スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリム収納?作成(8)

詳細

これまで出てこなかった、部分の詳細(?)見とごんなんしょ!(^ー^)

引出しストッパー
引出しストッパー
引出しを、停止位置より無理やり引出しと、スライドレールが外れて壊れる恐れが
有るので、抜けないように「ストッパー」を付けたで。

上部の、鍵などの「仮物置」枠内中央に見える、小さい黒い丸がそのネジ。
勿論内側(引き出しがあたる部分)には、ゴムクッション(水道蛇口のゴムコマ)を付け、
ショックを和らげてるぞー!

スライドレール
スライドレール
引出しの下に付けた、小型の「スライドレール(ベアリング式)」だす。

アオリ止め
アオリ止め
傘入れは、底面前の丁番を支点に、手前に引出すが、ストッパー(アオリ止め)が必要。

そこで、スチールワイヤーの両端に、電工端子を圧着して作ったもんだっせ。

中央に見える縦線が、それだす。

横ブレ防止
傘入れブレ防止
傘入れの横ブレを抑える為に、プラスチック製板状の「引出し滑り材」を
貼ってやったです。 厚み3mm位になる様、重ね貼りしたやんだす。

場所は、1つ上の写真(アオリ止め写真)の下の辺りで、側板の内側だわ。

(写真は、思いっきり開いて撮影したけんど見にくい、それと合板のバリが未処理だ!)

傘入れ丁番
傘入れ丁番
本体底板の前=傘入れの前下に付けた丁番だす。

底面には、4コーナーにクッションフェルトを貼る予定。
それに耐震策は、壁にネジ止めかな!

天部分の装飾
天部装飾
天版の裏板に、装飾を施しまった。

それと、引出しネジ穴を埋めたダボ(埋木)も写ってっぺね!(^o^)

サンダー掛け
こんな風に
サンダー

出来上がり
仕上げサンディング
仕上げの塗装に備えて、全体をサンディング致しやした。

白美人(?)に成っちゃいましたがな!(へLへ)

暗くなってからの作業場内撮影なんで、見にくいけんど、勘弁しとごれね。 _(=_=)_

次回は塗装だけんど、薄い着色にオイル仕上げにスッペがな!(~ヘ~)

DEN
スポンサーサイト

スリム収納?作成(7)

「ご本尊」のタネ明かし!(^ー^)

「ご本尊」が、形になりましたわ!(ヤッター!)

ご本尊様
ご本尊1
背面姿です。

上から見たら
ご本尊上部
なに入れ、それ?(?L?)

エアータッカー
タッカー
側面の薄い合板は、これカナダで買ってきた「エアータッカー」で止めまった。

左に有るのが、使ったU時ステップル。
勿論、ボンド止めしちょりまっせ。

これを                             これに入れると(丁番で止める)
ご本尊2 本体

こうなりますです。(全面に何か、装飾が欲しいところだなー!)
仮仕上り1 仮仕上り2
なにやら入っちょりますなー!

こんなんです。
傘入れ

そうです、「傘入れ」です。(@L@)

但し、濡れたままの傘は入れっちゃーダメだどー!
何しろ、木製だがらね!

底を塞いだ「塩ビパイプ」を何本か付けて、「濡れた傘でもOK」とも
考えたんだけんど、水が溜まってマズイと思い、取り止めましたです。

この収納家具は「傘入れ」の上が「隠し引出し」その上は、物を置く為の「棚」で、
すぐ近くの、姪(M子)の家の玄関「下駄箱」の横の、狭い(160mm)のスペースに
はめ込む為に作ったもの。

後は、ダボを使って引出し前板のネジ穴埋めや、傘入れアオリ止め、塗装等が残るので、
今週一杯で仕上っぺがなー。(~ム~)

それに、装飾・・・・どーすっぺ!(~_~)

DEN

スリム収納?作成(6)

本体の筐体(箱の部分)組立と、引出し取付が出来た。(^ー^)



本文に入る前に、家で咲いている花達を、先ず。
但し花の名前は、わかんねー!(汗)

花1 花2
花3 花4
11.28花5 花6

本題

本体組立は、結合部を全てを、ボンドで接着しようと思ってたけんど、引出し取り付けに
スライドレールを使い、万が一にそのレールに不具合が出たとき、本体を開けなければ
なんねーんで、ボンド付けは止めたんだ。(~A~)

その代わり木ねじを、いっぱい使って頑丈に結合したがら、でーじょーぶだわ!

ネジがイッパイ
底面ネジ止め
本体の底面で、ビスをいっぱい使って止めたでー。

引出しと天棚板
引出しと天棚板
右上:引出し受け板に付けた、「スライドレール」と「引出し」で、双方は切り離せない。
   引出しは、ボンド併用ネジ止めでガッチリ、前板のネジ穴は、ダボ埋めする。

左下:天棚板で、前板を追加した。

本体前板引手部分加工
前板切抜き1
で丸味を切抜き、ジグソーで不要部分を切取り、ルーターで面取り到しまった。

面取り後
前部分
前板引手部加工2

裏部分
前板引手部加工3
指掛けの為の「凹み」をトリミングしやした。

そして、本体の「ご本尊」様用の材料切出し!
カッティング
ご本尊加工1
充電丸ノコで、ガイド板に沿わせて5.5mm合板をカット。

「ご本尊」材料
ご本尊加工2
これらの材料で、本体「ご本尊」を作りますだ。

ご本尊て、どんなん?(?ヘ?)

DEN

スリム収納?作成(5)

今日は、予約無し通院で、丸一日掛かるかなーと、朝7:30 に家を出た出たもんだから、
午前中で帰る事が出来ましたぞー。(^<^)

家に帰ったら、姪1号の次男(M)が、新婚旅行に使う「スーツケース」を、借りに
来てたけんど、調度、昼時分になってたので、直ぐ近くの姪(M子)を誘って、
豚カツレストラン「たちばな」で、豚カツ定食(1人はイカフライ定食)を食らって
きやした。(^ー^)

皆んな “旨かった” ・・・で良かった。

昼食後、オシャベリ!

そんなわけで、今日の木工作業時間は、あんまり無がったんだわ!(~ム~)

スリム収納?作成作業

今日は、引出しの前板の加工と、本体の前板幅の縮小作業を致しやした。

引出し完成後の姿
引出し仮1
まだ、組み立てないんで、底板をはめ込んだだけだけんど、形はこんなんだす。

長げー物んだなー! \(・o・)/!

引出しの底裏
400
前板には「取っ手」は付けずに、引出し前板の下に、指掛けの彫り込みを設け、
そこに指を掛けて、引出す様にすんだわ。

その為に、前板の裏下にその指掛用の凹みを彫ったんで、良く見とごれ!

本体前板(扉)
すんまそん!
加工した写真画が、無いんでやんす。 m(_ _)m

使った丸ノコ
充電池式の丸ノコ
充電丸ノコ
これで、長さ1mの板の両側を、11mmずつ切り落としたです。

100Vの丸ノコでは、取り回しが悪いんで、これで切りましたがな。(汗・笑)

上手いこと切り取れましたわ。(^O_O^)

作業場環境
作業場環境11.29

今日の作業はここまででっした。

DEN

スリム収納?作成(4)

今日の報告

本体仮組
本体仮組1
仮組なんで、概ね出来上がったら、一度バラしてボンド付けネジ止めすんだわ。

未だ、引出しと、この入れ物の「ご本尊」が付いてねーげっともね。(^o^)

引出し作成中
引出し作成1 これをきちんと組めば完成
引き出しの底には「スライドレール」が付いて、動きが「スムース」だでー!(^o^)

引出し作成2
底板は側板・裏板の溝に差し込んで組むんだす。

溝堀
引出し底板用溝彫り
引出し底板をはめ込む溝は、ルーターテーブルで、幅5mm・深さ6mm の彫り込む。

完成イメージ?
完成イメージ
未だまだ未完成だけんど、多少の装飾トリミングを施し、「ご本尊」を付ければ
完成なんだす!

オット、塗装が要るんだった。(>.<)

所で、前板は、結局手元に有った1×8材の幅を、少し切って(両側を11mmくらい)
作ることに致しやした。

今日の作業場環境(終了時)
作業環境
少々(大変)寒かったー。((((;゚Д゚))))

明日は、予約してなかった通院で、概ね終日ツブレっちゃんべな!

ではでは!

DEN

スリム収納?作成(3)

今日は、大入れ組手の溝彫りで終わってしまったなー。(~ム~)

溝彫り
溝堀1
溝掘りは、こんな具合に、中型ルーターを使ってガイド板に沿って、3mm位の深さずつ
何ども重ね彫りして、必要な深さまで彫り込むんだっせ! (_´Д`)ノ~~オツカレー

一度で深く彫ると、ビットが段々出てきて、彫り込みが深くなり過ぎたり、真直ぐに
彫れなかったりと、失敗が起こりやすいんだわ。

奥に見える集成材は、本体の底板として使う板だっす。

はめ込み
大入れ確認1
試しに、棚板相当の板をはめ込んでみたです。

厚い方が天版相当(側板の溝深さ9mm)、その下の合板は、引き出しの収まる部屋の底板
(側板の溝深さ6mm)に成るんだす。

本体を立ててみた
本体確認

さて、完成はどんな形ちに成って、どんなふ風に、何を入れるんだんべねー!(~へ~)

下に底板を付け、前板が付けば外観が想像出来んだけんどなー・・・・!

へへへ・・・・・・!

今日の作業場の環境は?
作業場環境1 作業場環境2
作業開始時                       作業終了時

又おいでくなんしょ! _(._.)_

DEN

スリム収納?作成(2)

今日は、11月23日でカレンダー上は休日。

そんだけど、忙しい我がパート先は、今日も仕事だったんだわ。(*u*)
午前中だけなんだけんどもね。

スリム収納(?)作成編

昨日クランプ掛けて置いた側板、バッチシくっ付きましたでー!(^ー^)

側板結合完
側板結合完
大きさ、354×1131(mm)2枚

今日も、材料切出しがメイン!

裏板作成
裏板作成
カットして、ビスケットで結合し、クランプ掛けて・・・!
大きさ、160×1200(mm)1枚

切り出した材料等
木取材料
奥にあるのは、クランプ掛け中の裏板
側板の上:左端・底板、2番目・引出し部屋下の仕切板、3番目・天版、
引き出しレールとそれに挟まっている板・引出し材料

引出しは、大きさ:奥行・350、幅・138、深さ・60(mm)と、本体の名の通り、
スリムで奥深いんだわ。

勿論本体も、高さ・1150、幅・160、奥行・373(mm)とスリムな
中くらいの「トールボーイ」!

転倒防止策が問題だなーこりゃー!(~ヘ~)

そう言えば、本体前板は、未だでした。

前板は、買ってきた集成材?、それとも1×6材にすっペが、はたまた側板同様
1×4材で作っか、思案のしどころだなー!(~ム~)

DEN

スリム収納?作成(1)

今日から作成開始だでー!(ルンルン)

側板作成

購入材料
購入材料
1×4材・集成材・5.5mm厚合板・その他

材料カット
材カット1
スライド丸ノコで、全8本カット。
材カット2
左・右の側板となる4本ずつを並べて見たんだけんど。(ニンマリ)

次に、ビスケットで板を結合すっかんね!(^^)

溝彫り
ビスケット溝彫り
ビスケットジョイントカッターで溝彫り(ギューンギューン)

ビスケット詰め
ビスケット埋込み
双方の板の張り合せ部分と、ビスケット入れ溝に「木工ボンド」を塗り、
ビスケットを各々6個づつ、ゴムハンマーでカンカン叩き込み、板を結合。

圧着結合
圧着結合
ビスケットの入ってる部分と同じ数の、6本のパイプクランプで、左右の側板2枚分
まとめて「ギューッ」と圧着!(^ム^)

明日まで、このまま置げば、バッチりくっつぐがら。

それにしても、今日はさぶいがったなやー!(((((;゚Д゚)))))

シマッター、寒さを示す温度計の写真撮り忘れだー!

DEN

スリム収納?

今朝起きたら、こんな景色が見えた。(´∀`)

カメラを持ってくる前はもっと幻想的(モノクロ調で)だったのに、
それを取れなくておしがったなー!

朝の空
朝の空

明日からの木工

玄関下駄箱の横の幅16Cmのスペースに置く「スリム家具」です。
何を入れるか・・・・です。(^ム^)

こんなイメージ
スリム家具イメージ2

何だか判っかねー!

で、例によって材料の仕入れに行って来たでー。

写真は無いんだけんど、軽トラに乗っけて有んだわ。

そんじゃ明日っから、作業開始だー!(^o^)

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(10)

今日は、朝から雨だーっ!(>ヘ<)

分別ゴミ箱-Ⅲ完成

ゴミ箱作成完了でっせ!(^ー^)

蓋全体の、後方への倒れ防止策、結局手元に有った「スプリング」で、
対応って事に!

ダンパースプリング
倒れ防止ダンパー

写真の様なスプリングを、蓋側の引張りワーヤーのフックに掛け、反対側も同様に
本体側のフックに引っ掛けました。

蓋が勢い付いて、後ろに倒れようとすると、このスプリングが引き戻す為、
蓋が倒れないんでやんす。

伸縮性の無い材料を使うより、ダンピング効果が有って、本体にも蓋にも無理が
掛らないべな!

スプリングは勿論、本体側のフックから外せる様になってますでー!

でないと、ゴミ袋の交換時に困るんでね。(~.~)

他のDIY

パンハンガー改善
パンハンガーとは、フライパンや鍋などを引っ掛けて保管する、天井吊り収納設備
ですねん。

コレです(以前にアップした物)
パン・ハンガー完成
この、真ん中の列のフックが太くて、パンを引っ掛けにくいとのクレーム。(~ム~)

で、細いフックに交換。

細いフック
細いフック
百均で買ったフックなるも、左右に使っているフックと同じ物がなく、仕方なく
これにしたんだわ。(笑)

改善アフター
アフター写真
細いフックに成ったので、引っ掛け安くなったと思うんだけんど。(^_^)

今日は終日雨降りで、大した事出来んかったなー。

ではでは、次回も宜しくです。_(._.)_

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(9)

作成記事「第九編」

仕上げは、外観はワックス仕上げ、内部はアクリルニス仕上げに到しまった。(^-^)

一応完成
完成外観
完成外観1
取っ手2つは、カナダで入手したもので、金物と磁器製なんだわ!

外観、蓋開け・引出しを引き出した状態
蓋開け・引出し状態

気になる事
蓋を強く開けたとき、蓋全体が後ろに倒れストッパーが、壊れんじゃーねーかと
心配なのであります。(~.~)

蓋を強く開くと、ハズミで後ろヘ倒れ込み
気掛り1

一気にここまで来てしまう
気掛り2
そうすると、ストッパーのステー部分が壊れる恐れ有り!(><)

こんな万が一に備えて、引っ張りワイヤーを付けまった。
引張りワイヤー2

しかし通常使う場合、蓋の前半分だけ開けるので、それ以上開かない様にすればベスト。

パッチン止めを使おうと思ってるんだけんど、上手い取り付け方法が考えつかない。(~ム~)
パッチン止め
パッチン止め
パッチン止めは、コレなんですけんどね、如何取付っぺかなー!(>L~)

それとも、小さい「アオリ止め」にすっかな!

これが解決して本当の完了、つまり記事「第十編」だす。(^J^)

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(8.5)

塗装で悩む

悩みましたがな!

昨日、塗装しておいた「ケヤキ」色、木目が目立たない!
端材で、ケヤキ色の下塗りをし、試しにクリヤーニスを塗ってみたら、
何とも気にいらない。

それとステイン塗料が「水性」だった為か、木肌が荒れてしまってましてね!(>o<)

そこで、その荒れた木肌を滑らかにすべく、サンダーで研磨、すると良い具合に、
下地塗装が薄くなり、木目が目立ってきやした。(^ー^)

オイルで試し塗りすると、ヤッパリ しっとり した感じに。(^v^)

だけんども、ナチュラル(クリヤー)オイルでは、物足りないので、若干マホガニー
(エンジっぽい色)を混ぜてみたんですがね!

マ、写真で “ご確認あれ” です。

仕上げ塗料たち
「ワトコオイル」のナチュラルとマホガニー、そして「ブライワックス」のクリアー。
仕上げ塗料

オイルは乾燥に1日掛かるので、ワックス塗布はおあずけ!

オイル塗布
オイル塗布1
チョット赤みが混じってマズマズの感じ!

勿論オイル塗布前に、サンダーで研磨致しやした。

蓋を開けた
オイル塗布2

取っ手を付けると、良いべなーーー!(^く^)

ゴミ袋を入れる部屋は、ニスを塗っておくべーっと!

1つ気になることが有るんだけんど、後でハクジョウすっか。\(^_^)/

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(8)

塗装開始

一昨日お知らせいたしやした「塗装」まで、手が伸びまったー。(^ー^)

表面磨き
先ずは、サンディング、電動サンダーで磨きますです。
サンディング
スゴイ色白だ(写真では、ややオレンジ色掛かってるけど)!

色付塗装
メープルとお伝えしましたが、手持ち塗料の都合で、ケヤキ色で御座りまする。(^-^)

本体の、ステイン塗装後
本体ステイン塗装

引き出しの塗装後
引出しステイン塗装

あまり濃く成らない様に、刷毛塗りでなく、タンポ(実際は布切れ)塗りで、
出来るだけ薄く塗装致しやした。

さて仕上げ塗りなんだけんど、オイルにワックス仕上げにすっかなー!
ニスアクリルニス仕上げにすっかなー!('_')

ドッチにしろ、明日以降だな。(~_~)

あーした天気になーあれ!\(◎o◎)/!

DEN

今日は、DIY休み!

今日は、ゴミ箱の塗装を考えていたけんど、雨やアラレが降ったり湿度も高いので、
取りやめにし、つまりノンビリパソコンで遊んでいまった。(^V^)

せっかく覗いてくれた小生のブログファン(であれば嬉しい)の方々に、申し訳無い
ので、先日(11月9日)行なったDIYの1つ、自転車のパンク修理をアップすっかんね。

パンク修理

使用材料
パンク修理材料
左上・以前買っておいたパンク修理キット、その下・シール派剥がれなくて使えなく成った
古いパッチ、青いチューブ・キットに入っていたゴムノリ、中央上・新しくカッタパッチ、
その右(緑色)・新しく買ったゴムノリ、その下・虫ゴムキット、です。

タイヤチューブを引き出す
治具(黄色)を差込み、スポークに引っ掛けておく
チューブ出し1

タイヤをリムから外し、チュブを引き出す。
チューブ引出し2

チューブを水に浸して、穴あきを見つける(石鹸水を塗って泡で見つけても良い)
修理場所確認
親指の少し上に見える気泡(泡)が、穴の開いてる場所

穴塞ぎ「パッチ」貼り付け
パッチ付け
チューブの、穴の空いている箇所を、パッチの大きさ以上の範囲を、紙やすりで磨き
ゴムノリを塗り、ノリが半乾き(指で触ってもくっつかない程度)に成ったら、
パッチのシールアルミ箔側を剥し、修理箇所に貼る。

パッチの上から、ゴムハンマー等で叩いて密着させる。

空気入れ
チュブとタイヤをリムに、チュブがはみ出したりネジレたりしないように戻し、
空気を入れる。
空気入れ
エアーコンプレッサーを使って、これで空気を入れました。

叩きながら空気入れ
タイヤたたき
中のチューブがねじれてしまわないように、タイヤをタタキながら徐々に空気を入れる。

修理完了
修理完了

これで、明日自転車に乗って仕事に行けんな!・・・てな感じでした。(^ー^)

明日は、水曜日

今日は、火曜日・・・てことは明日は水曜日、つまり周の半ばであり、明日になれば
「後2日仕事に行けば休みだ、頑張っペー!」と言う気持ちになるんだねーー。(⌒0⌒)

又、コリずに覗きに来て下せー!

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(7)

出来たー!

塗装を除き出来上がりましたでー!(^ー^)

こうなりました。
前面1

DENマーク付き
斜めから

蓋と、引出しのオープン状態
オープン状態1

DENマーク付き
オープン状態2

ステー
蓋を開いた時のストッパーだす!
ストッパー

キャスター
本体底板に付けまったでー!
キャスター

残るは塗装

少し「メープル」色を薄く塗って、オイル仕上げとワックス塗布煮すっかなー!

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(6)

はじめに、タイトルを「Ver.4.5」とか言ってたけんども、Ver. は適正でないかなー?

Div.が良いのかなー?

本体本組

何はともかく今日は、本体本組・引出し組込み・蓋取付等致しましたです。(^ー^)

側板取付
本体本組
左の奥は、引出しスペース、右が側板。

この様に、溝を彫った側板と本体側の結合部に木工ボンドを塗布し、木ねじで
ガッチリ固定。

本体は、先般作成した「低天板作業台」に乗ってんだす!(>_~)

引出しレール部の「シキイスベリ」
シキイスベリ
引き出しの底が擦れる部分には、引き出しの滑りが良くなるよう、又摩擦による
レール部の「摩耗」を少なくする為、シキイスベリを貼り付けたです。

本日の最終形状は、昨日の完成状態の写真と大差無いので、省略すっかんね。m(_ _)m

J君の誕生食事会

次女「Q」の旦那の「J」の誕生日だったので、昼食を御馳走してあげまった。

ここで
志ぶ屋
「志ぶ家(しぶや)」(昔は「成吉思汗」だった)

これを
ウナギ蒲焼2
食べる前の写真撮り忘れて・・・これメニューの写真でして・・・(爆)

これで
箸

完食
完食

「ウンマカッタ」と、本人大喜びで良かったわい。(^v^)

そんな訳で、今日は若干作業が遅れたけんど、明日は塗装を除いて出来上がっかなー!

デハデハ!

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(5)

かなり形に成ってきましたでー!

見でおごれー!

蓋と目隠し板の接着完
蓋・目隠板接着完
手前は前側、奥が後ろ側で、蓋と目隠し板がバッチリくっ付いでっとー!

本体底板
底板作り
幅90mm、厚み15mmの板3枚を、ビスケットとボンドで張っ付け、底板作成。

引出し作り
作成途中
引出組途中
前板と側板は、ビスケットとボンドで結合、底板は溝にはめ込み、裏板はネジ止めのみ。

引出し完成
引出完
(外が暗く成ってきた)

形に成った!
引出しを出し、蓋の前部分を開いた状態
こんな形1
(作業場内撮影)
本体の組立は、未だ仮の状態で、ネジ類も所々だけしか付けでねーし、
ゴミ袋の引っ掛けフックも、未だ付けてねーんだわ。

全ぶ閉じて
こんな形2
(作業場内撮影)
飾りっけがねーなや!

取っ手付けっかなー、付けねえーがなー!
取っ手が無くても、開けられんだげっとなー!

残ってる作業
・本体の本組
・袋掛けフック付け
・蓋の本体への取付
・引出し上レール取付(引出し側板が)
・引出しストッパー付け
・塗装前サンダー掛け
・塗装
 など

続きを見でおごれー。

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(4.8)

あまり進捗してないんで、Ver 4.8にしましたです。(-^〇^-)

その内容は!

蓋と目隠し板結合
蓋・目隠板結合

結合用ビスケットは、各々6個ずつ組み込んでいるので、強度はバッチリ!(^^)

ビスケットと、木工ボンドで結合させ、クランプで締めつっけているところだす。
このまま、明日までクランピングして置くだす。

他に、引き出し部の採寸を、致しやした。
これで、引出し作成が出来まっせ!

更に、引出しの受け板兼、キャスターを付ける為の本体底板を取付け大入れ用の、
溝彫りもやったです。

溝堀
側板溝堀

左右の側板に、溝を掘りまった。

差し込む板の幅が15mm、手持ちのルータービットに無い為、12mmのビットで
2度彫りし、2度目は、3mmの当板を添えて3mm広げ、15mmに致しやした。(>.*)

残り作業は、蓋の取付・ゴミ袋掛けフック付け・引出し作成・底板作成と取付等で、
結構残ってんなー!(~_~)

せも、今日はここまででやんす。

又、お会いしましょう。_(._.)_


DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(4.5)

今日は、蓋の加工をしたでやんす。(^ー^)

蓋の作成

「分別ゴミ箱-Ⅱ」では、蓋は一枚で構成したけんど、今回は蛇腹状に2つ折りにし、
フック目隠し板も、蓋と一体にする事にしましたです。
そのほうが、使い易いんじゃーないかなーと思って。

イメージ図
イメージ図
蓋を閉じた状態が「①」、通常ゴミを入れる時は、「②」の如く、蓋の前半分を開き
ゴミを入れる、ゴミ袋を付け替える場合は、「③」の如く蓋の広報部も開くんです。

蓋の前側と、裏側の双方に、ゴミ袋フックを隠す為の目隠し板が付いてるの判っかねー!

今日の加工状況は、蓋の加工の70%程度の出来上がりでやんした。

切出して有った「蓋板(天板)」を、2つに分割し、更に目隠し板を取付ける為の、
「ビスケット」挿入用の溝を彫る、までの作業でした。

加工状況写真

目隠し板取り付けの為の「ビスケット」溝彫り
ビスケット溝彫
彫っている板は「目隠し板」で、奥のチラット見えるのは、もう一枚の目隠し板ですが、
彫った溝がよく見えっぺね。

蓋と目隠し板の溝
ビスケット溝
乗っているのが目隠し板、下敷きになっているのが蓋(裏側)板ですねん。

蓋と目隠し板結合(仮)
蓋・目隠板結合
写真は、上下反対に置いて有る。(つまり目隠し板が上に乗った状態の成っちょる)
手前と奥に立って写っている板は、目隠し板。
蓋の中央付近の少し奥側で、切り分けてあり、丁番でつなぎます。

今日は、溝彫りまででした。

次回(明日とは言わない)の作業は、蓋の組立(ビスケット結合)と本体への組み付けかな?
それと、引き出し関係作業できっかな?(~_~)

では、又のお出でをお待ちしてます。

DEN

プレゼント

今日は、昨日のブログでお知らせした、届きもののついてござります。(^ー^)

プレセント

お母ちゃんの誕生日のプレゼントにと、子供たちから「プレゼント」が、次女によって
届けられたんです。

コレです
箱

画面
指の跡は、気にしないでくんなまし! (*´∀`*)

裏面
透明のカバーを付けまった。(保護シートが、未だ剥がされてない!)
ここに、我々の名前と送り主の子供達の名前が印刷されているんです。(^J^)

カバー
グリーンの折り畳み画面カバーも付けまった。

早速、テレビ電話しちょりました。

指南役は次女で(ご苦労さまでした)、持ってきた日のご指導でした。

子供たちに、“アリガトウ” です。(=^0^=)

今日は、宅配で送る物が有ったり、パンクした自転車の修理部品買いと修理したりで、
残念ながら、分別ゴミ箱作成作業は無しでごじゃりました。

皆さんの期待(木工の)を(してねーって?)裏切って、スンマセン!m(_ _)m

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(4)

Ver4には、そぐわないけんども、マー良いとスッペ!(>o~)

今日も、進行が遅かった。
何故なら、仕切り板が薄いので、底板に溝を設けて挟み込む為の溝彫りをした事による、
としておくべ。

結局仕上げ組立にまでは至らず、仮組までヤットたどり着いたです。(ー_ー)

本体部分仮組

こんな感じ
仮組1
木ねじ止めは、仮なので飛び飛び止め。

組立時には、低床作業台が役に立ったでー!(スンマセン写真無かったです)(^ー^)

仕上りイメージ(チョット強引かな)
仮組2
蓋が冠って、その手前にフック目隠し板が付く。

一番下が、引出し。

明日こそ、引き出し寸法の採寸と木取りすっかな!
それとも、蓋の組立とすっか!  (^_^)

作業時間がナカナカ

仕事から帰ってから、作業時間があまり取れないですねん。

つまり、帰って昼食を摂り、一服してから準備する為、すぐに取り掛かれないのが
現実なんです。(*_*)

最後に、今日、いいものが届きまった、その内容は別途ブログアップしますんで、
お楽しみに!

では,又覗きに来て下さいな。(^ー^)

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(3.5)

先週土曜日は、姪2号宅でけやきの株を切り。

風呂まで入らせてもらったうえ、夕食をオヨバレをしちゃって、帰宅が23時頃になり、
ブログお休み。 m(_ _)m

お母ちゃんも一緒に行って、姪のネギの収穫や、出荷仕上げの手伝いなどをし、
小生徒共に、オヨバレ。

ケヤキの株は、焼入れされている為、メッチャクッチャ固くて、チェーンソーも
歯が立たない程、何どもソーチェーンの刃を研いだものの、本当に硬い。(>o<)

そして、株切り作業を当日で終わしてしまおうと思っていたのに、全く進まず。

結局、足腰に影響が来て、日曜日は殆んどカラダを動かせなかった。(ーoー)

今日(7日、月曜日)は、仕事から帰ってカラ、午後買い物に出かけ、夕食も
済まして来たので、どうにかブログ作業に掛かれた。

分別ゴミ箱の進捗

取りあえず写真を
先ずは、裏板に、側板と底板を組み付けてみた
部材合せ1

仕切板もさ着込んでみた
部材合せ2

手前下の置いてあるのが、前板。
底板の下のスペースは、引き出しが付く部分。

今回、引出しは大きなのをひとつにすることにした。・・・・・手抜きか?
イヤ、スペアーのゴミ袋を入れるので、二つに分ける必要性もなかろう、との判断。

今日までの所、以上の状態で、明日は本体を本組みし、引出しの現物合わせ採寸すっかな!

残る作業は?
・フック取付
・フック隠し板の加工取付
・蓋の取付
・引出し室の作成
・引き出し作成
・キャスター取付
・塗装

以上等が有つけど(順不同)、未だ時間が掛かるベなー!

それにしても、ケヤキの株切りでは、普段使わない筋肉酷使の格好で作業する為、
今日も、特に足の太ももが動く度に痛むし、腕も筋肉痛。

ヤレヤレ年は取りたくねーもんだー。(>.<)

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(3)

昨日予告した様に、今日のブログは板の溝彫りでごじゃります。

溝彫り

ルーターで彫り込んだけんど、フェンスジグを作って無いので、適当な板を
フェンス替わりに使い、位置合わせに手間取っちゃいましたわ。

こんな具合
溝堀1
彫り込んだ溝(幅4mm・深さ5mm=仕切板はめ込み用の溝)が見にくいけんど、
ここでは「OSB合板」をフェンスにして、中型ルーターで加工。

フェンス板は、加工時に押されてズレない様「クランプ」でシッカリと固定。

加工した板
溝堀2
この写真には写って無いけんど、左端のと対象なのがあと1枚有って、これで
本体の溝掘りは、終了。

そう言えば、溝の仕上げ加工(溝端の「ノミ」加工)が必要なんだったけんど、
今日はもう日も暮れてしまったので、ここまでにすっぺ。

冬に向い、寒さもさることながら、日没が早くなっちゃって、詰まるところ
作業時間も短かく成って、イヤだこと。

冬は、苦手だなー!

明日は、天気が良ければ、ケヤキの株のカット作業なんだけんど、如何なっぺ!

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(2)

今日は、3時間程度の作業。

それは、切り出した板のノコギリ後の「カンナ」掛けと、墨付け(加工用線書き)等で、
終わってしもた。

手押し仕上げカンナでカンナ掛けしたんだけんど、写真撮影忘れ。

では、墨付けした状態を。

墨付け
材料墨付け
良く、見えねーげ!

これでは、どうだんべ!
材料墨付け2
中の、仕切り板や、底板、前後の板を入れる(差し込む)為の溝彫り用の墨線だっせ。

底板は、外に出ないし、少しでも厚みの薄い板にしたかったんで、12mm厚の合板を
使う事にし、それも切り出しました。

底板
底板
表面仕上げが、白く綺麗な合板を使いまった。

採寸して墨付けする作業は、結構時間が掛かってしもーた。

ま、「分別ゴミ箱-Ⅱ」から、多少変えているので、考えながらの「おっつけ大工」
してっから、そー(時間が掛かる)なっか!

面白みの無いブログで、ソーリーです。

今度の土・日曜は、ケヤキの株切りする予定なんで、明日作業するとしたら、溝彫りだー!
従って、次回ブログも、溝彫り編かな!

DEN

分別ゴミ箱-Ⅲ(1)

予てから予定していた木工を、開始致しました。(^ー^)

分別ゴミ箱-Ⅱ

先回の「分別ゴミ箱」は、2×材で作ったけんど、今回は集成材を使う事にしまった。

今日は、定尺(91×182Cm)集成材からの切り出しで、終了。
こんな具合にね。

材料切出し
材料板切出し1
右下が「天版(蓋)」、下の左の2つは「側面板」、上の右側が「裏板」、左上端は前板、
その下の幅の狭いのが引き出し前板、上の中央は様と未定。

材料が、無駄に成らない様、寸法を決めて切りましたでー!(>_~)

ノコギリを使って切るんだけんど、切る幅がモッタイナイので、ノコ歯の幅の狭い、小型の
「充電ノコギリ」を使いましたです。

パワーカッター(充電丸ノコ)
充電丸ノコ
パナソニック電工製の、DIY用充電式丸のこで、かる~~いです。(^o^)

丸ノコの比較
丸ノコ比較
奥が通常の丸ノコ、歯の直径が165mm、切り幅(ノコ歯で切り取られる幅)が約2mm強。

対して、手前の充電丸ノコの場合、径が110mm、切り幅は1mmちょいと狭く、多少でも
無駄が少ない。

ヤッパリ、2×材とビスケットでで、幅広板を作るより仕事が早いわ。(^ー^)

では、続きをお楽しみにーーーーぃ!(でもねーか!)

DEN

今日は、動けねー!

イヤー、あちこちが痛い!(>o<)
筋肉痛等が、時間差攻撃で攻めてきたー!

そんな訳で、今日は木工作業無し!

半日づつとは言え、2日連チャンで、固く大きな「ケヤキの株」切りは「文明のリキ」
チェーンソーを使ったと言えども使い慣れないし、重労働だったんでしょうね、多分。

この株は、何箇月も前に話が有って、ようやくカット出来る状態になったんですけんど、
考えるのと、やってみるのとでは、大違いなんだわね。

「力仕事」は、他にも!
大谷石の「敷石」・・・・出来ッかなー!(~_~)

鳴らないラジオ

所で、ケヤキの株を切る為に、訪れた姪2号宅で、AYちゃんが「ラジオが、家庭電源では
問題ないんだけど、新しい電池を入れたのに電池で鳴らないんだ」と言うので、
多分、ラジオ本体の電源コードを差し込むコネクターの「切り替えスイッチ」が壊れてると
思い、預かってきましたがね。

これです!
AYのラジオ
左に有る電池を、手前の「サーキットテスター」で確認したら、殆んど “零ボルト”。
更に、ラジオ本体の電池収納部を見たら、スプリングがサビていて、以前電池が腐食か。

鳴りました!

なんて事ない、スプリングのサビをカッターナイフで欠き落とし、新しい電池を入れたら、
ガンガン鳴り出しましたがな。

このラジオは、高級機で当然デジタル式で、日本国内の各地域のカードを、ダイアル窓に見える
部分に入れると、その地域の放送局が、自動的にセットされ、しかも、AM・FM・TVの局が
設定されるんです。
但し、TVは、今ではデジタル放送になっちゃったので、受信出来づ。

電池を入れ替えて変脚、完了。(^o^)

次に、タイマーユニット入手

これですが
T君の教材タイマー

姪2号の長男(T君)が、会社で作った電子機器組立の「トレーニングキット」の
「人感タイマー」で、家の外に放り投げて有ったので、興味津々の小生としては、
放置して置けず、頂戴して来たわけ。

物が動くと感知、設定した時間「ON」状態を保つ(途中で動けば、その時点から再カウント)
もので、トイレのセンサーライト等への活用が出来んだわ。

AC電源コンセントが付いていて、換気扇なども動かせるし、使い方色々。

小生宅では、外灯、玄関、廊下、トイレ、階段等、既にセンサー式にしてあるので、
別の使い道を考えっかなー!・・・トイレ換気扇等。(^ー^)

今日は、カラダを動かす気がしない為、DIY作業無しでこんな記事アップで終了。m(_ _)m

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。