スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始休暇

今日は、片付ける必要の有ったガラクタを分解し片付けたりで、本来のDIYはなし。

ブログアップするほどの内容でも無いので、片付けのアップ無し。

一応、今日が本年の日曜大工・・・モトイ・・・連日大工の仕事納めです。

で、今日を持って、年末年始期間の休暇を取らせて頂きます。

恒例の、年末の挨拶です。

皆様、本年は訪問頂き、また「拍手」「コメント」
     頂き、有り難う御座いました。


来年も、相変わりませず、
       宜しくお願い申し上げます。


来年が、皆様にとって素晴らしい歳に
        なります様、祈念致しております。


と言うわけで、良いお年をお迎えください!

?????

まずい顔してっけど、お忘れなきようお願いします。

(今日のブログは、面白くもナンともネーでスンマセン・・・・m(_._)m )

DEN
スポンサーサイト

燻製食材乾燥箱作(2)

燻製食材乾燥箱も、形ちに成りました。

今日は、風は無かったものの寒かったー!
陽が当たっていた時は、7℃度程度だったけんど、5時になったら3℃くらい。
もっとも、11時頃に作業場を開けたばかりの時は、1℃でしたよ! (>.<)



乾燥箱 外箱出来上がり

今日は、外観となる箱だけは完成させようと、作業しましたです。

天面と低面の枠作りと網張りから、「外せる丁番」取り付け、前扉も取り付けて
出来上がりました。  (^J^)

扉オープン
薫製器27日扉オープン
この中に、網を載せる桟や、食材を吊り下げる為の桟などを付ければ、
内部構造の出来上がりになるです。

扉の下側の茶色っぽい部分は、実を言うと扉の高さの寸法取りを間違えて
短くなってしまい、仕方ないので、短い分付け足したものだす。 (トホホ!)

外観左側から                   左後方から
薫製器27日乾燥箱側と面扉 薫製器27日乾燥箱左側面と背面
左面(左)と正面扉(右側)             背面(左)と左面(右)
上の写真の扉を閉じた所だす。

夫々の網(網だけじゃなくて、当然桟付きですよ)は、「外せる丁番」で
全て分離出来るんだぜ~っ!

これ、昔あった金網の茶箪笥の様な物だよね。


天面には、強制乾燥用の扇風機を載せられる様にする予定っす。
底面に付けた方が良いだべか?



今日の作業場温度

本当に寒かったっす!

今日に作業終了時の気温
2012年12月17日作業環境
サブイーーーー! (>。<)



≪P/S≫
トリトンの工具置について、興味を持たれた方がおられるので解説します。

今日も一番上の写真で、網の奥にうっすら見える物置台にしている
「トリトン」のスタンドは、テーブルソーで長尺材を挽く時に、
使うもので、一般的にはローラー式ですが、これは天面に滑りやすい樹脂が
くっ付いていて、更に2バイ材や、ドアー取り付け時に、アシスト出来る様
ドアーを挟んだりする構造になっているので、適当な合板に2×4材をくっ付け
その挟む機構で挟んで、角度も変えられるし、物置台として便利に使ってます。


DEN

燻製食材乾燥箱作(1.5)

今日完成までこぎつけっぺと思っていたけんど、出かけて時間が無かったのと、
メッキリ寒くて、動きが鈍いのと、まー色々有ってなー!です。

天面と、底面を除いてほぼ完成。

ネットは、プラッスチック製の黒いので、長い事ホコリをかぶってたのが
有ったんで、それを使いました。

ネット貼り付け

網戸押さえテープを使い、エアータッカーを使って止めたっす。

ネット貼り付け
ネットの手前側が、若干波打ってんね! (>。<)

ネット張りは、たるみが出るんで難しいもんだわ。 (~ム~)

タッカーを打つ時、テープもネットもプラスチック製なんで、寒いこの時期に
割れるんではないかなー? ナンテ心配も有ったけんど、「案ずるより生むが易し」
で、問題なかったわ。



4枚出来た

側面2枚・背面・前面扉の4枚の網張りが出来た。

薫製器26日ネット張4完
網は金網ではなく、固めのプラスチック製の黒色のもの。

撮影した場所は、小生のカーポートの床で、丸太を長さ20Cm位に切って、
縦に砂で埋めた床だでー。 (^ー^)

出来上がったネットは、左の2つが側面用で表側(外側)と裏側(内側)、
次が背面表、右端は扉の裏面。



ネットと丁番

薫製器26日ネットと丁番

下に有るネットが、今回使ったネットの切れ端。

上に有る丁番が、「外せる丁番」で、右が外した状態。

普通の「外せる丁番」も売っていたけんど、これ(写真の物)の方が安上がり
だったんで、これにしたんだすよ。



次は天面用と、底面用を作らなくっちゃ、そうすれば本体組立が出来ッぺな!



久し振りに、田舎ッペ言葉でのアップでした。 (笑)

DEN

燻製食材乾燥箱作り(1)

乾燥箱作り

燻製の食材乾燥に、干物乾燥ネットを使っているけど、ナンとも使いにくいし、
せっかく薫製器を作ったのだから、乾燥の為の入れ物も作る事にしたでんす。

木材で骨組みを作り網を張る簡単なものですが、ヤッパリ使わないときは
邪魔なので、解体できる様にするかなー!

そんな訳で、まずはSPFの2×3材を使い、骨組みを作成。

組立てた骨組み
薫製25日薫製材乾燥箱1

下の2つは側面、その上は背面、一番上は前面の扉用の桟。

高さは80Cm、巾・奥行きが約40Cmの大きさで縦長。

燻製に使っている焼網をそのまま乗せる様にし、燻製後の熟成にも使うつもり。

作業開始が午後2時半頃だったので、あまり進捗しなかったっすね。




今日の気温!
2012年12月25日作業場環境

気温4.7℃、ブルブル寒かったー!



乾燥機も、クールクル回るやつも面白いので、考え中です。

今日は、シンプルアップでした。

又です。

DEN

充電電池

「電池式扇風機」と「CDラジオ」に充電電池を使い、「フローティング充電?」
出来る様に改造をしましたよ。

12V駆動の電気製品改造

我が家には、3.11大震災の後、停電に備えて小生が設置した「12V太陽光発電」
設備が有ります。

又、12Vで動作する電気機器で「扇風機」と「ラジオ」が有るので、これ等を
12Vの太陽光発電電源を使って動作させる事と、さらに電池に充電電池を使い
しかも、同時に充電させようと改造を実施。

扇風機の使用電池は「単1型」、一方ラジオの方は「単2型」電池で、夫々8本使い。

充電電池は、米国にいった時に、これ等の改造の為買って来た物です。

電池と充電器
充電電池24日単1単2充電器
単1が8本、単2も8本と充電器。

但し充電器は、MAX4本なので、これで8本を充電するには、2回に分けて
行なうしかない。

でも、今回の電気・電子機器では「フローティング充電」をするので、
この充電器にはあまりお世話に成らずに済むと思うんだけど、どうでしょうね。

電池式扇風機改造

乾電池で動かせる、「LOGOS」ブランドの、ポータブル扇風機だけど、
電池が切れれば動かない。 

電池を取り替えるのも面倒だし、いっその事12V電源で使いながら充電出来る
様にしようと、以前よりこの改造を考えていたんです。

扇風機本体と充電電池
充電電池24日電池扇風機1
風切り音が少し気になるけど、涼しければ良かんべー!

充電端子(DCコネクタのソケット)取り付け
充電電池24日充電端子付1
扇風機の筐体に、ソケット取り付けの穴を開けて取り付けたところの写真で、
まだ配線はしてません。

スイッチの右下の丸い黒い物体が、DCジャックのソケットで、上に有るのは、
そのDCコードに付ける、DCコネクタのプラグです。

実は、配線を済ませてその状態を撮影しようと思っていたのに、ケースを
ネジ止めしてしまい、時既にオソシ「シマッター!」

バックビュー
充電電池24日電池扇風機2
出来上がって、動作もバッチリ。

下の、膨れた部分に単1電池8本が入って、重心が低く安定してる。

暑くなったら、これで12Vの太陽光発電電源でブン回せる(程でもないか)。




CDラジオ改造

改造理由は、扇風機と同じ12V太陽光の電源で動かしたいのは勿論、
毎朝、6:30のNHKのラジオ体操をやっていたが、6:30前に起きて
体操をするのがつらく、もう少し時間が経っち好きな時間に体操をやりたく、
録音できる音響機器と言う事で、CDラジオを以前に買ってました。

このラジオは、CDは勿論SFメモリーにも録音出来るので、便利です。

扇風機の時に説明しなかったですが、電池動作の時は電池に直結し、
外部電源を使う場合は、フローティング充電する為、直結には出来ず、
ある?部品を使いました。

DCソケットは、プラグを差し込んだときに、切り替えスイッチが働くけど
そのスイッチが、マイナス側に付いていて、結線を考えるのに頭痛状態。
(外側を、プラスにして使えば楽だけど、芯をプラスで使いたいのでね)

ラジオの場合は、電池のDC12Vでも、AC電源でも使う様に成ってる為、
更に厄介で、頭が三角四角に!

ラジオと充電電池
充電電池24日CDラジオ1

裏蓋を外した状態
充電電池24日充電ジャック付1
写真に写っている、バックカバーの右下丸い黒いのがDCジャックで、
その外側に有る黒い棒がDCプラグですね。

配線(結線)状態
充電電池24日ラジオ配線完
写真で、下の方に見える白いチューブと、その上の方に見える黒いチューブの中に、
扇風機も同様ですが秘密の部品が入ってます(大層に!)。

完成後12V電源接続
充電電池24日ラジオ裏
完成し、12V電源プラグを差し込んだ状態の、バックビューです。



扇風機もラジオも、バックカバーに穴を開けるのが大変でした。
対象物が硬くて大変・・・・・ではないんです。

使ったDCコネクター(ソケット)の取付け部分形状が、真ん丸でなく小判型の為、
小さめの丸穴を開けてから、ソケットの形に合わせて、棒ヤスリでキコキコと削り、
デッカクなり過ぎたらアウト、地道に現物合わせしましたです。


以上ですが、こんな充電の仕方は、プロではやらないでしょうね!

DEN

燻製物語(4-3)

燻製食材の干し網に入れて外に干したものの、今日は朝から2時頃まで
雨が降っていて、まともに乾燥しない。 (~ム~)

やむなく、扇風機で扇いだけど中々乾燥しない!

一度室内に入れたけど、来客があった為、ストーブで部屋が暖かく、
生ものを干すには適さないんだけどなー。 

そのうち雨が止み、太陽が顔を出したので再び外干しに。

ようやく表面が乾いて来たところで少し早いけど、時間も遅れており、
燻製開始。

3時間弱、燻製して出来上がり!

「チキンささ身」と「塩さば」を、一緒に燻製しちまった。 (^J^)



出来立て燻製

チキンのささ身
薫製22日ささ身薫製1
旨そうですね!

1つ食っててみたら、うまい! でも本格味見は明日ですね。
熟成させればさせるほど、旨くなるようなので。

ささ身もう1トレイ
薫製22日ささ身薫製2
実を言うと、更にもう1トレイ有るんです。

何でそんなに多いかって!
コストコで買ってきてもらったら13本入りが、4パック1束で、
先に1パック燻製に使ったけど、まだ3パック残っちょります。

長く置けないので残り3パック全部やっちまったんです。 (ペロッ!)

燻製器の中が、「チキン」で丁度イッパイなのに、「さば」も入れ
通勤列車状態でキツキツ!(写真撮り忘れたー)



塩さば燻製
薫製22日さば薫製
ここでも、寿司詰め状態!

一番手前の白い部分は、パク(食べた)ついてみた跡で、旨かったっす。
これも本格味見は、明日です。

ヤッパリ、コストコで買ったもので、6尾1パックでした。

「さばクン」は、初めてだし珍しい燻製です。
旨く出来ている事を祈って、明日を楽しみにしてっぺ! (^ム^)

これで、燻製を一段落するべかな。

DEN

燻製器手直し

今日は、昨日お知らせした如く、燻製器の不具合を手直ししましたが、
朝のうちに「チキンささ身」と「塩さば」を漬け込みました。 (~。~)

昨日買って来たタッパーに、漬けタレを入れて漬け込み、冷蔵庫で明日まで
寝せておきます。

タッパーに入れたので、時々中身の上下入れ替えをしないといけないですね。

その後、燻製器の手直し作業です。

燻製器の手直し

底板や、側板、背板等の桟が当たってるので、その当たり部分を削らなければ
ならず、悪戦苦闘。(作業中の写真無いのであります! トホホ

底板は、スライド丸ノコでカットできたが、桟のカットが難物。
手ノコで切り詰め、更に部分的の当たる所は、電気ヤスリで削りました。

扉ズレ改善
薫製器21日扉ヅレ改善済
対策で、ズレが無くなった。

板の割れ目塞ぎと、覗き窓蓋の反り対策
薫製器21日割れ目塞ぎ
板に割れ目が出来てしまったので、アルミテープで塞いだ。

覗き窓の蓋は、板が無垢なので反りが出てしまい、反りの強制矯正の為に、
桟を2本追加。
その結果、反りは矯正出来、概ねフラットに成りました。 (^ー^)


アオリ止め追加
薫製器21日アオリ止め追加
扉の下側に有る通風口の蓋には、ストッパーが無い為、木片などをはさんで
仮固定していたが、アオリ止めを使い、3段階の開口面積切り変えが出来る様に。

写真で、左側の側板下側に付けた3つフックに、蓋に付けた「アオリ止め」の先を
差し込んで、蓋の角度を変え開口部の大きさを変えます。


温度計固定
薫製器21日温度計固定
箱内の温度測定用の温度計は、単に温度センサーの棒を、板の穴に通して
使っていたけど、動いたり落ちたりするので、その棒を電気用の
「コード押さえ」を使い、扉に固定。

上手くいったな!



調味料保管
薫製21日仕込み調味料入れ
塩や砂糖、ハーブ、ワインなど、漬けタレに使う調味料が結構多く、
台所の調味料と分けて保管する事に。

昨日買って来たコンテナに保管する事に。


明日の朝、今漬け込んである「ささ身」と「塩さば」を塩抜きしたら、
日陰干しで乾燥させてから、燻製にします。

今回の漬け込みには、ニンニクを加えたので、ささ身の味も少し変わるかも。

あまり興味の沸かない内容だと思い、m(_._)m です。

DEN

燻製物語(4-2)

燻製用の食材が、色々イッパイ有って、次から次へと燻製三昧です。


ホタテ燻製の味は?

今日は、昨日温燻した「ホタテ」の味を確かめたけど、若干味薄。
漬け込みと、蒸し時間が少し足りなかったのかも知れませんね。

でも、試食頂いた方の判定は、「旨い、これ位の味が良い」との評価を
頂きましたっす。(だよなー!)


今日の燻製

今日は、チキンの「ささみ」と同時に、「鮭の切り身」を燻製。

チキンささみの燻製

燻製直後のささみ
燻製20日燻製済ささみ
残念ながら、燻製前の写真を撮って無かったです!  m(_._)m


シャケの燻製

切り身のシャケで、初回の燻製時に使った食材と同じ店で購入したものなので、
表面が乾く程度に乾燥させ、ハーブオイルを塗ってそのまま薫煙です。

シャケの薫煙前
燻製20日燻製前シャケ
シャケ半身分の切り身。

燻製直後のシャケ
燻製20日薫済シャケ
欠けているのは、燻製器から取り出した時に、崩れてしまったんですわ。

中々良い色に仕上がったっす。

これら「ささみ」と「シャケ」は、燻製後網に入れて冷やし、12時間以上
熟成させます。


燻製器に問題

若しかしたらと、不安はあったのですが、ナンともお恥ずかしい話ですが、
手直しが手直しが必要ですね。

使った板は、十分乾燥し切っていると思っていたけど、燻製を重ねるに従って、
板の幅が徐々に収縮して、底板(ベニヤ板)と収縮率が合わず、扉が閉まらなく
成ってしまったんですよ。 (>.<)

側板と、底板のギャップ
燻製器20日底部の隙間
背板が縮んで、側板の背板側(後方)が底板(ベニヤ板)に当たり、
前側が閉じられなくなって、隙間(ギャップ)が出来てしまいました。

側板前面と、扉のズレ
燻製器20日扉のズレ
このズレの為、扉が素直に閉じなく、辛うじてパッチン止めがとめられる状態で、
無理やり閉じる状況。

仕方ないので、明日底板(ベニヤ板)のぶつかる部分をカットして、手直します!


燻製器の手直しと共に、明日も燻製作業継続で、「ささみ」や「さば」等の燻製を
予定してます。


今日の買い物

今日の午後、「ささみ」と「サーモン」の燻製を終え、熟成状態に仕込んで、
2時頃、買い物に出かけました。

当然ながら「燻製」の為の道具や容器、ネット、金網など、薫煙材などと共に、
買って来ました。

結局、帰宅が夕方5時半頃になってしまい、燻製の下ごしらえ(タレに漬ける)を
あきらめました。(明日やっぺ!)

従って明日は、朝早めに下ごしらえをして、燻製に備えなくては!

明日も、何となく忙しそうで、下ごしらえの手間がかかるねー!

その意味で、干物の魚類は、手間が省けて十分な美味しさを引き出せるので、
良い食材です。(但し、自分好みの味付けに成らないけど)

DEN

燻製物語(4)忙しかった!

燻製材料の生物食材を手に入れたのだけど、今日は10時頃から出かけなければ
ならず、生の材料も処理しなければならないし、忙しく動きましたわ。


家具転倒防止策

以前作ってあげた「台所収納家具」の転倒防止策を講じる為、出先から
義姉のY家(Tちゃん宅)へ直行!
(工具は当然、出かける前に、車に入れて置いたんですよ。)

Y家に着いた時は午後1時頃、お腹がへっていたので、小生のお母ちゃんと、
先に行っていた次女(Q)が買ってきてくれた弁当を、Tちゃんが用意してくれた
おかずと共にいただき、満腹に。 (プーッ!)

腹ごしらえが出来たところで、転倒防止策作業を。
L型金具で、家具(2台)を目立たない壁や桟等に固定。
(写真なしです、スンマセン)


燻製作業

朝出かける前に、「ホタテ」と「チキンささみ」の仕込みをしました。 (^^)


「ホタテ」ワイン蒸し
燻製19日ホタテワイン蒸し
右がホタテを「白ワイン」で蒸した状態、左はそれを取り出したところ。

これを手で触って熱さを感じない状態まで冷まし、漬けタレに漬けて
ジップロックに入れ、冷蔵庫へ。
そして朝から帰宅までの時間漬け込み。(冷蔵庫で6時間ほど保管)

Y家から急いで帰宅、ホタテを冷蔵庫から出し、水洗いして乾燥ネットに入れ、
風通しの良い洗濯干し場で乾燥。

洗濯物は取り込んだので、匂いが移ろう事なし。

乾燥
燻製19日ホタテ乾燥
この様にネットに入れて、日陰の風通しの良い所で陽陰干し。

乾燥ネットを吊り下げた後、小生の実家への届け物が有ったので、実家へ。
ついでに、先ごろ作った秋刀魚の燻製を手土産に持って行きました。
小生の実家からトンボ帰り、「ホタテ」の乾燥約1時間経過。

「ホタテ」の表面が乾燥したので、ハーブオイルを塗って燻製開始。

燻製は、温薫(スタート時30℃1時間後約60℃)で2.5時間くらい。

そして夕方5時となり(真暗)、「ホタテ」を燻製器から出して、
網に載せて熟成です。

燻製後の熟成
燻製19日ホタテ燻製後養生
こんなにチッチャクなっちゃって!

刺身用の「ホタテ」だったので、「そのまま食べようか」との意見も有ったけど、
あえて燻製にしたので、出来上がった味が大変大変気掛かりなんですよ!


「チキンささみ」は、タッパーに入れて約12時間(明日朝9時まで)ほど
漬け込んで置く。
Y家から帰宅した時に、タレが満遍なくしみこむ様タッパーをひっくり返し、
また冷蔵庫に保管中。

明日は、「チキンささみ」の燻製です。
燻製連チャンですが、寒いけどこれまた楽しです!  (^ー^)


なんとも忙しかった事!明日の「ホタテ」の味見が楽しみ。

DEN

テントの補強

今日は、そんなに寒くなかったけど、天気予報によれば、今夜からまた
寒くなりそう、そして北関東では「白雪姫のお出まし」との予想も。 (><)

そう言えば、テントに雪が積もって天幕が垂れ下がってしまうんだった!

テントに積もった雪は溶けにくく、溜まった雪を落とさないと、何時までも
溶けた水がポタポタ落っこちてきて、出入りする時に濡れっちまうんだよね。

そこで、今日は雪に備えてテントの補強を致しやした。
効果の程は分からねーけど、桟を付けることにしたんです。




先ずはキャスターの交換

テントの足につけたキャスター4つの内、2つがロック無しだったので、
風邪が吹くたびに動いてしまうんです。 (>へ<)

仕方なくストッパーの木片を使ってたけど、テントを移動するたびに、
挟み込むのが大変なんで、ロック付きのキャスターに交換する事に。

ロック付きキャスターは、そのつもりで買い置きしてたんですけどね。 (~。^)

キャスター交換
テント18日キャスター交換
左は外したロック無しキャスター、右がテントの足に取り付け済の、
ロックつきキャスター。




テントの補強

4×3Cmの桟木を、テントの屋根の長さに合わせてカットし、上の部分には、
建築用Z金具の平板を、テントのパイプに合わせて曲げてネジ止め、天井の
パイプに引っ掛けました。

下の部分は、同じ平板を平のまま取り付けて、テントの軒桟に引っ掛けたです。

出来上がり
テント18日桟付完
テントの天幕は、張ったまま作業したんです。

天井部分
テント18日桟天上部
金具で引っ掛けて有るんだけんど、見えますかね!  (^?^)
下に見える桟の、パイプ側にチョコット白く見えるのが金具ですよ。

それと、桟の先っぽを三角切りにしたのは、下側を差し込むとき、
横にずらさないと差し込めないので、その逃げの為カットしたんです。

軒横桟部分
テント18日横桟部
パイプに、単純に金具で引っ掛けてるだけです。

金具の加工
テント18日金具加工
左3本は加工前の金具(平板)で、軒桟部にはこのまま使用。

中央の金床に載ってる4本は、パイプに合わせて曲げた金具で、
右端の金づちで曲げ加工したもの。

右の3本は、曲げた金具に止め穴を追加したもの。
左の開いたのままの金具と共に、穴が小さいので5Φに加工。

これ等の金具は、補強桟が10本有るので、その数分だけ用意したです。

曲げ加工は、丸く曲げるのが難しかったし、穴あけも相手が金属なので、
切りコが飛び散り、厄介だったっす。

シートが縮んでいて、桟の寸法が同じでなく、仕方なく現物合わせで作りました。
おかげで、風が吹くたびバタバタしていたシートが、おとなしく成ると言う、
おまけが付きました。

但し、現物合わせの為時間が掛かり、仕上げた時は既に真っ暗でしたわ。 (><)



では、今日はこれまで! m(_。_)m

DEN

燻製物語(続 3)

燻製物語(続 3)

昨日(日曜日)、秋刀魚の開きと、サーモンの燻製を作ったんですけど、使った
スモークウッドが「カインズ」ブランド品だったせいか、燻製時間は短いし香りも
少ない感じで、「新富士バーナー」のスモークウッドと、スモークチップに変更して
スモークしました。

そして昨日は、選挙も含めてバタバタして、燻製のスタートも遅れ、本格的に開始
出来たのは、午後1時頃で、4時過ぎには別件でお母ちゃんの実家に行った為、燻製器の
電熱器(コンロ)の電源を切らねば成らず、スモークウッドの薫煙だけ掛けて置きました。

ヤッパ、スモークウッドもきちんとしたメーカーのものは、長持ちしますね、
1/3の長さに切った物でも、家に帰った時点で、未だ燻ってましたよ。

最初の写真は、燻製器に食材を入れたところですが、どうぞ!

仕上がりの状態を燻製器の扉を開けて撮影しようと思ったけど、周りが暗くなっていたので、
撮影せずで、皿に乗せた写真を見てください。

準備完了
燻製16日燻製準備完1
サーモンは見えないですけど、一番上のトレーの上の網に乗っけてあり、その下の
パイプに、12匹の秋刀魚を、ブラリとぶら下げました。  (笑)

その下には、魚から出る汁を受ける為のアルミホイルを広げておきます。

スモークウッドは、電熱器の少し上にあるトレーにアルミホイールを敷き、上に網を置いて
その上に置きます。

また、スモークチップを燻す場合は、電熱器の上にチップ用鍋(フライパン)を置いて
燻します。
フライパンは、コーティングしてあるので、チップの炭がこびり付くような事は無く、
Goodですよ。 (^^)

スモークウッドとハーブオイル
燻製16日ハーブオイルと桜ウッド
今回使ったもので、カインズブランドの「サクラ」と、自家製ハーブオイルです。
このオイルを、食材に塗布して薫煙しましたが、結果は如何に?

尚、カインズブランドのスモークウッドはイマイチだったですが、富士バーナーの
スモークウッドは、香りも良いし長持ちしますね。
ただ、残念ながら「サクラ」は無くて「ブレンド」だったので、更に「サクラ」の
チップを併用しました。  (~。^)

出来具合
燻製17日秋刀魚・鮭燻製
右のサーモンは、前回の燻製に比べ、若干(本当に若干)塩気が強かったけど、旨し。

秋刀魚は、逆に前回よりも味わい深く、旨く出来上がりましたわ。 (^ー^)

どちらも冷たいままの方が、“ウマカー!” ですね。 ハーブオイルのせいかな?

ヤッパリ、香りがやや少なめでしたが、「開き」と「切り身」で仕込み要らずでも、
十分に燻製として美味しくいただけます。




昼食タイム

午前中は、次女に髪を切ってもらう事に成っていたので、ついでに選挙投票所に
立ち寄り投票。

そして次女宅に行き散髪してもらい、一旦自宅に帰りスモーカーコンロの電源を入れた
ものの、昼食の用意が出来たので、次女宅に来るようにとの事。

昼食は自宅で摂ろうと思っていたけど、「旨いのが出来ているので来るように」との事。
美味しいのを食べたいし、燻製器内温度は40℃までしか上がってなかったので、
加熱を中段し、次女宅へ急行。  (急げ急げ!)

昼食
散髪16日昼食1
昼食は、カニ脚、水餃子、マグロのタタキ、豆腐をおかずに、炊き込みご飯でした。

近くにいる姪たちと、お母ちゃんの実家の兄貴の嫁さんも一緒に総勢8名での昼食で、
ご飯も旨くて、食べ過ぎと思ったけど、お代りまでしてしまいました。




演奏するクリスマス人形

次女の旦那の実家が、米国オレゴン州で、そのお母さんからクリスマスの飾り物が
送られて来たとの事、色々あるんですけどその中のひとつ、演奏する人形です。

すごく良く出来ている人形で、一人が演奏開始すると、他の2人が追従し演奏をします。
ワイヤレスで、線が繋がってるのではないんですよ、仲間の音に反応し演奏するんです。

どれくらい離したら反応しなく成るのかは不明ですけど、音も良いし可愛くて
良く出来てます。

演奏する人形
散髪16日Q宅飾1
なんとも可愛いし、良い音で演奏しますよ!

今日は、タイトルの割りに、燻製の事が少し寂しいブログでした(?)けど、
悪しからず!

今度は、チキンなどの肉類に挑戦してみっぺ!

尚、今日は、燻製器を解体収納しただけ、外気がメッチャ寒く(外気温3度位)、
木工DIYは休んじょります。


DEN

燻製物語(3)

今日は、天気予報では「雨」か「雪」だったのに、そんな事も無く晴れ間が
出たりの天気でしたねー。

燻製準備

燻製食材の乾燥

昨日、買い物に行ったら、秋刀魚の開きとサーモン切り身が安かったので
燻製にすべく買って来ましたです。  (^^)

昨日のうちに作業場内に干して昨夜から乾燥を開始、今日も引き続き乾燥継続、
明日あの燻製器で燻製にします。

乾燥の様子
燻製15日乾燥
干し台の脚は、工業扇の脚ですよ。

今の時期だから、裸で干してもハエなどの虫も付かないので安心。
但し、猫ちゃんの襲来には注意しないとね!

よって、乾燥用と燻製後の養生用の、網張り箱を作っておくべー!

今回燻製するものは、秋刀魚を12匹、サーモン切り身を6切れ。
甘塩付けされているので、今回は「ハーブオイル(オリーブオイル+ハーブ)」
のみを塗って、薫煙を掛けてみる事にします。

さて今度は、どんな出来栄えに成るかなー! (~_~)




燻製漬けダレ作り

今日は更に、生の魚や肉や何にでも使える、塩の「漬けダレ」を2作りました。

1つは「ピックル液(醤油やリキュール類を入れない)」、もう1つは
「ソミール液(醤油やリキュールなどを入れる)」と称するもので、燻製の
手引書に載っていたもの。

それと、薫煙前に煙の載りを良くするための「ハーブオイル」も仕込みました。

これです
燻製15日漬けタレ
右のペットボトルは「ピックル液」、左のペットボトルが「ソミール液」。

中央の小瓶が、「ハーブオイル」ですね。

あとは材料で、白いものは「天然塩」、茶色いものは「三温糖」、右の容器に
入っているものは各種ハーブ、左の小袋入は「ローレルの葉」です。

漬けダレは、アレンジして自分流の味にすべきでしょうが、未だその域に達して
ないので、教本に従った内容でトライしましたです。

塩をメインに、ハーブや砂糖、スパイスなどを加え、一度煮詰めて、更に
ウイスキーなどを加えました。

明日の燻製では、漬けダレの味見は出来ないけど、ハーブオイルの効果が
楽しみだわ!

そう言えば、明日次女(Q)に、髪を切ってもらう事に成ってたんだ。
速い時間に行って、切って貰っちゃおう! (^。^)

デワデワ! m(_._)m

DEN

燻製器進化論(4’)

昨日は、写真が無く理解に苦しんだと思うので、今日は写真アップをしましょう!

と言うのも、小生のPCが「about blank」は、消せなかったものの、
一応動くように成ったので、このPCで作業します。

スモークチップ鍋のすぐ上に追加した桟
燻製器14日1桟追加
丸い穴の開いた白いコンロ保護板のすぐ上で、ギザギザの付いた桟を追加。

これで、ここにパイプを乗せ焼き網を乗せれば、熱薫がしやすく成りますね。

取っ手取り付けと、ワトコオイル塗布
燻製器14日2オイル塗布
側面の中央やや上寄りに、運搬用取っ手を付けなしたっす。
勿論、左右にですよ。  (笑)

台の塗装
燻製器14日3台塗装
ライトオーク色のオイルステインで塗装。

これを塗ると、持ちが断然違いますよね。

本体を第に乗せた
燻製器14日4台と本体
デッキなどで作業するのに、丁度良い高さだし、収納引き出しが大きいので、
薫製材から備品まで、全て保管出来Good!…(自画自賛と言う事か)…(笑)

そう言えば、「DEN焼印」を忘れてるでは無いか!





次女(Q)宅の「洗濯物干し竿掛」を修理してきました。

小生が作ったQ宅のデッキは、屋根付きで更に洗濯物干し竿を掛ける為の、
昇降式物干し竿掛も付けてあります。

ところがこの装置も4年が経過して、昇降装置の滑車を留めておいた、タイバンド
(これっきりバンド)が、ち切れてしまい、昇降できなくなっていたので、
その修理です。

ステンレス針金に変え、修理は済んでしまったけど、修理後の昇降状態の写真です。

一番上に上げた状態
Q洗濯干し竿掛1
洗濯物を干しておく時の位置。

右上に見える滑車を固定していたタイバンドが切れて、この滑車が落ちて
しまったんです。 (>.<)

中間位置
Q洗濯干し竿掛2
普通の物干し台の位置で、風通しを考えると、この位置が良いかも。

一番下にした常態
Q洗濯干し竿掛3
洗濯物を掛けるときの位置。

たるんでいる紐は、万が一昇降用ロープが切れた場合に、この紐でストップ
させるんですよ。 (^ム^)


小生宅で使ったものを、移設したもので、小生宅には新しく、上下してもさおが
ほぼ水平を保つように、改善したものを付けてます。  
小生宅の場所が広いので、この技が使えました。




今日の昼食

ファミレスで、旬の「牡蠣フライ」定食を食べてきました。
熱々の知るが出てきて “ウンマかった”です。   (^。^)

カキフライ定食
12月14日昼食まるまつ
牡蠣は小さいけど、5個で旨かったですね!
ご飯もそこそこ旨いので、良くこのファミレスを利用してますね。




今日、NHK プレミアムチャネルで、蒸気機関車C571(貴婦人)の
修理再生のドキュメントをやっていたので、見入ってしまったです!

後で、アップすっぺかなー!




いやー! PCが生き返って良かったったす。

DEN

燻製器進化論(4)

ここのところ、小生のPCのウエブページが、「blank page」とかになり、
動きが何と無くおかしいので、対処方を色々とやっていたら、PCが更におかしく成り、
何もできなく成ってしめーました。

てなわけで、今日は写真無しの文章ブログを、お母ちゃんのi-padを使ってのアップします。

燻製器進化

スモークチップ鍋のすぐ上に、網などを置けるように棧を追加。

運搬用取手取付け

燻製器は、仕舞える様に、解体型にしてある物の、組み上がった状態で運ぶことも有るので、
運搬用の取手を追加。

ワトコオイル塗布

箱の外側は、無塗装でも良いと考えて、無塗装のままにしておこうと思ったけんど、
いかにWRCと言えども、傷むだろうし汚れも付きやすいので、無害のワトコオイルを
塗布する事に。

内部は、ワトコオイルの匂いが食材に移ってはマズイので、何も塗らずそのまま。
それでも、いくら外部と言っても、匂いが消えないと薫製をするわけには行かないので、
その間に、薫製用のツケダレを作っておこう。



燻製器台兼収納箱の仕上げ

箱の外側を、オイルステインのライトオーク色で塗装しました。



ヤッパリ写真が無いと、面白くないですね!

PCを、初期化(バックアップCD?)出来ると思うので、そしたら写真を御覧にいれましょう。
なぬー!見なくても良いだって?・・・・・・・そんなこと言わねーで、見とごれよ!

そんなわけで、PC再生とらいします。

では! DEN

燻製器進化論(3)

今日は、午前中天気が良くて、気温も15℃も有ったので、DIY日和と思いきや
午後どんどん寒くなり、4時過ぎたら、5℃程度まで下がっちゃいましたよ!

燻製器も、ニクロム線式コンロに変更し、チップ鍋も丸型に決まったので、
コンロ保護用耐熱板を変更し、更に、燻製器台兼収納箱の、塞がってなかった
引き出し周りも、ハカマを履かせ、ついでに、天板が合板で周囲が傷みそうであり、
「持ち手」も兼ねて天板周囲に桟木をくっ付けます。




余 談

ところで、寒さもいっそう厳しくなり、凍結しないとは思うものの、何年か前に
危なかった事を思い出し、台所に引き込んでいる水道管に、保温材を追加
しましたよ。

気温の暖かいうちにね! (^。^)

保温材追加
2,012年12月12日水道保温
フラッシュを焚いたので、その影のせいでボケて見えるね。 (~。~)

凍結防止用ヒーターが付いているので、停電しなければ大丈夫と思うが、
その保温材の巻き方が、あまりにも細いので、更にその上に保温材
(発泡ウレタンチューブ)を追加して巻きつけ、その上を黒色の保護テープを
巻きました。

基礎部の通気口には、小生が取り付けた、床下換気扇が見えてますね。

数年前に、ホームセンターJHで買って来た、三菱製ユニットで、
ファンが2個づつ付いているユニットが3台、つまり3箇所の床下通気口に、
付けてます。

何度か床下にもぐった事があって、良く乾燥してはいたものの、更に安全を見て
付けたもの。

当然、湿度センサー付き、タイマー付き、夜間停止の機能が付いた自動運転。




本 題

燻製器、コンロ保護板変更

先に作った板は、四角い穴を開けていたけど、スモークチップを入れる容器を
210Φの丸型フライパンにしたので、それに合わせて作り直したわけ! (^ー^)

出来上がり
燻製器12日コンロ保護板再作成

フライパンに、小さくした取っ手が付いてるけど、実際に使ってみて継続・廃止を
決めるベ!  (~_~)

ついでに、コンロがズレない様に、ストッパーをつけましたよ。
更に、フライパンのすぐ上に、高温燻製する為の網が載せられるよう、
桟を追加する予定。


燻製器台仕上げ
端材で作ってる為、引き出しの周り塞がってなく、見っともないので塞ぐ事に。

ハカマ付けた
燻製器台12日フルカバー済
フルカバーになりました。

ご覧の如く、天板周囲に、2×3材で「天板保護兼運搬用持ち手桟」を追加。

後は、木材保護の為のオイルステイン塗装を待つだけ!

塗装待ち
燻製器台12日塗装待ち
垂れ下がっているスチールワイヤーは、扉開き過ぎ防止のストッパーですよ。

これで、塗装をすれば、この箱は本完成となるけど、キャスター付けるか思案中。
付けるとすれば、大きめのが要るべなー! (~_~)



燻製器には、更にチップ鍋すぐ上に桟を追加して本完成させ、早いこと燻製料理に
取り掛からねば、皆さんに笑われっちゃうかんね!  (笑)

DEN

燻製器進化論(2)

燻製器進化論は、コンロを変えた事を進化論(1)として、今回は2回目です。




余談-1

昼になって腹が減ったので、豚骨ラーメンを食らって来ましたです。

以前にも紹介してますが、ここです。
道頓堀横のラーメン店

豚骨醤油ラーメン
替え玉も食べて旨かったー!  (^ー^)

何で「替え玉」て言うんですかね。 「追加玉」でネーのかね!




余談-2 (DIY余談)

集塵機を、徐々に進化させますのだ!

吸入口改善

集塵ホースをつなぐ吸い口が、真上(または真下)にしか成らず、実用上不便。
そこで、くの字方の塩ビ製「曲がり」を付けました。
但し、曲がり部品にホースがそのまま入らないので、100Φの塩ビ直管を
カットして、中継部材としました。

こんな具合
集塵機11日曲がり追加




燻製器進化

操作部の開口が広い為、箱内の温度が上がりにくいので、この開口を塞げる様、
蓋(扉)をつけました。

付けたのは「ここ」
集塵機11日1操作部蓋付
「ここ」とは一番下の白っぽい部分です。

ヘンテコなカタチなので、手間が掛かりましたよ。(あんたも暇やネー!)

今思うと、下の扉の横ナ垂れてる部分をカットして、一直線にしたほうが
良かったかもね。

丁番には、これも手持ちのピアノ丁番(長い丁番)、長さ210㎜を使用。

取っ手をつけた
燻製器11日2操作部蓋完成
取っ手は以前TV台を作った時に、その引き出しの取っ手として余分に作り、
余っていた物を流用、緑色に着色してあるけど、ま、良かんべ。

マグネットキャッチャーも付けた
燻製器11日3操作部蓋Mgキャッチャー
これが無いと、丁番が手前だもんだから、蓋が自然に開いてしまう(当然)

丸い小さなマグネットキャッチャーを、左側だけにつけました。

さて次ぎの進化は?

お楽しみにー!

DEN

日曜日は!

今日(10日)は、朝目が覚めたら外は真っ白!・・・・・雪だー! (><)

今、午後の2時半、外を見るとやっと雪がやんだ様に見えるが。
と、言うわけでコタツでダラダラ!  (^_~)

午後3時の雪
12月10日3時雪
雪もだいぶ融けて来ました。(まだ、雪が吹っかけているけど)

で、昨日(9日)の事を、アップすっからね!




燻製器の事

初燻製では、練り物や干物等だったので、40℃で4時間程度燻して旨いのが
出来たけんど、60~70℃の温薫をやろうと、操作部をガムテープで塞い、
トライしたものの、予想はしていたが、IHコンロが停止してしまい温度が
40℃程度までしか上げられない。  (>。<)

仕方無く、ニクロム線式の電気コンロ(3K円)を買ってきてトライしたら、
当然停止せず高温で連続加熱が出来ましたわ。

そこで、操作部の開口を塞げるように、扉をつける事にしたんです。

開口部
燻製器10日操作部開口
この開口を、扉を付けて閉められる様にします。

この燻製器、折角軽く作ったので、思いSPF材は使いたくない。
そこで、WRCの無地会端材が有るので、それを接いで作ります。

板接ぎ
燻製器9日操作部扉1
長くする為、ビスケットとボンドを使い、長手方向に接ぎ合わせます。

これを、開口部の型に合わせてカットし、上の部分を丁番でつなぎ、
必要に応じて、開け閉めできるようにしますです。

この作業の続きは、明日以降になるかな!





小さな物置台作成


ASさんから、室内物置に置くチョッとした台作成を依頼され、作りました。

8日に御婦人会(昔の娘達の女子会)で、小生宅に4人ほど集まり、家の
お母ちゃんも含めて、5人のお喋り会が開催され、その時にASさんから
これまでに使っていて、壊れてしまったプラスチックの台を渡され、
「これに変わる台を作って」と依頼を受けたんです。

壊れた台
12月9日物置の台旧

早速次の9日(昨日)に、手持ちの端材を使って、作っちゃいましたでー!

DEN作の台
12月9日物置の台DEN作
台は、物置(押入れ風)の中で使うので塗装も省略、ごく簡単に作りましたっす。

天板は構造用視針葉樹合板、足はSPFの2×3材、結合は夫々の足毎に
コーススレッドネジ51㎜3本と、タイトボンド併用(強力だぜーっ!)

天板も足も、サンダー掛けしてキレイ(?)に仕上げましたよ。

台が昨日出来上がったので、今日渡そうと思ってたけど、雪で行動停止状態
だったので延期、明日は渡せるべー!

明日の天気は如何成るかなー・・・・・・・良い天気で有ります様に祈りつつ
閉めます~。 m(ー。ー)m

DEN

燻製器台兼収納箱作り(4)

今日も午前中は、マズマズの陽気だったので、テントを移動して作業開始。

しかし、午後は風が強くなってきて、テントを戻し冷たい風を受けながらの
作業でした。




ラッチ取り付け

キャッチャー(締まり)だけでは、台の移動時に、ウッカリ開いてしまうので、
ラッチ(カンヌキ?)を付けて、安全を規したんです。

ラッチ
燻製器台8日6ラッチ取付
通常、横に使うラッチだけんど、上に上げてロック出来るタイプです。

ちゃんと、レバーが引っかかる様に出来ているんだす。
でないと、自然に抜けちゃうからね。




下段の収納部分は、結局「引き出し」にしました。

引き出し作成

枠板加工 (底板取り付けの部分の、錐欠き加工)
燻製器台8日1引出枠加工
これは、引き出しの枠板で、底板を付ける為、トリマーで逃げ加工をしました。

2~3㎜づつ彫り込んで、合計12㎜の深さの切り欠きを作ったんです。

通常、ルーターテーブルを使ってやった方が楽であるが、ルーターテーブルが
色んなものが乗っていて、片付けるのが面倒なので、手持ち式のトリマーを
使いました。




引き出しを、底から見た

引き出し底面
燻製器台8日2台&引出底面
引き出しの底板は、スパンが広い為、端材の12㎜厚の針葉樹合板を使用し丈夫。

尚、台の足には保護の為の「カーペット材」を取り付けて有ります。

引き出しには、すべりが良い様に、3段型のスライドレールを使いました。
もっとも、このスライドレールは、予備でストックして置いたもので、
新規に買うとしたら、もっと簡易なL型ローラー式スライドレールを
使いますがね!



スライドレールを使う

3段スライドレール
燻製器台8日33段スライドレール
これ(3段型)を使うと、引き出しが全開出来ます。

その引き出しを付ける部分がこの箱の足で、これが硬い木で、止めネジの
ドライバー用十字溝が滑って、抜き差しできない状態に陥ってしまった。

バカネジ外しセット
燻製器台8日4バカネジ取りセット
細い錐と、逆ネジ式の食いつきビットがセットになっている、優れものです。

ドリルドライバーの先っぽにくっ付いているネジが、バカになったネジで、
取り外した状態のまま置いてあります。

バカに成ったネジ
燻製器台8日5バカネジ
細かいごみが目立つねー!(写真に撮って気がついたゴミで、肉眼では見え難い)

右端のが、ドライバービットが滑り、ズルズルに成っちゃったネジ(バカネジ)で、
取り外したもの。

中央部分の、取り外しの為の穴が見えますか?
ここに、逆ネジの食い付きビットをドリルドライバーに取り付け、逆回転させ
バカネジを取り外します。

引き出し取り付け完了
燻製器台8日7引出
引き出しを少し引き出した状態です。

引き出しは実用本位なので、枠取り付けネジは丸見えですね。

ラッチの取り付けは、オフセンターですけんど、ショッチュウ使うものでないので
操作しやすい位置にそりつけました。

引き出し全開
燻製器台8日8引出全開
収容能力は結構有り、薫煙材はもとより、各種備品が十分入りますよ。

と言う訳で、「燻製器台兼収納箱」の組立完成です。
が、塗装をして置かないと、対候性が悪くなるから、ヤッパ塗装するべ!

DEN

燻製器台兼収納箱作り(3)

木工作業は、端材を使い、考えながら作っている為、進みが遅い!




友人の燻製

今日は、近所の友人宅に行き、彼の燻製作成を見せて頂きました。

燻製暦は長くて、既に30年以上に成るとの事。
今使っている燻製器は、20年以上使っており、金属製の重量感の有る自作品。

前のフタの部分は電気配電盤のケースを使い、本体部分は3㎜厚のステンレス板を
溶接でくっ付けて出来ているもの。

従って、温度を上げるまで多少時間が掛かるけど、熱容量が多きいので、
温度が実に安定しているとの事。

燻製の場所は、クンッセイを始めた当初は、デッキでやっていたけど、
温度が変化してしまうので、今は車庫の車を追い出しちゃって、車庫でやっており、
温度も安定し猫の恐怖も無く、良好との事。

燻製器は、秋刀魚40本を一度に燻製出きる大きさであり、今日も40本の秋刀魚が
燻製器の中に吊り下げられていました。

そして、ピックル液(付けたれ)レシピ解説、燻煙時間、使う燻煙材、薫煙材の
投入タイミング、照りの出し方、秋刀魚の事前加工、乾燥時間、魚の種類ごとの
紐の掛け方、出来上がった薫製品の保管箱の事や、注意点等ご教授頂きました。

彼も当初は失敗だらけで、乾燥中に猫に盗まれたり、縛って吊り下げていた魚が、
燻製途中で落下してしまったり(特に川魚)、塩を付け過ぎて塩辛くなったりと、
失敗談も聞いて来たので、本当に参考に成りました。




地震だ!!
PM5時20頃・・・大きい!

この辺は震度3とアナウスされたが、もっと強かった感じ、揺れ時間も長かった。

オッ! 又揺れた(5時34分)




取り合えず落ち付いてきたと判断し、本文に戻ります。

今日の木工
今日の木工作業は、冒頭で記した様に、なかなか進まなかったですよ。
穴開けで失敗したり、思案で時間を食ったりでした。

暖かい午前中は、友人宅にお邪魔したので、木工作業は午後がメインになり、
寒くなってしまいました。

先ずは、扉の継接ぎ部分に、板当てです。

板当て
燻製器7日5接ぎ当て
幅の狭いベニヤ合板を接ぎ合わせ目に、ボンドと短い木ネジで固定。



扉に「キャッチャー」取り付け

扉のストッパーとして、ドアー用の「キャッチャー」を付けました。

キャッチャー
燻製器7日1キャッチャー
ローラーキャッチャーです。

キャッチャー取付け穴彫り
燻製器7日2穴彫
ノミを使って、扉側の穴掘りで、穴が深く(約15㎜)手間が掛かりました。

取り付け完了
燻製器7日3キャッチャー付完
キャッチャーのオス側(扉側)とメス側(受け側)の位置合わせが厄介でした。

恥ずかしい事をヤッテシマイマシタ!

受け側に開けた穴の位置を間違えて、手前にあけてしまい、その穴の掘り直しと
間違えて開けて邪魔に成ってしまった部分の穴ふさぎと、余計な仕事を作って
しまいました。

不要な穴ふさぎ
燻製器7日4キャッチャー失敗
天板側に付いてるので、下側から撮影した為見難いけど、穴埋め用の木片を作り、
ゴク細ネジで止め、カンナで仕上げました。



燻製器を乗せてみた

実際に乗せて、具合を確認。

乗せた
燻製器7日6使用状態
天板の中央に燻製器を乗せ、左右のスペースは写真の様に物が置けるので便利。

扉を開けた
燻製器7日7台扉開け
この扉の中に、燻製器そのものの全てが納まる。

更に下のスペースに収納引き出しまたは、棚を付けます。



地震は、大きな被害が内容でよかったですね!

地震のせいか、今日の文章は大人しいんでないかい!

DEN

燻製器台兼収納箱作り(2)

昨日作った燻製食材、秋刀魚ミリン薫は、昨夜食べてみました。
燻製らしい美味さに成ってましたが、元々ミリン味が付いているので、
燻しは無用ですね。 (笑)

そして、「シャケ薫」・・・・・今日の昼食に、冷たいまま食べたんですけんど、
旨いのなんのって、これさえあればご飯が何杯でも行けますね。
感激しましたよー!  \(@。@)/

作った他の燻製食材は、今夜から味わって報告しましょうぞ。

さて、昨日途中まで作った「燻製器台兼収納箱」ですが、その続きのアップです。




燻製器台兼収納箱作成

今日の午前中は、太陽が出ていて天気が良く、テントを動かして陽が当たる様に
して作業開始。 (ウオーム!)

テントの移動

道路側に移動
燻製器6日テント移動
キャスターつきなので、固定用ロープを外せば、移動は一人でも簡単です。

こんな風に移動しておくと、作業場に陽が差し込み暖かいんです。
厚着してたら、午前中は汗をかきました。
(もっとも、今日は気温が暖かかったからね!・・・・・午前中だけだった)

移動前状態に戻す
燻製器6日テント戻し
午後になると、日差しが陰ってしまうので、テントを戻しました。

勿論、強風で動かないように、ワイヤーロープで固定しましたよ!

小生の友曰く: おめー大谷石如何すんだ!
小生こたえ : 下屋の下に敷くか、カーポートの丸太をこれに替えるかだ。

小生の友曰く: それと、軽トラは物置か!
小生こたえ : 無言・・・・・・!  (ー。ー)

棚板加工
燻製器6日台1棚板加工
燻製器を収納する為の棚板を、2分割に(しないと入らない)する為カット中。

棚板取り付け
燻製器6日台2棚板付
棚板は、桟に載せるだけ・・・・・・採取的にはネジ留めするべ!

ここで昼食となり、シャケの燻製を食しましたぞな!

息子が外回りで昼食に寄ったので、一緒に食べたら「これ、旨い」!
確かに、旨かった・・・・・旨くて感激でした。  (涙)

昼食を済ませたついでに、年金事務所に問い合わせる事が合ったので、
行って来ました。
2時間くってしもたー!




「厚生年金保険老齢給付」年金請求書 と言うのが来ていて、意味が
良く分からなかったので、聞いてきました。

年金については、書中書類(はがきなど)が着て、分かりにくいし面倒ですね。

でも、今回の請求書を出さないと、ある給付が受けられなくなるというので、
今日、あわてて記入し、郵送して来ました。  (汗)




午後になったら、風が強くなり、一気に寒くなりましたね! (冷え冷え!)


収納箱としては、未完成なるも、燻製器の収納部は出来たので、4時を控えて
片付ける為に、解体した燻製器を入れてみたです。

収納状態
燻製器6日台3収納状態
ジャストフィットです!

実を言うと、天板に使った24㎜の合板は親戚から頂いて、1年近くストック
して置いたものだけど、燻製器を収納するには、幅が僅かに狭く、
扉に一工夫したんです。

扉の工夫

扉の内側
燻製器6日台詳細2
横の部分の内側で、扉の枠桟の外側に、外装合板(5㎜厚)を張り、桟の厚み分
内側の容積が広くなり、内容物が当たらなく成りますのだ。 (^ー^)

扉を閉めた、左上角
燻製器6日台詳細1
上が24㎜厚の天板合板、右のを見れば扉の桟が内側に成ってるのが分かるべな!

扉を閉めた
燻製器6日台4蓋閉じ
扉の外装合板は、当然の如く端材なので、幅が足りず継ぎ接ぎですよ。

扉は、納めた燻製器に当たらず、上手いこと閉まりましたわ。

下の空き部分には、更に収納用の棚か引き出しを付けます。

扉の取っ手
燻製器6日台取っ手
取り付けは手間を省く為、撮って側からネジ留めしました。

取っ手は、1年位前に作って(収納家具作成で余分に作って)置いたもので、
これまたナイスフィット!



このブログ作成終了と思ったら、夕食時間になりました。

早速、秋刀魚開きの燻製を試食・・・・・・いける。 (ニヤリ!)
もっと熱を加えたほうが、より旨いようですね。

明日、近所の友人が、秋刀魚の燻製を大量にやるらしいので、盗み見に行こう!
タレのレシピは教わったが、薫煙のやり方を教わらなくては、彼に何時も
頂いている、あの旨い「秋刀魚の燻製」に追いつけないんでね。

テナ訳で、明日は半日くらい、燻製訓練で木工はホールドになるかも!

DEN

燻製物語(2)

今日(5日)は、天気も体調も良く、魚類の燻製にトライ。

まずは、先般の燻製で残っていた魚の練り物を、午前中に燻し、その間に
魚を燻す準備をして、午後にその魚類を燻す事に!
尚、燻製した食材は、一晩寝かせて明日味見です。

そして、燻している間に、燻製器を乗せる台兼収納箱を作るべー!




燻製2回目

練り物の燻製

練り物燻製開始
燻製器5日1練り物薫煙開始
薫煙チップは、「サクラ」を使用。

出来上がり
燻製器5日2練り物燻煙後
チョと、燻し不足かな!  (~_~)
どうも、チップの燻りが悪かった、スモークウッドも併用すれば良かった!




魚の燻製作成
干物を使って、手抜き燻製です。
つまり、水洗いしただけで、タレ付けなどの事前仕込み無し、だもんで薫煙を
かけるけるだけ!

尚、薫煙材は、サクラのチップとウッドを併用。 (^J^)

燻製前の材料
燻製器5日3魚薫煙前1
シシャモ、秋刀魚開き干物、サーモン切り身、他に、秋刀魚ミリン干物が有る。

乾燥中
燻製器5日4薫煙前乾燥
材料を水で洗ったので、乾燥必要。
扇風機で、あおって乾燥させてます、秋刀魚がヒラヒラ踊ってますよ。 (笑)

燻製上がり1
燻製器5日5魚薫煙後1
秋刀魚ミリン干物、シシャモ、サーモン切り身の燻製出来上がり。

燻製上がり2
燻製器5日6魚薫煙後2
秋刀魚開き干物の、燻製出来上がり。

さて、どんな味に仕上がってるかなー・・・・・明日が楽しみ! (^ー^)




燻製器乗せ台、兼収納箱作成

燻製中の空き時間に作成。

足の部材作成
燻製器5日7台足
軒桟の切れ端(60×40㎜角)を、長さ530㎜程度にカット(2本)、
それをスライド丸ノコで挽き割って、30×40㎜ の足材を、計4本作成。

半完成
燻製器5日8燻製器台半完成
天地逆に成っているけど、天板は、厚みが24㎜の合板、高さは550㎜。
燻製箱を解体して、試験的に入れてみたが、丁度良い。

この箱は、燻製器が置いてある側が上になり、その部分に解体した燻製箱を収納、

更に下の部分は、燻製材や、燻製の為の備品等を入れます。

燻製作業の時は、これを台にして燻製器を真ん中に置き、左右スペースに
薫製材を置いたり、備品を置いたりします。

高さが550㎜ なので、燻製器を乗せて作業するのに、丁度良い高さ。

明日、天気が良ければ、作りかけの台兼収納箱を完成させよう!

DEN

元気付け!

今日も、燻製をやろうと思っていたのに、雨が降ってたし、ノドの調子が
イマイチで、結局1日ダラダラ過ごしてしまったなー! (ハンセイ!)

夜寝ると、ノドのイガイガが鎌首を上げ咳き込んでしまい、夕べも一旦は
寝たものの、起き出して焼酎をチビチビやりながらテレビに見入ってしまい、
寝たのは2時ころ、「これっじゃ体に、良い訳ないよ、・・・♪」だね。

その調子を上げるために、焼肉食ってきたのに、ったくしゃーねーんだから!
で、その焼肉食事の一コマ(一コマ!複数でネーの?)を!

元気付けの焼肉食べ

先週29日(木)のブログでしたっけ、「風を吹っ飛ばしに、にんにくタップリで
焼肉食ってくるべー!」と宣言したその食事の事です。

小生の風邪は、概ね直っていた(たぶん)けど、お母ちゃんはまだ風をお召しの
ままなので、何時も誘う次女(Q)は、身籠って要るので、風邪をうつしては
いけないとの判断から、今回は誘わなかったですよ。

行った先は、「チキンハウス」
チキンハウス入口

セットメニュー
焼肉メニュー1
いつもは、食べたいものを選んで注文するも、今日はセットメニューを注文。

現物
焼肉食材ビフォー
3人で食べるには十分な量だな。

焼きました~!
焼肉中1
ヤッパ、焼肉はウンメー!

小生、一番好きなのは、「鳥皮」でーす!
それ「メタボ」良くねーんでねーの! (~_~)

定食
焼肉定食ビフォー
相変わらず、ご飯の盛りが良い事!

このご飯が又、旨い!・・・・・・・なんでだろー? (?。?)

完食
焼肉定食アフター
どんぶり飯も完食だー! (フー!)

「熱燗」でお酒を頂いたし、満腹満足! (^ー^)

当然、調子は良くなりました、・・・・・・・と言いたい所なんだけど、
風邪本体は治ったけど、いまだにノドの調子がイマイチ。 (>。<)

先の燻製用に買って来た食材は、半分しか使わなかったので、明日こそは
再度燻製トライせねば・・・・・・と思ってるんだけどねー!

では、又です!

DEN

タイヤ交換!

昨日(2日・日曜日)は、自動車のタイヤを「冬用」に交換。

タイヤ交換

3台を、夫々の車の持ち主3名で対処、それでも1時間掛かりましたわ。

この3台
タイヤ交換3台

タイヤ交換準備

タイヤ交換セレナ1

タイヤ交換自分の車1
インパクトドライバーで締め、最終の締め付けは「手動」で、シッカリ
止めましたぞ。 (~ム~)

タイヤ交換ソリオ1

倉庫の家主の車  新車でモッタイナイので、後ろ半分だけ!
タイヤ交換Mちゃん車
トヨタの最新小形ハイブリッド車「**ア」ですが、タイヤは、雪の降った一昨日の
土曜日に、ディラーで交換してきたとの事。 (アーレマ!)



昼食オヨバレ!

タイヤ交換昼食2
姪には、タイヤを保管してもらう為倉庫を利用させてもらい、場所も借りたのに、
借りたこちらが、昼食をヨバレしてしまいました。 (^ー^)

プルコギ丼
タイヤ交換昼食プルコギ丼
メインディシュ! 小生小食(?)なので、少な目に。(一口食べてしまった)
ほっぺたが落っこちるほど、「ウンマかった」っす。

小生の倉庫では、3台分のタイヤが納まらないので、スペースに余裕の有る、
近くに住む姪のM子ちゃん家に置かせてもらっており、今回で3度目かな!
昼食までご馳走にあずかり、感謝感激です。 (ー。ー)

家に帰って、自家用エアーコンプレッサーで空気の補充をし、タイヤ交換終了。
エアーコンプレッサーで、インパクトレンチ使って交換すれば楽なんだけど、
タイヤを運ぶのが面倒なので、つい今回の様に姪宅で、手作業してます。

これで、この冬は安心してドライブ出来るなー!(無謀運転しては効果無いぞー!)

さて午後になって、燻製機の煙漏れ対策でもしようかと、思ったものの、
タイヤ交換でくたびれたし、寒いし、日曜日だし休んじゃえっ!てなわけで、
午後は、なーんにもしないで、一日終ってしまいました。

DEN

燻製物語(1)

今日は、皆さんの期待が・・・・・・・!

でも雪が降ってしまいまして、戦意喪失!

それでも「やらねば」と意を決し、雪の降る中をノーマルタイヤのまま、
食材入手に、出かけました。
(タイヤは、明日スタッドレスに帰る予定だったのに)

雪の降ってる時の「証拠写真」無し! (シマッター!)




練り物主体で、燻製にトライ!

事前仕込み全くなしで、買って来たものをそのまま調理しました。(ズボラ!)



薫煙材料は、2~3年に次女(Q)が燻製したときに使い、余っていた物。

薫煙材
燻製器12月1日薫煙材料
左2袋:スモークチップのサクラ、次ぎの袋:ヒッコリー。
右の棒:スモークウッドのサクラ、ヒッコリー、ウイスキーオーク、リンゴ、
    ブレンド。

今回は、チップのヒッコリーを選択。

燻製開始
燻製器12月1日燻製開始
箱内温度は、最上部につけた温度計で、40℃をキープ。

IHヒーター操作部
燻製器12月1日燻製中1

チップを、薄手のパンに入れてIHヒーターで加熱開始したが、
暫らくするとIHヒーターの「空焚きアラーム」が鳴って、ストップ。

仕方なく、2/3残っていたブレンドのスモークウッドに切り替え燻製継続。
但し、ここで箱内温度がダウンし、10度程度になってしまいました。

ここで、温度を上げる為にも「折角のIHヒーターを使えるようにしなくては!」と思い、
IHヒーター用のフライパンを買ってくる事にして、再び買出しに。



天気も回復し、雪もだいぶ解けていた。

雪の状態
燻製器12月1日雪
夕方近くに成り、少し暗いですけど、ガーデンテーブルの上の雪は、
未だ解けてないけど、土の上の雪はかなり解けてます。


買って来たIH対応のフライパンを使って、再度チップ薫煙に挑戦。
今度はOK!
但し、スモークウッドが火のついた状態なので併用した。

箱内温度は、再び40℃に。
薫煙時間は、トータル3.5時間くらい。

できたー!

燻製出来上がり
燻製器12月1日燻製完了
上段左から、プロセスチーズ、カマボコ、玉ネギさつま揚げ、シシャモ、
下段左から、笹かま、ソーセージ入りさつま揚げ巻き、ちくわとソーセージ。

出来た燻製で、美味しい酒「天鷹 心」を頂きまーす。
燻製器12月1日燻製食材で酒

≪結果≫
全体に、スモークをかけ過ぎた感じで、もう少し少なくても良いかも。
つまり、薫煙時間を、もっと短くしても良いという事か。

また、チップとウッドを併用したので、煙が多過ぎてしまったのかな!
そもそも、シシャモを一緒にしたのが間違いだわね。

・プロセスチーズ、ソーセージ入りさつま揚げ、ちくわは、Good!
・カマボコ、笹かまは、そこそこ!
・玉ネギ入りさつま揚げは、もう少し温度を上げた方が良かったかも!
・シシャモは、更に温度を上げないといけないねー!

次ぎは、魚の干物でや塩鮭等をトライしてみるベ!
そして最終的には、むらさん得意の「牡蠣」や「チキン」へと、
チカラを付けないと。
その為には、ピックル液とか、ソミール液を作って置かねば!


スモーカーの煙漏れは、予想通り扉の隙間(扉の最上部と扉と扉の間等)、
からの漏れが多い。
隙間用クッションでも張るしかないかなー!

明日は、タイヤ交換3台をやらねばならないので、燻製器の改善まで
手を伸ばせるかなーーー!

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。