スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ままごとキッチンセット(8.6)

ままごとキッチンセット作り

先ずは、確か前のブログでままごとキッチンセットのコンロのツマミの
取付け図解を紹介するべく記しましたが、その図解=断面図をお見せします。
但し、何時もの様に「手書(キチャナイ文字で)」ですよ。

先ずはツマミ部分の写真です。

ツマミ部分
DIY15_2_26 ツマミ部分
3つのツマミの両端と中央のツマミ(オーブン用)は、取り付け方が違うんです。

そもそもツマミは、2つでごまかそうとしてましたが、以前作ったツマミのカタワレが
有ったので、それを使うことに。
そのツマミの形状や厚み等から色々と考えた末、取り付け方を変えて取り付けました。
(最終的に塗装するので、色は気にしないで下せーな!)

回せるツマミの取り付け詳細の断面図
DIY15_2_28 ツマミ取付断面
左側が、ツマミ部分写真の両端についている、コンロ用つまみで、ツマミに
貫通穴を開け、長いボルトを通して取り付け、ツマミ内に挿入した「スリーブ
(金属パイプ)」で浮いた格好になり、ツマミを回せるのです。
スリーブは、パネルの外に入れたワッシャー(スリーブより穴径が小さい)とネジ頭に
当たり、ネジで硬く締めてるので、ツマミには緩みが出来て動かせるんですねー。

右の図は、写真の中央のツマミで、オーブン用のツマミです。
こちらは以前作ったもので、2つとは違ってパネルの内側から木ネジで止める方法
にしました。
この場合は木ネジがツマミに食い込んでおり、当然木ネジもツマミと一緒に
回るので、スリーブはパネルの穴に挿入してます。

気になるでしょう・・・・・ツマミの材料!
両端の2つは、小生の庭に植えてある「ヤシオつつじ」の選定した枝(別れ幹)。
中央の材料は「桑(葉が蚕のえさ)の木」でした。
どちらも適当に硬いんです。

続いて、水道蛇口作成です。

昨日(27日)のブログで、「コレなんだかわかりますか?」の品物です。

前のブログでも記しましたが、木工旋盤で挽いて丸棒を作ろうとも思ったけど、
手拭い掛け作りで出た端材が有ったので、それを使ってます。

立上げ部分は貫通穴を開けて、ネジ頭も収まるようにしておいたので、
蛇口を取り付け、首振りも出来るようにします。

蛇口組立開始
DIY15_2_27 水道蛇口1
立上げを3つに切り分け、真ん中のコマに蛇口に成る部分を取り付けました。

未だ仕上げ状態になってませんが、残念ながら作業はここで停まったきり。
ナカナカ進まないですね~!

この立上げ部分の上の方に取っ手を付け、下にベース板を取り付けて、
本体に固定するんです。

太いボルト(8Φ)を使ったけど、さてこの構造で長持ちするかどうか?
ですね!

文章が多い上に、またまた気を持たせてすまないですね。
又、お逢いしましょう。

DEN
スポンサーサイト

ままごとキッチンセット(?)

今日の予約でしたが、ヤボヨウが有り明日(28日)に延期します。

コレなんだか分りますか?
DIY15_2_27 水道蛇口1

明日をお楽しみに!

DEN

ままごとキッチンセット(8.5)

月曜日に更新しなかった分昨日更新しましたが、今日も続けてのアップです。
従って、タイトルはVer 8.5 です。

まま事キッチンセット作り

アクリル天板に穴を開けて、コンロの「五徳」を置けるようにしました。
尚、五徳は片方は先に紹介した板から切り出した円板、もう片方は
オモチャとして売っていた音の出る五徳(JJママが買ったまま事セット)
を乗せます。

アクリル天板加工
DIY15_2_24 アクリル天板加工
上の写真の左端の様に、円切りビットで夫々の五徳の大きさに合わせて
アクリル天板を切り抜きました。

アクリル天板の保護紙は未だ剥してないし、水道蛇口が未だ出来上がって
ないですが、写真右の様な感じになります。
黒い五徳が音の出る五徳で、専用の鍋を乗せるとジュージュー音がしたり
歌ったりします。

水道蛇口どうする?
DIY15_2_25 完成途中
蛇口の立ち上がり部分を作りました。
コンロのツマミは、以前トイレットペーパーホルダーを作った時の
心棒取り付けツマミのカタワレを使って、合計3つにしました。

以前、手拭掛けに使った丸棒の端材が有ったので、それを利用する事に。
その円柱の中心に、8Mのボルトが貫通するように貫通穴を開け
長いので真ん中に貫通させるのが難しかったです)、更に12Φの錐でクボミを作り、
彫刻等で一辺13㎜の6角のボルトヘッドが入る様に削りました。

本体に乗せた蛇口部分の位置が、シンク中心から少しずれてるけど、
これは、上の棚に開けたスリット(写真では見えない)を避ける為で、
要は、小生の設計ミスですね。

尚、コンロのツマミも、水道蛇口にしても、ネジ頭を埋め込んで、埋木で
塞げば良いのでしょうが、ツマミの厚みにその分を掘り込むほどの
余裕がなく、手抜きも含めてネジ頭は見えるままです。

さて、次は水道蛇口その物をどうするかですね。
蛇口とレバーを動くようにしたいんですが、さて如何すっぺ!



JJ曰く、「パパ!」

これを見て「パパ」と言った
他15_2_24 人面虫
マレーシアに生息する虫のキーホルダーで、土産に買って来たものですが、
確かに人の顔(Human Face Beatle)の様に見えます。
笑ってるものや怒ってるもの等、それこそ顔つきは10人(虫)十色です。

子供って、何か特徴をつかむ感覚が鋭い(素直)んですかねー!
鼻かな?



明日はブログ休んで、続きは明後日(27日)の予定ですよー。

DEN

ままごとキッチンセット(8)

ブログ更新、昨日サボってしまいましたね!
今日(24日 火曜)、アップします。

修理飛のび入り

キッチンセット作成の途中ですが、チエンソーの修理が飛び込んできました。

以前修理してやった、同じ電気式チエンソーでした。
不良箇所は2つあり、それを修理して依頼者に渡してきました。

修理1

電線の断線
DIY15_2_21 チエンソー修理前
写真1.のチエンソーが、動かないんです。 
更に、写真4.の様に、ハンドル(既に外してある)の取付けネジが緩んでいる!

動かない原因は、スイッチにつながる電線が、写真2.の矢印の様に
切れてます。

スイッチには、差込端子で繋がっているが、その端子のカシメ(圧着)の
根元から電線が切れているので、新しい端子を使いカシメで接続しました。
(写真3.では分かり難いかな!)

ハンドルのガタ
DIY15_2_21 ハンドル修理と修理完了
写真4&5 :
ハンドルは樹脂で出来ていて、埋め込みナットを使いネジ止めされてたけど、
その埋め込ナットと樹脂との勘合がゆるくなり、ネジ止めが不完全でした。

仕方なく、ハンドルに貫通孔を開け、ネジを貫通させてナット止めしました。
勿論ネジが緩まない様、ロックナット(ダブルナット)で固定してます。
ねじが出っ張ってるけど、仕方無かんべー!



ままごとキッチンセット作り

コンロの五徳とツマミ作り
DIY15_2_21 円形物作成
写真1 : 五徳にする円盤は、ジグソーで円形に切り取り、円周の仕上げには、
     円板の中心にネジを取り付けボール盤に掛け、ヤスリでキレイに
     仕上げました。

写真2 : 木工旋盤(電ドルを使った簡易型)で円柱を作り、それを輪切りにして
     コンロ用のツマミを作ります。

ツマミ加工と取り付け
DIY15_2_24 ツマミ加工
キレイに削り上げた円柱を輪切りにして角の面取りをし、中央に6Φ貫通孔を開け、
更にネジ頭をへこます為の10Φのクボミをつけます。

本当は、3コのツマミを付けようと思っていたけど、1コ失敗したので2個に。

実際の取付けには、6Φの貫通孔部分に金属スリーブ(外形6Φ)を入れ、
このスリーブをネジ(5M)頭(約8Φ)と本体の間に入れたワッシャーで
挟みうちにして、つまみが空回りするよう工夫しました。
図解しないと分らないですかね・・・・・・・次回説明しましょう。
スリーブは、つまみにネジを差し込んだ写真で何とか見えますよね。

ツマミを取り付けているネジの頭が見えっけど、勘弁しとごれー!


今日はここまで、次回はどんなんかな~!

DEN

ままごとキッチンセット(7)

仮完成

上部壁板の上部半円カットや、扉の取り付けが出来ました。

こんな感じ
DIY15_2_19 仮完成
まだ、コンロやツマミなどが付いてませんが、全体としての形が整いました。

トビラの「取っ手」が少し大き目だけど、開け易い様に大人用と同じサイズに、
通常レンジの取っ手は長いので、バランスを考えて 2つの取っ手は
同じ大きさにし揃え、又手を掛ける部分は、扉を開け易い様に片寄らせました。

トビラの兆番は、丁番自身で閉まるスライド丁番も考えましたが、
幼児が手を挟んでしまう危険性を考え、普通の丁番(中抜き丁番)に
しました。
これは丁番の厚みの為の掘り込みが要らないので、素人には使い易いです。

所で、レンジの窓の内側には、黒っぽいシールでも貼らないとミットモナイね!

塗装は、以前作ったテーブル付きイスと同じ様に、ピンク色をメインに
する予定。


ベルトサンダー
DIY15_2_19 ベルトサンダー掛
このベルトサンダーを使い、上部の半円形部分を研磨。
音がうるさいんですよねー!

次の作業は、トビラのキャッチャー取り付、コンロ部分の細工をして、
旋盤加工を要するツマミ等の小物作成に移ります。




如何してかなー?

風呂の湯が冷めにくく成ったのですよ。

先般、給湯器を石油式から、ガス式に替えたんだけど、スイッチを切った後の
湯の冷えが少なく成ったんです。
つまり少しくらいなら遅れて入浴しても、追い炊きが要らないと言う事です。
(勿論自動に設定しておけば、自動で追い焚きされるので、改めての
追い炊きは無用)
給湯器交換前は、追い炊きすることが多かったのに、何故ですかねー?

前の給湯器は据え置き式、つまり地べた(コンクリートの)に設置するタイプで、
高さが浴槽と同じくらい。
今度の給湯器は壁付けタイプで、浴槽より高い場所につけてます。
その位置の高い事が、湯の冷めない理由なのですかねー?



では、次回23日のアップでまたお逢いしましょう!

DEN

ままごとキッチンセット(6)

キッチンセット作りの進捗

アクリル天板面積不足の補充

天板の上に乗せるアクリルの板(アクリル天板)の奥行(幅)寸法が若干短く、
板で埋めようと思案。

アクリル天板寸法不足アナウメ!
DIY15_2_16 アクリル天板寸法不足
左の写真は、ネジ取付け孔を皿面取りしたアクリル天板ですが、
ご覧の通り幅が300㎜の為、天板奥行きが40㎜不足なんです。

如何しようかと端材を眺めていると、幅40㎜の針葉樹合板の切れ端が
有るではないですか!

はめ込んだらピッタリ! ・・・・・・ ニンマリ!
板目がマッチしてないかも知れないけど、塗装すっから良かんべー!

早速サンダーで研磨し、接着剤を付けて取り付けました。

上部物置き棚

上の壁面に棚を付けるんだけど、包丁や調理器具等を載せる為の棚です。

上部棚板加工
DIY15_2_16 上部棚板加工
材料は、親戚の大工さん(場所が少し遠い)から、数年前に頂戴してあった
内装材で、表面ツキ板(キレイな板を貼り付けた材)の集成材。

右の写真の様な、穴あけフォースナービット等を使って穴を開け、
ジグソーでスリット状にカット加工。

スリットに、包丁等の調理器具を差し込み、調味料等も置きます。

さて、どの様に取り付けるのかな~!

上の棚つ付けました!
DIY15_2_17 上部棚付け1
売られている「おもちゃキッチンセット」を見てきたけど、小生の作っているセットは、
チュオット大きかったかな?

棚板、少し厚みが有るけど、使わずに溜め込んでおいた材だったから、
良いか!

棚板を付けた上部壁面は、元々8㎜厚みの板で、良くシナってくれる(弱い)ので、
補強を兼ねて板を貼り付けてます。

棚板を大入継ぎ手の如く、上下に板を貼り付けて強度を持たせました。
棚板や補強板は、接着剤併用で壁の裏からネジ止めしてまますよ。

最上部の曲線罫書き

始めは、コーナーのみアールを付ける予定だったけど、補強版を付ける事で
思いが変わり、大きな曲線に仕上げる事に。

その大きな曲線を、どの様にし罫書いたでしょうか?

大きな曲線の罫書きのやり方
DIY15_2_16 大曲線罫書
写真の様に、下の板に釘を打ちつけ、そのクギに曲尺を当てて手で押さえ、
大きな曲線を罫書きました。

最終的には、この大きな曲線に沿って、もともとの壁板と共に、ジグソーで
カットします。




ありがたい頂き物

実家の兄から、塗料のミニスプレー機を貰いました。
家も新築したので、塗装することが無くなり、「使わないのでやるは!」と
小生に譲ってくれました。

ミニ・スプレー・ペインター
DIY15_2_17 ペイント吹付機
早速。ままごとキッチンセットの塗装に使えるかな~?





さて、JJは?

ノンべーJJ?

JJ15_2_10 ?飲み?
飲んでいるのは、アルコールではないっすよ!
ウオターだっせ!



キッチンセットには、トビラの取りつけや、水道蛇口・コンロの火力調整ツマミ・
コンロ部分の仕上げ・付属品など、壁の曲線加工含め、マダマダ作業が
残ってますね。

次回アップは、19日の予定ですが、今後ともも覗き見・コメント宜しくです!

DEN

ままごとキッチンセット(5)

更に進捗

内部棚板取り付け
DIY15_2_14 仮組2
天板と扉は、まだ取り付けてません。
扉は、下に端材を置いてその上に乗せて撮影。

天板に載っているシンク(モドキ)も、未だ乗せてあるだけなので、
後で固定します。 (考えている固定方法が・・・・・・・・・?後半で判明)

内部棚板状況
DIY15_2_14 内部棚
上棚板が、上過ぎですかね~。
(前の幕板の有る事を、勘定に入れてなかった!・・・・・・ドジッ!)

棚板の両サイドには下に桟が有り、夫々の棚板は奥の上下の桟に間に
差し込んで、手前のネジで固定。

棚板は無垢板や集成材ではなく、手抜きして4㎜厚の合板を使用。
なので、棚板の下中央に、シナリ防止の為の桟を付ける予定。

薄い合板のカット加工は、右写真の様に強力カッターでカットします。
ノコで切ると切り口にバリが出て、キレイに仕上がらないけど、
カッターで切る(腕力仕事かな)と、キレイに仕上がるんです。

トビラへの窓ガラス(アクリル板)付け
DIY15_2_15 窓付き扉
オーブン(モドキ)の窓ガラスとして、とって置いた5㎜のアクリル板の端材を使い、
右の写真の様にトビラの内側から、極細ネジを使い押さえ木で固定。

使うのは子供で、扱いも乱暴だろうから、シッカリと固定しておきます。

右の写真の左に写っている透明の棒は、窓に使ったアクリル板のキレッパシ。

天板の上にアクリル板取り付け
DIY15_2_15 天板上板取付
以前買って使わずにいた 5㎜厚のアクリル板(60×30Cm)をシンクの
外形より2㎜程小さく窓を開け、天板の上に載せ(後でネジ止めする)て、
シンクを押えます。

窓開けは、ジグソーにアサリの無い曲線切り用のノコブレードを付けて
切ったけど、結構キレイに切れました。

この写真ではアクリル板の保護紙を外してないので、白っぽく見えるけど、
最終的には、紙を外して天板にネジで固定します。

これで、柔らかい天板(カルファタ=桐の様な木材)が保護出来ます。




JJ、「おはし使えるよ!」

練習用のお箸で「パクリッ」
JJ15_2_14 ハシ使えるよ!

「ままごとキッチンセット」、この人喜んでくれるだろうなー!




「ままごとキッチンセット」作りは、マダマダ続きます~ッ!

DEN

ままごとキッチンセット(4)

窓開け作業

天板のシンク用の窓と、扉に付けるオーブン風ガラス窓用の切抜き加工を
したです。

窓切り抜き加工
DIY15_2_13 窓加工
窓のコーナーに穴を開け、その穴をつなぐ様にジグソーで切り抜きまして、
サンダーなどでヤスリ掛けをし、トビラのオーブン風ガラス窓の為に、
トリマーで、ガラスをはめ込む為のクボミを切り欠きました。

ガラスとして使うものは、当然ですが割れて怪我をしない様に、
透明アクリル板を使いますよ!

進捗は、亀の歩みの如くノンビリであります。





JJで~す!

粘土(小麦粘土)貼り付け!
JJ15_2_10 ネンドペッタン!
粘土は、JJに混ぜられて、変わった色に成っちゃってます。

DEN

ままごとキッチンセット(3)

ままごとキッチンセット作り

カタチに成って着ましたよ!

仮組み1
DIY15_2_10 仮組1
背面板に桟木を付け、側板を付け、前のトビラも当ててみました。

シンクの孔やトビラの窓(レンジ風に見せるガラス窓)の加工も未だだし、
最終組立では、接着剤で貼り付けます。
つまり、一度最終的仮組みをしてから、ばらして接着剤を塗布し、
再度組立し直します。




JJの敬礼

JJ15_2_8 敬礼!

今日は、簡単ですが、以上です。

DEN

ままごとキッチンセット(2)

「ままごとキッチンセット」作り

先ずは、カルファタ材と背板に使う為の手持ちの板を、必要寸法にカット。

カットした板材
DIY15_2_7 板材カット1
左端 : 天板
その右 : トビラ板
真ん中 : 前板(天板の前下=トビラの上に付ける)
その右 : 側坂
右端 : 背面板

背面板幅カット
DIY15_2_7 切りきれない!
背面板の板の長さが、挽き割りに使ったスライド丸ノコのスライド幅より長い為、
2度挽きしたけどそれでも、切残りが出るので手ノコで切り、カンナで仕上た。

桟木と足板
DIY15_2_7 脚と桟木
側坂や背面板を組付ける方法として、強度も考えて桟木を使う事に。
特に背面板は、板厚8㎜の幅広向きいたなので、内部の棚板を乗せる為にも
桟木を使います。
桟木を使うことで棚板などを固定する為のネジも、外から見えなく出来るし。

上の2つのコの字形の板は、左右のベース(足)に使う為に、糸鋸で切り欠いた
SPF 1×4材。

トビラの取っ手も同様に加工して作る予定。

右上にチョコット映ってるけど、天板のコーナーも糸鋸で円弧状にカット。

シンクのステンバット
DIY15_2_7 ステンバット
シンク用にしては少し浅いけど、ダイソーで買って来たものです。

ベース(足)加工
DIY15_2_8 ベース(足)
SPF 1×4材を使って作ったベースで、糸鋸やジグソーを使って切欠き加工をし、
トリマーで面取り、更にサンダーで研磨しました。

組み立ては接着剤併用で木ネジで止め、ネジ孔を埋め木(ダボ)で埋めました。
この写真では、埋め木はカットしただけなので、完全に接着剤が乾燥したら、
サンダーで研磨します。

このベースに、内部棚板取付用の桟を付けた背面板・側面板を組付けます。

尚、この「ままごとキッチンセット」は、JJの誕生日プレゼントとして作ってますが、
本人には、誕生日に突然渡そうと思ってます。



こんなカワイイ車欲しい!

小生が2度目のマレーシア赴任中(1996~2004年)で見かけた車。
車15_2_8 Msiaで見た車
この車種は、戦前マレーシアはイギリス領だったから、オースチンかな?
後ろは、セドリックのタクシー。

何でも、当時現地のタクシー運転手によれば「セドリックの車体に、ベンツの
ディーゼルエンジンを乗せるのがベストだ」と言ってました。
確かに、クラウンは殆んど無かったなー!

モーリスマイナー(昔の、日野ルノーみたいな車)や、モーリス時代のミニ
(1000cc以下だった)も見かけましたね。


DEN

ままごとキッチンセット(1)

JJ用に「ままごとキッチンセット」作り

材料寸法出しの為、図面を作成しました。
PCを使った「CAD」で作成下図面なら、カッコ良いんですけど、
残念ながらCAD使いこなせず、手書きです。

手書き図面
DIY15_2_5 玩具キッチン図
やたら白い線が見えますねー。
これ、消しゴムを見つけ出せなくて、ついに修正テープを使ってしまいました。

そして、手持ち材料も使いますが、昨日(5日)カルファタ集成材を買って来ました。

明日(7日)は土曜日、JJもお休みだし木工DIYに集中できそう。
天候次第ですけどね!
(でも実を言うと、JJ見ないと寂しいんですよね)

今日(6日)は、ヤボ用で出かけ帰宅が遅くなり、家に帰ったら既にJJも帰っていて、
小生が家に着いた時、小生のゾウリ(クロックス)を履いて玄関に出ていました。
お母ちゃんの言うには、小生が家に着く前に、「オオパパ 来た」と言って、
玄関に行ったそうですよ。
帰宅して小生が車から出て行ったら、「オーパパ オーパパ」と言って
ニコニコしながら寄って来るではないですか、なんと愛おしいこと!
ナンボでも可愛がっちゃうねー・・・・・・・・・っ!

JJ、何歳だっけ?
JJ15_2_4 何歳?1歳
スマホでパチパチしました。


以上、次回の更新は月曜日の予定なので、その時又お逢いしましょう!

DEN

ガス台下引出し(10)

昨日(3日)は出掛けたので、家に帰って(4時頃)一段落してから、
早速「取っ手」を取り付けて仕上がりました。

ガス台下引出し完成!

取っ手の塗装が乾いたので、引き出しに取り付けて出来上がり!

設置完了
DIY15_2_3 引出設置完了
ガス台右の隙間は、隙間カバーを外したまま撮影してしまった為で、
左側と同じ様にカバーでふさがります。

取っ手がチョット出ッパリ過ぎだろうか?
でもつかみ易いんですよ!

引出し内部
DIY15_2_3 引出内部
上引き出しは鍋のフタなどを入れ、下引出しは大き目の鍋などを仕舞います。

出来上がってみると、もう少し「工夫できたのに」と思う所が多々有りますね。



給湯器交換

今日(4日)は、これまでの石油式給湯器(風呂・台所用)から、
ガス式に交換しました。

石油式は、数年前にそれまでの給湯器が壊れたので、HCで購入し
小生自身で交換した物です。

が、動作中の排煙の匂いがイヤで、ガス式にしたいと考えていたら、
丁度小生の実家の建て替え(昨年末)で、付けて間もないガス給湯器を
廃棄するとの事。

早速貰っておいて、ガスやさんに相談したら、使えると言う事で、
今日、交換してもらいました。

従い、ガスボンベも中型の ボンベ2本から 大きなボンベ2本に交換、
給湯器が壁付けタイプなので、壁に取り付けてもらい、ガス配管・
給水湯配管などをしてもらい終了。

給湯器・ボンベ (作業途中の写真です。)
他15_2_4 ガス給湯器
ガスボンベがデッカイコト(最近では各家庭でも普通サイズかな!)。

明日(今夜から?)は、雪との予報なので、天気も良く風も殆んど無かった
今日の取り付けで良かったー!

排気が殆んど無臭の上、燃焼時の動作音も小さいので、換えて良かったっす。



さて、明日からは、JJの「ままごとキッチンセット」作成に入る予定です。

DEN

ガス台下引出し(9)

昨日(1日)は良い天気だったけど、風が強かったねー。
それでもメゲズに、引出し作りやりました!

ガス台下引出し作り

もうじき完成ですよ!

昨日は、上引き出しの中仕切り取り付けと、電動サンダーを掛けをしました。

仕切りと研磨(済)
DIY15_2_1 引出仕上げ
左写真の、左の仕切りスペースは、30Cmの鍋フタが入る様奥行32Cm、
中央スペースは25Cm位のフタが入る寸法、右端は20Cmの奥行。

中央と右の写真はサンダー掛けした状態の写真で、前板も側面も内部も
研磨しました。
おかげでキチャナイ内部の板もキレイになり、見られるようになりましたよ。

上引出しネジ孔埋め
DIY15_2_1 ダボ埋め木
ダボを埋め木として使い、接着剤を付けて叩き込んで、接着剤が少し乾いた状態
(速乾性なので、約5分後)で、埋め木カット用の「アサリ無しノコ」でカット。

仕上げに、再度サンダー掛けをし、塗装をして完成させます。

但し、塗装前に間違いなく収まるかどうか、実際に現場に仮設置して確認します。



今日(2日)は、設置確認と、塗装・取っ手作成をしました。

設置確認では、やはり後ろの補強桟の一部が、ガスホースの屋内への
引き込み部分に当たってました。
引出し全体を、寸法修正で当初の寸法より奥めた為、当たってしまった。
(言い訳かい!)

塗装は、前板は「マホガニー」色で塗装し、更にま引出し内部含め、
全面をクリアーニスで塗装。(前板もクリアー二スで重ね塗り)

前板塗装
DIY15_2_2 塗装1
ダボの所の接着剤が、拭き取りきれてないですね。(マッ良かんべー!)

前板は、既に作ってあるゴミ箱や調味料引出し等と同じマホガニー色で塗装し、
その上に更にクリアー二スを重ね塗り。

内部も塗装
DIY15_2_2 上引出内と塗料&ネジ
水濡れを考慮し、引出し内外部とも塗装しました。

使った塗料にはクリアーとマホガニー共に、無害の「水性ウレタン二ス」を使用。

木ネジは、主に家具作りに使うスレンダーコーススレッドネジ(写真は長さ35㎜)と、
上引き出しの底板(暑さ6㎜のベニヤ合板)固定には、更に細い(写真下のネジ)
を使いました。

取っ手作が無い!

本体は仕上がったけど、取っ手が未だ付いてないんです。
つまり出来てなかったって事で、取っ手を作りました。

取っ手作り
DIY15_2_2 取っ手加工
1×4 SPF材の端材を使い、径が12㎜のドリルビットで穴を開け、
スライドテーブル丸ノコ、トリマーなどを駆使して、写真の如く作成。

でも、作るのが遅かった(PM4時過ぎ)た為、塗装が乾かず、取り付けは
明日か明日以降になりそう!

本体設置完了
DIY15_2_2 組込み
引出し前板の色が、キッチンシステムのトビラの色と異なるので、
違和感があるかと心配したけど、意外と良い感じ。

取っ手が付いてないので、未だ使えませんです。

次回ブログは、「ガス台下引出し」の終了編です。

そして次の工作物は、JJ用の「ままごとキッチンセット」の予定なので、
乞うご期待!(シテネーッてか)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。