スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休みします!

すみません。
今日は、勝手に休みです。 m(_。_)m

?????

お許しあれ

DEN
スポンサーサイト

マレーシアの事 第X5編・子供達の学校

子供の学校はどうした!

小生の赴任していた所は、マレーシアでも田舎だった為、日本人学校は無く、そうかと言って
現地の学校と言うわけにもゆかず、「如何すっぺ」と難儀しました。

仕方なく、小生の工場の有るジョホール州の州都「ジョホール・バル(JB)」の隣の国、
シンガポール(Sin)の学校に、越境外国通学と成りました。



余談(小生の事)
小生の勤務先である工場は、JBから更に120Kmくらい北で、毎日の通勤は困難な為、
ウイークデーは、工場のある「バトゥ・パハ(BP)」に単身赴任していて、週末終業後
JBに帰り、月曜の早朝に工場に向かうと言う、海外でも半単身赴任生活でした。

尚、家族は、本人が現地に馴染んでから渡航と言う事で、3ヶ月遅れのマレーシア入りでした。
(これは、各社一般的なやり方のようですね。)

今思うと、お母ちゃん(家内)は、JBで小生に頼れずに、良く問題なく生活してくれたと、
感謝に耐えないですね。 (有り難う!)




小学生の場合

子供達の下の2人(小学生)は、シンガポール・ジャパニーズ・スクール(SJS)に、
朝6時頃スクールバスで出かける「越境通学」していました。

朝6時と言うと、現地では未だ未明(暗い)でしたね。
30分もすると、すぐ明るくなります。・・・・・赤道直下の現象?



高校は?
長女は、中学卒業してたので、次は高校生なんですが、高校の日本人学校は無く、
シンガポール の アメリカンスクール に入学しました。

JBから、シンガポール の チャイニーススクールに通っている、チャイニーズの
スクールバスに乗せてもらって通学する事が出来、通学に便利だったので、
アメリカンスクールに入学しましたが、いきなり英語教育だったので、
本人は大変だったと思う。

しかしながら、アメリカンスクール は、4年以上在籍しないと卒業できないと言われ、
小生の赴任条件から当該学校に4年間在籍することが難しい為、途中から Sin の
インターナショナルスクールに通いました。

この場合、乗り換えも有る路線バスで通学せねばならず、本人は大変だったと思いますね。



通学が大変
国境を越えての通学の為、毎日パスポート持参で、イミグレーションで通行許可のスタンプ
を押される為、4年でパスポートが5冊になってしまいました。

そのパスポートです。
子供たちのパスポート(3人分)

4年で5冊
パスポート5冊合冊
4年程度の間に、オリジナル24ページに追加24ページ、合計48ページのパスポートが
5冊合冊されました。

合冊部分
パスポートの合冊部分
ひもで結合され、シールを張られ分割不可です。

アレーシアのビザ(入・出国許可証)
マレーシアのビザ
当初半年で1回、2年目くらいから1年1回の割合で、2ページが使われてしまった。

その後、4年目頃には「マルチプル・エントリー・ビザ」一つに成り、1ぺージで済み、
助かりましたよ。

マレーシアJB~Sin国境
馬JB/Sin国境
この写真は、シンガポール側の国境、入・出国審査場で、パスポートのチェックが有ります。

通学通勤時間帯にシンガポールへ行くには、こんな渋滞になり、何でもなければ20分程度で
SJSまで着くのに、子供達はスクールバスで1時間以上掛かってました。

走っている自動車は、日本ブランド車が多く、次いでマレーシアの国民車「プロトン・サガ」
(三菱のランサーセダンのモディファイ版で、マレーシア生産)とか、欧州車など。

マレーシア国境出・入国審査官
馬JB入・出国審査
こんな風にチェックされ、毎日「入・出国のスタンプ」を押されました。

1週間で1ページつぶれ
マレーシアの出・入国スタンプ
マレーシアでは、毎日出・入国のスタンプを押すけど、シンガポールでは、スチューデントパス
と言うビザ(パスポート1ページ/1年)が有り、毎日のスタンプは無かったので助かった。

こんな風に、ゴツイ パスポートを持って、シンガポールの学校に通ったんだっす。



SJS校章モニュメント
祭SJSで
ランの花の校章の上に乗っているのは、我が息子であります。



スクールバス

学校は、約1500人の生徒が居て、シンガポール国内のスクールバスも40台位有り
ましたが、JBからのスクールバスは、次のような小形のバスで、10人で通ってました。

このバスで通学
JBのSJSバス
バスの色は、グリーンだったのが、1年後くらいからブルーに変更されました。

小学1年生で紹介されました(以前ブログでも紹介済?)
小学1年生で紹介
昭和62年の、小学1年生で紹介されました。

小学校だけで、約1500名、1年生だけでも7クラス250人、JBからは10名でした。

右 から2人目が次女、更に4人目(青っぽいシャツ)が息子で、持っているのはパスポート。
何故か一人だけ恥ずかしがってか、バスの中?




息子の幼稚園

息子は、幼稚園年長でのマレーシア入りだった為、JBの現地のチャイニーズ系幼稚園に
通いましたです。

幼稚園の写真はないですが、教材があったのでその写真を。

幼稚園の教材
JB幼稚園教材

左上:英語教本
中央上:中国語教本
下左:お絵かき帳
右:算数教本
他に、一般理解度教本、パターン教本、などが有ったけど、数ヶ月の通園だったので、
遊びに行った感覚だったと思いますね。

今日は、以上の如く通学関連内容ですが、続きは(写真の整理が出来てないので)
「近いうちに!」の予定っす。

DEN

自衛隊演習見学報告(2)

陸自の「総・火・演」の報告のつづきですぜ!

陸自 2012年度 富士総合火力演習

いきなり動画でですが、スゴイでしょう!
[広告] VPS

21門の、1/1000秒の制度の大砲射撃で、富士山を描いたのです。

[広告] VPS

[広告] VPS

[広告] VPS

撮影者(息子)も、吊り上げられたらしく、吊上がったと同時に、カメラも方向を見失なった!
(撮影と編集がへたくそで、御免なせー!・・・・・・涙)

以下、小生と息子が写した写真のみですが、ご覧あれ!
(PCのポインターを写真に載せれば、機種など分かります?)

バイク演習・ハンプ越え

パラシュート696MI降下
パラシュート降下演習2

ヘリでジープ運搬

10式戦車
最新式の10式戦車で、スラローム(ジグザグ)走行砲撃・後退中砲撃が出来る。

74式戦車

87式自走高射機関砲

89式走行戦闘車

99式自走155㎜りゅう弾砲

SMM(88式地対艦誘導弾)

自走りゅう弾砲

96式装輪装甲車

87式偵察警戒車

軽走行機動車

輸送ヘリ CH-47J

偵察(観測)ヘリ OH-1
空中で、微動だせず「ホバーリング」出来るし、アクロバット飛行も出来るようです。

戦闘ヘリ

大砲隊

陸自ブラバン

陸自 散水
演習場は、凄いホコリがたつので、中間時点で、数台の散水車で散水してました。

異常で、陸自演習写真と、報告終了します。

尚、ネットで「そうかえん」と平仮名入力で検索すると、動画が見られますよ。

では、又、「マレーシアの生活」のブログに続きますです。

DEN

自衛隊演習見学報告

8月25日の日曜日、富士山の裾野で行われた、日本最大規模の陸上自衛隊演習を
見てきたので、以下レポートしましょう。

朝4時半ころ自宅を出て、現場着は9時過ぎでした。

演習そのものは約2時間、実弾演習が有るので大迫力、人によっては陸自演習が一番迫力が
あるとの事で、事実「感動」しました。

大砲類の発射時は大音量なので、耳栓をしてました。

「平成24年度 富士総合火力演習」
(Japan Ground Self-Defense Force・FIRE POWER 2012 in FUJI)

陸自総火演パンフレット
陸自総火演パンフ

演習場は富士の裾野 ガードレールの上、中央左に見えるやや灰色っぽい辺り。
陸自演習場のある富士山

演習場  かなり広い!
演習場

演習観覧席  スゴイ人人人・・・・・!
演習観覧者

森本防衛大臣来場  演習最後まで居ました。
森本防衛大臣も観覧

演習参加の全装備  但し、戦闘機 F-2、哨戒機 P3-C の2種は写ってない。
演習参加全装備
実際には、すごい迫力です。

射撃手
機銃砲撃

射撃手による射撃前  青い風船が標的  
機銃砲撃1

着弾命中
機銃砲撃2

遠・中距離火力砲撃  中央上の方に見える黒っぽい塊が着弾点(かなり遠い)。  
砲撃演習

地雷処理ロケット弾発射  26個の爆薬ブロックで地雷を破壊する。
地雷処理砲撃

特殊火力(りゅう弾砲等)による富士山描き  高度な操作技術が要る。
砲撃で富士山を作る
黒い煙になっているが、爆破(空中)時は、当然光っている。

発煙弾が炸裂  煙幕を張る為の発煙弾です。
発煙弾さく裂

発煙状態  白い煙幕
発煙状態(煙幕)

未だ有るんですけど、今日はココまでです。

DEN

マレーシアの事 第X4編

マレーシアの事、未だ続きますよ!・・・・・(あきたかな?)




マレー鉄道で行くクアラルンプールへの旅

ジョホールバル(JB)からクアラルンプール(KL)まで、マレー鉄道で出かけました。

何時もの事ですが、フィルムに「カビ」が生えたり、色がおかしかったりしているのは
ご容赦くだっせ。

JB駅
マレー鉄道JB駅1

JB駅ホーム
マレー鉄道JB駅ホーム

マレー鉄道KTM正面
12.8.25 マレー鉄道KTM正面

ホームにて
マレー鉄道JB駅ホームにて

KTMに乗り込み
マレー鉄道KTM乗込み

KTM内  ファーストクラス席
マレー鉄道KTM内

途中見た景色は
小さな民家
マレー鉄道途中の景色 小さな民家
水牛
マレー鉄道途中の景色 水牛

KLのパンパシフィックホテルに着いて  一休み!
KLパンパシフィックHTLに着いて

ホテルから見た町並み  下の建物は「ヤオハン」の入っていたビルだったかな?
KL町並み1

KL高速道から見た町並み  右端の高層ビルには「SHARP」の看板が有る。
KL町並み2

英国統治から独立を記念した像  当然「記念碑」も経っている(省略)。
独立記念像

サルタン・アブドゥル・サマド・ビル  英国人設計・今は最高裁判所
KLサルタン・アブドゥル・サマド・ビル
「サルタン」とは州の王様で、国の王様は「アゴン」。

ムルデカ・スクエア
KLムルデカ・スクエアーにて
ロイヤル・セランゴール・クラブの庭みたいな広い芝生の広場で、この地下は駐車場になっている。

昔、マレー人はこんなでしたっす!
KLセランゴール・クラブにて

マスジッド・ジャメ・モスク  KLで有名な回教寺院
KLマジェッド・ジャメ・モスク

そのモスク前で   ショートパンツではモスクに入れないよ。
マジェッド・ジャメ・モスクにて

スリ・マハ・マリアマン寺院  インド人のヒンドゥー寺院
KLスリ・マハ・マリアマン寺院
我が、家族が覗いています。

その内部  結婚式の準備中らしかった。
KLスリ・マハ・マリアマン寺院内

中華寺院   
KL中華寺院1
我が、家族が入ってゆきます。

バトゥ・ケーブ  直訳すると「石の洞窟」で、鍾乳洞で、ヒンドゥー寺院です。
KLバトゥ・ケーブ1

ご覧の通り大きな「鍾乳洞」  中は、ヒンドゥー寺院になってます。
KLバトゥ・ケーブ2

ゴム駅の採取  KLから少し離れたゴム園です。
KL近くのゴム園にて
次女が、覗いてます。

この旅行は、自家用車出なかったので、ホテルのオプションバス周遊ツアーで、
アチコチ(モット色々)見て回りましたっす。

余り、キチャナイ写真(フィルムがカビでやられた)と、クダラナイと思われる内容で恐縮です。

次回は、日曜日に見って来た、「陸上自衛隊」の演習の模様を、レポートしまっせー!
お楽しみに!

DEN(ワッ!夜中の12時過ぎてしまった)

マレーシアの事 第X3編

昨日に続きまして、少し珍しい・変わった・凄い・・・・・写真でござります。


バトゥ・パハ(BP)編

小生が付けた、場所の名前=「BPビバリーヒルズ」の建物
PBビバヒル建物
丘に有る「富裕層」の邸宅。 プールも有る。

BP中華商会
BP中華商会
「商会」とあるが、会館ですね。

家具と電気誠意品の店
BP家具・電気店
派手で、北米?的構え



ジョホール・バル編

ジョホール州庁舎
ジョホール州庁舎
石造りで、戦時中は、日本軍の指令所だった。

ジョホールから、シンガポールへのバイク通勤
S'inへのバイク通勤
これは一部で、凄い量のバイクがS'inへ出稼ぎ通勤している。
ココは、JB国境のイミグレーション(出入国審査所)です。

若い「マレー人」の女性
マレー人の若い女性
サルタンガーデンで見かけた、チャイニーズ系やインド系でない、マレー人です。

シンガポールが見える1
シンガポールが見える2
こちらは、コーズウェー(S'inとJBを結ぶ土手道路)の西側でサルタンガーデンから
シンガポールの「高層住宅ビル」が見える。

シンガポールが見える2
シンガポールが見える
コーズウェーの東側で、S'inの工場の「煙突」が見える。(息子と次女の、超若かりし頃)

インド人の祭り
インド人のタイプーサン
ヒンドゥー教のお祭り「タイプーサン」のひとコマ。
体に引っ掛けカギを刺し、鎖状のひもで、大きな飾りに繋がっている。
何とも、どえらい行動。
彼は既に「トランス(Trance)状態」で、なかには両方の頬に、太い針を貫通させたり、
カギで背中に果物をぶら下げたりしている者もいる。

植物の根っこ
植物の根
サルタンガーデンの植物園に有る。 (息子です)



JBから、チョッと内陸へ

ジャングル内の道
ジャングル内の国道
舗装された道(国道)成るも、人っ子一人居ない。

「トーチカ」
トーチカ
道路の左右にあるトーチカ(隠れていて鉄砲を放つ場所)で、第二次世界大戦
(太平洋戦争)の、戦時中の建造物です。

走路ワキは、運動場のアンツーカーのように真っ赤だ。(写真よりも、もっと赤い)

トーチカ拡大
トーチカ拡大

広大な農家
広大な農家
広大な敷地の農家らしく、パームヤシにはさまれた長がーい私道の奥に、家がある。

コタティンギの滝
コタティンギの滝
こんな滝の有る所も。
コタ=丘、ティンギ=高い つまり「小高い丘」と言う地に有る、綺麗な水の滝で、
水浴びが出来る。 (社内旅行:滝に打たれている女の子は、小生の次女)



今日も、つまらない古い写真で恐縮でありますが、多少は、興味を持って見て頂けたんべか?
そして、こりずに覗いて頂き有り難う御ざいますだ。 m(_。_)m

DEN

マレーシアの事 第X2編

今日は、現在でもマレーシアにいる、友人と久し振りに会って来ましたした。

彼は、日本では既に定年退職しており、現地採用で働いているんすねー。

現地では、部門長として数十名の部員をコントロールしているとの事で、「大変ダー!」
と言ってましたわ。

部員は、全て現地人だと思うので、大変さは良く分かります。

さて、小生のブログは、今日も昨日の続きですが、家族の住んでいた「ジョホール・バル
(JB)」の事をアップすっけど、嫌がらずに見てくだっせ。

やっぱし、写真の色はオカシイけれど、勘弁しとごれ!





マレーシア・ジョホール州・「ジョホール・バル」

1985年に小生は、マレーシア(M'sia or 馬)のバトゥ・パハ(BP)の工場に赴任した
んですけど、3ヶ月は家族帯同の呼び寄せは出来ず、また、BPでは日本人の子供が通うような
学校も無く、家族は 日本人学校の有る、シンガポール(S'in)の隣の JB に住む事に
したんですよ。

家族が渡馬した時から約1年間は、2戸1(2軒1個建て)の平屋を借りて住んでいましたが、
4階建ての「賃貸マンション」を見つけそこに、移り住みました。

そこには、SB食品、ミツミ電機、住友商事、YKK、など日系会社の人達が何世帯かが
住んでました。

ココです「インデラ・プティラ コーツ」
JBマンションゲート前
ガードマンがいるけど、泥棒も入りましたわ。

JBマンション全景
こんな風に、緑が多い場所で、建物は、4階建てが3棟あり、一番右の建物の3階に
住んでいましたが、窓からはわずかですが S'in が見えました。

JBマンション2

JBマンション内にて

小さいながら、プールもありました。
小さいプール
JBマンションプール

こんな事もしてました
JBマンション子供入浴

彼は、盲腸で入院
JBホスピタルで祭

この「ジョホール・メディカル・センター」で手術
JBホスピタル
2泊で退院させられ、開花 経過が悪くシンガポールの日系クリニックで見てもらいました。

彼は他に、「魚の目」の手術をしたりと、結構手が掛かりましたね。


では、町並みなど
JB街並み
左の高層ビルは、トロピカルイン(ホテル)

公営アパート・・・・・高層なのにエレベーターも無い!
JB公営アパート
旧サルタン(州の王)屋敷=現サルタン・ガーデン
サルタン・ガーデン
サルタン・ガーデン内の日本庭園
JB日本庭園
マンション近くの食堂・・・・・バクテー(骨肉茶)が美味しい!
JBバクテー食堂

少し物足りないけんど、今日はココまでだす!

DEN

暑くて何もする気にならねー!

お盆も過ぎたと言うのに毎日暑い事、これでは何ぼすきでもDIYにもなりませんわ。

そんで、今日は久しぶり(でも無いかな?)マレーシアの事を、ネタにしますです。





マレーシアの事 第X1編

但し年代は、小生が赴任していた10~30年位前の事何で、又、写真が古く、
綺麗でないところは、悪しからずご理解を。

小生が働いていた「バトパハ(Batu Pahat=BP)」写真を少々。

バトゥ・パハの町並み
その1

バトパハの町並み1
その2
バトパハの町並み2
結構車が多かったです。

街中でも片側2車線道路で、車は道路脇のパーキングメーターを使い、駐車してまっす。

多いのは、日本車、マレーシアの国産車(実は、三菱のランサー改)、次に多かったのが、
古ベンツ!


旧日本人クラブ(3階部分)
旧日本人クラブ
中央左に写っている車は、小生の愛車だった「マツダ・626(カペラハッチバック)」だす。

バトゥ・パハは、昭和初期から鉄鉱石が取れ、日本の石原産業の採掘場が有ったり、日本人
経営のゴム園会社が有ったりと、戦前は、日本と関係が深かったし、日本人の支援で発展を
支えたたんですねー。

当時、日本人が200人くらい住んでいたらしく、その為、船乗り場(税関もある)の近くに
日本人クラブを置いたんですなー。

町名は、マレー語で「バトゥ」は石、「パハ」はノミで、鉄鉱石が取れた事を示してますだ。


詩人「金子光晴」の通ったコーヒー店(岩泉茶室、日本人クラブの真ん前)
バトパハ岩泉茶店
店の前に立っているのは、小生だっす。

柱に書いてある「ケダイ・マカン」は、「店・食べる」・・・つまり「食堂」の意味。

光晴は、日本人クラブのホテル(昭和3~7年東南アジアの放浪の旅の拠点としていた)に
泊まり、目の前のこの茶屋(喫茶店ですな)で、毎朝コーヒー(コピ)とパン(ロティ)や、
焼ビーフン(ビーフンゴレン)等を食べ、バトゥパハ河を眺めていたそうな。

バトパハ河
バトゥパハ河
日本人クラブの前を流れている「バトゥ・パハ河」の少し上流だすわ。

水は濁っていて、熱帯の為か「腐った水」てな感じだす。

マレーシアの川の多くは、流れが殆んど無く、クネクネと曲がっていて、飛行機から見ると
一目瞭然でっす。


町の市場(肉売り場)
BPの市場(精肉コーナー)
誰だか知らないが、写ってますね!

牛など、丸ごとぶら下げて、切り売りしてますだ。
但し、イスラム国なので、中国系人種の食べる豚肉は、隔離した所で売ってましたぞー。

熱帯の為、魚等の残骸が腐って、ヒドイ臭気で鼻が曲がる程でしたわ。

市場ですから、野菜、魚、肉、雑貨、その他モロモロのものを売ってますだ。


田んぼ
マレーシアの田んぼ
バトゥ・パハから少し離れた所にあった、田んぼだす。

造っている米は、長粒米(言わゆるタイ米)ですね・・・・・長くて臭みのある米。


チャイニーズ墓地
M’sia中華墓地
結構豪華です。 (マレー人の墓地の写真は無しですが)

モット色んな写真が有るんですけんど、倉庫で眠っていて、中々出てきませんですから、
今日のところはこの辺で。

続きを楽しみにしてくだっせ!

照明と連動した電源の取り方

先のブログで、照明と連動して扇風機を動かす改造した事を、報告しましたけんど、
その方法は、至極簡単だす。

電気工事無用で、次のアダプターを使えば簡単にできるんだす。

アダプター
証明器具アダプター1
手持ちのものは、一部が欠けてんだけど、悪しからず。

照明器具用の天井レセプタクル(コンセント)に、このアダプターを付ければ、
照明器具と並列に、普通の電源プラグが差し込めるんだす。

例えば、天井にこんなレセプタクルが有る場合
証明器具アダプター2
左側は、照明器具用の万能レセプタクルで、通常の2ピン電源プラグも差し込める
物だすけど、ようは照明器具用のヒネリ込み式のソケットですね。

右のが、今回紹介のアダプターだす。

こんな風に差し込み(ヒネリ込み)ますだ
証明器具アダプター3

そして、こんな風に他の電気器具の電源プラグを差込ます
証明器具アダプター4

これで、電気工事なしで(広い意味で、これも電気工事かな?)扇風機など、照明と
連動することが出来るんだすわ。

アダプターは、ホームセンターで購入しましたです。
(このアダプターを知っている人は、知ってるんだんべねー!)


今日は、このアダプターの紹介で「おわり」。
DEN

日曜日やった事!

日曜日に、検診に行こうと思っていたけんど、考えてみたら日曜日は、予約のみ対象だったのを
思い出し、今度の土曜日の午前中に通院すっ事にしましただす。 (>。<)

そんで、日曜日には雑多な事をやりました! 

先ずは、
脱衣室扇風機傾斜ベース取付

ベース取付
扇風機傾斜ベース取付

扇風機取付
扇風機最終取付

これで、扇風機の風が具合が良く体全体に当たって、合格だす。 (ホッ!)





下屋の雨樋修理

下屋につけてある雨樋が外れて、雨が縦樋に入らずジャージャー漏れ。 (>へ<)

片一方は、雨受樋が縮んだがの如く、外れてまった。
又他方は、横引樋が寸足らずの如く、外れて口をあけてまった。

しかも、半端な外れ方でなく、樋が数センチ離れてましたっす。

こちらが数センチ離れてた
雨樋修理後1
中央の、三日月カットしてある受け樋(横の樋)を追加するほど、離れておりましたがな。

手元に有った受け樋を加工し、追加したです。

こちらは、横引き樋が外れてた
雨樋修理2
横引き樋の上にあるのが、元々つけてあったもので、その下の新しい樋が、今回交換した
樋だす。

はめ込み部の長さ分程度、寸足りずになっていたっす。

結局は、受け樋が片方にずっこけていたんだすね。 
でも、戻すのは大変なんで、パーツを追加しやした。

尚、この新しい横引き樋(品名は「縦樋」)は、手持ちが無く、H/Cで買ってきて、
修理しやした。





下屋の梁・桟の雨濡れ対策

下屋の片側が鼻隠し板が無く、梁や桟が雨ざらしで傷みが目立つんだす。
そこで、直接雨が木部分に当たらない様にすべく、水切り(鉄板製の軒下金物)を付ける事に
致しますだ。

残念ながら、予定だけで作業までには至らなかっただす。

ココに付けます
雨避け金具取付前

金具はこれ
水切り金物
軒下用の水切り金物ですね。





草・庭木枝廃棄

抜いた草や、切った庭木等の処分に困っていたら、義兄(お母ちゃんの兄貴)が、処分を
引き受けてくれたので、義兄の家(お母ちゃんの実家)に、我が愛用の軽トラで、
運んできたっす。

行ったら、姪達2人が来ていて、野菜を収穫しちょりまった。

これです
収穫した野菜
取りたての野菜は、美しい!

帰りに、ナスとミョウガを頂き帰りまった。

実を言うと、帰りがてらに竹やぶに入ったら、薮蚊に襲われボコボコにされてしまいまった。
じわじわと痒く成って来たんだけんど、じっと我慢。

そのうちに痒みが弱まってきたので、H/Cに寄って、屋根用の水切り金物(上の写真)を
買って帰りまった。





センサーライト修理

最後に、12Vのセンサーライト修理だす。

100V用を改造して、「ソーラー発電12V」用に改造したセンサーライトが、
点灯直後に暗くなってしまうんで、これを修理したんです。

原因は、リレーの接点に汚れが有って、通電が完璧でなくなっていたんだす。

リレーが、パワーリレーなので、接点に電流が流れる事で、接点が活性化されるのだけんど、
使っている12Vランプが、消費電力が小さく(2.5W≒200mA)接点活性化が
十分出来ないのだろうと思うんだす。

それと、制御箱の中の接着に使った接着剤から出た「ガス」の影響も有ったかも。

分解して、修理(接点磨き)をしている間に、内部の2枚のプリント基板をつないでいる
ワイヤーが折れ切れてしまい、それも別ワイヤーに交換しやした。

修理も完了し、再び元通りに取付致しやした。

12Vに改造センサーライト

これで、省エネ(ソーラー発電12V使用)センサーライトが、生き返りましたっす。

途中経過の写真が無くて、チョッと面白みがねーがね!

尚、再度同様な不具合が起こったならば、コンデンサーを追加して強制的に接点活性化を
させる様にすっぺ。

あー!、色々やってしまったなー!  (~ム~)

誰かが言ってる:説明が、だらだらしてて、見んのがイヤになっちゃうどー!
小生 : 以後、改めますだ。

DEN

ご無沙汰してました!

3日ほど、ブログを休んでしめーましたが、皆様いかがお過ごしでしたか?

小生、忙しい様な、そうでもない様な日々でした。

お盆中は、これから涼しくなる一方だ、と思いきやとんでもない! 特に夜の暑いのには
参りましたぞな。

暑くて、朝に水をやった野菜たち(キュウリやナス)も、昼には葉がダラーとなっちゃって
暑さにはかなわない! と言うがごとし。

そのナスも、そろそろ実をつけなくなってきた模様。 (寂しいね)

こんな風に実をもぎ取られた状態に
ナスも終わりか
実の茎だけ残ってる!





さて、先般お風呂場の「脱衣所」に扇風機を取り付けたことをアップし、浴室換気扇に
連動させたんだげっと、換気扇が回っている間回ったままになるので、いちいち扇風機の
スイッチを切らないと、いけませんでしたっす。

なんと不便なことにしてしまったのかと、今になって反省しきりなんです。

そこで設計変更!

脱衣所の「照明」に連動させましたがな。

今日(8月18日)は、お盆休みと振り替えで出勤日。
なので、写真はないんだげっと、仕事から帰ってから、配線変更作業でした。

これで、人が居る時は照明を点けるし、退室する時の照明を落とすので、扇風機も連動して
動作すると言う具合に、改善?しましたっす。

しかしながら扇風機の向きが未だ上向きで、もっと下向きにしたいんだげっと、
扇風機の角度調節が限界なんです!

では、と言う事で、傾斜した枕木を付けるべく挑戦いたしまった。 (^へ^)

元の材・・・・・ウエスタンレッドシダー2×6材の端材
扇風機ベース材
大きさ  幅:138mm、 長さ:38mm の端材

手ノコでカット
手ノコで斜めカット
扇風機をもう少し下向きにする為、ベース板に傾斜を付ける為、厚み方向を斜めカット
すんだげっと、丸ノコでは幅が広すぎて困難。
仕方なく「手ノコ(Zソーの ライフソー9寸目256)」でカットしやした。
くたびれたーーーーー! (>。<)

厚みは、厚い方:37mm、 薄いほう:15mm の傾斜。

サンダーで研磨
ベース材サンディング

実は、手ノコで切った為、切った面が凸凹。 (>へ<)
そこで、手カンナで概ね平面に仕上げ、その後サンダーで研磨。

ワトコオイル仕上げ
表面
ベース材オイル仕上表
カット面
ベース材オイル仕上カット面
湿気が心配なので、塗装をする事にしたんだげっと、得意のワトコオイル仕上げに。

オイルの乾燥の為、明日までこのまま放置しておくべー! (~_~)

従って、今日はココまでだす!

昨日の通院日(17日)に、出かける事が有って行けなかったので、明日は予約無しで
定期診断を受けるべく、朝から通院なので何時に帰宅出きるか不明。 

明日、続きが出来れば良いんだけんどね!

では又です。 m(ーJー)m

DEN

写真フレームスタンド(5)

いよいよ仕上げ編であります!  (^L^)

(誰かが言った:昨日の「予定」は、「決定」だったんだ!)
(小生:アダリメ(当り前)だんべな、迎え盆(1周期はしないけど)に間に合せねくちゃ!)
(実を言うと、昨日13日に完成させて、Asさん宅へ届けて来たんです。)

クサビの修正
クサビ修正
穴に刺し込まさる部分を、ベルトサンダーで細く削り、上の太い部分をストッパーに。

上部ホゾ用の2本(写真の両端)は、長さも詰めた。

取付拡大
桟・クサビ取付拡大
こんな具合に、クサビを入れますだ。

尚、ホゾのクサビ用穴が其々微妙に違うんで、クサビは穴に合わせて調整したので、
ホゾの見えない部分に番号を記して、そこに合わせて作ったクサビにも番号を付け、
組合せを間違えない様にしましただ。

本来なら、クサビの太さを揃えて、クサビ用穴を削って微調整すべきなんだけんど、
まず「ばらす」事は無いと考え、クサビを削ったほうが手間が掛からなかったので、
やっちまいやした。  (ーL~)

再仮組み
再仮組み
クサビの修正が出来たので、オイル塗布前に、再度仮組みしてみやした。

ホゾとホゾ穴がピッタリに仕上がったので、クサビが無くてもグラグラしねーわ!

クサビがピッタリと嵌まり、グーーーー!  (^o^)

オイル塗布1回目
オイル塗布1回目
使ったオイルは、例によって「ワトコオイル」のナチュラルカラー(無着色)を使用。

色白に仕上がるけんど、徐々にアメ色掛かって来るでー! (へ.へ)

クサビも塗布1回目
クサビオイル塗布




1回目のオイル塗布が終って約30分後に、余分なオイルをふき取り、2回目を塗布。

2回目塗布
オイル塗布2回目2

クサビも含めて、2回目の塗布を済ませまった。

600番の耐水カミヤスリで表面研磨を施したすだ。  (汗)

完成
オイル2回塗布終り

イメージ
イメージ
写真が手元に無いので、乗せた時のイメージだす。 (袋の中身は、カミヤスリっす。)

上部桟の裏側に、DENの焼印をして、完了致しやした。  \(@。@)/

オイルを完全に乾燥させるには、1日置いた方が良いんだげっと、丁度8月13日に
成ってたので、午後になってしまったげっと、Asさん宅に届けて来たです。
お線香も揚げてきたのは、当然ですね。

Asさんは、大変喜んでくれたんで、作った甲斐が有ったなー!

Aiさんも、お盆で帰って居ると思うので、きっと喜んでくれてると思いますです。 (^V^)

写真額を乗せると、勿論シックリ合うんだけんど、当然ながらせっかくの「巧の技?」の
飾りが見えねー!   (見えるのは、小人の足だけ・・・・・

だげっと、AS家の人たちが、喜んでくれれば満足だす。



さて、今はお盆だすね!・・・・つまりお盆休み!・・・・・従ってブログも2~3日
休刊しますんで、悪しからずです。  m(ー_ー)m

でもって、今日は、DIY作業も休み、お線香揚げに2~3軒回って来る予定。
につき、今の時間(朝10時頃)にブログ発信しますだ。

では、又です。

DEN

写真フレームスタンド作成(4)

土曜日の続きだす。 

桟のホゾ加工

側板の角穴(ホゾ穴)に、桟のホゾ(差込の突起)を差込む構造で、その桟の「ホゾ」の
加工だすね。

ホゾ部切込み入れ
桟加工差込部カット1
左の細いのは、上部に付ける桟で、右の大きいのは、下部に付ける桟板。

この切り込みは、後でルーター加工する際に、バリが出ない様にする為の、予備加工。(^ム^)

拡大
桟加工差込部カット2
罫書き線(墨線)と、スライド丸ノコで切り込んだ溝が見えっぺね!

糸ノコでカット
糸鋸でカット
出来る(巧)人は、手ノコで切るんでしょうけんど、小生は自信ないので、糸ノコ盤でカット。

ジグソーでは、上下方向が若干斜め切りになっちゃうんで、真っ直ぐ切るのが難しいが、糸鋸盤
なら上下方向斜めにならないので、これ(糸ノコ盤)で加工したです。

失敗の修正
こんな事も
墨線(罫書き線)からズレちまったんで、墨線に合わせて薄く再カット! (>。<)

ジックリやると、結構薄くも切れるもんだわ。

糸ノコでのカット完
桟差込部糸ノコカット完
上部の桟と、下部の桟板のホゾの切り込みが出来まった。

ルーターでホゾ加工
ルーターでホゾカット
糸鋸で切り込んだホゾ部分を、肉薄に削ぐんだす。

元の板厚(19mm)のままでは、ゴッツクて見栄えも悪いので、10mmの厚みに
削ぐんだす。

拡大
ルーターでカット拡大
削いだのが、わかっぺかな?

ホゾ部にクサビ穴を
クサビ穴明け
この角穴も、糸ノコ盤で開けましたっす。





クサビ作成

クサビが出来た
クサビ
クサビの厚みは、ベルトサンダーで調整致したっすが、未だ調整が要るなー。

使った材料は、硬い材料(材名知らず)を使ったっす。





仮組みにトライ

全パーツ
全パーツ
これで、全パーツが揃った、いよいよ仮組み出来るでー! (^ー^)

仮組み
仮組み
クサビが、まだデッカイ(太い)なー! (~ム~)

側板の周囲は、ルーターでトリミングしましただ。

クサビの太さを調整し、塗装(ワトコオイルの予定)を施して完成だす。

今日のブログはココまでだすが、後一回で終わりに成る予定だすね。
(ある人曰く:「予定は未定にして、決定にあらず」って言われてっから、どーだが!)

皆さん、そんでも飽きずに、また覗きに来て下せーな!  (^ム^)

DEN

写真フレームスタンド作成(3)

昨日の続き!

切り抜き部分の罫書き
切抜き罫書き
罫書きが見ええーがな?

切抜き部穴あけ
穴あけ

穴あけ完
穴あけ完
桟取付穴も開けたてまっす。

切抜き
切抜き1
糸ノコで、切抜きしまった。
切抜き2 切抜き3

切抜き仕上げ完
切抜き仕上げ完
小刀を使って、切抜きの面取りをしまった。

オリンピックの女子バレーボールが気になって・・・・・・!

今日は、これまで!

DEN

写真フレームスタンド(2)

昨日は、ブログを無断欠席しちゃってすまんでした。  m(_。_)m





写真フレームスタンド作り開始

結局、手持ちの1×10材を使って作る事にしたです。

外形写し
1×10材使用
鉛筆で罫書いたけんど、見えねーね、スマンです!  m(/.\)m

切り分け
材の切り分け
1×10材から、必要な寸法に切り出したっす。

卓上馬
卓上馬
この「卓上馬」に乗せ、丸ノコでカット。

曲線カット
曲線カット
糸鋸で、曲線カット。

糸ノコ
糸ノコ盤
この「糸ノコ盤」を使いまった。

カット後の脱け殻
曲線カット後の脱け殻
糸ノコでカットした後の脱け殻。

切り口サンディング
ベルトサンディング
作業が下手な為、糸鋸での切り口が滑らかに仕上がらないので、ベルトサンダーで
2枚重ねてサンディング。
更に、デルタサンダー(小形サンダー)でも、サンディング実施。

サンディング終了
サンディング終了
サンディングの、荒仕上げ完了。

この後、桟の差込穴や、ネーム切抜きをして、側版の加工完了になるんだす。 (^ー^)

明日、続きブログです。 m(ーLー)m

DEN

写真フレームスタンド(1)

写真フレームスタンド作り

概要を、まとめましたぞー。  (へ。へ)

専用スタンドなんで、折タタミにせず、固定スタイルにするつもり!
また、Aiさん専用なので、「名入リ」にするべ!

概ねこんな感じで!
フレームスタンドイメージ

左の図は、真横から見た場合の側板。
右は、立体図。

ボカシは、名入れのローマ字ですけんど、プライベート事なので、ボカシまった。
悪しからず。  m(_._)m

桟を、側板(左のズ)に差込んで、クサビでとめる予定。
従って、このクサビを外せば、解体出来るんだすが、寸法精度がポイントだなこれは!

今日は、木工作業までは進行できず。
理由は、シャワーを浴びて、昼飯を食べ、ついウトウトってなわけでね!  (/へ\)

明日は、仕事が3時までなので、木工は無理かなー。 

土曜日は、予定無いので木工出来るな!  (シメシメ!)

しかし日曜日は、Asさん達と「ハンターマウンテン」の “ゆりの花園” を見に行く
予定が有り、木工は難しいかなー。

「ジグソー」や「糸のこ盤」の活用になっから、上手い事加工しねーとね!
使う材料は、幅が必要なんで、手持ちの1×10材を使いますだ。

ウエスタンレッドシダーを使いたい所だけんど、手持ちも、近くのH/Cになし。
もしかして、ビバホームに有っかも知んねーんで、売り出しもしてるし、行ってみてーな!

では、こうご期待(お願いします)!! m(_。_)m

DEN

和時計作り

和時計作り

48&49週分が届き、42週分から数えて、8週分の部品が揃ったでー。

42~49
和時計42~49週分
これだけ揃ったので、これ等を組み立てっぺ!

作業中
和時計組立作業中
シンチュウを使ってるんで、薄手の手袋をはめて作業しますだ。

和時計49まで組立1
時を告げる「鐘」叩きの機構部分がくっ付いたって訳だす。

和時計49まで組立2
少し斜めにしたみたんだけんど、スゲーピカピカ光ってるねー!  \(^ー^)/

また部品が溜まったら、続き作業すっから、又覘いて下され!







そして今日は、ASさんに、再仕上げした「卓上小物入れ」を届けて来やした。

再度これです!
卓上小物入れ
良い色してんねー! (^。^)♪

「節が有るんだげっと」と言ったら、「節のあるところが良いの!」と言ってもらえたんで、
良がったー!






Asさんからの依頼

Asさんから、Aiさんの写真額を飾る為の「写真フレームスタンド」の作成依頼を受けた
ので、作るに当たって、寸法など確認して来たっす。

現在使っている物は、仮のスタンドで、ボール紙で出来ているので、「木製の物が欲しい」
と言う事で、小生が作ってあげることに成りましたんです。

どんな風に作るか、これまた思案中!

現用品を写し取ってきたんで、見とごれ。

スタンド片側の写し
写真フレームスタンド写し
現物の大きさ
    高さ :300mm
    奥行き:180mm

さて、形を如何すっか、材料を如何すっか、考えなくっちゃなんねーですね。

これから考えっから、ブログはここまでだす! (へ。へ)

DEN

木工やった

日曜日は、若干の木工やりましたでー! (^V^)





木工作

脚の不自由な方が来た時に、玄関を少しでも上がり易くすべく、上がり口の段差を
減らそうと、背の低い踏み台(ステップ)を作っただす。

玄関ステップ(塗装前)
玄関ステップ塗装前

無塗装だと、汚れが付くので、オイル仕上げにする事にすっぺ!

玄関ステップ(塗装後)
玄関ステップ塗装後

塗装は、オイルフィニッシュ(ワトコオイル)のミディアム・ウオールナットで1回目、
2回目は、同じくワトコのナチュラルを使用。

着色オイルは、木への染み込みで如何してもムラが出る。
ナチュラルのみにした方が良かったかなー。  (~。~)

元々玄関の上がり口段差は、250mm だげっど、脚の不自由な人には、これでも
段差が大きいんだよね。 (最近、小生にも段差は気になるぜー!)

今回作った踏み台は、高さを114mmにした(全て端材で作った為こうなった)ので、
概ね半分のステップになり、実際に今日来てくれたAsさんは、楽だったようだす。
(来た時は、未完成だったのでで、帰るときに実際に使った)

今日6日(月曜日)は、追加作業をやったっす。

玄関タイルの上で滑り易いので、滑りを軽減すべくカーペットを切って、脚底面に
貼り付けたです。

フェルト付け
玄関踏台クッション付上

脚部分が、チョッとみっともないので、飾りを付けっかなー!

その脚の下の部分に、クッションが付いてんのが判るべな!

その取り付け状態
玄関踏台クッション付下

中央に有る様な、仮説事務所などで使うフロアーカーペットを、隣にあるカッターで切り、
右側にある接着剤(セメダインG17=俗に言うボンド)で貼り付けまった。  (^o^)





もうひとつの作業

オイル塗布ついでに、ストックしてあった「卓上小物入れ」も、再度オイル塗布を
いたしやした。

卓上小物入れ
卓上小物入れ

再磨きが掛かって、更にシットリ感が増してねーげ!・・・写真じゃわかんえーかな。
ツヤが増した事は、間違いねーですよ。  (=o=)





もうひとつ

今日6日(月曜日)、和時計の48&49週分が届いたです。

48&49週分
和時計48&49週分

其々の号の左下に有る白い部分が、送られてきた部品のパックだす。

次回、続きをアップすんで、お楽しみに!  (ー_ー)
誰か:何時も言うげっと、別に楽しみになんかしてねーよ!

DEN

そして今日は?

今日は、朝5時頃起きだして、7時頃まで庭の草むしりしましたっす。

草取り

長ズボンに長袖シャツに身を固め、勇んで出陣。  (o\_/o)

しゃがんで草をむしる為、コシが痛く成りますねー!

そして、家の後ろの方にカラスウリと思われるツタがはびこっていて、これを取るのがホネ。
後ろの境界の下屋付き塀の内側に物置小屋があり、その塀と小屋の間の隙間から、
ツタが生え出しているので、簡単に除去出来ねーんだわ。

ツタの完全除去は、今日はアキラメて後回し、一通り、目立つ草のみ除去しましたわ。

しかし、木の枝や、抜き取った雑草などは、放射能汚染の影響から、市のごみ収集物
から外されてしまい、溜めておくしかない。  (~_~)
干して枯らしてしまうべ。

早朝と言っても季節は「夏」、7時頃に成るとやっぱし暑いねー!

汗びっしょりになってしまい、草取りを取りやめ、汗を流す為シャワーをして一服。
とは言っても、タバコをすったわけではないですよ。

小生は、脳梗塞でノドを傷めている為、タバコを吸うなどとんでもねー、単に煙を吸っても、
すぐにノドにきて、咳き込んじゃうんだよね。  (>。<)

なので、小生の一服とは「小休止」の事なんだす。






海外送付物

昨日買ってきた物など、午前中に梱包したです。

梱包
海外送付物梱包

こんな具合に梱包したです。

カインズホームで買っておいた、梱包用ダンボールが、シングルレイヤー(一重)の為、
ましてや再生紙で出来ている様で、強度が心配。

その為、内部をダブルレイヤーのダンボールで補強しまった。

と言うのも、送付物には「うどん1カートン」と「めんつゆ1.8L」の重いものが
入るので、シングルカートンのままでは何とも心もとなかんべな!

そして、バンドを掛ける部分も、当て木(ダブルレイヤーダンボール紙)を当て、
つぶれを防止してやりまった。

長男が、町に出かける(町では「(那須の)与一祭り」がおこなわれてまっす)と言うので、
梱包した送付物を出荷する為、郵便局へ寄ってもらう事に。

船便での送付で、約1ヶ月位掛かるが航空便に比べ、費用が格安・・・とは言っても
送付物全体の値段くらいは、掛かってしまうんだけんどね。

送り先は、CAでごじゃります。





今日もダラダラ

今日も日中暑くって、ついエアコン点けて、オリンピック観戦したりと、ノンビリ
してしまいましたっす。

明日は、何か工作したいなー! (希望的観測だー)

DEN

今日何をやった?

今日は、パートの仕事も半日、シャワーをしてからお出かけしたっす。 (^ー^)



レストランで昼食

次女(Q)が来たので、お昼を外食にする事に。

以前に、姪2号と行ってきた、隣町 矢板市(栃木県)にある「レストラン・ピアノ」に
行ってめーりやした。

レストラン「ピアノ」
ストラン ピアノ
(以前の写真を、再利用)

お母ちゃんが食べたのは、「魚フライ定食」(て名だったかなー?)。

魚フライ定食
魚フライ定食

それにしても、普通の食堂で出てくる定食だったら、フライが主人で、その他少々
なんだけんど、えらい豪華なメニューだすなー!  (@。@)



小生と次女は、サーロインステーキを注文!

サーロインステーキ
サーロインステーキ
200gのサーロインのステーキだす。

小生は「レアー焼」、次女は「ミディアム焼」で、焼いてもらいました。

ニンジン、ポテト、そして長インゲン(?)が付いていて、特にニンジンが甘く美味しい!
ポテト(ジャガイモ)も絶品でしたす。 (^~^)


タレ
ステーキソース
大根おろしのタレで、掛けて食べたら旨いのなんのって、ほっぺたを押さえながら、
食べまった。

当然、食前にサラダが出たことは言うまでもねーです。が、写真撮り忘れ!
このサラダも「旨い!」ドレッシングが旨いんだな。

しかし、出てきた「お冷(水)」のウメー事、矢板ショウジン沢のみずだんべか?

それにしても、客のほとんどが女性で、席は結構埋まってるものの、男は小生ともう一人の
2人のみ!
こんな時間(午後2時頃)なのに、女子会? 暇つぶし?????? 
小生たちとて、同類項か!






おっ買いものー♪

その後、矢板市の「ダイソー」に寄ってお買い物。 お母ちゃん、結構な量の買い物を。

そして最近開店した、北隣町 那須塩原市の「業務スーパー」へ。 
結構、リーズナブルな値付だったので、ここでも結構な量のお買い物を。

最後に、わが町のドラッグストアー「カワチ」でも、買い物を。

3店で買い求めた物
買ったもの
何買った?・・・・・だって?、 多くて説明不能! m(_._)m
(尚、酒、ビール、ポット等は、別だす。)

ここに写ってないものもあり、他にも、水:1カートン(2Lかける8本)、
炭酸水:1カートン(500cc×24本)、カップ麺:1カートン(12個)など
買ってきやした。



買い物は、9月から10月にかけて出かける旅行の為の物などの購入目的でしたが
結局、結構なお買い物になりましたっす。

なんと言っても、女性のお買い物ですから、ご想像にお任せしますだ。

但し、価格がリーズナブルだったので、量の割には出費は少なかったようだす。 (^o^)



以上、DIYブログでない所は、お許しあれ!

DEN

ギネスビール

今日は、午後3時までのパート勤めだったので、3時20分頃帰宅、そのまま家の裏側の
伸び過ぎた草を抜き取りましたっす。

さすがに1メートルまでは達してなかったものの、相当の伸び伸びッ! (>。<)

仕事ではいているズボンが、作業用長ズボンなので、蚊や蚋に刺されないし、
半ズボンの様に、引っかき傷が出来たりしないので、帰宅してそのまま、少しだけんど
草むしりやったでー! (写真は無いでよー!)





ビールを呑みました

その後、シャワーで油と汗を流して部屋に戻ると、ノドの渇きを覚えたんで、呑んで
しまいまった。  (^H^)

これです!
ギネスビール

小生がギネスビールが好きだという事を知ってて、義甥Nちゃんから頂いたビールだす。

このビールは、アイルランド製で麒麟麦酒が輸入販売している黒ビール。

これはドラフトビールなるも、専用の「サージャー」と言うサーバーで提供する
「業務用」と表示して有る!  (サージャー?何じゃそれ?)

そう言えば、普通売っている「ドラフトギネス」は、缶の中に白いボールが入っていて、
その効果で注いだ時に、凄くクリーミーな泡が立ち、これが又美味しいんだす。




ついでに、先週飲んだ「アルコホール」を報告

天鷹「純米酒」とアサヒスーパードライ「黒」
先週飲んだ酒

左:純米酒 天鷹「瑞穂の郷」(辛口) 初呑切り酒 生詰 だす。
右:アサヒスーパードライ黒 だす。 (切れが良い)

第三者曰く:摘みの写真が、ねーんでねーの!
小生曰く :すまねー! またしても写真撮る前に食べてしまったー!
第三者曰く:やっぱしなー!

では、又です。  m(ー。ー)m

DEN

釜のふた!

今日、安沢K家の義姉(お母ちゃんの姉妹の一番上=Yさん)の旦那義兄の
Sさんが、Yさん手作りの饅頭を持ってきたっす。  (^_^)

8月1日は、この辺で言う「釜のふた」で、お饅頭を作る風習があり、義姉が毎年
作るんだす。

Sさんは、小生宅でお茶してから、Sさんの長男(S)の嫁さん()の実家に、
饅頭を届ける為、出立。

但し、小生宅からの道順が不案内の為、途中まで先導・・・・・と思ってたら、
目的の家の前まで行ってしまいましたわ。  (笑)

如何です!
姉ちゃん饅頭1
何個か食べたげっと、てんで美味かったでー!  (^~^)

一個一個、透明ビニールシートに包んであって、パサつかない。

割ってみた
饅頭中身
この写真では、「あんこタップリ」に見えないかも知らねーげっと、ホントに
「あんこタップリ(コシアン)」なんだわ。 (@L@)

品質は上等で、皮が薄く剥けるし、アンコはタップリ入ってて、毎度の事ながら
プロの饅頭屋が作ったと間違える位だす。

DEN家分
DEN家分
この箱に、20個位入ってまった、そのうちお母ちゃんと5個くらい食っちゃったっす。

大量にくれた  これでも15個程減ってます。
饅頭いっぱい
袋入りは、義姉Tちゃん宅に転送する分。

ASさん宅にも、箱入り分と袋入りから抜き取り、10個程さし上げたので、
写真の饅頭の数は減った状態だす。

ASさん宅には、先日故人となられたAiさんのご仏壇に供えていただく為、
届けて来たです。

ASさんも天国で、「これはウンマイ饅頭だなー」と言っているんでねーかなー!






そんなわけで、DIYしてねーんで、饅頭話だけですけんど、悪しからずだす。 _(ー_ー)_

以上、。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。