEN
スポンサーサイト

農作業(5)

今日は小生の代掻き作業と、仕上がった田んぼの紹介です。

植え代掻き

植え代掻き作業
農15_4 植え代掻き作業
1.植え代掻き前で、凸凹してます(水が少ないから余計凸凹に見えるのかな?)。
2.田んぼの入口の急傾斜面を降りるところ(写真では、その急斜面が?かな)。
3.植え代掻き中(本人、神経を使ってます)。

この田んぼは、長辺の片側が変に湾曲した変形田の為、最短辺が5~6mで
代掻きがやり難いんです(現場を見ないと?かな)。

仕上がった7枚の田んぼ
農15_4_27 植え代掻き後A
農15_4_27 植え代掻き後B
田んぼ1~7までの順で作業しました。
尚、6&7のみくっ付いているが、1~5は全くの別の場所で、移動も結構な距離が
有るんですよ(前距離、2.5Km程度?)。

実際には地面は少し波打ったり、トラクターの通過した後が残っているけど、
水が入っているのでそれらの若干の不具合はあまり見えないです。

しかも、濁りきった泥水が2~3日掛かって沈殿するので、地面が見える頃には
細かい作業跡のも土が入り込んで、実に滑らかな状態に見えるんです。

田んぼ4が、写真2&3の作業をした田んぼで、左下の土手からトラクターで
田んぼに入ります。

水の供給
農15_4_28 水門取水口
場所によって水の取り入れ口(取水口)が異なり、又田んぼによっても水の持ちが
異なるので、当分の期間毎朝・毎夕の水廻りが欠かせません。

写真6.の場合特殊な部類で、角の土手の真下からΦ100くらいの
給水パイプが出ていて、そこに捻じ込み式の弁が付いており、パイプの
周囲全集に水が噴出します。
なので、水が周囲に飛び散らないように、逆さまにした植木鉢を乗せてます。

この6.の場合については、次回もうチョット紹介しまぞ!
小生も初めて知った、“ビックリ”な状況でした。




JJ 再度タケノコ掘り

有ったぞー! どうだー!
JJ15_4_27 再度タケノコ掘り2
JJ、得意顔!

背景の雑な部分は、外部進入者防御の為の、垣根のつもり!
ここのタケノコは美味しいので、勝手に取って行く(盗み)人が居るんでね。

DEN

農作業(4)

稲の生育は早い

稲の苗の育つのは早い!

つい先日(4日)種蒔きした稲の種は芽を出し、今日(27日)見たら背丈が
約110㎜程度に伸びていて、予定している田植の5月3日まで伸び過ぎない様、
これから伸びの抑えにかかるんです。

種蒔きの時
農15_4_11 種蒔き
変な日本人が写ってますが、無視して下さい。
種蒔きした時の苗箱は、こんな状態でした。

約1週間後
農15_4_16 1週間後
1週間経つと芽が出て、かぶさっていた土を押し上げてるんですねー!
小生が散水し、根を出してあげました(20日に動画で紹介済み)。

約2週間後
農15_4_19 2週間後
やはり、変な日本人女性(小生のお母ちゃん=家内)が写ってますが、
無視願います。
彼女は、土が少ない所に土をかけている所です。

こんなに生え揃いましたが、これまでも朝・晩の温度と散水の管理が大変!
小生は、これまでは感知せず、兄貴の子供や小生のお母ちゃん達が、
主に作業してました。

約3週間後
農15_4_27 3週間後
3週間もすると、もう植付できる位まで育っていますが、植え付けは5月3日の
予定なので、育ち過ぎないよう痛めつけながら育つのを管理します。

植代掻きの頃の菜の花
1429949816372.jpg
菜の花がきれいに咲いていました。

この写真は、田んぼの横に少しだけ生えていた菜の花だけど、
畑一面に菜の花が咲いていると、スゴク綺麗ですねー!

小生、昨日まで約3日間、植代掻き作業だったので、身体共に若干疲れ気味。
それでも、朝・夕の水張り状況確認(水廻り)は欠かせないので、毎日朝・夕
田んぼ廻りをしてますだす。

次回は、植代掻きなどアップしますので、皆さんには期待は無いでしょうけど、
是非ご覧下され!

DEN

散り行く桜!

24日は、農作業で自宅に居ない為、予約投稿しました。

桜は既に散ってしまい、葉桜になってしまいましたが、撮り置いた写真を!

桜の花弁ジュウタン
風景15_4_15 桜の花びらジュウタン
15日、家の近くの市営プールサイドを車で通った時、車の窓越しに写したもので、
ジュウタンと言うより、雪が降ったみたいです。

葉桜状態
風景15_4_15 葉桜
16日に、やはり家の近くの野球の補助球場の桜で、プールサイドの桜と共に、
既に葉桜状態。

満開のときは、あんなにキレイだったのに、なんと儚い事でしょう!



JJ
JJ15_4_2 Aiちゃんと
種蒔きの時、兄貴の長女(嫁いでいる)の子供の Aiちゃんと一緒に遊んでた時。

小生今(24日)頃は、「植え代掻き」中かな~!

DEN

農作業(3)

荒くれ起し(荒くれ掻き)

トラクターに、代掻き用アクセサリーのロータリーを取り付け、
土起こしをした田んぼに入り、荒くれ掻き。

その状況
農15_4_7 荒くれ掻き1
多少雨がパラついてるも、キャビン付きの為エアコンも有るし作業には
支障なし。

代掻きをすると、土中の虫やかえるが出てくるので、それを目当てに
白鷺等の鳥が直ぐに飛んできます。

掻いた後は、多少波打ってるけど、土を柔らかくする為の行程なので、
かまわないとの事。

作業前オイル交換
農15_4_7 エンジンオイル交換
作業前に、オイル交換。

オイル抜きは、ドレインが、当然の事ながらエンジンの下にあり、自家用車の様に
車の下に上向きに寝転んで潜る必要は無いまでも、作業はやり難いですね。

オイルの注入部分も汚れているので、汚れが中に入らないよう拭き取ったのは、
言うまでもないですね。

抜取ったオイルは真っ黒、新しいサラサラのオイルに入替え運転準備完了。

代掻き用ロータリー
農15_4_7 ロータリー取付状態
ロータリーは、両サイドが跳ね上げ式になっていて、リモコンのボタン一つで、
開・閉可能。

写真3.が開いた状態で、幅が広いです。
作業して、一旦田んぼから戻ってきた時の写真で、泥まみれです。

トラクターのアクセサリー
農15_4_7 作業用アクセサリー
農家の方ならご存知でしょうが、一応紹介します。

4.田んぼのクロ(畔)を作るための機械で、写真では見えない反対側に
  円錐状の円盤が有り、土を駆け上げながらその回転する円板で押し固め、
  クロを形成します。

5.肥料巻きのための機械で、これも写真では見えないですが、
  後ろ側に散布するパイプが出ており、そのパイプが左右に勢い良いよく振れ、
  肥料をばら撒きます。

  尚、何種類かの肥料を混ぜ併せる為の、前工程が大作業です。
  今回は人数が多かったので作業は早かったが、昨年まで兄貴一人で
  やっていたのだから、そりゃー大変だったろうなー!

6.もう一つのロータリーで、最初の土お越しの段階で使った模様。
  姪2号の旦那(N)が使って作業をしたもの。

これらのアクセサリーは、ワンタッチ式になっており、これを地面に置き、
アクセサリーに付いているフック部分に角度を合わせて、トラクターを
バックさせれば、簡単に取り付けられるので交換が楽です。

荒くれ掻きも後半に入ったところで、まずいハプニングが発生!

連結爪に問題

5枚目の田の代掻き途中で、何やらパタパタとロータリー部分から音がする!
停まってロータリーの刃の部分を見ると、ビニールのシートが巻き込まれてたので
それを取り除き、再び作業開始するも、今度は明らかに金属同士が当たる音で、
ガチャンガチャンの音。

再びローターを覗いてみると、代掻きローターリーの右側の跳ね上げ部分の、
回転を伝える(代掻き爪も兼ねる)爪が、2本の取付けねじの1本が緩んでいて、
爪が自由運動しているではないですか!

良く見ると、3本有る筈の連結爪が、1本無い!!

仕方なく作業を中断し、戻って兄貴と相談結果、爪2本だけで作業続行です。

農15_4_20 連結爪が無い

取り合えずぶら下がって自由運動していた爪を固定する為HCに行って、
太いボルトナット(1/2インチ)を買ってきて取付けました。

結局、農機具屋にもその爪の在庫が無く、取り寄せと成った為、失くしてしまった
爪の補給は21日と成り、荒くれ掻き終了後になってしまいました。

それでも、植え代掻き(稲の苗植付け前の平面を出す仕上げ作業)の為には、
間に合ったと言う事で、一件落着でした。

残る作業は、明日(23日)から3日間くらいの、「植え代掻き」です。

DEN

農作業(2)

稲の苗箱への散水

今日は先般種蒔きをした、稲の芽を出す為のシャワー散水の状況をお見せします。
動画ですよ!

どうぞ!
[広告] VPS

面白いでしょう!
水をかけると土が落ちて、その土を押し上げていた稲の芽が顔を出すんです。

実際にやってみたら、、土が落ちて芽が出てくるのが面白くてついつい
動画撮影してしまいました。

今日(20日)は、自宅に戻ってブログアップしてます。
とにかく、農作業は疲れますね!

残るは、「植え代掻き」(田んぼの仕上げ作業)で、これも初体験!
田んぼの土を水平の平面に仕上げなければならないので、果たして如何に?
ですね!

これまでの代掻き(荒くれ起し)では、でこぼこが有ってもOKで、小生としては
精一杯の作業だったと思ったら、今度は田んぼの仕上げの作業とは、
一体どんな風に作業するんだべー!

今日は、以上簡単ですが、続き(何時頃のアップになるか?)もご覧下さい。

DEN

農作業!

今週は、お母ちゃんの実家に来ており、田植えの為の色々な農作業を手伝ってます。

先週種まきした苗の芽が出て、被っていた土が盛り上ってしまっているので、水をふって芽を表に出したり、田んぼに入れる水の量の調整をしたり、代掻きをしたり、機械の修理をしたりしてます。
詳しくは、後日ブログアッフ°しますので乞うご期待!
では、今夜はおやすみ(-_-)zzzです。

DEN

12V電源活用(2)と強風対策

12V電源活用(2)

作業場への12V電源配線が出来たので、12V電源用コンセントを取付け、
以前に12V外部電源駆動用に改造したインパクトドライバーの電源コードを、
新設した12Vコンセントとペアーのシッカリしたプラグと、コードをキャップタイヤ
ケーブルに交換。

12Vコンセントとドライバー
DIY15_4_12 12Vコン&ドラ
写真1.左上に商用100V電源コンセントが見えるけど、それと間違わない様に、
     特殊コンセント(黒く、丸味の差込口)を使用。

写真2.電源コードをキャップタイヤーケーブルに変え、プラグも特殊差込刃の
     物に変えたインパクトドライバー(古いなー!)。
     コードの付いた電池ボックスが外せるので、電池パックが共通二成っている、
     他の電動工具にも使えます。

風力発電機の超l強風対策

台風等の、特別強い風が吹いた時、発電機の風車がものすごい勢いで
回転するようなので、電気的強制ブレーキをかけます。(教科書の受け売り?)

その方法は、発電機の出力端子をショートする方法で、その為のスイッチ
を作りました。

ショートする為のスイッチ
DIY15_4_14 短絡スイッチ
3.4.5の順で、結線前のスイッチ盤・結線後・スイッチBoxへ組み込み完。

スイッチ盤は、5㎜厚のアクリル板の端材活用、入・出力ケーブル接続用端子も、
このスイッチ盤に付けます。

スイッチその物は、中間で回路が切れるよう 2回路 3接点の物を 2個使用。
2個のスイッチで、合計4回路に成るけど、そのうち3回路のみ使用。

スイッチBoxは、風力発電機直下につけた中継Boxに、スイッチ盤取り付け用
Boxを取付けておき、スイッチ部分の結線を完了した状態で、そのスイッチBoxに、
スイッチ盤完了品を取り付けます。
従って、No.5の写真の状態は、仮にBoxに取り付けた状態です。

実際の取付けは、以下の如くです。

実際の取付け
DIY15_4_15 短絡SW取付
写真6.スイッチユニット取り付け状態

写真7.端子部保護カバー取付け後

写真8.中間スイッチBox

試しに、スイッチをショート状態にしてみた結果、風車の回転速度が、
極端に遅くなることが確認でき、心配していた超強風対策が出来一安心。

実際に台風が来て完全に機能してみないと、100%の安心は禁物かな?


さて今日の午後は、田んぼ関連の作業になるかなー!
一度目の代掻き作業は、小生より先に姪3号(K)の旦那(Nちゃん)がやったので、
昨日、小生が仕上げの為のロータリーに交換し、今日の午後は運転練習を
する予定。

上手い事、トラクターと代掻きローターを上手い事操れるか、とにかく慎重に
頑張ってみっぺ!

JJの顔
DIY15_4_14 i pad見ながらパン食い!
i pad見ながらパンカジリ!

DEN

稲の種蒔き

親戚 3軒の種蒔きをしました。

稲の種蒔き!

お母ちゃんの実家がスタートで、姪1号・2号の実家、最後が姪1号宅の順で、
例年恒例の「種蒔き」。

先週の土曜日に、種蒔き機械の整備(対し事してないけど)をして置いた
成果からか、種蒔き機械に何の異変も起こらず、3軒の種まきが
スムーズに進行。

作業状況をお見せしましょう。

全体の流れ
農15_4_11 稲種蒔0
左から苗箱を乗せ、右端に出てきて種蒔き完了!

黄色っぽい大きな容器は、肥料溶液が入ってます。

黒い服を着ている人の手の入っている部分は、苗箱の床に敷く下土ホッパー。

黄色いバケツの辺りで、黄色のタンクからの肥料液が散布されます。

中央付近の背の高いホッパーに、種籾が入ってます。

オレンジ色の唐箕(と言うのかな?)の位置が、上に掛ける上土のホッパー。

農15_4_11 1稲種蒔


農15_4_11 3稲種蒔
こんな風にビニールハウスに並べて置き、その上に保温シートをかけて、
種蒔き作業の終了。

3軒と、小生達のように、秋にコメを頂く家族も加わっているので、大人数です。
農15_4_11 3稲種蒔
駆けつけた車も含め12台の車と、昼食も写真に写ってない人も含め、
大人数で作業も捗ります。

当然の如く、最後に終了した姪1号宅で、みんな労をねぎらい、晩餐会。
写真が無いので残念・・・・・・・トホホ!

姪1号の孫の Sちゃんも来たし JJは大ハシャギ、その晩はよく寝てくれた様です。


今週は、トラクターによる田んぼの代掻き(?)を経験する予定。
代掻きは、荒掻きと仕上げ掻きの2行程があるので、時間が掛かりそう!
頑張ってやってみるべー!

DEN

雪と寒さにも負けず!

一昨日(8日)の雪で、桜の花も雪の重みで「アウト!」と思いきや、
なんと満開の状態を保っているではないか!

雪にもまけず咲く桜

野球場側の桜の方が、針葉樹木が無いので、もっとキレイに見えるけど、
たまたま、テニスコート側を通りかかったので、そこで撮影したんです。

雪と寒さにも負けず!
風景15_4_10 雪にも負けず!
スマホでの撮影につき、画質はソレナリなので、ご勘弁を!

8日に撮影したときは、その写真にも降雪状態が写ってましたね。

雪が降っていた8日の写真
風景15_4_8 運動公園雪に桜
右に写っている建物のあたりを見ると、花弁じゃないですよ、雪が見えるでしょ。

今日見ると、殆んど花びらが散ってないんですよ。
きっと、寒さに負けまいと、花びらが必死でシガミ付いていたんだろうなー!
そしてアチコチで桜を見掛けたけど、ヤッパリ満開状態でした。

明日は、稲の種蒔きだけど、果たして天気はどうだんべ~。
天気予報では、雨だっつうけんど。

DEN

4月に雪!

一昨日(6日)の暑さと打って変わって、今日(8日)はなんと雪が降ってるではないか!

今朝起きたら、外には何やら白いものが静かに落ちてて、居間の温度計を見たら 10℃。

ストーブのスイッチを入れようとして、先ず灯油のタンクを持ったら軽い!
つまり石油が空っぽって言うわけだす。

慌てて灯油を入れたんだけど、JJも春休み明けで今日から幼稚園通園再開、
既に小生宅に来ており、「石油入れてくるから少し待ってて!」と言って、
「はい!」と返事をもらったったものの、タンクに半分くらいの灯油が入った頃、
外に居る小生を探して、「オオパパー!」っと大声で呼ぶんですよ・・・・・ですね~。 
                           (ΦωΦ)

雪です!
[広告] VPS

雪が降り風も弱いんだけど、風力発電機は元気に回っていました。

さすがにこの程度の風では、蓄電池に充電するには力不足ですけど、
それでも以前の2倍位働いてる感じ!

雪で桜も可愛そう
風景15_4_8 雪と桜
雪が積もった我が家のガーデン(ピクニック)テーブル(朝9時頃)。

ガーデンテーブルセットは、本来冬場は分解して仕舞って置くはずでしたけど、
サボってそのままです。・・・・・・・・(汗)

小生宅近くの運動公園の桜で、公園の周りに沢山あるうちの、トラックグラウンドの
テニスコート寄りに有る桜で、まさに満開なのにこの雪、可愛そう!!


本題

ここの所サボってしまい、作業場への12Vの配線が、
あまり進捗してまへん!

こんな具合!
DIY15_4_4 12V配工未完
立上げ部分は、ジャバラホースしか見えないですけど、作業場への庭をほじくり、
塩ビパイプとジャバラ電工ホースに電線を通し、土中配線完了。

軒下配線等、多本数に成ってしまった~!
この状態で休止中!

右端(7.)は、作業等のアルミ作業台で、4本の足の高さが個別に調整出来、
段差の有る場所でも、高さ調整する事で天板を平行にする事が出来、しかも
つかまる為の棒が上に伸びるので、まさに安全に上り下りも、作業も出来るんです。

この配線終了までは、今しばらくかかりそうだねー!



JJ
JJ15_4_5 トラクターにてどう?

DEN

もう直ぐ田植の季節

田植の準備

既に4月、当地では田植の準備の時期です。

お母ちゃんの実家(以下、実家)で、稲の種蒔き機の手入れや、田んぼへの
肥料散布等を経験してきました。

写真撮影が殆んど出来てないので、写真での証明が出来ないんですが、
やった事を記しましょうぞ!

毎年恒例だけど、親戚3軒の共同作業で、11日に種蒔きをすることになり、
お母ちゃんの実家がトップでスタート。

共用の種蒔き機を実家で保管しており、昨年までは実家の兄貴一人で、
組立整備をやってたけど、今年は兄貴の体調が悪く、小生に白羽の矢がたち、
土曜日に、助っ人も加わり合計4人の人足で作業。

小生達4人の人足とは、「小生」・「JJのパパJ」、それと「姪1号(Ay)&
2号(N)の父(S)さん」・「姪1号の旦那(H)さん」の4名。

Sさんと、Hさんが来るとは思ってなかったけど、さすが経験者だけあって、
大いに助かり、早々に終了することが出来ました。
小生とJの2人だけだったら、作業は夕方まで掛かったかも知れないですね。

種蒔き機械
田植15_4_4 種蒔機組立調整
機械は、前後2つのユニットに分かれており、それを繋ぎ合わせ、回転部や
チェーン等に、スプレーグリスを吹き付け、モーター等の動きを確認。

今回、事前作確認が出来たので、あとは11日に実際に稼動させながら微調整。


タケノコ掘り

4日午後、実家の兄貴から「初物タケノコでっも掘ってきなー」と言われ、
早速実家の竹やぶへ!

食15_4_4 タケノコ掘り2
「メンコイ」タケノコが、総勢5人でやっと合計4本取れました!
これらのタケノコは、笹の枯葉の下に隠れていて、足の裏でやっと感じる程の
小さい物でしたが。

その日の夕ご飯に、お母ちゃんたちが早速タケノコ炊込みご飯を作ってくれ、
大変旨かったです。(これの写真撮影忘れ・・・・・涙)
結局、夕ご飯は7人+JJの大勢での晩餐に成りましたわ。


肥料散布

昨日 5日の日曜日は、小生はトラクターで肥料の散布をしましたよ。
(これも写真なし・・・・・・涙)

殆んど「飛び地」の田んぼが7枚有り、小生が散布したのは、そのうちでも作業の
し易い面積の広い田んぼ2枚、あとは散布のみだけど体調が悪いのに、兄貴が
散布しました。(辛かったと思うなー!・・・・・小生では・・・・・だったのかな)

トラクターの移動は小生が請け負いましたが、始めて乗るトラクターだったけど、
何とか運転できるものですね。

3~4年前に、当時のトラクターで1度だけ、6枚の田んぼの畔(あぜ・くろ)作りを
した事が有るけど、肥料散布は初めてで、均一に散布しないといけないので、
気を使いますね。


JJ、トラクターに乗る!
とは言っても、動いてるのでなく「農機具置場に駐車してあったトラクターに乗った」、
と言う事ですよ。

JJ15_4_6 トラクター
今日の出来事でしたが、ご覧の通り大喜び!
子供って皆そうだろうけど、車(トラクターや機械も)等は好きなんですねー。

そして今日は、JJ相当眠くなったらしく、1時頃から3時間以上昼寝でした。
今夜、シッカリ寝てくれれば良いけど。

DEN

JJの事

今日は、物作り(DIY)のアップではなく、JJの動画を見てください!

JJ、何やってんの?

妖怪ウウォッチダンス
[広告] VPS

スゴイ動き、何度も何度も繰り返して踊ってましたよ!

座ったまま「コックリ」
[広告] VPS

今朝は、3時に起きたらしく、更に妖怪ウウォッチダンス等で、お疲れあそばしたか、
ついに、イスに座ったまま「コックリ」してしまいました。

JJに付き合うのは大変だけど、ついつい・・・・・・・・ですね!

DEN

半田こて修理!

半田コテ修理
40年近く使っていた、米国製の瞬間加熱式半田コテの、スイッチが効かなく
なったので、修理しました。

その半田コテは、古い物なので、ソリッドステート式ではなく、トランス構造で
重いんです。
スイッチは「Off・低温・高温」の3段階になっており、高温の状態が効かず、
低温状態のままになってしまってました。

問題の半田コテ
DIY15_3_29 半田コテ修理
写真の様に鉄心にコイルが沢山巻いてあり、そこにコテ先の付いたワンターンの
ループ状電極があり、これに大電流が流れてコテ先が加熱されると言うもの
なんです。

スイッチの、強の端子の矢印部分が切れていたのが原因でした。
なので、半田付けして修理完了。
復活しました。

重いんです!
DIY15_3_31 半田コテ計量
普通の100Wの半田コテなら218g程度、この半田コテの重さは 1,072g有り、
手に持つ半田コテにしては重いです。
多分米国人対象だったので、重量は問題じゃなかったのかも、ですね。

重いけど、握りのスイッチを切れば加熱が止まるので、コテ台が不要。
短時間の半田付けの時や、出先で使う時など特に便利なんです。

電源線を継ぎ足し(継ぎ目がカッコ悪いけど)、合計2.5mくらい有り、
なるべくこの半田コテの為のテーブルタップコードを使わずに、
作業出来る様にしてます。






JJの、こんな写真が撮れました

カッコ良いでしょっ!
JJ15_3_31 サングラス
写真を撮る、と言ったら腕を組んだりと、ポーズを決めてくれましたよ!

着ている洋服は、アメバーバが送ってくれた、オレゴン(パパの実家)の物で、
JJ本人も気に入ってて、一日中(当然か)着てました。


DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。