スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンシェルフ第2弾(11)

ところどころ小不具合が有って、手直ししたりしながら作業したもんだから、
炊飯器用引出し棚のストッパー(と言うよりキャッチャーですね)取付で終わって
しまいましたがな。

キャッチャー付け
引出しキャッチャー
下の写真の引出し棚板の底(裏側)に、ドアーキャッチャーをくっ付けました。
多少硬さが有って、音もすっけど、マ良いか。

ここで雨が降り出しまして、止めにすっか如何すっか迷っているうちに雨が止み、
作業続行。

棚板手直し
手直しと言っても、後方に板を追加したんですけど。
炊飯器引出し棚
炊飯器用引出し棚板の後方に、物が落ちない等にストッパー板を付け、その底面に
キャッチャーをくっ付けたんです。

手直しの1つは、3つの引き出しスペースの横に「引き出し滑り材」を追加した事。

そう言えば、キッチンシェルフ作業の為に、低い作業台が欲しい為、以前作った
濡れ縁(今はデッキの踏み台)の高さ32Cmを、足を切って25Cmに下げる作業を
先行してやったんだったです。

上段部分の切り欠きは、墨入れしたものの、時間切れで切り欠き作業までは届かず。

明日は、切り欠きをやって「ステイン塗装」、日曜日に「ニス仕上げ」と行けっかな?

DEN
スポンサーサイト

キッチンシェルフ第2弾(10)

上段がほぼ出来上がりましたでー!(^ー^)

上段部
上部ほぼ完

背面の切り欠きが未だ・・・・・明日にでも、位置と寸法を確認して開けっぺ!

お風呂ボイラーのコントローラーは、右側の狭い棚の位置に、コンセントは、
左側の端っこなのじゃが、何れもコーナーなんで、本来は切りたくない所なんです。

狭い棚にした訳は、切り欠き部分の強度を、仕切り板で持たせる為でんねん。(^へ^)

全体です
全体ほぼ完成
幅:77Cm・高さ:1.8m・奥行:45Cm

上段の棚には、乗せた物が前からずり落ちないように、棚板の前部分にストッパー板を
付けました。

前面だけに、取り付けには前からネジ止めとは行かないので、ダボ(棒)を使い、
ボンドで貼り付け。

また背面にも、隙間から物が落ちない様、全面をふさいだんです。

更にこの上に、幅:30Cm・高さ:50Cm・奥行:38CCm の棚を乗せるんで
やんすが、それは後で作っぺ。(~ム~)

この他に、引き出しだけの大型の棚を頼まれたけんど、他に先行しなけりゃー
なんねーのが有るんで、後回しだなー!(>o~)

テナわけで、切り欠き加工し、炊飯器を乗せる「引出し棚板」が自然に出ない様
ストッパー(強く引けば外れる)を付け、塗装をして完成。

何事も無ければ、日曜日(10月2日)には完了出来っかな!(^o^)
乞うご期待!(本当に出来んのかーー?)

DEN

キッチンシェルフ第2弾(9)

やっと上段煮取り掛かりましたがな!

上段部半完成

側板と棚板ガ出来ていたので、組み上げた。
但し、中央の棚板は、未だ取付してない。

なーーーんでか?・・・・・午前中「がん検診」そして5時頃お母ちゃんの実家へ行って、
ミョウガやナスなどを頂いてきた為、作業時間が足りなかったんで御座んす。

とは言うものの、昨日終日のお勤めで作業出来なかったことから、上段部の遅れが増加!

もっとも、ブログも(9)だから、今までも遅いんだんべーーーっ!てが。

上段部はこんな感じ
上段部イメージ
今日は、残念ながら内部取り付けまで、たどり着けまへんでした。

上段・下段重ねると こんな高さに成るんだっせ。
2段重ねイメージ
高さ、1.8m ですねん。
この写真では、上段の中は未完成で、何にも無えーんです。

現物の設置場所から、問題があるんです。

それは、このシェルフが置かれる場所に、100Vコンセントや、風呂ボイラーの
コントローラーが有って、その部分が上段部の後ろ側の為、逃げを作んなくっちゃ
なんねーのだ!

しかも各々右にコンセント、左にコントローラーが、シェエルフの角に相当する
場所に有るため、切り抜きが必要なるもやりにくいんだわ!
如何すっかなー!・・・・・水平思考で考えっぺが!

夕方、お母ちゃんの実家訪問

義兄の軽トラ
義兄之軽トラ
ドアーに「防犯パトロール」之ステッカーが貼って有ったんだけんども、
本当に「パトロール」してんのかなー?

最近やたらに、このステッカーを貼ってる車が多いんだわ。
流行りみたいでんね!

写真は無いけんど、「ナス」と「ミョウガ」を、頂いてまいりやんした。

今日も、チョット消化不良的なブログで、スマンです。(m(_ _)m)

DEN

フックハンガー!

今日は、終日AS製作所で仕事!(頑張りました)

3.11の日に、怪我をした人物が、今日は “調子が悪い” と言って、
昼で帰ってしまった為、小生が一日(5時まで)勤務。(>o<)

たまの終日勤務だけど、ヤッパシ足が超重いです。

当然予定していた、木工作業出来ず。(~J~)

流木製フックハンガー

wocean の所に送ったハンガー作りのアップです。(^ー^)
以前、次女(Q)の所に作ったハンガーと同じ様なものでやす。

ハンガー材料
ハンガー材料1
棚板だった板を背板にし、次女が拾ってきた流木をフックに使用しますねん。

流木カット
カットしたフック材料
スライド丸ノコで、キレイにカット。

ベルトサンダー
ベルトサンダー
サンダーを逆さまにして固定し、フックの表面を磨いたんです。

サンダー掛け後のフック
サンダー済フック材
風化した表面を磨き、先端に丸を付けたんですねん。

オイルフィニッシュ後
背板とフック組合せ
細かい目のサンディングの後、オイルフィニッシュ仕上げ致しまった。

オイルフィニッシュ後フックト背板を、バランス良く組合せて、夫々に番号をつけた。

完成状態 こんな風にはりましたでー!(^A^)

やや上から
完成状態1

やや下から
完成状態

オイルフィニッシュは、ナチュラりカラー(無着色)なので、アンティークな感じに
仕上がりましたわ。(^o^)

フックと背板穴に番号を付けた訳は、wocean の所に着荷したら、小生の思っていた
バランス通りに、組立てられる様にする為でっせ!

今日は、過去(2ヶ月以上前)の作品の記事でした。(~L~)

DEN

キッチンシェルフ第2弾(8)

キッチンシェルフの下段がほぼ出来ました、但し塗装はまだだでー!

「取っ手」作りと、ボンド付けの仕上げ組立も、結構手間が掛かりましたね。

取っ手付きの状態がこれ!(^_^)

下段の半完成
下段半完

取っ手も付け、仮組だったものをボンド付けし、最終ネジ止めを致しやした。
仮止めのネジを外しての組み直しなので、手間ヒマ掛かかんだわ!(~へ~)

ここで失敗談。(>o<)

仮組みでは、ネジ穴が大きく成ってはいけないと思い、細ねじ(3.5φ)を使い、
仕上げには、通常のコーススレッド(4φ)を使ったけど、ヤッパシ少し「ズレ」が
生じて、狂いが出っちゃったんです。(>v<)

それは、引出しに「ガタ」として、現れっちゃいましたわ。

そんな事も有ろうかと、引き出しのレール桟を、ボンド止めしておかなかったので、
レールの傾き補正が出来やした。(たすかった~)

取っ手作り
1×4材から切出し、穴を開けてジグソーで持ち手部分をカット。
取っ手作り1
穴あけには、ボール盤(卓上ドリル)を使い、キッチリ垂直に開ける。

ジグソーで、持ち手部分をカット
取っ手作り2
ジグソーテーブルを使い、リップフェンスも使って切削加工。

面取り(トリミング)
取っ手作3・1 取っ手作り3.2
面取り前                       面取り後
黄色いテープは、トリマー加工時バリの出るのを抑える為。

面取り完了
取っ手完成

この後、サンダーで表面仕上げして、引出しなどに取付まった。

明日からは、上段部分を作成すっから、少しは期待して下っせ!(^ー^)

ではでは!

DEN

キッチンシェルフ第2弾(7)

今日は細かな作業であった。

引き出しの前板修正(高さが少し高いので、2~3mm削った)、引出しスペース後部の
桟木取付(誇りよけと補強)、その他所々の修正で、終わった。

夕食に次女の所で、カンマ「サンマご飯」を家のお母ちゃんが作るので、片付けてお出かけ。

ここまで出来ました・・・・一見余り進んでない感じだけど、ヤッパリ手間が掛かる。

前面
半完1
炊飯器棚取付
引出し類は、5台全て取っ手付けてない。
この下段は、取っ手を付け、本組みし直しと取っ手取付すれば、塗装を残して完成だ。

米びつ・炊飯棚引き出した
半完2
米ビツ引出し棚のスライドレールは、押し込んだとき出にくい構造になっているが、
炊飯機引出し棚之スライドレールは、ストップ機構が無いので、自然に飛び出さないように
ストッパーを考えねば!

背面
半完3
右側引出しスペースに有る横桟が、今日取り付けたばー。

今日は、若干飲んだので、眠気がしてきたし、このへんで今日のブログを閉じます。

DEN

キッチンシェルフ第2弾(6)

昨日の、ソーラーセンサーライトの説明、おわかりになったんべか?

木工作業

久しぶりに、「キッチンシェルフ」作成に取り掛かれたです。

一応ここまで出来まった。(^u^)

正面
半完正面
左側の横張り板に見えるのが、3段引出し。

右側は、米ビツを入れるスペースで、米ビツを乗せる棚板にスライドレールを付け、
引き出せるようにしてますねん。(^o^)

引き出しの上は、スライドレール付きの、炊飯器乗せ台を付けるのです。

右上の棚板は、仕切り板を安定させる為、引き出しにせず、固定到しやす。

最上部の横に付いてる桟木は、上段とうまく勘合させる為のガイド板、兼
固定(上段とネジ止めする)部材なんです。

右側より
半完右側

左側より
半完左側

という訳で、コノ下段は塗装を除き、近じか完成させっぺ!(~L~)

但し、未だ仮組みなので、細ネジで接着剤無しで組んでおり、最終的には、
通常のコーススレッドネジ(4mm太)と、木工ボンドを併用し、強靭に組むのじゃよ。

今夜は、工作物にはこのテントの下で、一夜を明かしてもらうべ。

次回をお楽しみに!(^ー^)

DEN

センサーライト改造解説

センサーラートの改造の事

12V仕様に改造した、100Vセンサーライトと同じ改造を考えている方が
居るやも知んないんで、改造内容を改めて解説すっから、見とごれ! (^o^)

とは言う物の、現物は取り付けてしまってるんで、主に回路の変更について
解説致しやす。

これの事です。
12ソーラーセンサーライト設置2
ランプは、LED 12V 2.5W(白熱灯 50W相当)のものです。
充分な明るさが有りますよ。

ここまでは判ると思います。
12ソーラーセンサーライト改造1


ここからが問題ですね
12ソーラーセンサーライト改造2
これは、12Vで動作することを、確認しているところです。
どの回路=部品を外して、どの様に結線するかですね。(~ム~)

センサーライト12Vへの回路改造

現物は、バラスのが大変な為、室内照明器具用の「リモコンユニット」が
手元に有ったので、これで説明します、ご了承を! m(_ _)m

先ずは配線図から
電源回路
この電源では、出力が2つ有り、24V出力が、小生の改造した「センサーライト」の
直流電源と思って下さい。
(3.6Vは、コントロール回路のIC・センサー等に供給する電圧です)

そして小生が行なった改造を、当てはめてみます。

左の「AC100V入力」の上側をプラスにして、ソーラー発電の12Vにつなぐ事に
なります。

「丸米」印の部品を全て外して、点線で書いてある所を繋ぎ(ショート)する。
電界コンデンサー(100μF)は外しても、付けたままでも問題なし。

そして、リレーを12Vの物に交換。
形が合わない場合は、試行してケース内に押し込む、が当然動作に問題無い様に。(笑)

では基板で説明
(この基板写真は、改造してません)
基板
右下が入力電圧低減部品で、配線図左上の PFコン・47Ω・1MΩなど3点は
外してしまう部品。(エイット!)

上部中央の、黒いダイオード4本・抵抗器2本・Z3&Z1の2本の、計8点も外す。

左下の黒い箱が「リレー(24V品)」で、小生の場合17Vで働く物だったので、
当然ながら「12V」の物に取替えます。

センサーラートのランプは、当然12V用LEDランプですよ。
そのランプは、「株式会社アイエール電気」の「12V-DE26-50WR」2.5W です。

以上、現物での説明でないので、解りにくいかもしれまシェンが、悪しからず。

改造に使う改造用のセンサーラートは、メーカーによって違いが有るかも知れない
けんど、参考になれば「幸い」でごじゃりまする!(^.^)

改造センサーライトは、我が家で無事シッカリと働いています。

興味ない方々にもご覧頂き、有難う御座いました。m(_._)m

DEN

自作工具(1)

自作工具編

プロローグ

今日は、台風で雨と風が暴れている。(>_<)

小生の今日は、通院・・・脳梗塞後の様子見=薬もらい。

でも今日は、血液検査と尿検査を実施でしたが、オシッコが出なくて、約20分
掛かりましたがな。(>V<)

それもそのはず、病院に着いて我慢出来ずに、・・・に駆け込んで排・・・。
仕方なく、ペットボトル入りの水を買って飲んで出しましたです。

チョット、コレステが多目な為、対策の薬をこれまでの薬と共に処方して頂き、
早速、薬局へ。

薬代が高い事。

風雨がひどくて、車への出・入りで苦労。(´;ω;`)
濡れずに済む方法無いものですかねー。

その後、コインランドリーに行ったりして、また濡れて、今日の行動は終わり。

それでは、自作工具です。

自作ジグソーテーブル
ジグソーを逆さに付けて、加工物を動かして曲線・直線切りをする工具。
作業中、暴れ動き回らない様、作業台にクランプで固定して作業します。

直線切りの場合は、写真にないですが、リップフェンス(添え板)を使います。

全体
ジグソーテーブル
ジグソーを取付ける部分(薄い灰色)と、加工物を抑える部分(黒色)は、既製品
(オーストラリア・トリトン社製)を使用。
黄色い天版は、平面強度を出す為、塗装コンパネ12mm厚を2枚重ね(24mm厚)。

引出し
ジグソーテーブル引出し1
引出しは、スライドレール付で、ブレード(ノコ齒)や付属工具等のをれる。

内部
テーブル内部
中央で天板に逆さまに張り付いているのが「ジグソー」本体(ボッシュ社製・緑色)。
左(後ろ側)の天板の下に、電源コード掛け(白色バー)。

電源スイッチは、作業中に直ぐON/OFF出来る様、正面側の右側面に取付けた。

エピローグ

次回(記事が無い時)は、「自作ルーターテーブル」編です。

台風を気にしながら、今日のブログ閉めますが、現時点(PM 8:40)大人しく
なっちゃったなー。(~J~)

皆さん、又覗きに来て下っせー!

DEN

台風の奴め

台風のおかげで、大災害を受けられた方々がおられ、亡くなられた方々には
お悔やみと、被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

小生の場合、そんな大き被害を受けている訳では無いんですけんど、
この2~3日、台風の影響による雨の影響で、満足な木工が出来まへん。(>.<)

テントは張ったものの、周囲に垂れ幕と雨樋などをつけないと、シブキが掛かったり、
工具や木材ガ濡れたりと、塩梅が良くないんです。(~L~)

そんで、今日は仕事から帰った午後は、最近オープンした、スーパーマーケットに、
ASさん夫妻と、買い物に行って来ました。

そこで、¥1,980の「DVDプレーヤー」を買ってきましたがな。
ヤッスー!!
早速動かしてみると、映った、大丈夫だった。

余り安いんで心配でしたが、地デジ録画のDVDも問題なしに再生出来た。(^ω^)

明日も台風15の為に天候が悪そうで、木工は又進捗しないかも。(~ム~)

キッチンシェルフも下段の引出し(左)側の側板トロ付けまで進捗視点だけんど、
その写真も無いんで、このブログもサミシイ限り! (涙)

写真がないのもサミシイので、こんなシンプルな物ですけど、写真をどうぞ!
薄型マガジンラック
薄型マガジンラック

奥行140mm、つまり側板をSPF材(H/Cで良く売られている材)の、1×6で
構成した本立で、奥行が薄く、取っ手も付いているし、邪魔になりにくく、
我が家では、小生の長……の為に、トイレに置いて重宝しちょります。(^ー^)

本は、幅280mm(A3サイズを縦長方向)まで入っちゃうんで、大概の本は、
収まるんですわ。

取っ手は、一番上の段の背板にくり抜き穴をつけて、取っ手としたまして、
形は横長のハート型ですねん。(小笑)
持ちやすいんでっせ!

見た目はシンプルなんですけんど、前板が上に行くほど前傾しており、又、
内部にたまったホコリが掻き出せる様に、底板と前板の間に隙間を設けて
おりますです。

今日は(じゃなくて“今日も”だんべ!)、皆さん興味が湧かなかったかもしれませんね。
お許しのほどを! m(_ _)m

次回もこりずに、のぞき見して下っせ。

DEN

今日は、休養日でした。

昨日今日と、せっかく多くの方々に、覗いて頂いたのにすみません。日曜日は、
基本的にブログもお休みさせて頂いてますので、ご容赦の程。m(_ _)m

キッチンシャルフ第2弾は、引き出し側の側板(スノコ状)と、米びつ側仕切板の
取り付けまでは進捗到しやんした。
写真取ろうと思ったけど、雨の為片付けに追われ、撮影出来づで無いの!重ねてm(_ _)m

お母ちゃん(嫁さん)の実家でのコメ作り等を、ご報告スッペがな。(へへッ!)

その前に、簡単(本に登場される方に失礼かな!)な木工をしたいと思われる方の為に、
本を紹介します。

これです。
主婦と生活社:Come Home 特別編集「DIYで作る ナチュラル&レトロな家具」¥1,300
ナチュ&レト家具本

先週の日曜日(11日)と、昨日(18日)の事

11日の稲刈り
実は、手伝わずに撮影だけなんですわ。(>o^)

コンバインでの刈り取り
稲刈り1
義兄貴が、コンバインを操縦し稲刈りしちょったです。

稲モミ積み込み
稲刈り2
軽トラでの運搬は、姪Kちゃんに旦那さんNちゃが担当。小生の出幕無し!
稲刈り3
軽トラに、稲モミを積み込んで納屋に運び、乾燥機に投入すんだわ。
(乾燥機への投入写真無し!m(_ _)m)

鷺の飛来
白鷺
周りには、稲刈りで飛び出した昆虫を食べるべく、詐欺がおいでになりもした。

つづいて、18日のコメ作り

乾燥機と脱穀機
乾燥機&脱穀機
右の塔状のが乾燥機で、乾燥後左の大きなストッカー&ホッパーに溜め込み、
下に置いてある、脱穀機に投入致しやす。

脱穀機から排出されたコメは、左端に有る計量器で自動計量(3?Kg)され、
袋詰めと成る。

脱穀機と計量器
脱穀機と計量器
小さい尻の人は、気にしないでくれろや!(~J~)

脱穀機の振るい部分
脱穀機の振るい
脱穀した米をこの振るいで、良いコメだけ振るいで選別すんです。(~ム~)

計量中
計量器
重量が数字で表示され、手前の袋に落ち込み、指定重量煮なると、自動的に
シャットダウン(コメがストップ)するんだで。

右の袋には、くず米(軽いコメ)が落ちて来ますです。

コメの袋詰め
袋詰め
袋にスチール製のクロスバーを入れ、袋を広げておいて軽量台に置き(小生の役)、
コメを入れんだけんど、米が落ち込んで行くの見えっぺな!(^_^)

袋の封
コメ袋封
袋の口をキチンと3つ折りにして、付いている紙ひもを縛って封をするです。
この袋と紐が強くて、少々手荒く扱って(積み上げる時など)も問題なし。(^o^)

積み上げたコメ袋
米袋積上げ
左手前の6袋(他にも有った)は、自家用なのである。(^ー^)
多くは、JAカントリーエレベーターに、田んぼから直接収めたそうな。
既に小生家分は、頂いちゃいました。(^L^)

この様に、あちこちの親類縁者に支給すんのも大変だんべなー!

TVの天気予報では、明日も雨天だど、困った困った。(~A~)

覗き見も、有効活用頂くのも大歓迎ですから、ドンドン覗いてくだっせ!(^ー^)

尚、漢字変換ミスの文字等有りましたら、お許しを! m(_ _)m

DEN

キッチンシェルフ第2弾(5)

上下2分割の下部が、1/3くらまで出来ましたでー!(^ー^)
但し仮組で、最終的には全体を仮組してから、ボンド併用でネジ止め。

こんな具合
下1/3完1
背板部分ノミ組み立てられたんだわ。(^o^)

これの左右側面に、夫々1×4材が、あと3本づつ付くんだど。

引き出し載せて左側より
下1/3完3
引出しと、米びつ側仕切板等を乗せて、撮影。

引出しは3段、4段目は炊飯器スペース(引き出し棚板式)でやんす。

右から、米びつスペース側
下1/3完3
このスペースに「米びつ」が入るんです。

勿論、米びつが重くなるので、スライドレーつ付きの、引出し棚板式ですね!
米びつの上は、棚を付けんだ。

今日は何度も雨が降っちゃった
雨降り
今日は、天気に嫌われたみたいで、しばしば大雨が降りゃんした。(>.<)
雨の落ちてるの見えっぺな! 軽トラの運転側だよ!

息子が来て、カーポートの軽トラスペースに、彼の車を置いたので、物置変わりの
軽トラは、作業場であるテントの中に避難。(^o^)
(息子は、お出かけ中で車無し)

で、雨が降るとさすがに雨漏りは無いけんど、強い雨で吹き込む為、緊急避難
したりと、軽トラ入りで狭いスペースで、作業がはかどらねーんだわ。(>J~)

それに、材料カットに多少ミス(長め)が有って、手直し直しもあったりと、手間が
掛ってしまったー。(~L~)
木ねじの下穴あけや、サンダー掛けもやったし。

夕飯は、ガッテン寿司で、寿司ざんまいでやんした!(^ー^)

今日もご覧頂き、感謝です。

DEN

キッチンシェルフ第2弾(4)

引出し組立

引出し3個組立たです。(^ー^)

組み立た引出し3個
引出し組立1
底板も付けて組立完了。
このあと、本体の全てが完成したら、面取りと塗装が残ってまんねん。(~L~)
そう言えば、取っ手も付けまっせ。

引出し底板切り出しと、組立途中
引出し底板切出組立
右端の小ぶりの4角い板が、左の大きなベニヤ合板から、カッターで切り出した底板。
曲尺(L型)の右にある「アルミ板棒」と、大型カッターナイフで、切出すんです。
底板を枠のスリットにはめ込み、裏板を付けようとしている状態だす。(^L^)

底板は、3×6尺の5.5mm厚のベニヤ板を、大型カッターナイフで、カットしたので、
多少のバリガ出ており、右に写っている「カンナ」でバリと、面取り致しやした。
カンナ掛け
底板カンナ掛

桟に使う1×3材が不足の為、1×4材を縦挽きし、1×3材を4本作ったっす。(>J~)
1×3材作成
長さが、45Cm有りスライド丸ノコ(Max35Cm)で2度挽きして、挽き割り致しまった。
手前が挽き割りした1×3材で、幅の狭いのがその端材でござんす。

1×3材作成済
4本作りまった。
引出し後ろの桟に3本、炊飯器引出し棚

軽トラの荷台に、一時保管
材料軽トラ保管
これに、ビニールシートを掛け、更に大きなダンボールを掛けて、明日の作業まで保管。

今日は、おまけ写真無しでごじゃります。m(_ _)m

本体組立が出来上がんねーと、面白くねーかもしんねーなー!

そんじゃー、又のお越しを

DEN

キッチンシェルフ第2弾(3)

チョッピリ組立進行。

これまでに切り出した材料。
カット材
未だ、全てではないのです。
他に、引出し底板・本体裏板・台座板等あるんです。

昨日クランプ掛けしておいた、米びつスペースの仕切板の完成。
仕切り板
1×4材5枚を、ビスケットで接ぎ合わせた仕切板。

ベース(台座)組み上げ
台座完成
手前が前側になる為、45度切りとビスケットで、見栄えの良い額縁状に組んだ。
これを、トリミング加工(縁どり)を加える。

45度切りをした板の、切れ端
45度切れ端
切れ端を組み合わせてみた、キッチリ直角のなった。

45度切りをした板に、ビスケットスリットを彫り込み中。
ビスケットスリット彫り

台座組立中(クランプ掛け)
台座組立中
こんな風にビスケットとボンドで組んだ状態で、クランプを掛け、乾燥を待つ。

引出し組立開始
引出し組開始
引出しは、3つ(3台)有り、枠板の切出しは3台分終わっていたが、クランプの数と
時間も遅くなったので、2台の前面板と側板を組み付まで。

引出し枠板加工
引出し材
底板を差し込むスリットと、ビスケットのスリットの加工の済んだ材。

底板(5.5mm厚)差し込みスリット彫り
引出し底板スリット
ルーターテーブルを使って、幅6mm・深さ5mmを、2度に分けて彫り込んだ。

引き出しの前板と、側板を結合するためのビスケットスリット彫り込み
引出し前板ビスケットスリット
作業テーブルの側板に、クランプで前板を固定し、カッターで掘る。

真ん中辺りに、横のスリット2つガ見えるのが、そのスリット。
左の板は、カッターの傾き防止の為の当板。

ここまでの作成手順、お解り頂けましたかな?

今日は、カタブツ書きのブログでヤンス!

DEN

キッチンシェルフ第2弾(2)

昨日は、集成材棚板2枚を切り出したけんど、今日はその他の小物をね。

集成材から小物切出し

切り出した材
集成材切出1
下の2枚は、昨日切出し分、他の6枚が今日切り出したもの。
あの大きかった3×6尺判からの切り出しは、中々手間がかかるものでやんした。(>j<)

そして、米びつスペースの為の仕切板(100×42Cm)は、集成材からは取れないし、
1×4材5枚を、ビスケット結合材を使って作る事に致しやした。

板のビスケット結合(接ぎ合せ)

ビスケットスリットあけ
カットした板在に、ビスケットを差し込む為のスリットを、専用カッターで
彫り込みまった。 v(=^0^=)v
ビスケットスリット

板5枚の内、前・後になる2枚は、4穴づつ他の3枚は、8穴を夫々彫り込んだがね。
従って、ビスケットの数は、16枚の使用になんだわ!(~L~)

板の接ぎ合せ面とビスケットスリットに木工ボンドを塗布、ビスケットを差し込んで
繋ぎ合わせるんでっせ!(^へ^)

クランピング
仕切板作成
ビスケットジョイントした板を、クランプでシッカり挟んで、そのままボンドの乾くまで
置くのだ。

中央奥に見える、タッパーの容器に入ってんのが「ビスケット」だどー!

作業途中で雨が降ってきたので、テントの外に置いてた物を取り込み、作業は継続だー。

ヤッパシテントは役に立つなー!

…つづく…

DEN

キッチンシェルフ第2弾作成(1)

以前に、そのために買って置いた材料で、既に1ヶ月以上経つんじゃーねーかなー!

色が変わらん様に、ダンボール掛けておいたけんど、ヤッパリ一部変色だー。(>.<)

テントが出来たので、早速大物加工の開始が出来っとー。
義姉のY宅より頼まれていた家具の作成開始だでー!

「キッチンシェルフ(米びつ入り)」作り
これ(我が家の物)に、似たやつですよ。
キッチンシェルフ類似1
全体にもっと幅広(幅77Cm)で、下の引き出しを狭くし、右側に米びつを入れんです。

材料
材料
既に、加工の為に1×4材を8本抜き取り済み。

早速、加工開始だー。

ワンバイ材のカット作業は、スライド丸ノコを使い、作業場内で行うものの、
材料が長いので、室外にはみ出ますねん。

従って雨の日では困難な作業で、テントが有れば何とか成るんです。(^_^)

側面の板のカット
材料カット1
同じ長さの場合は、最初にカットしたものを、カットする材料に乗せ、端を完全に
合わせノコ歯に当て、スミ線を書かずに、精密に同じ長さに成るんだわ。(^ー^)

カット済材料
KS材料カット2
たくさんの板材(ワンバイ材)を、板取り資料に基づきカット致しやした。
これでも、未だ全部ではないんですねん。

次に、棚板など広い面積には、集成材が最適なんで、それをカットすんですわ。

大判材(集成材)のカット
KS材料カット3
3尺(3フィート)×6尺(6フィート)と大判なので、ウマ(作業台足)を使い、
外…つまりテントの下での、カット作業ですねん。

丸ノコでカット
KS材料カット4
大判板は、こんなふうにガイド板を使い、丸のこでカットすんですよ!

今日の記事は、ここまでだす。(^A^)

では又、宜しくです。_(._.)_

DEN

テントの強風対策

強風対策

テント貼りは終わったものの、未だ強風対策が出来てないんで、対策をしなくっちゃね!

先ずは、突っ張りロープをくくりつける為に、コンクリートの床に「アンカーボルト」を
打ち込み、メガネナットを付けるべ。

アンカーボルト
アンカーボルト
ボルトに付いてる芯を抜き取り、ネジの切ってない部分が、コンクリートに入り込むまで、
アンカーボルトの頭に当て木をして、ハンマーで叩き込むのだ。

次に、芯を差し込み、芯の頭がボルトのテッペンに当たるまで打ち込むんだよ。

尚、ナットはツバ(ワッシャー)無しに変えて使ったでー。

打ち込み・メガネナット付け
メガネナット取付
打ち込み完了したアンカーボルトに、メガネナットを取付けまった。(^_^)

尚、先に締め付けナットをメガネナットの下に入れておき、メガネナットの向きを
決めてから、この締め付けナットで、メガネナットを固定するんだで。

アンカーボルトのコンクリートとのギャップは、後でコンクリートボンドで埋めっぺ!

突っ張りワイヤーロープ取付

このメガネナットのメガネ部分(輪っか)に、テントの突っ張りロープを通すんじゃよ。

そのロープ
ワイヤーロープ
ポリエチレン製の径4mm物で、昨年使っていた小テントでの実績から、耐恒性が良いよ。

ロープのストッパー部品
5mm厚み・幅20mmの、アルミ板(棒)を、長さ約70mmに切断し、夫々に5φの3つの
穴を開けて作ったんだぜ。
ロープストッパー
穴を開けた後、ロープに傷が付かない様、キレイに面取りしたんだわ。

ロープストッパー取付状態
ストッパー状態1 ストッパー状態2

突っ張りワイヤーの状態
ロープ突っ張り状態
アンカーボルトにくっつけたメガネナットと、テント支柱の間にビシット張ってるね。
尚、余ったロープは、突っ張り部分に止めてといたでよー。(^o^)

テントと突っ張りロープ全体完成
テント 突っ張り完了
撮影で、傾いて写っちゃってらー!(気にしないでくんなまし!)m(_ _)m

支柱への引っ掛け方が、イマイチ気に入らねーなー!
つまり、引っ掛け専用のフックが欲しいんだわ。…アトデ付くっぺな!

DEN

テント張りました!

今日は、血圧も通常値で、天気も良いので「テント」を完成させましたよ。(^ー^)

テント張り完了

先ずは、キャスター取付作業でござる。

キャスター取付穴開け
テント車輪付穴開
黒くペイントしてしまったけんども、コーナーギリギリに開いてる4つの穴が、
キャスターの取付穴。

カップの曲った部分の為、穴を開けるのが大変で、2mmの下穴を開け、ついで4mm、
そして、最終目的の6mmのドリルビットで開けたんです。

尚、支柱を立てての作業がしずらく、横に置いたままでの作業なので、ポンチは
使わんかったですよ。

つまりいきなり4mm以上の大きさの穴を開けようとすると、カップの曲りの部分に
つられて、位置が定まらず滑ってしまって、穴が開けにくいのだわ。(>o<)

キャスター取付
車輪付
こんな風に6mmのネジ4本で、取付ましたでー。

ストッパー付きのキャスター
ストッパー付き車輪

ストッパー無しのキャスター
キャスター無し車輪

ここまで丁度昼になり、午前中の作業終了。(^_^)

今日の気温は32度有り暑いので、テントシート乗せは、夕方涼しくなってからに。

4:30PM頃になって、気温もようやく30度近くまで下がったので、
シート乗せを開始致しやした。

一人作業なので、手こずったです。(>_<)

テントは、本来支柱を折り曲げ(られる様に出来ている)て、地上でシートを乗せてから
立ち上げるのだが、地面がコンクリートでザラザラで、そのフレームに傷が付いて
しまう為、フレームを立ち上げたまま、シートを乗せたから、大変だったんですわ。

シートを載せて完成
テント完成2
テント完成1

と言うわけで、これで雨天でも大物作りが出来っとーー!
後は、暴風対策を考えねばねー。

以上で、テント据付物語は、終わりとなりやした。デデン・・・!

(まめに感じ変換ミスが有りましょうけど、お許しを)

DEN

体が重い

今朝は、ラジオ体操の時間(6:30)前に起きられなかった。(>_<)

血圧を測ったら、上が「100」を、切っていた。
それなんで、今日は血圧を抑える薬は、飲まない事に致しまった。

仕事場でも、足が重たくて。(´;ω;`)
仕事そのものも、アカン!

加工済の品物を再加工してしまい4個の穴が、8箇のなってしまった。←これ不良品
また、治具をぶつけてキズ。←これも不良品だー!

小生のせいではないとしても、切削キリコが巻き付いてしまい、機械がストップ。
不良品が1個が出るし、テスト加工が必要だし、何と言っても、タイムロスだー!

仕事から帰っても、体がだるいので何にも出来ず。
…じゃなくて、ヤラズだろーが!…

そんなこんなで、以下の記事でブログのカモフラージュ! m(_ _)m


≪付録ー1≫長~い写真

マレーシアのマラッカ教会前で
マラッカにて
ワイドモードなので、教会全体が写せたんですねー。

右側に平凡な「トライショー」…サイドカー観光自転車…が見えますねー。
もっとデコしてるトライショーに乗ったでー。(^o^)

1953年の建築物
マラッカ教会
この建物、以前もブログに登場しましたが、マレーシアがオランダ統治時代の教会。
(以前のブログではポルトガル統治時代と書いたかも…オランダが正しい)(_ _)

教会の話じゃーなくって、ワイド写真の良いところの紹介でしたよね。
つい飛び火しちゃって、どうもです。_(._.)_


≪付録ー2≫後付カモイ

カモイフックモドキ(額掛け)
カモイフック
カモイの無い部屋に、多くの額をかけたいと言うので、カモイモドキを作って、
壁に取付し、カモイフックを引っ掛けて、額を掛けたんです。

焦げ茶色の横バーが、カモイモドキで、厚み12mm・幅50mmの板の上に、
厚み12mm・幅90mmのカモイ相当の板を重ねたもの。

カモイフックは、固定されていないので、自由な位置に移動出来、
色々な大きさの額にも対応出来るんですよ。

明日は、テントのシートを載せたいでーす。

DEN

テントの事

午後、1:30頃から、テントのフレームパイプの2回目塗装を行い、
3:30頃終了致しやした。(#^.^#)

1回のみの塗装では、どうしても塗り残しや、刷毛の跡など塗りムラが残ってしまい、
長期に外に置く場合は、塩梅悪いんだよね!

そんでもって、2度塗りしたわけなんです。
おかげで、黒い色と相まって塗りの凸凹は有るものの、
未塗装部分は無くなったです。(^_^)

フレーム全体
フレーム塗装完1
普通車が、十分入れる広さありますねん。(^o^)

これにかぶせるシートが、チョット“キッチャナイ”んだけんど、貰い物だから
シャーネーか!

コーナー部分
フレーム塗装完2
黒光りしてるべな!(^ー^)

テントの支柱に、キャスターを付けるんだわ!
キャスター達
キャスター

作業テントになったり、代用車庫にしたり、何かと動かしたいので、足に
キャスターを付けんだけど、一体どんな風に付けっぺが?それが問題だな!(~_~)

キャスターは、2個がストッパー付きで、勝手に動かないように出来んだけんど、
暴風雨などの時、吹き飛ばされない様、何か手を打たなくっちゃ。
水平思考で考えっぺっと。(~ム~)

今日も、大した事無い記事で、どうもです。(m(_ _)m)

DEN

テントの事その他

今日は、スミマセンが、簡単ブログでご容赦の程を。

今日、サビ落としが終わり、塗装も、もう1回追塗装する状態まで進捗し、
あと2~3日でテントが張れるト思うんですけんど。

12:10頃、仕事から帰って昼食をとり、1:30ころから、サビ落とし作業開始、
5:30頃に1回目の塗装を終了。

サンダー掛けての錆落としは、結構時間が掛かり、手もシビレルんっでっせ。

明日、2回目の塗装をして、感想が完璧になったら、テントシートを付けっぺ。


こんな額、だいぶ前ですけんど、次女の旦那(J君)の写真集(集合写真)を飾る為に
作りまった。
卒業証書サイズですね。
額

こんな写真が出てきました。
飛偉太@田
10年前に、マレーシア国際空港(古い方)撮影した写真(だと思う?)。

又の覗きを、お待ちしております!

DEN

仕事時間延長した

仕事時間延長

今日、AS製作所の従業員1人が休暇、もう一人が通院の為、半休。(>.<)

そんで、小生は3時まで仕事を延長しましたがな。

3時までやると、少々足の疲れが多くなるんだわ。(~J~)


テントフレームサビ落とし・塗装

でも、家に帰ったら玄関の網戸に鍵が掛かっていて、中にはいれず。(>o<)
それならばと、そのままテントフレームのサビ落しと塗装をやってしまった。

天気も問題なかったので、1本だけ出来た。

いつでもサビ落し・塗装作業が出来る様に、切妻屋根の部分のフレームを外して、
作業場ヘ保管。

でも、フレームパイプの長さが有るので、作業場内での作業は困難だなー!

取りあえず、少しはサビ落とし・塗装は僅かだが進んだんだわ。


美味しい飲み物

サビ落とし・塗装作業後、5時の頃早い入浴…なぜ早い?
それは、アルミの切削作業で、切削油が衣服や体に付いてる為、それを落とす為に
お風呂に入った…最も浴槽に入る前に、カラダを石鹸で洗ってから入るんです。

風呂から出たら、何となくノドが乾いた為、これを飲んでしまったのじゃ!

ギネス・ドラフトビール
ギネス・ドラフト

そして、食事直前にも
夕食スタウト・ドラフト
このクリーミーな泡立ち……ビール缶の中にボールガ入ってて、この泡が出来る。
天ぷらも、旨かった。

夕食は、天ぷらに、野菜サラダ・冷奴豆腐・ちりめん雑魚・ナスの味噌汁等のオカズで、
新古米(昨年の秋のコメ)のご飯で、美味しかったなー。


おまけ写真以前の作品

回転タワー本立て・1.8mH
本立て1

1.6mH物
本立て2

回転部に、大型のボールベアリングを使い、軽く回るんやでー!

では、つまらないブログでしょうが、又の訪問をお願いします。

DEN

午後、通院・腕時計修理

今日は、ヤッパリ天気も悪く、午後は医者に診察を受けに行く日であったのだ。

午前の仕事を終え、自宅で昼食後、チョット居眠り。((-_-)゜゜zzz)

ASさん宅に行ったりしてから、4時の診察に向けて通院に出発。

行くのが早かった(3時半着)ので、診察も予定よりずっと早くやってくれて、
早く帰宅できやした。

早く帰宅と言っても、ヤッパリ4時半は過ぎており、DIYも大した事は出来ず。

そこで、調子の狂ってしまった腕時計を、何とかしようとトライし。

その時計とは、物ぐさな小生にピッタシの、カシオの「デジアナソーラー電波時計」で
しばらく“無いなー、もしかして、なくしたかなー”と思ってたら、引き出しの中に
眠っていたもので、暗かったろーに、充電も出来てなかったんだなー。

そして、デジタル表示とアナログの指針が合わなくなってしまい、実用に
そぐわない状態に成っちまっていたんでやんす。

仕方なく、マレーシア時代に購入し、これまで保管しておいた、お気に入りの時計
を使おうと、腕にハメテ見たがきつい!…太っちゃった(世間では「メタボ」)為。(~.~)
FAVRE  LEUBA腕時計
結構良く出来ていて「FAVRE LEUVA GENEVE」のブランド名が付いてんだわ。

そんでもって、バンドのコマを追加すべくトライ。

ピンを抜く為、極細精密ドライバーを使って“タタキ出そう”と、金づちを使って
何ども挑戦。・・・・・外れない。(>_<)

ドライバーの軸は折れるし、どうにもならない。
折れた精密ドライバー

それもそのはず、コマを止めているピンがねじ式だっただわさ。(~ム~)
ネジ式バンドピン
コレは、2コマ有ります。

ひとコマ追加して、腕にはめてみた。
腕にハメテみた
丁度いい感じ。 (^ー^)
シワとシミは気にしないでね!(>L^)
外観が、キズだらけだから、バフ磨きしなくちゃなんねーな!(~ム~)

小生、この外観と文字盤が大好きデース!
 
厚みもそれなりに薄いし、バンドも丈夫だし、電池も長持ちする(電池交換し
一緒にしまっといた他の時計は、7箇全部止まっていましたわ)。(^o^)

例えば止まっていたカシオ「データバンク(同じくマレーシアで購入)」
(マレーシア・マレーシアっていつまで言ってんだー!って言われそう(>.<))
カシオデータバンク
但し電池を入れ替えれば動きますぞ。(^.^)
他のアナログ時計も止まってましただ。

これで、暫く付けてなくてチョッピリ不便だったが、腕に時計が有る通常のスタイルに
戻れた。・・・・・ウッヒッヒ!(ニヤニヤ)

今日は、腕時計復活のお話でしたー!((^^))

DEN

ジョイフル本田に行ってきた。

スーパーホームセンター

ジョイフル本田
今日は、久しぶりに大型ホームセンターの「ジョイフル本田(JH)」宇都宮に
行って来ましたです。 (^o^)

特に、ここで買わなくてはならないほどの物は無かったんだけんど、
天気も台風の影響で、雨が降ったり止んだり、作業になんねーし、
たまの息抜きを兼ねて、行ってきたわけなんです。

9:30頃家を出て、10:30頃だったと思うんだけど、現地に着いた所で、
先ず、JHが経営しているGSへ入り給油。

ガソリンの価格が136円と、何時も小生が使っているGSより、通常価格で5円、
プリペイドカード会委員でも3円も安いので、何時もの通り車に食事をさせるべく、
JH・GSへ。

JHに行ったときは、必ずここで給油してますです。

結構な額の買い物をしましたね。

テントを動かせる様に、支柱に車輪を付けようと、径100mmの車輪を、
ストッパー付き2個と、4無しを2個の計4個購入。
どんな風に、テント支柱の足に付けるか、考えなくちゃーね。(~_~)

他に、ダボ材や木工で使う金属部品等も種々。

お母ちゃんと別行動で買い物をしたが、お母ちゃんは、小生の為にアルコール類を、
外に洗濯剤含め、日用品をたくさん購入。

途中で、腹が減っちゃったので、2Fの食堂で「石焼ビビンバ」を食して、
腹いっぱいに成った所で、またまた店を見て回り、引続き買い物を。

ここJHは、一日中見て歩いても、見足りないくらい広いんでござんす。
宇都宮駅からのバスも有るんで、車のない人にも便利だわ


買い物で、車のトランクも結構荷物が詰まった所で、帰路に。

餃子
今日は、出かける前に“「餃子」食べたいなー”と話していたので、途中に有る
人気の餃子専門店「正嗣(まさし)」に寄って餃子を食し、更に持ち帰り餃子も購入。

おでん
その後“「おでん」も食べたいなー”夕飯のオカズに「セブンイレブン」の
「おでん」を買って、4:30頃帰宅。

今日の状況をカメラに収めれば良かったのに、全く無し。
“ったく!ブロガーの方々が、飽きてしまうべなー”ですよね。
文章だけでも、飽きちゃーてーのに


ビール
そして小生は、これを頂きました。

キリン「秋味」

旨かったですねー!
おまけ

ドミノBOX
何れも、ナチュラルカラーのオイルフィニッシュで仕上げまった。

3作目(自宅用)
ドミノBOX3・1
12ドミノ用(ドミノコマの数が、12まで有るセット用)
この箱を持って行けば、何処でもゲームが出来るだでー。 (^L^)

フタ オープン                    内蔵物
3・2蓋オープン 3・3内蔵物
コマ・機関車・操車機・記録ノート・筆記用具が、入ってる。


金具拡大                       ダブテール加工部分
3・4金具 ダブテール組手
ダブテール(アリ溝継手)で、ネジやクギを使わず、組手だけでの組立てが特徴。(^J^)

2作目(wocean宅用)
ドミノBOX2・1
2.2 内蔵物
12ドミノ用、板を軽くした。(^ー^)

1作目(自宅に有り)
ドミノBOX1
9ドミノ用だが、初回の箱物作品で、板が厚くて重いのだ。(>.<)

以上、小型箱物でした。

DEN

DIY無し

小生の失敗 /(-_-)\

今日午前中の仕事では、機械が変な止まり方をして、小生はお手上げ。

仕方なく、熟練者に頼んで機械の動きを解除してもらったものの、ロス時間を
作ってしまいまった。

又、せっかく仕上がった部品を、床(コンクリート)の落としてしまい、余計な
不良を作っちゃったりと、ロス作りの罪を犯してしまったんです。


ASさん宅訪問 (^o^)
写真なしでスンマセン!

午後は、買い物や、訪問する先が有って、出掛けました。

ASさん宅にお邪魔して、お喋りを。
特に、女性同士は更に話が弾むんですねー。(^v^)

ASさん(Iさん=ご主人)は、ディアゴスティー二の「和時計」を作ろうと、本屋で
購入して来た模様。

Iさんは、Sちゃん(ちゃんと言っても、ずっと先輩=奥さま)から“ちゃんと作ってよ”と、
激励?されてましたわ。 (笑) (=^0^=)

「ロータス」のレーシングカープラモも一緒に買ったそうで、ヤッパリ本屋さんに
売っていたようです。

最近は、本屋さんで色んなグッズを、本として売ってるんですわね。

それから、本屋で買った物ではないですが、ブリキ製の昔式のロボットが有りましたで。
電池で動くもので、スイッチを入れると、数歩歩行をした後、胸を開いて機関銃が
出てきたかと思うと、ババババ!と音がして、上半身をぐるぐると数回まわって
又歩行するというもので、中々レトロで良いもんです。 (^ム^)

レトロと言えば、ハーレーダビットソンの、古い古い型の金属製のモデルが有って、
結構お値段が張ったみたいですが、これも本当にレトロで良いんですよ。

そう言えば、以前Iさんは、ハーレークラシックを持ってたんだったわ。
乗りたかったー! (ー_ー)


おまけ写真 (^ V ^)

テレビ台

自宅のもの
TV台自宅

引出しを出した
TV台自宅’
全て引き出しで、全てローラースライドレール使用、滑りが良いでー!(^ー^)

もう一例
TV台 2
親戚宅に、観音式扉仕様の台。
青色の物が置いて有る棚には、今はDVD機器が鎮座しちょります。\(^o^)/ 

コーナー置き型
TV台コーナー型
次女宅に作ったもの。これまで32型でしたが、今は42型が乗ってますわ。
シンプルに、棚だけのモノだす。(^J^)

台風の奴め

台風のせいで、天気が悪い。

小雨が降ったと思えば大雨に変わり、それが止んだと思えば、オテントウ様が出るし、
一体如何しようってんだー!(>o<)

おかげで、コインランドリーに行ったり、自動車の傷の修理依頼に行ったりが、
出来ちゃったんだけんどね。(^ー^)

良い天気だったら、テントフレームの事とか木工とかで、出歩かないからねー。(~ム~)


と言う様な分けで、今日は以下の写真のアップだす。(興味有りませんかねー)

トイレのリフォーム(アフター写真のみ)

トイレ全体
トイレ全体
左側に「手洗いテーブル」、その下にゴミ入れやペーパーストッカー等の収納部、
奥も収納部、便器の周囲(左右)は棚・兼ひじ掛、右の薄型のックスタンドは別物だす。

ちなみに、便器は INAXの「サティスタイプ」で、自動タイプですねん。

リモコンは強力で、便器との間に遮蔽物(ひじ掛)が有っても、全く問題ねーだす。

便器周り
便器周辺1
ひじ掛が良くわかっぺな。

背面の収納部内
背面収納内部
左にはペーパーの予備の予備入れ(Max7~8ロール入る)、右は清掃ブラシ等。

便器は、清掃の為に機械部分を持ち上げんだけんど、後ろの扉を写真の様に、
跳ね上げる事で、それも問題なしだでー。(^o^)

「益子焼き」の手洗いボウル
手洗いボウル
ボウルは、お母ちゃんと益子に行って買ってきた小型の「益子焼き」水盤でやんす。

水抜き(排水パイプの)穴を開ける(小さな穴を沢山開けて)のが、大変だったですわー。

ボウル下の収納部
ボウル下収納部
ゴミ入れを入れちょりますだ。

ペーパーストック部
ペーパー収納部
トイレットペーパーロールが12ロール入りますです。

手洗いカウンター下収納部の扉
扉
取っ手として、また手洗いでコボレタ水が扉表面に付かない様に、アルミ製の「L型」
チャネルを取り付けた。

扉板は、床板用のフローリングで、ゴミ入れ側の40cm幅扉は、30cmのフローリングを、
ビスケットで接ぎ合わせて作ったです。

天版(手洗いテーブル)は、1×10材を使用致しやした。

以上でございます。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。