扇風機台作成(3)

今日も、時間少なく進捗は、チョコットでやんす。

ビスケット結合

先ずは「ビスケットジョイント」について、解説(おおげさけ?)すっからね。

ビスケットジョイントは、米国などでよく使われる木材結合方式で、ブナの板を圧縮して
作った、お菓子の「ビスケット(小判型)」の様なカタチで、溝にボンドを塗って
はめ込むと、ビスケットがボンドの水分を吸って膨張し、硬く結合する物体っす。

先ずは、ビスケット
ビスケット3種類
左から、#20(大)、 #10(中)、 #0(小)で、今回は、#10を使うでー!
(彫ってある溝は、#20用)
全ビスケットの厚みは同じ、溝は当然夫々に合わせた深さで彫りますだ。

ビスケットを入れたところ
ビスケット挿入
結合する材の夫々に、ビスケットの半分が入りますだ。
実際には、木工ボンドを付けて挿入すんだす。

この挿入溝は、円形の溝切りカッター刃で掘り込むんだす。
小生は、米国ポーターケーブル社のビスケット専用カッターを使ってますだ。






扇風機台のビスケット接ぎ

上に紹介した「ビスケットジョイント」を使って夫々のパーツを結合(接ぐ)してますだ。

以下の写真は、全て接着剤乾燥の為、クランプで締め付けての写真っす。

脚の組立
脚の組立1
4組(必要)作りまった。
使ったビスケットは、#10を夫々2個づつ。

脚の拡大(裏側)
脚 拡大
(接着剤が、はみ出でっと~!・・・・ミットもねーげっと、裏側だがらいいが)

曲線部分の面取りは、ルーターを使わず、カッターナイフで手加工しまった。

天板組立 (裏側)
天板組立 裏側
天板の周囲の装飾幕板を、ビスケット結合。
使用ビスケットは、#10で、長手方向は3個づつ、短い方は2個づつ使用。

天板装飾幕板拡大
天板装飾板拡大
良い曲線してっぺな!

ナヌー、良く見えねってが!

天板組立 表側
天板組立 表側
クランパーでガチガチ!

チョックラ失敗が有ったんで、修正を思案中・・・・・・何が失敗で如何すっかは、後で!
(やっぱし、キチンとした設計図を描かねーと駄目だね!)

中々思い道理に進まないもので、今週完成予定が来週に延び延びだー!

では次回を(多少は)楽しみにしてくだっせ。

DEN
スポンサーサイト

扇風機台作成(2)

今日は、説明を簡略しますー!  (^o^)

ビスケット溝彫りから、曲線切りまで

ビスケットジョイントの溝彫り
ビスケット溝彫り
これ等は天板周囲板だげっと、勿論脚板も彫りましたよ。

ビスケットの溝も見えっぺな、そんで使うビスケットは、#10(中)だす。

装飾曲線描き
曲線描き
丸いプラスチックの容器のフタなどを使って、曲線を描いただす。

これは、脚の材だす。

糸ノコで曲線切り
曲線切り

曲線切り完了  切りっぱなし状態で、バリが出てるー!
曲線切りました
曲線の有る全部材の、糸ノコでのカットだけ完了したっす。

パート先の仕事が忙しい為、午後3時まで仕事してくるんで、作業廃止は3時半頃から。

で、以上が今日の作業の全てで、片付けの頃には6時に成っちゃいましたがな! (>。<)

DEN

扇風機台作成

会社の人(従業員)に頼まれた「ダイソン羽無し扇風機」を置く為の、台を作る事に
なりもした。





その前に、詰めておいた歯の詰物が取れてしまうという出来事から。 (>。<)

歯の修理


23日、ドライブ中にガムをかんでいたら、突然口の中に違和感が!
ガムなのに、ガチガチ言う・・・・・・・・・?????

さては、なんだな、取れちまったな!!!!!

これです
取れた歯詰め物

マレーシアへの赴任前だから、十数年前に虫歯につめたもので、3年位前に一度
取れてしまい、歯医者で付け直してもらったものが、又取れてしまったんですだ。

仕方なく、昨日(26日)歯科医院に行って付け戻してもらい、ついでに入れ歯の
噛み具合の修正をしてきましたです。  (^ー^)





「扇風機台」作成

イメージ図
旋風機台イメージ図

大きさは
   ・高さ:23Cm
   ・幅:30Cm
   ・奥行き:24Cm

ダイソンだから、曲線を止めてシャープ(直線的)なほうが良いかなー!??????
でも、和室で使うらしいので、これでいいかな!

カットした材料  今日(27日)PM3:30からカット
カット済み材1
左:中間棚板(合板)、中央:天板の上に、天板枠材、右:脚の材料

カット済み材2
天板は集成材で、枠板をつけるとこんな感じ! (下の材は、脚材)

今度の土曜(30)日は、引越し手伝いがあるのと、日曜日はアウトレットに
行く予定も有り、あと2日間で仕上げなくっちゃなんねーかなー!  (~ム~)

DEN

日光ケッコウ観光

日光東照宮

今日は、日光東照宮の小生の写した写真を主にアップしますよ! (^ム^)

名称など小生流であり、実際の公的名称と異なる場合があるので、了承の上ご覧くだっせ。

東照宮入り口の鳥居
東照宮入り口鳥居

東照宮の中に入りました  左奥の階段の上に「陽明門」が有る。
東照宮に入った
この左(写ってない)に、三ザル彫刻の有る、御神馬屋が有る。
校倉造り
校倉造り

御神馬が居る建物  左端が「三ザル」
御神馬屋
「三ザル」 並びに合わせて「聞かざる・話さざる・見ざる」
三ざる
御神馬です めったに見られないですよ!(グッドタイミング!)
御神馬

本殿入り口鳥居  陽明門が見えます。
本殿鳥居
陽明門前のコケむした灯篭  年季が入ってんねー!
陽明門前コケむした灯篭

陽明門  別称「日暮の門(一日中見ていても飽きる事が無い)」
陽明門
陽明門拡大
陽明門周辺壁
陽明門周辺壁
裏側 息子勤務の酒蔵「天鷹」の薦被りも見えるでー。(やったー!)
陽明門周囲壁裏

陽明門を通過
陽明門通過

本殿入り口  修復工事中
本殿入り口
本殿正面
本殿周囲の装飾  WOが来た頃(3~4年前)修復作業中だった。
本殿周辺装飾1
本殿周囲装飾2
修復後なので綺麗だなー!

神輿(ミコシ)も有る
神輿

左甚五郎作「眠り猫」(家康の墓への階段回廊入り口に有る)
眠り猫
この下をくぐり、石の階段回廊を延々と登ると、家康の墓にたどり着く。(疲れたー!)

家康の墓入り口の建物
家康の墓入り口
墓入り口の門
家康の墓門
家康の墓(墓塔
家康の墓石

墓までの回廊  コケむして、歴史を物語っている。
コケむした石垣



ドライブ

東照宮のあと、名物日光ゆば蕎麦で昼食、その後中禅寺湖・戦場ヶ原をドライブ。

更に、ニッコウキスゲで有名な「霧降高原」にキスゲを見ようと行ったが、2週間早いよ!
と言われてしまい、仕方なく再来することに。

そのまま帰るのではつまらないので、「大笹牧場」へ、そして帰りは鬼怒川経由の
ドライブで帰宅致しました。

写真ばかりでスミマセンですが、見応えはあっぺか?

本人たちが写って無いんで、「ホントに行ってきたのが?」なんて言わねーでね!
ホントに行って来たんだがら!

DEN

箱棚作り(4)

土曜日(23日)は日光見物、と言うのも、「スカイツリー」の芯柱の手本と
なったと言われてる、東照宮「五重の塔」の芯柱が公開されていると言うので、
それを主体に見物。

そして日曜日は、那須の「アウトレット」にショッピングでお出かけでしたっす。

つまり、木工の時間なして事だすね! (トホホ!)

箱棚作り

土曜日の朝、出掛ける(AM9:30)前に色付け(緑系)して一晩乾燥させ、
これ又、日曜日の出掛け(AM10:10)前に、仕上げのアクリル塗装を
致しまった。

塗装後の単純写真
塗装完

棚の中も、緑系で塗装しようと思ったけんど、明るい色の方が物が見やすそうと思い、
無色(透明)のアクリル塗装のみとしたっす。

背板の外側を除き、外側の周囲全てと箱の内側も全てを、汚れ難い様アクリル二ス
塗装を施しましたです。

取り付け
写真なし!

パートの仕事も忙しい為、今日(25日)からPM3時までのお勤めとなりまして、
用足しをして来て、5時頃から取り付けしてきました。

取り付け面の壁が、モルタルで硬いこと。

箱棚の背面板に合わせ、振動ドリル(コンクリートドリルビット)で、5箇所に
6Φの穴を開け、コンクリート用ソケットを打ち込み、ネジ止めしまった。

振動ドリルをもって行か無かった為、普通の充電ドリル(ビットはコンクリート用)
で穴あけトライするも、ヤッパ歯が立たず無理。 (>.<)

仕方なく、家に帰り振動ドリルを持ってきて、モルタル壁に穴あけましたですが、
いやはや結構手間が掛かりまった。

6時頃には取り付けも無事終わり、義姉も喜んでくれたので、作者としては嬉しい
かったですわ。  (^V^)





日光東照宮五十の塔物語

五十の塔 紙フォルダー

五重の塔の心柱

五十の塔
東照宮五重の塔

心柱(写真撮影禁止の為、展示してあった写真を撮影したもの)
心柱
中央の金ぴかの丸い柱が、心柱だす。

塔の図
塔の図
中央のたての白黒の柱が「心柱」だすね。

心柱の最下部
心柱の最下部分
床下の為、上手く写せなかった。 (>.<)

その説明看板
心柱最下部の説明看板

何でも、心柱の最下部は、土台に接してないんですね。

よって、地面の揺れが直接心柱に掛からず「制震」作用が有るそうな。

スカイツリーのは、逆に地面に密着しているが、上の方がフリーの構造と
成ってんだよね。

フォルダーに有った説明文
フォルダーに有った塔説明文
ボケてて読めねー。(幾つか撮ったうちの良かった写真なんだけんど?(><)

以上、スカイツリーの心柱の手本となった、日光東照宮五重塔の件でした。

日光東照宮の写真については、後日アップしますだ。

DEN

箱棚作り(3)

そのまんまくっ付けんのげー! なんて聞かれましたので、今日の説明で
理解してももらえるべかな! (笑)

塗装を除き完成

補強板をカットし、訓であった作品をバラシ、最終組立しまった。 (^L^)

壁面取り付け補強板
背面補強板
SPF 1×4材使用。

箱の内側に付けて、壁面に取り付ける時の補強板とするんだす。

背面補強板付け&上下板ボンド付け
背面補強板付け&上下板ボンド付け
背面板の左右に上の写真の補強板を付けますだ。

又、上下の板を付ける為、木工ボンドを付けまった。
白いボンドが見えっぺね。

上下板取り付け
上下板取り付け
おくの背面板に、上下の板をネジ止めで、ガッチリ付いたです。

三角状の明るい部分は、隣に停めてある軽トラの窓の反射光だす。

下板(底板)補強板付け1
下板補強板付け
予めカットして置いた下板補強版をくっ付けたところ。

実際はこちらが下に成るんだけんど、写真では逆に上向きに置いてます。

つまり、補強板は下板のソリを防止する為、下側(外側)に取り付けてっけど、
その取り付けは、箱の内側からボンド併用ネジ止め致しまった。

下板補強板取り付けネジ
下板補強板ネジ
これだけのネジで固定、しかも木工ボンド併用なんで、強力だっせ。 (^V^)

組立完成正面
組立完成正面
この向きで、補強板の部分で、壁にネジ止めし、勝手口の上の壁に付けんです。

横幅:750mm、高さ:470mm、奥行き:350mm の大きさなんで、
結構デカイですね。

組立完成側面
組立完成側面
側面ですが、止めネジの多さが判るぺね!

これに塗装するんだけんど、台所収納家具と同じグリーン系の塗装をし、
このプロジェクトも完了と成りますだ。

明日は、出掛けるんで明後日塗装すっかな! (んだな!)

では、明日はブログ休刊します(日曜日も)んで、ご了承くだっせ。 m(_._)m

DEN

箱棚作り(2)

昨日に引き続き、「箱棚作り」致しましたです。
(ブログアップするほどの物ではねーげっとね・・・(笑)

箱棚作りも形に成りましたわ!

今日は、背面板のカットと、ネジ止め下穴を開けて、仮組みをしたです。(^ム^)

背面板と側板・上下板ネジ下穴状態
全材料下穴開け

箱の板の厚みは、12mmなので強度は十分なんだげっと、合板なんで木ネジが
効き難いんだわ。

だもんで、木ネジをいっぱいつけて、木工ボンドを併用するんだけど、背面だけで
壁に止める為、補強板をつける予定だす。

背面板と上下板の仮組付け
背面板と上下板組

先ずは、組んで具合を確かめまった。

仮組み正面
仮組み正面

仮組み側面
仮組み側面

仮組み背面
仮組み背面

この仮組みで、板の位置がキッチリ決まったので、これをばらして木工ボンドを付け、
再度組み立てれば、ガッチリ組立出来っかんね。

但し、補強板は、やっぱし必要だんべなー。
重いもの乗っけられたら心配だがらね。

土曜日は、出掛ける予定なんで、明日もう少し進捗させなくっちゃねー。
と思っちょりますです。  (^L^)

DEN

箱棚作り(1)

今日は、天候に恵まれDIY日和でした。

その前に、行きたいと思っていた食堂で、息子の友人が営んでいる「割烹」に
行って、蕎麦を食うてきまった。

割烹 「杉」

店に、カメラを持って行くのを忘れ、また食べるのに夢中になり、携帯での
撮影も忘れ・・・・・・トホホ!

紙に書いたもので、紹介すっかんね。

店の紹介カード
割烹 杉 PRカード
お品書き
割烹 杉 品書き1

割烹 杉 品書き2
いやー・・・・写真が小せーから、文字がちっちゃくて見えねーなや!(スンマソン(_._))

食事は、先日亡くなったAIさんの奥様(Sさん)と、娘さん(Hちゃん)同伴で。

小生が食うたのは、お母ちゃんとASさんに「右ならい」で、かきあげ蕎麦を。
石臼で、手で挽いた粉で作った蕎麦、コシが強く大変美味しゅうござりまった。

その石臼は、店の入り口に鎮座しちょりましたわ。

Hちゃんは天丼で、天ぷらが美味いから、「美味かった~!」でした。

前菜として、オカラ、アナゴのジェリー込み(ジェリーに包まれたアナゴ)が出たり、
食後のデザートに、梅の甘煮(?)など(どれも、ウマカーでした)付いてるし、
店も器も、趣が有り良い店だっす。



食事後、ASさん宅でお線香を揚げさせて頂きいたあと、お喋にのめり込み、時間の
経つのを忘れて、話し込んでしまいまった。 (特に、お母ちゃんが)






箱棚作り

義姉のYTちゃん(先般作ったグリーン色の台所家具の家)から依頼された、
勝手口の上の壁に付ける「箱型の棚」作成にトッ掛かりましたです。

今日は、時間を取れなかったので、箱の側面と上下面の板を切り出しまった。
尚、幅広板が必要なるも、普段目に付かない場所なので、合板を使いますだ。

材料カット
箱棚 材切出し

必要な箱の大きさが、幅750mm・高さ470mm・奥行き350mm
なので、横の板は470×350に、上下の板は、左右の板厚分(12mm×2)を
差し引き、726×350を夫々2枚づつ、作りまった。

使った丸ノコ これでカットしました。
箱棚 丸ノコ
ノコは、自作専用置き台に乗っけてありますだ。

何時もの充電式ノコではなく、切り口が綺麗になる100V駆動の通常の丸ノコを
使用しましたです。

既に蚊の出る季節となり、とうとう蚊の餌食になっちゃいましたよ。
右足に2箇所。
♪ キンカン塗ってー、又塗ってー ♪ しました。
急いで「蚊取線香」を点けたけんど、痒くなってからじゃー遅かんべねー。

明日は、背面の板更と補強用の板を切り出す予定なんだけんど、天気次第だなー!

DEN

台風4号の余波だー!

今日は、台風4号の余波で悪天候。

なのでDIY無しで、午後はほとんど 「うとうと」 状態。 (ー_ー)

野菜の植栽

一昨日に、野菜をプランターに植えたんで、それをアップするべー。 (^ー^)

先般、買ってきた野菜の苗を、プランターに植付けました。

地面は有るんだけんど、野菜を植えるには適さない、ほとんどが砂利敷き、
なので、プランターに植えたわけだす。

昨年、草花を植えてあった、長方形のプランターに、堆肥を混ぜた土をいれ、
そこに苗を植え付けまった。

茄子・キュウリのプランターは、未だ置く場所を決めてないので、
写真は仮置きの状態だがんね。

茄子苗
茄子苗
元気が良いねー。

キュウリの苗
きゅうり苗
手前に見えるのはゴーヤで、伸びが悪いなー! (~ム~)

ネットの奥に見えるのが、キュウリのプランター。

その右に見えるのは、片付けなくてはなんねー、植木鉢の残骸。
誰か曰く:普通は、写真撮る前に片付けるもんだべー!

苗は、買って来た段ボール箱入り状態で、玄関前に置いといたら、誰かが蹴飛ばした
らしく、一番外側にあったキュウリの苗が、スッ倒れていて「クタクタ」してたです。

なので、真ん中のそれが、元気がねーんです(でーじょぶかなー?)。

最後は、シソの苗
しそ苗
玄関前の、植木鉢に植栽しましたっす。

植栽してタップリ水をやったら、キュウリの中央の一本を除き、元気モリモリ。
再び、真ん中のキュウリ、でーじょぶかな~?

これで、新鮮な野菜が食べられっぺ!

これから、お母ちゃんの野菜飼育が始まっと~!(と期待) (^O^)

DIY記事でなくって、つまんねーですか・・・・・トホホ!

DEN

換気扇修理

換気扇修理

昨日の日曜日(17日)は、先週末15日朝に壊れてしまった、勤務先の業務用大型の
「換気扇」を、何とかしようとトライしまたっす。 (^v^)

アルミ切削加工品のキリコなどの洗浄を行う「洗浄室」の換気扇なので、動かないと
臭気が漂って、アンバイが悪いんですね。

14日夕方に、羽が取れて吹っ飛んだらしく、使いも物になんながったっす。(><)

換気扇そのものを新しいものに交換すれば良いんだけんど、近くのH/Cには在庫なく、
取り寄せの為時間が掛かるし、業務用のため値段も高いんだす。

そこで、価格が安く、H/Cにも在庫がある「工業用扇風機」と称する物を改造して
付けてやろうと言うことに!

壊れた羽がこれ
NG羽根
黒いのは、長年の汚れがこびり付いている、つまり長い間働き続けた証だすね。

手前の羽根が、折れて取れちゃって無くなってんで、羽根だけ交換しようと思ったら、
羽根がモーター(灰色の丸い物体)の軸に熔接してあって、外せねーんだす。 (>。<)

仕方なく、モーターと羽根を「工業用扇風機」のものに交換する事にして、フレームは
そのまま活用。

フレームとシャッター
フレーム
ヤッパし汚れが付いてんで、少し汚れを落としたんだけんど、錆びも出ていて綺麗に
なんえーんだわ。

これは、羽根付きのモーターを外した、取り付けフレームユニットだすね。

四角いフレームが壁穴への取り付け枠で、換気扇の風圧で開く「シャッター」付き。
弓型のフレームが、モーター取り付けのフレーム。

前述の如く、「工業用扇風機」のモーターと羽根を取り付ける事にしやしたが、
そうは言うものの、当然ながらそのまますぐ付くような構造ではないんだす。 (~ム~)

そんで、建築用の「Z金具」の平板2枚を加工し、取り付けることに。

使った「Z金具」平板
Z金具平板

モーター取り付けの穴と、フレームの穴に合わせた位置に、ボール盤(卓上ドリル盤)で
モーター固定用の6Φ穴と、フレームへの取り付け用10Φの穴を開け、モーターを
取り付ける事にしやした。

「工業用扇風機」のモーターと羽に交換
本体交換後
左にあるのは、元々工場扇に付いていたモーターカバーで、尻の部分(モーターの後ろ)
に首振り用ギアーが入っており、胴長なんだすわ。 (笑)

現場の換気扇の取り付け場所が狭い為、このカバーは長過ぎて付けておけないのだす。

そんでも、モーターを裸のままで使うわけには行かないので、H/Cでエンビの
100~120Φ用のパイプ継ぎ手(塩ビ管継ぎ手)を買ってきて、取り付けまった。

完成したでー
本体交換完了1
首降り機構固定ポスト(柱)のネジを使って、上手い事パイプ継ぎ手がくっ付いたけんど、
後ろを開けっ放しでは、汚れが入ってしまうんで、ツインポリかボードを、丸く切って
はめ込み、接着剤で固めたっす。

動かしてみた
本体交換完了回転中
羽根が止まっている様に見えっけんど、勢い良く回ってちょりますだ。 (^ー^)
その証拠に。シャッターが開いてっぺな!

今日(18日)、工場に行って早速取り付け作業開始・・・したものの、やっぱし後ろが長く
モーターを壁穴への取り付け枠につけたままでは、後ろがぶつかって入らず。(~.~)

仕方なく、先にモーター取り付け弓型のフレームを、壁穴への取り付け枠から外し、枠を先に
壁穴に取り付けてから、モーターの付いた弓型のフレームを取り付けまった。

結果、大変上手いこと取り付きましたですが、写真がねーでスマンです。 (ペコッ!)

今日は、天気が良いんで、DIY日和だけんども、次の木工作品の準備(構想)が
整ってないんで、先ごろ買ってきた(お母ちゃんが)家庭菜園の苗をうえっぺ。

ではでは、また!m(_._)m

DEN

悲しい出来事

woceanさん(以下、WOとします)のブログにも有りましたが、大変お世話に成った、
先輩友人のAIさんが、亡くなられてしまい、本当に悲しい事です。

現在、小生とお母ちゃんがパートとして勤めている、AS製作所の産みの親で、
我家の土地や家を建てる時にも、本当にお世話に成りました。

色んな所に連れて行ってもらったり、朝からお邪魔したり、お風呂に入らせてもらったりと、
小生家とは、家族同様の付き合いをさせて頂いた方です。

趣味も、小生と通じる所が有り、「アマチュア無線」「オーディオ」「バイク」など。

アマチュア無線では、アンテナ建てを手伝ったり、小生がマレーシア勤務になるまで、
ショッチュウ無線交信をしてました。

宇都宮(栃木県)に「ベンチャーズ」が来た時は、仕事が終わった頃、小生の勤め先
(SH社TV事業部)の正門まで、ピックアップに来てくれ、一緒に「ベンチャーズ」の
ライブに行った事。

バイクでは彼が「ハーレー・ダビットソン」を買って乗ってましたが、“振動がひどくて”
といって手放してしまいました事(残念ながら小生が乗車する機会が無かったですが)。

小生が会社勤めだった頃も、彼の会社の「社員旅行」に、小生の家族を一緒に連れて
行ってもらった事。

電気製品の修理をしてやったり、金属加工では、機械を借りたり加工してもらったりと、
思い出すとキリがないです。

その中でも、彼は写真に中々の凝り様で、その彼が撮影してくれた、WOが幼稚園年長時、
塩原(栃木県)の義姉宅に行った時のショット!

白黒写真であるところが良い!

(WOよ、写真載せちゃうけんど勘弁な!)

民家入り口私道にて
AIさん撮影wo塩原2
砂利道ダー。

茅(かや)の茂みで
AIさん撮影wo塩原1
良くみるとハッカケ(歯欠け)だー!

軍手がデッケー!
AIさん撮影wo塩原4
手が腫れているわけではないですよ。

何か持っている
AIさん撮影wo塩原3
遠近感が良く出ていて、手動一眼カメラと、腕のなせる業。

WOは、幼稚園の年少から年中まで短い髪で“男の子?”と聞かれるほどでしたが、
年長になって髪を伸ばした為、幼稚園の先生に“女の子になれたね”と言われたとか。

(親バカだねー、こんな写真をアップしたりしてね)

AIさんの工場では、カメラのレンズ筐体を作っている関係で、彼はまるで有名カメラマン
の如く、素晴らしいカメラを持って、撮りまくっていましたわ。

悲しい事ですが、彼と話を交わす事が出来なくなってしまいました。

和時計も、未だ未完成、なのでせめて途中まで出来た時計の写真を、持てってもらおうと、
ブログに載せた様な写真を、A5サイズでプリントしました。

彼は逝ってしまったけど、残った奥さんのSさんは、脚が不自由で、口げんかをしながらも
彼に頼っていたところ大で、今は気丈に振舞っているけど、少し時間が経った時、
クジケテしまうかも知れないので、シッカリ支えてあげないと。

Sさんだけでなく、家族みんなをですね。

暗い話(写真も白黒)で申し訳なかったですが、小生と小生の家族にとっても、
大変な恩人であり、今日のブログにアップさせてもらいました。

そんな訳で、今日AIさんのお宅に、焼香に行ってきました。
上の写真は、その時預かってきたもので、スキャンしてデジタル記録しました。

AIさんのご冥福をお祈りし、今日のブログの締めとさせていただきます。

従って、月曜(18)日まで小生のブログ「こんな物作り」を、お休みさせて
頂きますので、悪しからずご了承ください。

DEN

和時計作り(4)

昨日に続き、木製部分を一気に作りましたよ! (^ー^)

その前に、先日お母ちゃんの要望で作った物置台が高すぎて、「半分の高さが良い」
と言うので、高さを半分にして、2台に作り変えまった。

物置台改造

こんな風に
改造物置台1
左が、元の上の部分、右が元の下半分を、それぞれ桟を付けて補強しやしたっす。

2台重ねた
改造物置台2
上段・下段が逆になってっけど、元々はこんな風に2段型だったんだす。





和時計の台作り

今日、「和時計をつくる」の雑誌の、11号から41号までの木工関係部品で、
木製台を組立まった。

雑誌1冊に、2~数点の部品しか入っておらず、何冊か溜まらないと形にならないので、
41号まで一気に作れて、かえってあんばいが良がったわ。 (^L^)

台座
台1
左は、一番下の台座、右は時計部分が乗る台だす。
これも左は5個の部品を、右は3個の部品を夫々接着して組立ましただす。

台箱
台2
分銅=動力源となる重り=の入る部分で、18個の部品から出来てて、
4本の柱はネジ止め、飾り板は溝に接着剤で固定しまった。

半完成状態 41号までの全てを組んだっす!
41号までの全て正面 41号までの全て側面
左:正面                       右:右側面

メカの上には、「時を知らせる鐘」が入るスペースが有りますだ。

全高:67Cm程・台座:24Cm角で、中々の物に成りそうだす。 (@v@)

これで当分「和時計作り」は、お預けになっかんね! 

明日は、草取りなど片付け事をする予定なので、DIYとしてはお休みだす。 (~ム~)

ブログは?

DEN

和時計作り(3)

今日明日は、和時計つくりで届いている部品の、41号分までの作成に専念すっかんね。

11号~41号のメカ部分

ココまで出来ました。

途中経過の写真が、ほとんど無くってスマンですね。 (><)
写真1
メカ半完成1

写真2
メカ半完成2

写真3
メカ半完成3

写真4
メカ半完成4


細かいネジ1
メカ細かいネジ1.1
細いシャフトの中に、スプリングを入れ、そのストッパーピンに、小さいネジを
付けたんだげっと、中々付けられなくて、若干イライラしてしまいましたがな!(~。~)

拡大
メカ細かいネジ2

ピンネジ取り付け
正面の動く文字盤(写真1の円盤)の後ろに、細い「時打ちピンネジ」を取付けますのだ。
メカ文字盤時打ちネジ1

こんな風に
ピンネジが小さくて、仕方なくピンセットで挟んで、精密ドライバー(-)で締め付けまった。
メカ文字盤時打ちネジ2
真鍮が錆びない様に、手袋しての作業だす。 (^O^)

完了
24本全て付け終わりです。
メカ文字盤時打ちネジ3
ピンネジが、2本余ってるけんど予備で、本来は3本有ったものを、1本紛失して2本に!

他にも、組立途中で小さいナネジを1本紛失してますだ。 (>.<)
予備が1本有ったので助かったー! (ホッ!)

メカは、結構豪華に見えますねー! (^ー^)

今日は、これまで届いたメカ部品を組み立てたんだけんど、明日以降は木製の台を作る予定。

お楽しみに!

DEN

もろもろ

今日は、午後「お出かけ」をしんで、これといった記事が無えんです。

それも寂しいべなー! んだなー!




先ずは、この事から!

昨日10日(日曜日)買い物の為出掛け、Y電気に寄ったついでに、TV用簡単リモコン
買って来たっす。

なーんでか! それはねぇー・・・・・・・
TVに付いているリモコンは、ボタンが多くて、年の行った方には操作しにくい。

お母ちゃんの実家に、野菜を頂に行ったとき、義兄さんが
「こないだ、リモコンを間違って押したらしく、音だけ出て絵が出ねーんだ」
と言うわけ。

それで、キーが大きくて数が少ない、簡単リモコンを買ってあげようというわけだす。

簡単リモコン
簡単リモコン

これ、980円也、しかしビデオ(DVD)用リモコン付のは、その分キーは小さいし
メーカーが違うけんど、680円也。・・・・・何とも、ふに落ちないねー! (?。?)




晩酌

さて、今日はお母ちゃんが、先日頂いて来た新じゃがと玉ネギウを使い「肉じゃが」を
作ったんで、それをつまみにチョコット一杯。 

肉じゃが
肉じゃが

さすがに新じゃがは旨し!

次は、小生の水分補給だすね。 (^ー^)
キリン淡麗
キリン淡麗

これは、発泡酒の250ccで、「肉じゃが」をつまみに、チョコット飲ませて頂やした。
チョコットには、丁度良いですねー!

丁度時間が来た様で、スズレイスマスタだす! m(_._)m

DEN

シマッター!

今日は土曜日、しかしながら外は無常にも雨。 (>_<)
午前中は、脳神経外科への通院検診。


台所収納家具設置

昨日の午後だったけど、天気の良い時に運んでおいたので、雨天の今日でも設置が
出来まして。 (^ー^)

午後3時頃、義姉のY家に行って設置してきたげっと、ただ設置場所に置いてきた
だけなんで、面白みなしだすね。

写真をパチリ!・・・・・・?

シカシです! (@L@)

2枚目を写そうと構え、シャッターを押そうとしたら、「電池が有りません」の
表示と共に、電源が切れた!・・・・・ハチャーーー!

何とか写せるかと、再度スイッチを入れると、ONできた。 

構えると又、「電池が有りません」の表示と共にOFF・・・・・アリャーリャ!
2度と電源は入らず・・・・・・駄目だこりゃ! (>n<)

設置写真
台所家具設置
家が傾いてる訳ではなく、カメラマン(誰だ?)がへたくそな訳。

中上桟に「DEN」の焼印を押したんだけんど、焼きすぎて真っ黒だー! (>.<)

奥行きは、台所スペースが狭くなるので冷蔵庫より短いけんど、高さはピッタシ!

この1枚が唯一撮影出来た1枚だす。 

仕方がないので、去年作って設置した「台所収納家具2型」の設置写真を!
(尚、これは2011年10月頃にブログで紹介してます。)

去年の家具設置写真 (2011年10月10日ブログより)
KS設置1

台所が狭いので、高さ1.8mの家具全体が入りきれなかった。
(この時のカメラの焦点28mm、今のカメラは26mmでやや広角)

この家具の下部と、そして引出し3個(10月2日ブログより)
台所家具2-1 引出し3個
右側の白い場所は、米びつ入れで、左のスペースは、電気炊飯器のスペース。

上段部(10月2日ブログより)
上段部
下側は電子レンジスペース、上はオープン棚。

これは義姉の所で、重宝がられてっかんね。 (^V^)

義姉の所には、もうひとつ勝手口の上に、オープン棚を作る事に成ってんで、後一手間
要るね。





和時計作り(2)

さて、台所収納家具の設置で帰ってから、チョコット「和時計作り」をしたんで、
報告しますだ。

9号と10号部品を組付けしまった。

和時計9日目

トップ箱
和時計9日目上箱
細かい桟を各窓の上下・内外に取り付け、天板も。

メカ箱
和時計9日目メカ箱
左側の飾り側板が付きまった。

この飾り側板も、墨入れをしてますだ。

AIさんに見せてやりたいけんど、現物は持って行けねーべから、写真で見せてやっぺ。



さて、明日はお出かけするんで、DIYも当然休みだー!

では月曜日まで、ご機嫌宜しゅうだす。

DEN

7日の事

昨日、7日の事を報告しますだ。

物置台にフェンス(土手)付け。

フェンスを付けた
物置台フェンス付け
フェンスは、杉野地板のカンナ掛け済端材を、スライド丸ノコで幅3Cmに引き裂き作成。

これで乗せた物は、落ちにくくなったっす。 (^ム^)




ゴーヤネット桟作り

ゴーヤの「緑のカーテン」(それ程大きいくないけんどね)の「ネット」を掛ける為の、
上下の桟をつくりましただす。
去年も作ったけど、既に別物に変身してしまってるんで、再度作る事に。 (>o<)
来年は、再利用すっぺ!

材料
桟材料2
手元在庫の材料は、端材のこの2本。
長さ1.4mの 3×4Cm 材と、長さ80Cm程度の杉の垂木の2本だす。

垂木を挽き割って2本にし、更に端をL型の相欠き加工して、2本を接ぎ合せますだ。

垂木の挽き割り
垂木の挽き割り
充電式ハンディー丸ノコ(DIY用ですけど)でカット。

相欠き加工
相欠き加工
切り欠きは、スライド丸ノコでやっつけました。 (^L^)

木ネジで結合
ネジで結合
右はネジ下穴あけに使ったドリルドライバー、左はインパクトドライバーでネジ締め用。
裏表それぞれコーススレッドネジ3本の計6本で結合。

角の面取り
角の面取り

深い緑色に塗装
塗装済桟
長さは、下の桟になる方が、3×4Cm材で1.4m、上になる方が接ぎ合わせた材で、
1.6m。

実際の網掛けは、又後日アップするのでお待ち下され!




これ飲んだ

所で、この日の夜、頂き物のある飲み物をいただきまった。
近くの姪Kの旦那NYちゃんが、先週韓国に行ってきた時の土産で、その名も「マッコリ」。

これです
まっこリ等
2つの2合瓶(?)が有るけんど、既に飲んじまって中身は空。 (>。<)
右のグラスも、残りわずか・・・・・・・美味かったでー!

左端の裂きイカは、息子の勤めている酒蔵と同じ名前の「天鷹」辛子裂きイカだす。
息子が「思わず買っちゃった」と言っちょりまった。

これも、辛いけんど柔らかくって美味で御座りまった。
息子よ、ごっつぁんでした! \(^ー^)/




今日の事

今日は、義姉のY家に「台所収納家具」を運んで行き、そのままお母ちゃんの実家F家
に行って、キャベツ2個、白菜2個。玉ネギ20個、新じゃが両手のひら3杯分の野菜を
頂いてまいりやした。
それと、冷凍淡竹(はちく)少々も。
冷凍にしたのは、正月に食べたいからとの事でした。

実は、ゴーヤのネットも付けたんだけんど、雨模様だったので写真なし。
後で写真のアップだすね。




最後の写真

我が家の「ソーラーパネル」からのケーブルが裸だったので、耐候性対策の為
雨樋をさかさまにして被せたので、その写真だす。

ソーラーパネル
ソーラーパネル
このパネルは、12V80W2枚で、2台のバッテリーにチャージ、屋内にも
配電しており、停電時目的なるも、常用灯・常夜灯・ポータブルDVDプレーヤー等に
使用。
屋内コネクターは、自動車用シガーラーターソケットを使ってるんで、12Vの
自動車用電気製品等が使えて便利。



電線カバーがこれです
電線カバー
雨樋を、逆さまに付けてますだ。

では又です。 m(_._)m

DEN

和時計作り(1)

第8冊(8号)目まで、組み立ててみたです。

毎週の部品は、ペット材のパックに入って届きますが、各号毎での完成度が悪く、
何週かまとめて作ったほうが、効率は良かんべな。

真鍮部品の彫刻に墨入れしたり、音穴板に網を張ったり、部品をネジで止めたりして
ココまで出来やした。

8号目までの仕上がり状態
8号まで
メカ部分の入る、トップボックスが途中まで完成、この中に、時計の心臓部である
メカ部分が入るだす。

(右の写真の左右に「音穴板」が付いているんです、写ってなくて、ソーリーだす。)

ガラス(アクリル透明板)には、保護シートを付けてます。

メカ部は、総真鍮製なるも、未だ歯車などは入っておらず、空っぽだす。

各号の部品は、パック詰めで届きますだ。

パック詰め部品
パック入り部品
これは、5号の部品パックで、上右の真鍮板はメカの天板で、上左は飾り柱、4個は
メカの下部に着くネジ。

下の3点は、音穴板の部品。

真鍮文字盤墨入れ
真鍮板に墨要れ
真鍮盤を、真鍮磨き布と言うもので磨き、その後表面に墨を塗り、墨が乾いたら
ティッシュで拭き取りまった。

墨も筆も付属していたっす。

音穴板網張り
音穴板網張り
丁度、お寺の備品みたいですが、窓に金色のネットをボンドで貼り付けたんです。

文字盤部拡大
文字板部部拡大
歯車などの部品が付いたら、結構壮観だんべーなー。

部品やブックレット、工具、くみ上げた作品など、保管する為の専用ボックスを
買い求めました。

保管ボックス
収納ボックス

作業状況をハショッていますが、結構手間の掛かる作業だすけんど、楽しいものだす。


実は今日、お母ちゃんご要望の台に、乗せた物が落ちない様「土手」付けと、
ゴーヤネットを付ける為の部材準備などの作業をしたんだげっと、それは次のブログで
アップするんで、お待ちくだせーな。

DEN

物置台作り(単決編)

昨日、お母ちゃんの仕事で使う「物置台」を作りましたぞ! \(^v^)/

作業開始が遅かったので、およそ2時間の奮闘でしたわ。

何しろ端材というよりも、廃材で作ったような物なので、見た目は良くないんだけんど、
実用性は充分だすよ。 (^ム^)

物置台
物置台
端材なので、天板や棚板は接ぎ合せ、脚は12mmの杉板をカギ方に接いだ板と、
19mm厚の集成材を、20mmに挽き割った板を使ってますだ。

大きさ:棚板 35Cm角、高さ 50cm

裏側
物置台裏側
400の表示は、無関係(廃材だったんでね)

結合は、ボンドとタッカー留めで、手軽にガッチリ付くんでエアータッカーを使用。

中間棚板は、接ぎ合せ箇所に当て板を付け、強度アップ。
そして、カギ型に組んだ脚が見えっぺね!

棚板コーナーカット
棚板コーナーカット
脚にぶつかる部分を、手ノコでカット。

綺麗に仕上げるのには、テーブルジグソーを使えば良いげっと、簡単に手ノコで。

カットした部分拡大
棚板コーナー
上の写真でカットした棚板の、組付け状態が良く分かるべね!

脚取り付け部
天板裏コーナー

更に要望が有り、天板のフチに、乗せたものが落ちない様、土手を付ける事に
成りやした。

次回の作業だね。

それと、ゴーヤのミドリのカーテンを作らねば!

DEN

台所収納家具3型(12)最終回

やっと完成に、こぎ付けまった。  (^J^)

最終塗装

仕事先から帰り、午後1:30頃から、最終塗装を開始。

最終ペインティング

緑色の部分と引き出しの内側は、水性アクリル二ス塗装。

(ニスを乾かす間、後述する工作物を加工しまった。)

その他、本体内部の、引き出しと触れる部分、および引き出しの前板を除く外側の
無着色部分は、滑りを良くする為「ワトコオイル」を塗布。

ワトコオイル
ワトコオイル




完成

出来ました
完成1 完成2 完成3

引出しを引き出して
完成4 完成5

引き出しは、敷居すべりを張ったりオイルを塗布した為、動きはスムースだっせ!(^^)

尚塗料に水性塗料を使用したけんど、木材表面の柔らかい部分がが膨れて、凸凹っぽく
なるのと、渇きが早過ぎ伸ばしにくい、ハケの根元が固まってしまう。 (>.<)

なので、油性の方が使い易いですなー!
安全性は、水性の方が高そうだけんどね。

ワトコオイルは、安全ですよ
ワトコオイルに、緑色系のものがあれば良いんだけんど、これが無くてね。




ノートPCサブテーブル改造

いま、先ごろ購入したノートPCを使って、ブログを作成中。

何時もなら居間のコタツテーブルでPC操作する所なるも、6月とも成り暖かく
なってきたんで、デスクトップPC机で、イスに座ってPC作業をやろうと、
以前使っていたノートPC用サブテーブルを、今の新しいPCが乗るように、
改造しやした。

塗装を乾燥させてる合間の、内職です。

これです
ノートPCサブテーブル1

PCを乗せて
ノートPCサブテーブル2

今使っているのノートPCは、以前のより一回り大きいので、拡張したんだす。




さて台所収納家具は、塗料が完全に乾燥してから、据付けに行くんだけんど、
土または日曜日頃になっぺね。

ブログで報告予定ですが、超期待なんてしねーで、なんとなく期待していてくだっせ。

では! m(_o_)m

DEN

台所収納家具3型(11.8)

昨日は、日曜日だったので、小生のブログの休刊日でした。

その昨日の午前中は、Q宅に行って散髪してもらい、頭の衣替えに「いがぐり頭」に
成ってきただすが、洗髪が楽になりましたぞー!  (笑)

いがぐり頭
イガグリ頭
こんな風になっちゃいました。  (ギョ! @。@)
(イガグリと言うには、ポヤポヤな髪の毛だなやー!)

けんども、その為1時間ばっかり作業時間が短縮、更に午後は出かける為、作業時間が限定
されましただす。




先ずは、日曜日のペインティング報告だす。

引出し着色塗装

こんな感じで、前板部分の外に出る部分を塗装(塗色)しまった。

この緑の着色部分は、更に、外観は水生ウレタンニスで、引き出しの擦れる部分は、
滑りやすくする為、オイルステイン塗布にする予定だす。

前板塗装
引出前板塗装1

塗料
緑色塗料

全部の塗色出来た
引出前板塗装2

本体に収めた
引出前板塗装3

午後は、お世話になってる先輩友人AIさんが入院中なので、お見舞いに出かける為、
作品は、作業場に仕舞いまった。





作らなくっちゃ

日曜日に、入院中のAIさんから、こんな物を預かり、作ることになりやした。

これです
和時計つくり

全60巻中、未だ39巻目までの材料なので、あと半年くらいしねーと完成まで
たどりつけねーんだけんど、頑張っぺ!

これも頂きまった。(遠慮はしたんだけんごもね)
懐中時計1 懐中時計2



今日、台所収納家具の最終仕上げ塗装をしたんだげっと、明日の報告とすんでご理解を!

今日はこれまで、又会いませう。

DEN

台所収納家具3型(11.5)

今日は、天気が良いので、何とか塗装までやっちまおう、と作業開始しまった。 (^J^)

桟の本固定

仮止めしてあった桟を、ボンド付けし本固定しまった。

桟等のボンド止め
桟ボンド止め1
下に見える桟にボンドを塗布し、仮止めしたネジで位置合せし、そのネジで本止めだす。

仮止めしたネジの穴が「裏」と描いた文字の上に、横一列に開いてるのが、見えっかな?

これらを使って
ドリルドライバーとボンド
使ったドリルドライバーは、コワレた電池を改造し、ソーラー発電設備を使った、
12Vコード式で、快ですよ!  (^V^)

ボンドは、柔らかくて乾燥の速い「タイトボンド」(写真右)を使いまった。

トップと6段目の桟
桟の固定
天板の桟は、既に固定済み。

6段目引出し桟の右側を取り付けるところで、5段目の桟の上に仮置きして有りますだ。

最後に、下段と上段の間の横桟もボンド付け固定し、そのネジ穴を埋木で埋めまった。
(写真無し)

サンディング

本体と引き出しに、再度サンディングを実施。

最終サンディング
最終サンディング

塗装(着色塗装)

依頼主の希望で、先に作った「2型(米びつ要れ・炊飯器棚・電子レンジ棚付き)」と同じ、
グリーン系の色だす。

本体塗装(着色)
本体塗装(着色)
本体の着色塗装が終わった所で夕方になり、作業場テーブルに収納致しまった。

写真は、その作業場の作業テーブル上に置いた所を写したもんだす。

引き出し塗装は、未だですけんどね!  (^へ^)

今日は、引き出しの着色までは、出来なかったんで、明日(天気が許せば)継続だす。

DEN

台所収納家具3型(11)

今日は、雨天の予報だけんど、午後になったら太陽様が輝いてっぺな! (^v^)

そんだげっと、3:30頃になったら「ピカピカ・ゴロゴロ」鳴り出した。

こりゃたまらん!

てな訳で、今日も引き続き「チョコット」なんですだ。





≪花≫

気分転換に、家の庭に咲いていた「シャクナゲの花」ですよ!

シャクナゲ
シャクナゲの花

ほったらかしの状態でも、毎年けなげに咲くんだすねー! (^ム^)
周りは、雑草だらけなんだげっとね。





≪チョコットの時間の家具作り≫

桟を、ボンド付けせず、仮ネジ止め。

桟を、水平に取り付けるため、曲尺(スコヤ)を当てて、高さ出しと直角出し、
更に水平出し、結構手間取りましたがね。

棚板・天板それぞれに、ネジ止め用下穴開け。

桟の、本体へのネジ止め位置とバッティングしない様、ネジ位置を決めまった。

棚板・天板取り付け

隙間が出来ないように、ウランプでくわえてネジを締めたっす。

桟同様、ボンドを付けずに仮ネジ止めした状態が次の写真で、こ時既に、大雨が
降ってきてましたです。 (>.<)

(仮の)出来上がり写真  前々回や前回に似たような写真だすな!
仮の完成

未だ、最終には至ってないので、4段目と5段目の間の桟のネジ穴は、梅木が入って
ねーですだ。 (~_~)

傾いて見えっけんど、写し方が傾いてたので、家具が傾いてる訳じゃーねーがんね。

最上部のオープンシェルフ部分は、依頼主の要望でオープンのままの仕様で、
突っ張り棒でカーテンをつけるらしいんです。

このままでは、チョコットカッコ悪いけんど、依頼主の要望なんで、ま・良いか。

明日は、良い天気の見込みなので、仮止めねじを外しボンド付けして、再度ネジ留めし、
日曜日も好天なら、塗装だすね。

もう少しで、完全な完成だすわ!  (^V^)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR