スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も雨~~!

今日も雨で、参ったなー!

ゴーヤのネット貼りは、片ずいたものの、BSアンテナを取付・ケーブル工事をしようと
思っていたのに、出来んかったがな。(>.<)

午前中は雨、昼ごろ雨が止んで晴れてきた、…シメシメ…と思ったけど、雲行きが怪しい!

案の定午後も雨が降り出し、2時頃には集中豪雨的土砂降り、再度雨は上がったものの
作業する気にならず。

もっとも今日は、義甥(Nちゃん)のお誘いで、夕方外食(外飲)を予定しており、(^ー^)
益々気乗りがしない。

そんじゃー、BSアンテナ工事の為の部品でも紹介すっぺ。
(知ってる人は、知ってっぺけんどね!)

メインTVのは既にBSアンテナを付けてあり、2階の2/3部屋にTVが有るも、
BSが無接続の為、別途アンテナ工事をするんですよ。

BSアンテナキット

こんな梱包
ANTキット(箱)
スカパーには使えないが、BS・110度CS用で、¥4,980.― 也。

中身
ANT KIT 中身
お皿(ディッシュ)・ケーブル・アンテナ取付金具・融着テープ・突角スパナー等、
素人が、工具なしでも取り付け出来る様に、成っちょります。
だけんども、ケーブルはこんな長いの(15m)、いんねーんだげっとねー!(2mで十分)

コンバーター・アーム取付
ANT コンバーター組付
グレーの角パイプがそのアームで、ディッシュに取付ましたが、
「中身」の写真では、既に取り付けた状態で写っしゃいました。


ミキサーとスプリッター(セパレーター?)

アンテナキットには付属してない部品で、屋内引込みケーブル前に取り付ける
「地上波」と「BS波」のミキサー(混合器)と、室内でTVのアンテナ入力端子と
壁のアンテナ端子の間に挿入する、スプリッター(分波器)です。
混合器・分波器
左の袋に入っているのは、ケーブルに付けるFコネクター(接線)・中央のボックスが、
ミキサーで、右のケーブル付きのが、スプリッター(2台分)なのです。

ミキサーは壁に取り付けるように設計されているが、我が家では、ハナ隠し板内側つまり
軒下に取り付けるので、そのままでは付けられない(取付穴が下方に有る)為、
金具を付けた。
混合器金具付け
手持ちの、建築用金属板を流用したんでやんす。

屋根の上に乗っての作業の為、雨が降っていたり、その為に濡れていたりすると、
危険なので、暑くない曇りの日がベストなんだけんどなーー!(^ム^)

明日は、出来っぺな?

DEN
スポンサーサイト

御玉ハンガー作成・完了

今日も1日中、雨だたなー。(~ム~)

しかしながら、小生のDIY魂は、寝ていなかった・・・・・・・・!

鍋などを引っ掛ける「パン・ハンガー」は作ったけど、前から気になっていた、
シャモジ等を引っ掛けるハンガー、つまり「御玉(オタマ)ハンガー」を作る事に。

「御玉ハンガー」作成

この様な端材で、長さが1450mm の1×3材を、スライド丸ノコで半分に切り分け
基材
中心で切り分ける

625mm の板を2枚作り
基材2
フック取り付け位置、8箇所の位置決めをし

この様に、水平器を付けた充電電気ドリルで、切り分けた材に必要なネジ穴を開ける
水平器

板に穴を開ける
穴あけ様子
水平器の気泡を、中央の円内にキープしながら穴を開けると、板に対して
垂直に穴を開けることが出来んだわ。(^_^)

ボンドと木ねじで組立
組立
板同士の位置決めをして、クランプでシッカリと銜えネジ止め

例によって、緑色のステインで着色し、ウレタンニスで仕上げ
塗装
ニスは、2度塗り

塗装が概ね乾燥してので、据付た
据付
ナカナカだんべな!(^_^)
手前に写っている茶色の横棒は、突っ張り棒でカーテン用。

フック部分の拡大
フック拡大
御玉等は、引っ掛け穴が小さいので、市販のステンレス製「洋折れ」フックを使用。

お母ちゃんから、お褒めのお言葉を頂戴し、終了。・・・出来たー!(^ー^)


水漏れ修理

一方、ハンガーの塗装途中で、ユーティリティールーム(脱衣所)の床が水っぽい事に
気がついちゃった!(>.<)

よく調べたら、洗濯機用水道蛇口の、レバー部分のゴム製パッキンが、変形で緩み、
水漏れしていて、ヒノキの床板を踏むと、板の隙間から水がシミ出してくる始末。(>o<)

床下地ベニヤ板と、ヒノキ床板の間に水が溜り、踏むと水がシミ出してきたんだわ。

急いでパッキンを取替、ネジをキツク閉めて、この修理も完了、チャンチャン!(^ー^)

今日の日報、以上でやんす。

DEN

ウォターサーバースタンド(3)

今日は、朝から雨が主体だけんど、時折太陽が顔を出したりと、何とも作業のしにくい。

「ウォターサーバースタンド」据付

そんなわけで、11時頃晴れてきたので「ウォターサーバースタンド」を持って、
不在の次女宅に向い、ついでにHCでBSアンテナと、アンテナ関連部品を
買って来やした。(アンテナの件は、後述)

先ずは、設置した「ウォターサーバースタンド」の写真を!

残念ながら、デジカメを持って行くのを忘れ、仕方なく携帯でパチリ!
WSS設置
ヤッパリ写りが悪りーなー!(>_<)

置く場所を確認してなかったので、取りあえずバーカウンターの前に置いときまった。

「ウォターサーバースタンド」関連の写真は、コレっきりしか無くスンマセンが、
それの説明をすっぺ。

水の入っている容器は、黄色っぽいカバーの中で、横縞とX状に光って見えるのが、
水の入ったビニール袋、上の方が少しシボンでんのが見えっぺかね!

水の袋がシボンで行くと言う事は、空気が入らない・・・衛生的と言う訳らしい。(^_^)
電源を繋いで、ホット・コールドの美味しい、富士山麓の水が飲めると言うわけ。


アンテナ工事

午後は、2階の2つの部屋へ「BS信号」を引き込む為の、アンテナ工事をしようと
思っていたんだけんど、天気が心配。(~_~)

その為に、HCで、BSアンテナセット・UHFとBSの混合器・TVへの分波器を
購入してきたのに、ッタク!トンデモない天気だ。(~ム~)

そんで作業時間が短いと思われる、ゴーヤの「緑のカーテン」作りを先行したでー!

ゴーヤの「緑のカーテン」(遅まきながら)

ゴーヤの苗が有ったので、緑のカーテンを作るべく、お母ちゃんが買ってきといた
「ネット」の両端に木材をくっ付けて、屋根への取り付けを開始したら、
又、雨が降ってきちゃったんだわ。(>_<)

下屋(ゲヤ)の上にネットの一方を乗せ、屋根に固定した状態で作業中止!(>o<)
その後、雨足は更に強くなりお手上げ状態。

2時過ぎは完全にお休み状態、録画しといたDVDを再生鑑賞しながら“ウトウト”

アーア! 何とも不満の残る今日の後半になっちゃったなー!(~へ~)

DEN

ウォターサーバースタンド(2.5)、その他

これを使う人物、つまり次女に伝えた。

棚板無しで、塗装はオイルフィニッシュでいかんべな?と。
そしたら “いいよ、有難う” との事。
で、そうしましたよ。

但し、内部はウレタンニス塗布に致しまった。
理由は、メンテナンスの再塗装が難しい事と、水濡れに強い為。

外周は「オイルフィニッシュ」にしたら、シットリトした仕上がりになりましたでー。

こんな感じに!
前方
オイル仕上げ前面

背面
オイル仕上げ背面

明日、大雨でなければ、次女宅に据え付けてくっぺ。

次女宅のウォターサーバーは、一般的な背の高いのではなく、又水の容器も硬いペットボトル
の様なのでもなく、本体は高さが50Cm程度と低いうえ、水の容器はビニール袋の様に柔らかく、
水が減ると容器も縮み、雑菌を含んだ空気の入らないタイプで、現状は1m近い高さのカウンター
の上に乗せており、水の交換にえらい苦労をしているので、その台を作ったのでござります。

突然ですが!
懐かしき作品

今日は、小生に取って懐かしい工作物をお披露目しますベー!
小生の父親との共同制作品でですが。
ライティングデスク
ライティングデスク
下の扉の中は、耐火金庫が入っていて、その上が引出し、上のツマミの付いている扉は、
手前に引き倒せば、デスクのテーブルになりますねん。

こんな具合に!
扉オープン
ライティングデスク開
小生が若かりし頃の20歳代に設計し、当時加工はほとんどを父の手を借りて作ったものですが、
彫り物部分・飾り部分は、小生が削ったんだっせ!
今更ながら、良く出来ていると思うのであります。
無き父親に感謝感謝、父親のDNA遺伝かな?


写真はないんだけど、今日は暑いので、サンルームの屋根の部分に、ヨシズを乗せて
日除けと致しやした。

その際、サンルームの、ホコリで汚れていた部分と、去年からストックしてたヨシズを、
降圧洗浄機で洗浄、ついでに軽トラも洗浄。
軽トラ
キレイに見えっかな?

てなわけで、今日の記事はこれで締めです。

いやー、今日は雨が降ったり止んだりと、困った天気だったし暑かったなー、
この間ほどの暑さではないけど。

DEN

ウォターサーバースタンド(2)

中段中段の棚を如何するか、塗装をどうするか、を残して組み上げましたでー。

単純にこんな物で、スタンドと言うより、ただの台だわな。
前の外観
WSS完 前

後ろ側
WSS完 横裏

上部にウォターサーバーを乗っけて、この台の中に、スペアーを入れてストックする予定。

棚が要るか否か、色は何色(小生はナチュラルオイル仕上げ推薦)、又、扉が要るか否か等、
使用者に確認して決めっぺ!(~_^)

作業工程は、

側板に、ビス内用穴開け
側板穴開け
多数(12本)の同じ様な寸法の板の、4個づつ穴開けする為、穴開けガイド治具を作り、
同じ位置に穴開けをしやした。(^く^)
穴あけ中の場面と、左が穴開け済みの板だす。

天板のトリミング
天板の両面に、面取りとトリミングを施した。
天板トリミング
写真で見えているのは、裏面の「さじ面(凹)」トリミング、表面(写真では下になってて
見えないけど)は「ボーズ面(丸味)」の面取り。

勿論この作業は、実際には桟木を取り付ける前に行なったですよ。

天板と底板の完成
天板・底板完
左が、針葉樹合板の底板で、右がパイン集成材の天板。
側板を止める為の、桟木を取付け。

其々の板の、表に出る全ての面は、サンダーを掛け研磨をし、組み立てたです。

中段棚板を付ける場合は、その材料を如何するべ!(~_~)

仕上げ塗装は、ナチュラル派いいと思うんだけんど!(^o^)

今日はここまでだけんど、明日が楽しみだなや!(^ー^)

DEN

日曜日分と ウォターサーバースタンド(1)

きのう日曜日は休日の為、ほとんどDIY無し、ブログも休んじゃったな!(>o^)

そこで、換気扇取付でアップしてなかった分と、今日のDIYもアップすっぺ!

先ず、階段ホール換気扇取り付けで、アップしてなかったこれ。(^_^)

円筒作り
トタン板を切って
換気扇筒1

切った細長いトタンの両端を、特殊ヤットコで、約10mmの幅で曲げる。
換気扇筒2
右に、見えますのが、トタン曲げ用の間口の広い特殊ヤットコでやんす。

そのトタンを筒丈に丸めて、端の曲げた部分を組手させ、カナズチで叩いて固定。
サビ防止の為に、ペンキを塗って完成。
換気扇筒4

この筒の切り口は少しだけ傾斜さしてまんねん。
換気扇筒5
これは、雨水が入り込んだとき換気扇側に流れ込まない様に、外側を下げる為。(^ー^)

これを、階段ホール換気扇の壁内に付けたんだす!(^o^)

更に、脱衣所に付けた換気扇の配線をやった時のハシゴをご覧あれ!
これです。
変り種ハシゴ

換気扇の配線を引き込む場所の下に、給湯ボイラー小屋が有って、脚立を使えない。(><)

そこで、この様に屈曲出来るハシゴを使ったんだけんども、このハシゴ実を言うと
マレーシア赴任時、家の天井が結構高く、良く切れるランプ交換に必要だった為、
あちらで調達したもの。

長いハシゴ・逆V脚立・台形踏み台や、M型踏み台、そして、今回のような壁に当てる
変形脚立にもなるスグレモノで、重いけど丈夫なんだわ。


「ウォターサーバースタンド」
次に「ウォターサーバースタンド」作成の記事でござんす。

皆さんは、形ちが想像つかねーべが、出来上がったらのお楽しみかな!(~_~)

カットした木材
WSS材料カット
左の集成材の板は大きさが、400×400mmの大きさなので、スライド丸ノコでの
カットは無理。
なので、次の写真の青色の治具を使って、カットいたしやした。

尚、集成材の板は天板(ウォターサーバーの乗る板)で、面取りをして更に側板を止める為の
桟木をくっ付けてますです。

直線カットはこんな道具で
WSS直線カット
青色の「テーブル」が、板を直線カットする為の治具「丸ノコスライドテーブル」
または「クロスカットテーブル」て言うのかなー?(~ム~)

これは、レールの下にカットする板を置き、そのレールの上を、丸ノコをスライドさせて
下の板をカットする物なんでやんす。(ナルホド)

青色テーブルの上にある手ノコの乗っている治具は、手ノコで直線切り(角度切りも)
する為の「マイターボックス」で、2×4材まで使え物が有るが、小生は
「スライド丸ノコ」を使っているので、マイターボックスは、今ではほとんど使って
ねーんだわ。(~へ~)

尚、この青色の治具は、カナダで箱なし特価で買って来たものだっせ。(^ー^)

明日の天候次第では、このウォターサバースタンドの組立は、中段棚板抜きで
完了出来るかもだがね。(>_^)

DEN

脱衣所換気扇配線と小さな木工作

脱衣所換気扇配線を実行致しやした。

その前に、小さな木工を報告。

午前中に、今使っている「ノートPC」の専用台と、「DVDプレーヤー」の台を、
有り合わせの端材で作成したので、報告いたしやす。

PC台
PC台1
このパソコンテーブルは、見えないけど奥にある、デスクトップPCのキーボードを
乗せる引出し式台ですが、写真エディターソフトが古く、写真の修正に時間が掛ってしまう為、
この「ノートブックPC」を使っているけど、高さが合わないので、専用台を作成。
左に有る黒い箱は、外付けHD、手前に見える白く長いのが、PC台で、
次の写真の様なもんです。
PC台
白っぽい板以外は、ウエスタンレッドシダー(WRC)の端材で作りまった!
中央部分は、PCの下の通風をよくする為、凹み状に作ったです。

実装状態を横から見ると、通気道孔(木目が良く見える部分)の状態が判る
痛風道孔

おかげで、PCがぐらつかなくなったし、熱の隠りもなくなって効果抜群。


DVD台

先般、画質が悪いとクレームしたポータブルDVDプレーヤーも、置く場所が
不安定で有る為と、アンテナプラグがDVDプレーヤーの底面より更に低く具合が
悪いので、これも専用台を作ったんです。
DVD台

余段
映りの悪いのは、画質が鮮明すぎて、ワンセグの悪い画質がそのまま再現される為と
判明。 仕方ないので了解するより無い(>.<)  
サードパーティ(TMY等)の方が見やすいのは、鮮明さが無いため、汚なさがボケされて
かえってって見やすいのだ。

作成したDVD台に載せた時の、アンテナプラグの状態
アンテナプラグ
アンテナプラグが、テーブルより浮く様になり、グーだっせ。 (^-^)g""

台の板
DVD台2
WRCの端材で作った、ただの板ですが。

以上チョットした木工作品ですが、サンダー掛けした以外、塗装レス。
従ってWRCの、ほんのり香りが良いんです。


その後、脱衣所換気扇の配線を、浴室換気扇と一緒に作動するようにしましたでー。
浴室換気扇は、タイマーコントロールなので風呂から出ても、設定して時間まで
動作し続けるので、連動することで脱衣所にいる間の蒸れ空気が排出されグー(^-^)g""。

タイマースイッチ
タイマースイッチ

壁に、室内から穴を開ける。
壁穴開け外
内側から12φの木工錐で穴を開け

更に内側から12φのコンクリート錐で、外に向って穴を貫通させて、
そこに電線を入れる
穴開け外

外の配線、こんな具合に防水対策を施し
外配線
右側のコンセントが、タイマースイッチから来ている電源コンセントだす。

内側には、コンセントを、壁から出てくる電線の真上(真正面)に取り付け、
換気扇の電源プラグを接続。
内側配線

今日は、気温も涼しめで、外の作業には良い塩梅だった。


それからもう一つ、「パンハンガー」のフックが、固定してないのでフライパン等を
引っ掛けるとき、やりにくいとの事から、電線抑え部品を使って固定したです。
パンハンガーフック固定
フックのバーを挟んでネジ止め下のが見えっぺね、それが固定部品ですわ。

これで、やりたいと思っていたことが結構出来たわ、ウレチー。(^<^)(^J^)

ではでは、又逢いましょうぞ!

DEN

換気扇取付(3 END)

今日は、換気扇の配線をしたのです。(^_^)

温度感知スイッチ(コントローラー)を介して、換気扇を動かす様にしちゃいまった。

電源コンセントは、古い家でしかも階段なので、近くにコンセントは無し。

そこで、壁を貫通して隣の部屋のコンセントから引こうと、コントローラーの後ろの壁に
穴を開けたまでは良かったんですけんど、部屋には洋服ダンスが鎮座されておりまして、
障害になりました。(~ム~)
この、洋服タンスなるものを動かさないといけないので、その部屋から引くのは、
延期とし、応急的に別の部屋から引いてきて、動作させることに致しやした。

出来上がった換気扇回り
換気扇 配線
下のボックスが、コントローラーで、換気扇とコントローラーの間の配線に、
カバーを付けて、配線が目立ちにくい様にしたんだけんど、カバーの色がチョット
違うんでねーの!・・・なんです。(~o^)
以前買っておいたカバーと今日購入してきたカバーの購入先が違う為、メーカーが
違った結果とあきらめやした。

曲がっている部分は、曲り部品が売ってるんだけんど、自分で直角加工をしたので
大変でしたわ。

配線カバーの中に、電源コードと温度センサーケーブルが入っていて、
センサーは、換気扇の中に内蔵させましたんですわ。(^ー^)

配線が終わり、コントロール温度を「25度」に設定して給電したら、
換気扇が回り始めたんだわ。
つまり、換気扇の有る位置では、25度以上の温度だったて事なんだね。

設定は、何度にスッペかなー!

昨日今日と、気温も余り上がってないので、換気扇の本領発揮が見られないので
つまんねーの。


脱衣所換気扇

次に、浴室脱衣所も空気がこもっちゃうので、以前に開けた浴室への通気口
(浴室の換気扇を回すことで、脱衣所の空気も浴室側に引張られる為)に、
換気扇を付けまった。
換気扇 脱衣所の

この換気扇は、浴室換気扇(タイマーコントロール)と連動させるんだけんども、
これも外壁の穴開け加工が必要なので、連動の配線は積み残し。
脱衣所のコンセントから電源を取り、取りあえず動かやした。


しまった!

いま、NHK TVの「猫のしっぽ」で「トスカーナの田舎暮らし」をやっている。
でも、気が付けば録画予約してなかった。(>o<)
と言うより、先ごろ2回の放送が有ったので、もう無いんだろうと油断してた。
取りあえず。残りの30分ほど録画出来たわ。(~へ~)

今日は、失敗でかしちまったが、しょーがねーが!

DEN

換気扇取付(2)

昨日は、台風の影響を大きく受け、風と雨が強く、また、通院検査日でも有って
作業はお休み致しやした。(>o^)

通院日は、本当は日曜日だったのに、しかも採血と検尿で朝食を食べてはいけないのに
食べてしまった、これじゃーダメだわね!(>.<)

今日は、午前中は台風がまだ落ち着かなかった様子だったので、用達に出かけ、
午後天気が良くなり、寒いくらいに気温も低かったので、早速換気扇の取付を
開始し致しやした。(^_^)

明日から又、気温が上がると言うので、何としても今日中に取り付けなくっちゃー!

こんな風に、はしごを登って、
換気扇取付外1
狭くて、ハシゴが垂直に近いため、ヘッピリ腰で登ったですよ。(~_~)

壁に、小さな穴を円形に開ける
換気扇取付外2

そのハシゴは、てっぺんがフリーで、登るとユラユラと揺れるんだわ!
換気扇取付3

その為、補強をしっかりと(宜しい!)

先ず、下屋の雨樋がつぶれない様、古材で補強材を作り、家の壁とハシゴの間に当てがって
換気扇取付外4
近くから写したので、歪んで見えるけど、実際はまっすぐで、先は家の壁に当て、
手前は、ハシゴの桟に引っ掛けた。

更に、ハシゴが横に倒れないように、荷造りヒモで縛って
換気扇取付外5

ここまでの作業も大変でござった。(^~^)

小さな穴を円形に
換気扇 外穴開1

小さな穴を繋いで、外壁のモルタル部分を開ける
換気扇 外穴開2

モルタルの内側の板を、切り抜く(ジグソーで切った)
換気扇 外穴開3
内側に消える円は、家の内側の壁に開けてあった穴。
実際には、内側に開けた穴より、外側の穴の方が下がってるんですよ。(^o^)

くり抜いた外壁の残骸
換気扇 外穴残骸1

換気扇 外穴残骸2
手前が外壁材(約10mm)、灰色がモルタル(約5mm)、防水紙が有って、一番上の
下地木材(合板5mm厚)
外壁材とモルタルが厚いし硬いので、振動ドリルにコンクリートドリルビットを使って、
腕が疲れたけんども、何とか開けたわ。(>ー^)

換気扇の後ろは、丸いパイプが付くように成っているけど、パイプが無いので、
塩ビ板材で自作、換気扇取り付けと同時に、換気扇と壁の間にはめ込み、防水用コーキング剤を
タップリと塗って、フードを取り付けまった。
換気扇外フード

尚、フードには虫よけ網が付いて無かったので、細かい目の網を追加しただ。
換気扇 外フード網1

換気扇 外フード網1

家に内側は?
換気扇 室内側
感熱コントローラーは未配線なるも、通電したら換気扇は間違いなく動いたんで、安心。

最終配線は、明日行う予定でござんす。

そういえば、昨日の通院検査で、血糖値が糖尿病の領域に入っていて、食事の改善を
言い渡されたんです。
食べる量を減らし、野菜中心にすべし、と。
アルコール類は少しなら良いが、一緒に、おつまみを沢山食べては行けない、との事。(~へ~)
気をつけよう。

ではまた。(眠くなっちゃっただー!)

DEN

今日も休んじまったなー!

台風が来ていて、雨っぷり天気、風も少々加わったり、雨足が強くなったり(弱くもなるけど)
木工、不日和だー!(>.<)

てなわけで、主に写真整理作業、それと整理した写真をデジタル記録したSDカードと、
撮り溜めておいたTVの録画DVD、古着等のチョットした物を、船便で海外輸出
してきまったです。(^^)

船便だから、現着には少々時間が掛かっかな?(~.~)

昨日、眠くなっちゃった訳は、姪たち夫婦に頂いた韓国土産の「マッコリ」などを嗜んだ
からだんべなー、キット!(~L^)

その「マッコリ」です。

ギネスドラフト1
しまった、写真間違えた!(><)

アホーメが、これは、ギネスのドラフトビールではないか!(プンプン)

実はこれも、同一人物からの頂きもので、飲みたかったんでーす。
値段が張るので、中々自分で買っては飲めない物でやんす。(^_^)

これは、昨日はまだ手つけずでした。(冷蔵庫に入れてあっから、今日は頂くぞー!)

改めまして「マッコリ」です。

マッコリ

韓国濁り酒で、飲み口は爽やか、日本酒の濁り酒に似た感じですね。(^^)

ギネスビールは、先ごろ作った「キッチンシェルフ」の一番下の引き出しにストック
致しやした。

ギネスドラフト
こんな具合に、缶の飲み口に「ホコリ」が付かない様、逆さに入れました。(^ム^)

少しずつ冷蔵庫に入れて(エコ)冷やして飲みます。

明日の天気が気がかりな状態ですが、今日のブログとします。(ー_ー)

DEN

ドゥーパ見てください。

ここの所、読者投稿ページですけんど、良く載ってまして、8月号(083号)にも
乗っちゃいましたでー!

こんな具合です。
7.18 ドゥーパ掲載1

7.18 ドゥーパ掲載2

睡魔が襲ってきた、のでおやすみ、します。

DEN

キッチンカウンター据付け

今日は、姪のM子ちゃんが休みなので、据付に行ってきましたです。
とは言っても、歩いても2~3分位の所なんでけどね。

カウンターは、天板・2分割の本体、つまり3分割にしたので、現場で木ねじで
組み上げでした。

元々は、本体のフレームと、壁面板(針葉樹合板)は、分離形態で、現場取り付けの予定
だったけど、重量がさほどに重くなかったので、フレームに壁面板をくっ付けて、
本体2分割にしたわけなんです。

運ぶ所から写真のお披露目すれば良かったんですけど「後悔先に立たず」で、
据付後の写真しか無し。

据付けました
据付け
丁度良い大きさ。

後ろの一部
カウンター後ろ側
電子レンジを入れてみたら、アツラエた如く上手いこと入っただ。

次に欲しいもの
次の必要なものを聞いたら「分別ゴミ箱」だと言う事なので、ゴツイのでなく、
シンプルなのを考えようーと!

頭髪カット
そして今日は、次女(Q)に髪の毛をカットしてもらうべく、お母ちゃんとQ宅へ、
更に、ASさんのSちゃんも髪の手入れに来たので、一緒にお母ちゃん手作りの昼食を
食致しました。

小生の頭は、ほぼ坊さん状態になりもした。・・・手入れが簡単/涼しい!です。

午後、小生は古い写真の整理(娘・息子にSDメモリーで渡す為)の続き作業を。

夕刻になり、例の焼肉店「チキンハウス」に、Mちゃん・息子・次女夫妻・DEN夫妻の
6名で、焼肉ざんまい。

その姪M子ちゃんが夕食を御馳走してくれると言う事で、すっかり御馳走になっちゃった。

「腹8分目」どころか、120%の満腹状態、・・・少し食べ過ぎたかな!

DEN

今日も暑かったでー!

家の庭も草ボウボウなので、除草剤を撒いちゃいました。(^0_0^)

そして、勇んで換気扇取付しようとしたんだけんど、ヤッパリ暑い。(>_<)

作業場の中なら、工場用扇風機を廻して作業するので、暑さが和らぐけど、
外で、しかもはしごの上での、不安定な力仕事・・・外壁が分厚いモルタル壁で、
これをコンクリートドリルで160φ相当の円状に8φ程度の穴をいくつも開けて
それをつないで円形に切り抜く為、力仕事・・・で、更に暑い。(*´д`*)

熱中症を避けるべく・・・こじつけかな?・・・今日も取りやめ。(~ム~)

そして、作業場で小物(大きさは、中かな)を作り、今日1日で完成させまった!


お片付け

一方、お母ちゃんはと言うと、ここ数日に渡って、足の踏み場も無かったあちこちの
部屋の片付けをして、広々として来やした。(^<^)
その成果は? 部屋は普通に成ったので、ディスプレーをお見せスッペ。

玄関ディスプレー
7.15 片付玄関1
下駄箱(小)の上はこんな具合

7.15 片付玄関2
玄関入った正面、杉の丸太が映えるねー!(フムフム)

防災セット缶
7.15 片付防災セット
「LOGOS」の防災セット缶で、数年前に購入、東北大震災後、玄関に置いてるんじゃ!

色々入ってる、15点セット。(^v^)
ペール缶(椅子用クッション付)・16L水コンテナ・携帯充電ラジオライト・LEDランタン・
アルミ蒸着防寒シート(4枚)・マルチ防水シート・防水備忘録ウォレット・防水バッグ15L・
マルチロープ・7機能サバイバル笛・ビクトリーナイフ・マルチショベル等


洋間のディスプレー
チェストの上全体
7.15 片付洋間
チェスト・衝立て・壁掛けシャンデリアは、マレーシアでの購入品、中央の絵額はバリで。

ポータブルTV
1978年製の、3バンドラジオ付き、ブラウン管式白黒TVで、乾電池式。
7.15 片付ポータブルTV
ASさんからの頂き物で、今回お母ちゃんが飾ったもの。
今でも、アナログTV放送なら映るよ(間もなくアナログ放送停止だけど)。(^L^)

アラブの水差し(真鍮製打ち出し)
7.15 片付リビア水差し
小生のリビア出張時(当時チュニジアのチュニスから入国)の土産でっす。
(リビアの写真、中々出てこないので、ブログアップ出来ない(~△~))

インドネシア土産
7.15 片付ネシア土産
左の長いのはビンタン島土産、黒檀のお面はバリ島土産だす。

今日は、こんなもんでスンマセン。m(_ _)m

今日作った作品は、ヒ・ミ・ツ!(^ー^)

DEN

暑くて休み

今日は、次女に頼まれていた除草剤撒きを、朝のうちに、と言っても、9:30頃
H/Cに行って、顆粒状の除草剤を買い、その他の買い物も含め、10時過ぎに
その除草剤を、約30分掛って撒いたが、あまりの暑さに、気が滅入ってしまい、
他の事をやる気が失せてしまった。

気温が32~3度有って、朝のうちに暑さに負けてしまったのでござんす。
今日のMax気温は、44度位あったです。

それで、せっかくのぞきに来てくれた方には申し訳ないのですが、全くの休みでした。
ので、DIY記事が有りません。 m(_ _)m

そこで昔の写真でーす。

川原でスイカ割り
先ずは、長女
スイカ割り1

スイカ割り2
後ろの2人、おもろーい!

スイカ割り3
アリャーッ!

続いて、次女
スイカ割り4

スイカ割り5
見えないよーっ!・・・・・見えちゃダメなんだよー!

スイカ割り6
どこ叩いてんのよ!

そして、お母ちゃん  長男は、誰かにダッコされて“ママガンバレ-!”
スイカ割り7

スイカ割り8
よーし、いくぞー!

スイカ割り9
良い腰っぷりだーっ!(爆笑)

スイカ割り10
アレマーッ!(皆んな大笑い)

ガハハ! スイカは生きたまま、皆んなとんでもない所を叩いていた。

その他の配役達は、義姉(Tちゃん)と子供(Mi・Ma)。

DEN

換気扇取付(1)

今日は、自宅の階段ホールにコモッテしまう「熱気」を強制排気をしようと、
階段ホール最上部に、換気扇を付けようと作業開始したが、なにしろ暑くて暑くて!
実家からはしごまで借りて来たものの、結局途中で中止。

キッチンカウンターの天板

先ずは、昨日作成の終わった「キッチンカウンター」の天板の接木部分と、
彫り込んだ「溝」部分の拡大写真です。
天板接木・溝
手前が接木部分、右に見える筋が、ノコ切りあとを彫り込んだ溝で深さは約3mm。
アクセントになったと思うんだけど、如何だんべー?(^く^)


本番の「換気扇」取付作業
汗だくの作業だったわ!(>o<)

換気扇器具など
換気扇器具類
左の小さい方(100φ)はトイレ用に、右の大きい方(150φ)が、階段ホールに
取り付けるもの。

そういえば、最終的には温度感知器でコントロールするので、そのコントローラーが
あったんだけど、写すのを忘れてた。
実は、農家のビニールハウスのヒーター・換気扇に使うもので、頂き物なんです。

取り付け場所

・外部
天板接木・溝
中央の目隠し格子の上方で、長いハシゴが無いと届かないし、1階部分に下屋が有り
裏の隣家のフェンスとの距離が少ないので、ハシゴも傾斜がきつくなる。
落っこちねーように、気ーつけねば!(~く~)

・内側
取付部内
階段手すりの、上の方に見える壁部分に取り付けるんだよ-。
取付部内2
天井から約20Cm、右壁から約30Cm嫌いの所に160φの穴を開けるんだす。

穴あけ
こんな道具(丸穴開け器)を使ってね
穴開道具1 穴開道具2
アイボリー色の管が付いているのは、集塵機ホース接続用。 切り抜いた円盤も写ってる。

穴開けた
穴開口
穴があいちゃー、もう後戻り出来ねーな!(¥o¥)
断熱材(グラスウール)が入っていたけど、取りあえず取り除いた(後で入れる)。

ここまで進めたけど、暑いのでゆっくり作業していたら昼になり、昼食。(^^)

昼過ぎは、外の壁に穴を開けよう、そして今日中に換気扇をくっ付けちゃおうと思ったが、
あまりの暑さに、又雨が降りそうな気配で、やる気が失せてしまい、明日に先送り
(どこかの政府か?)にしてしまった。(>o<)

明日も暑いんだべか、如何なんです? ねー!
今(夜8時)は、雷と結構強い雨が降っているけど!(@?@)

DEN

キッチンカウンター作成(5)

出来上がりましたでぇー!(^ー^)

完成写真は、ヤッパリ最後におでましとしなくてはね。(笑)

天板です!
天板完成

本体前面
本体完成

本体裏面(棚)
本体裏面

完成状態(仮組)
完成写真

完成2 完成3

2つの本体は14本、天板は11本の木ねじ(コーススレッド長さ65mm)で
夫々固定。
詳細写真無しでゴメンナちゃい。(m(_ _)m)
不要になったら、バラス事も考えて、接着剤固定はしませんでぇー。(~_~)

結局、お母ちゃんのご意見に従い、「オイル仕上げ」では無く、緑色のステイン着色塗装に、
アクリルニス仕上げと致しやした。

尚、本体前面と側面の針葉樹合板は、杉板縦張り等でも良いんじゃーないかい!(^v^)

据え付けたら、又報告しましょう。

DEN

キッチンカウンター作成(4)

天板片側の中央近くに割れ出てるんで、これ以上割れが進行しないようにしなきゃー。

板の横からネジ頭の入る孔(10φ・深さ:6Cm)を掘り、長い木ねじ(L:12Cm)を
打ち込んで割れ止め、その穴をダボを使って穴埋めを致しやした。

割れ止め・穴埋め
天板割止1
中央付近の割れ目が見えっかな? この割れの拡大を防止。

天板の溝加工とカット及び追加
足場板は中古品で、大工さんが丸のこで板を切るときに、その台にしたらしく、
端っこに近い所に、何本物のノコ切り跡が有ってカッコ悪く、その部分を丸みを帯びた
溝を掘って、隠すと共に実用性ももたせた。

元の状態
天板元状態
かなり、ひどいもんだ。

溝彫り仕上り
天板溝堀

それと、天板の端っこに、ミットモナイ傷が有ったので、その部分をカット
(長さ:5Cm)し、杉の垂木材(屋根下材で幅7Cm、厚み3.5Cm)を、カンナ掛けして
厚みを合わせ、ビスケットを使ってくっ付けましたです。

切り取った捨て材
天板端カット
右端に目障りな傷。

追加結合
天板加工1

出来上がり
天板カット追加完
アクセントになっぺがな?

フシや傷部分にパテ塗り
天板パテ塗り
板は丈夫なのだが、フシの割れや深い傷等をふさぐ為の、パテです。

天板之仕上り
あれ?? 写真が無い……それって撮り忘れじゃーねーかよ!
スミマセンデスその通り。m(_ _)m
サンディングで、パテと接木之段差を、キレイに仕上げたことは言うまでもないですね。
完成仮組で確認下っせ。


次に、本体のコーナー等の飾り用の「モール材」作成です。
2×3材を丸のこを使って引き割り、作りましたがな!

平モール引き割り
平モール
厚み:6Cmに引き割りました。
テーブルソーを使えば簡単だけど、そのテーブルソーを出すのが面倒なので、充電池式の
コードレス丸ノコでカットしたんです。

コーナーモール作り
コーナーモール
断面が「くの字」にカットしましたよ。

モール取り付け
モール取付
エアーネイラーを使い、細クギと木工ボンドでコーナーモールと平モールを取り付けました。

モールに使った木材が「SPF材」で、木肌色が白く、針葉樹合板の色と合わないため、
ライトオーク色で塗装した(ジェリータイプの着色ニス使用)ので、色が付いてまんねん。

ジェリータイプのニスは、布に付けてすり込む様に塗るので、色ムラが出にくくて、
使いやすいデース!

これで、後は塗装仕上げをして、現場で組立するんだドー!

お母ちゃんからのご意見!
“やっぱ、緑色(キッチンシェルフとパンハンガー之色)が良いなー”だと。
ガーン!!・・・・・・モールの色が違う。
そんじゃー、モールの色をそのままに、後は全部ミドリ色にすっか!

DEN

キッチンカウンター作成(3)

イヤーッ、今日(7月9日)は暑い日だった。
朝起きてラジオ体操をする為のに外に出たけんど、その時(早朝)から暑かたわ。
もっとも、夕べも暑かったからなー。

で、黙々と作業をした為、詳細の写真を取る気に成らず、あまり写真無し。(>o<)

天板(足場板)長さカット
足場板カット
1.9mにカットした。
訳は、2つの板を結合してから、両サイドを適当な長さ(約1.85m)にカットする為。(^^)

自動カンナ掛けののち、ビスケット#20を18コ使って結合し、天板作成したのだ。
一箇所2個ひと組で、9箇所=18個使ったわけ。
天板カンナ掛け&結合2
自動カンナと、電動手押し(仕上げ)カンナで、足場板の表面を削り取り、キレイにして、
ビスケット&木工ボンドで結合したんよ。

カンナ掛けは板が大物の為、一人では無理、息子(祭)とJ君(Q之旦那)に手伝ってもらった。
(手伝い写真無し)(>_<)

クランプは、ガス管を使った「パイプクランプ」を6本使用し、きつく締め付けた。
明日まで、クランプ掛けておくべ。

本体の側面(化粧板)は、こんな具合に成るんやでー。
本体化粧板
角と真ん中の繋ぎ部分は、板を薄く割いてモール材を作り、隠してやっぺ。(^O^)

飾り板の表面仕上げは、オイル(ナチュラルカラー)仕上げの予定でやんす。

天板仕上げは、傷が目立たない様、暗めの着色とウレタンニス仕上げかなー、
それともオイル仕上げかなー? 思案中で、やりながら決めっぺや。(~ム~)

次回の、価値組み上げを乞うご期待。(^ー^)

DEN

木工休み、外昼食

今日は天気もかんばしくなく、姪1号が昼食を御馳走してくれると言うので、
その言葉に甘えて、珍しい所で昼食を頂きまった。(^ー^)

そのレストランか、“バリアフリー鉄道農園「風だより」テラスカフェ”と言うと所で、
矢板市の山奥の名水「尚仁沢」の近く(近くもないかな)にあるんですよ。(^O^)!

地方(栃木)版の情報誌や、新聞、TVなどで紹介されているらしく、山奥なのに
結構遠くからお客が来る様ですわ。
とにかく山の中(山の上)で、こんな所に?と言う感じで、やや本格的タイ料理も有りやす。

定年5年前に、超大手調味料会社を脱サラし、この地を買い求め、1年で整備して
3~4年目とか。(^ω^)
海外駐在経験が長く(多く)家族と離れていた為、家族一緒に生活したい、との思いから
山の中のレストランを始めたらしいでやんす。

とにかく列車が好きで、ここの列車の資材がいっぱい有りましたでー。

奥さん、息子さんと共に3人で営んでいて、結構忙しそうでしたがな。

営業日と時間は、最後に記載してます。

レストラン建物外観 ログハウス
レストラン風だより建家
デッキからの景色…もっと前が低いんだけどなー! 
デッキよりの景色

こんなことして楽しみ
食事準備中にこんな事して楽しみましたー!(アハハはー)
風だよりシャボン玉1
7.8 風だよりシャボン玉2

食べ物色々(@o@)
1.お任せサラダ、少し取っちゃった!
お任せサラダ

2.スパゲティー「ナポリタン」、小分け済み
ナポリタン

3.パスタ「ゴルゴンゾーラとフェットチーネ(クリームチーズ)」、小分け済み
パスタ2

4.ふんわり「オムライス」
ふんわり「オムライス」

5.タイ料理「バーミー・ヘン」(汁なしソバ・辛い)、少し取っちゃった!
タイ式ドライミー

6.タイ料理「ヌア・パッ・ペッ」(タイ式牛丼・辛い)
タイ牛丼

7.手作り「プリン」と「カプチーノ」
プリンとコーヒー

蒸気機関列車に搭乗(^o^)
列車搭乗1
列車2

参加者
参加者

主催者
主催者


ああ美味かったし、腹いっぱいになったわ!(満足(^<^))

「風だより」営業費&時間、TEL等

・定休日:毎週 火・水曜日
・営業時間:10:00~17:00
・TEL:0287-41-1058、 090-7286-9961
冬場は閉店し、千葉にいるとの事。

美味しい料理が食べられる「穴場」です。行ける方は、宜しかったらお試しあれ!

DEN

キッチンカウンター作成(2)

今日、雨が降らなかったので、3×6(サブロク)尺の合板加工にうってつけだったどー。

キッチンカウンター之前に、アップ出来なかった、カップボードの扉付けの写真です。
(息子が、携帯で写しておいた写真で、メールで送ってもらっタのでアップ出来た)
カップボード上段の扉
仕上がり写真
扉取付完1
中段がオープン(扉なし)と下には、黄土色のテーブル部分にものを置くので、
扉を付けると、ぶつかってしまい危ないので、無しにしたんですー。

詳細                           マグネットキャッチャー取付
扉取付2 MGキャッチャー取付

てな具合で、マズマズだんべな!


キッチンカウンター

棚板用のコンパネカット
カットした合板を、フレームに合う様、柱の当たる各コーナーを、ジグソーで切り欠き、
サンダーで磨く。 (この写真は、サンダーを掛ける前)
カウンター棚板サンダー
手前が台所側(後ろ側)、奥が前面側(前側)、各コーナーの切り欠き形状が、
前と後ろで違うんだよ。
同じ大きさのものを、全部で4枚カットし、サンダー掛け。

そして、フレームに乗せてみたよー。
カウンター棚板乗せ
上の段に乗っているのは、側面に貼る化粧用の「針葉樹合板」をカットしたもの2枚。

化粧用合板も、サンダー磨き
カウンター化粧板磨き
これは、側面用40×85Cmで2枚、前面用が90×85Cm2枚、サブロクサイズの
針葉樹合板1.5枚を要した。
よって、0.5枚の余りだー!(~ム~)

後、化粧板を木工ボンドを付けて、エアーネイラーで細いクギを打ち、
フレーム枠に取付け、枠組壁にする。
そして足場板を加工(L=182Cmに寸法カットし、表面カンナ掛け)して天版を作り、
オイル塗布仕上げにしようかなー!(^_^)

本体は、ウレタンニス塗装にするべー。

そして、天版のオイルと、本体のニス塗装が乾燥したら、現場に運んで組立て据付だー!

では又です。

DEN

キッチンカウンター作成(1)

今度は、写真は写したままだから、アップ出来るかなー!…????

カップボード仕上りは、息子にメールで送ってもらう事にしたので、上手くすればそれも
アップ出来るかもしれないので、後でトライします。

キッチンカウンターの巻

それでは、キッチンカウンター作成写真トライします。(~.~)

フレーム材料カット
カウンター材カット
全て2×3材で、左から側面の横桟・前面横桟・裏面横桟・全面の柱

フレーム組立
カウンターフレーム組1
側面用フレーム4組み・前面用フレーム2組、重ねてあるんだわ。
ボンド併用の木ねじ(コーススレッド)止め。(^o^)

フレーム仮組み合わせ
実際にはパネルを取付て、家の建築で言う「枠組壁工法」であり、上の写真の枠に、針葉樹合板を
貼り付け「枠組壁」を作って、現場に行ってから、カウンターに組み上げるんだでー!
その前に、確認の為の仮の組み合わせじゃ。(^o^)
カウンター仮組合せ1

ネジ止(仮)し、実際に組み立てる大きさを確認
カウンター仮組合せ2
高さ:89Cm・長さ:1.8M・幅44Cm
一番上に天版を乗せ、中断と下段には合板を乗せ、棚にすんだわさ。

続いて天版の加工、と言いたい所だけんども、その元になる材料の写真がこれ!
何だそれー……???
カウンター天板材
これは、建築の足場に使っていた「足場板」であります。(~ム~)
これを自動カンナで表面を削り、綺麗な板に仕上げます。厚みが40mm・幅が235mm
と、ほぼ 2×10材と同じ。

次回は、全面と側面の針葉樹合板のカット・棚板用合板のカット・そして天版の加工と
続きますよーっ。(_(._.)_)

やー!今日は写真のアップが出来たので安心しやした。(^ー^)
但し、トリミングできないので、無用なものまで入っちゃうなー。

DEN

カップボード扉(1)&(2)

スミマセンデス!m(_ _)m
昨夜作成したブログが、下書き状態になってました。
従って、昨日の文はそのままにし、後半で今日の記事をアップしますので、
宜しくです。_(._.)_

昨日の分

結局、今日から作るものは、息子達の所に作った「カップボード」の、上段に付ける扉を
作る事にしたですーぅ。(^^)


時計台

その前に、実は昨日作った物が有って、それをご覧あれ!
時計置き台
トラベル時計だったけど、カバー兼スタンドが壊れ、机用として使う為に置くための台を
作ったんです。

ゴミ箱(廃材)から拾い出した、杉の端材を使って作ったんだけんども、切込みを
スレイド丸のこで、行ったり来りの繰り返しで彫り込んだんですよ。
だけんども、傾斜させて彫り込むのが面倒だったですわ!

オイル仕上げなんで、中々良いんでねーの!(^_^)


カップボード扉

さて、本題のカップボード上段扉の作成です。

当初、扉は無しで良しとしたんだけども、“ヤッパリ扉が欲しい”てな事になり、
その扉を作り始めました。

フレーム材作り
先ず、1×4材を半分、つまり1×2に引き割り加工して、扉のフレーム材を作り、
フレーム作りに取り掛かったです。
扉桟カット

溝彫り
扉に、ガラス(プラスチックダンボール=傷や衝撃に強いポリカーボネート製の段ボール)
を入れる為の溝掘りを、ルーターテーブルを使って、彫り込みまったでー。
扉桟溝彫り

ポリカ段カット
ガラス(ポリカーボネート段ボール=ポリ段←小生が命名)カット
ポリカ段カット
上に有るのがカット済材、下に有るのが元材で、次女宅の小屋の窓に使った余り材。
カット済で黄色いテープを貼った訳は「段」つまり空洞が有る為、そこにゴミが入らぬ様、
テープを貼ってふさいだもの。(ゴミが入ってたら、見苦しがらねー!)

桟の飾りトリミング
組み上がった扉の桟の表都裏に、飾りのトリミングを、トリマーで加工致しやした。
桟トリミング1
見にくいがな?

では、表側を拡大すっぺ!
トリミング拡大

ダボ埋め
フレームの丁番側は、ポリカ段を差し込むためビス止めのみで、取っ手側は、扉を開いた時
ビス穴が見えてしまうので、見えない様に「ダボ」を埋めて塞ぎまんねん。
ダボ埋込み
今日は、ダボをボンドを付けて埋め込んだ所で終わりだよー。(^^)

次回は、埋めたダボをカットして塗装を施し、ポリカ段を取付、聴盤・取っ手などを付けて
完成。

塗装は、白色ペンキの拭き取り塗装でーす。

出来上がった扉の取り付けには、何時行けるかなー?(~ム~)

DEN


本日の分

扉が出来上がり、息子の所に行って取り付けてきましたよ。

扉フレーム塗装
先ずは、組み上がった扉の骨組みを塗装、勿論ダボをキレイに切取り、
サンダーを掛けてから、白色拭き取り塗装を致しやした。


困ったなー(~~)
写真のアップが出来ない?????????????????
何で?

言葉がなまってっから?

全く受け付けてくれねーぞ!
お手上げだーーーーー!

とにかく塗装をして、カットしたポリカ段を窓にはめ込み、
完成させて、取り付けて来ました。

完成写真があり、自分でも“良く出来た”と思っているのに、
その写真が、アップ出来ない!

なので、今日は終了とさせて下っせ。

皆さんスミマセン、写真が縮小処理出来ないのです。
写真は、エディターで「名前の変更・トリミング・色調修正」等の加工をしてます。
加工してない、写したままの写真なら、大丈夫の様です。
残念ながら、今回の扉完成に関する写真で、加工してない写真が無く、
お手上げです。

何か、心当たりのある方アドバイスお願い致したく。
E-Mail:denyf@hotmail.co.jp ででもアドバイス頂ければ有難く。

DEN

パン・ハンガー(3)

「ハンバーガー」じゃーなくて「パン・ハンガー」ですよ。
パン=鍋や釜そしてフライパンのパン、ハンガー=引っ掛けまたは吊り下げ……のつもり。

完成致しやした。

昨日は、何となく動けなくて1日中ほとんど寝てましたけんども、今日は天気も良ぐ、
身体のアンバイも良ぐ成ったし、パン・ハンガーを完成させたんですよ。(^ー^)

で、早いブログ作成開始になりましたがね(今、日本時間午後の4時10分)。(^o^)

出来上がって取り付けた状態です。
パン・ハンガー完成
この写真の縮小が上手く出来ねーで、時間ばっかりかがっちゃったわ。(><)

涂色は、キッチンシェルフと同じ、グリーン系で、その上にアクリルニスを、
重ね塗り致しやした。

実際に取り付けだら、鎖を付けると低すぎで、フライパンをブラ下げだっくれ、
頭がぶつかっちゃんで、鎖をやめで夫々のフックを直接結合したんだわ。(~ム~)
こんな具合にね!(固定されてるもの同士で無理やりくっつけた様なもの)
パン・ハンガー取付(引っ掛け)

せっかく買ってきた鎖が、無駄になっちゃった!(_ _)

そんでも、取って置けば、使い道はキット有る……と信じて保管だー。(^^)

心配していた天井の強度は、十分問題無いでした…ハイ!(^く^)

以上、「パン・ハンガー(鍋ハンガーの方が良がったがな?)の巻」は、終了。

次は、息子んとこの、カップボード上段の扉にすっか、家の雑多のシェルフか、
はたまた・・・・・・・??????と、色々有んなやー!!
今晩の、「水平思考」とすっか。

イヤ、今日はナンダって写真の処理に時間が掛かっちゃって、参ったまいった。
そんじゃまたね!(_(._.)_)

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。