スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフグリッドソーラー奮闘記(4)

LEDランプが点きました! ヤッター!!!(^_^)

屋内への、配線引き込みで苦慮いたしやした。
色々考えていたんだけんども、サンルーム(現状物置状態)内に、
昔FF温風暖房を使った時の給排気筒の穴が、木片でふさいで有ったので、
これを利用する事に。

サンルームの側面上部のアクリル窓のコーナーに、10φの穴を開け、Fケーブルを
サンルーム内に引き込み、それを穴をふさいでいる木片中央に、同様に10φの
穴をサンルーム側、奥内側の両方に開け、Fケーブルを通したんですけんど、
前と後ろの2つの穴に通すのって、先が見えないだけに難しいもんですねー。(><)
残念ながら、写真撮り忘れで無しでやんす。

屋根上のソーラーパネル
では、旋回 前回目隠しさせてました、設置後のソーラーパネルをお見せしまっしょ。
31ソーラーパネルお披露目

こんな感じに下屋に乗ってまっす。
31ソーラーパネル設置2

配電盤も完成。
31ソーラー配電盤仕上り2
シガーライターコンセントの2個口ユニットを1つ付けました(配電盤の右下)。
外でも、12V機器が使えるでー。
黒いぐるぐる巻きは、蓄電池をイジル時などの為の余裕分と、ソーラーパネル電線の
余裕分。

パネルを乗せ、配電盤取付をしていた時に、イナズマと同時に「ピチピチ」という放電音、
すぐに「ドカーン」と来やがった。 ビックリしたんべな!(><)

これは、完璧なアースをつけないとソーラーパネルとシステムが危ないと思い、
長いアース棒でしっかりしたアースを採りました。

システムの為の、完全なアース。
アース棒は、太さ12φ・長さ約1m の銅パイプを打ち込んみやした。
庭は、砂利が20~30Cm敷き固めてある為、そのまま打ち込んでも全く歯が立たず。
杭などを埋め込む為のキリモミ穴開け器を使って、グリグリと押し開けましたわ。

砂利の層を突き抜け、土の層に成った所で、アース棒を30Cm 程度を残して、
バンバン打ち込んだでー。
31ソーラー接地1

31ソーラー接地2

ランプが点いた!
31ソーラーランプ点灯
まずは、テストの為1灯だけ点灯してみた。(消費電力2.5Wで50W相当の明るさ)
部屋を真っ暗にして点けてみたが、1灯だけでも結構明るいなー!

実を言うと、配線の分岐のための部品が無く、近くのHCで探したけんども、
ネジ止め式の物が無くて、(来客も有ったし)屋内配線が未完。

LEDランプが全部で6個有り、また屋内で使うためのシガーライターコンセントも有り、
改めて、格好いい配線工事をやっぺ。

今日は、ここまでだっせ!

DEN(ででんのDEN)
スポンサーサイト

オフグリッドソーラー奮闘記(3)

昨日ブログで記載した通り、今日実家の墓石ズッコケを直しに行ってきましただ。
その作業が午前11時まで掛かりまったんです。(>o<)

つまり、ソーラーパネル取付奮闘は、ヤッパリ完成までには至らんかったです。
結局、パネルを乗せ配線の引き込みまでで、終了としました。(~ム~)

あれ?昨日(28日)のブログでは、今日「完成にこぎつけたい」ようなこと
言ってながったげ?  ヤッパリねーー!(笑)

パネル架台設置だ。
29ソーラーパネル架台据付
はしご類がタント有るけんど、長ハシゴ(折りたたみ式)がひ弱でフニャフニャする為、
小生のように、危なっかしい人間には危険なので、足場型作業台に引っ掛けて、
下屋に立て掛けたんです。(‘@_@’)

チョットしか見えんでしょうが、ラティスの上にちょこっと見えるのが架台で、
立て掛けたはしごの左右に見える白くて長く見える物体が、ソーラーパネルだっせ!

以前つけた「センサーライト」もみえっぺな。 ← 関係ねーべ!

パネル乗せた。
29ソーラーパネル目隠し2
配線が完了するまで、発電しちゃわない様に目隠ししてんの。(^o^)
パネルの固定は、8φのボルトで止めたんだけっと、架台の下側での作業で見悪いし、
良い姿勢で作業出来ねんでまいった。(><)

パネルの向きは、今の時期南向きで太陽に直角に成る様設定、下屋の傾斜に対して
斜めになっているけんども、最適な向きのはずなんだわさ。(^_^)

配線したでー。
29ソーラーパネル配線1
パネルから、プラス・マイナスの電線が別々にコネクター付きで出ており、
これに10mの延長電線をコネクターで結合すんだけんども、電線の色が皆んな同じ
「黒色」の為、夫々にパネルA・Bとプラス・マイナスを記した「タグ」を付けまった。

タグ見えっけ?
29ソーラーパネル配線タグ
緑色の単線がチラッと見えるけれど、パネルのフレームのアース用の線でごじゃります。

下屋下への、引き込み配線ですー。
29ソーラー配線引込み1’
最短距離の斜め引きですよー!

引き込み部をコーキングしたんだけど。
29ソーラー配線引込み2
コーキングは、チューブから出したまま塗り付けたんで、仕上がりがチョットキッチャナイ!

イヤー!高所恐怖症ではないけんども、脳こうそくを煩った小生には、ややきつかった。
ポリカ波板の屋根のため、桟の上にしか乗れないような不利な足場、中腰の作業で
足がビリビリ・ガクガク。

ま、下屋の屋根上作業は一段落したので、明日は、蓄電池(バッテリー)やコントロール
ユニット・コンセント・照明器具への配線などの作業をすっぺ。

そんじゃーまたね!(^_^)

ででんのDENでした。

オフグリッドソーラー奮闘記(2)

今週から、パート勤め先の怪我人が、出勤できるようになったので、仕事休み。
嬉しいやら(^^)悲しいやら(>o<)

それで、ソーラー発電の作業が十分できるはずだったのですが、姪2号宅に行っていた
軽トラが戻ってきたので、実家から借りていたハシゴの返却と、実家のお墓の古い石塔が
ズッコケている為直す必要があり、実家に行ったりしたもんだから、ソーラー発電の
設置作業は、予定通りに進行できまへんでした。(*J*)

ズッコケた石塔は、古い物で、座敷で使う脚付きお前のように、台座と丈夫とに約10Cm
の空間があり、そこへ約1mの鋼管(パイプ)の先をを入れてこじり直したものの、
台座に接着しようと購入すべくHCにいたものの、ひとつ目のHCでは、
棚がカラッポ! ヒャー!(@o@)

結局、2つ目のHCに有ったので早速購入。
但し、接着作業は明日にすっぺ。

そういえば、タイルがはがれたり、石塀が崩れたり、石塔が壊れたりで、修理の為に
買う人が多かったんだねー。きっと!

ソーラーパネルは、2階ベランダのフェンスに引っ掛ける構想から、下屋の上に載せる様
途中計画変更で、作り直しも重なり、進捗率が関心できない結果になっちゃた。

ステイン塗装までやったんで、一晩塗装を乾かし明日はモノにすっぺ。(~ム~)

で、今日の成果はこれ、大きさ1.2m×1.1m ですわ。
28ソラー電気架台作成1
正面から見た場合の写真で、ソーラーパネル(1.2m×55cm)2枚を乗せます。

ソーラーパネルを乗せた この 架台を、ここに乗せます。
28ソーラー電気仮設置場所
右側にある「下屋」の上に乗せるんです。

ここへ載せた場合の「仰角(上向き角度)」は、昼時の太陽の傾きを測った結果で、
30度強ござる。

ソーラーパネルへの日当りは良いが、その分下屋から部屋に入る光が遮ぎられる事に
なっけど、仮設だから我慢すっぺ。

最終設置構想
最終的には、アルミアングルの架台にして、東・南・西向きに、自動的に角度を変える様な
「方向可変型」にしたいと、構想練っている所で、水平思考で寝不足も。(>へ<)

てな訳で、本日はここまで!

DEN

休養日

今日は、昨日の続き作業を予定していたが、チョット疲れ気味、勤め疲れが出たかな?
そして今日もまた寒かった。
で、作業も日曜日にしちゃったでーーー!

そこで今日のブログは、今回の地震の影響で、住める状態でなくなった、姪2号の
N子(T)ちゃん宅の地震被災した写真を、お披露目します。

カーポート下(庭先)の地割れ。
12地震T宅庭地割れ
段差が、5~10Cm有った。

家の後ろの崖崩れ。
12地震T宅裏崖崩れ
崖が、家にのし掛かっている。

外壁の崩れ。
12地震T宅外壁落ち
白い部分は、リフォームしたばかりの浴室部分。

家の歪み(家の傾き)。中央横のカモイと壁(石膏ボード下地)のズレ。
12地震T宅家傾き
地震当時は、家が相当歪んでユレ動いたと思われる。

屋根瓦落下。
12地震T宅外壁ヤネ瓦落ち
カーポートの下に、逃げ込んだそうで、ルーフのポリカーボネート材は強くて、
破れたりしてませんでした。
しかし、カーポートの外に置いてあった、娘の車はフロントガラスに穴が開き、
ルーフは、ボコボコでこれまた使い物にならずです。

階段部屋の壁面にあったチェストの転倒。
12地震T宅ガチャ階段下

台所。 電子レンジも落下し、何もかもガチャガチャ。
12地震T宅ガチャキッチン

居間。 片付け始めたが、TVも落下し部屋はメチャクチャ。
12地震T宅ガチャ茶の間

玄関に有った電話等の落下散乱。
12地震T宅ガチャ玄関

つい2年前頃、台所・浴室などリフォームしオール電化にしたばかりなのに。
これでは、今後この家はおろか、この土地にも住めない状況。
今回の被災は、東北各地の状況に比べればまだ良いと言ってますが、家を失い、
住めなくてしまった事では同じ。

先週に、地域の「市営住宅」(1年のみ半家賃9千円)に入居したばかりなれど湿気がひどく、
昨日、再度県の「雇用促進住宅」(半年のみ無料、のち4万円程度の有料)への引越しと
相成りました。

85歳のお婆ちゃん含めて、一家全員(6人)みな無事だった事が、唯一の救いです。
公営住宅への優先入居以外あまり救援策が無く、本当に気の毒でお見舞申し上げる次第です。

余談ですが、小生の軽トラが後片付けや、引越しに大活躍でした。
Tちゃんは、小生のブログに拍手を送ってくれましたが、今はPCも無く、このブログも
残念ながら見られないでしょう。

DEN

オフグリッドソーラー奮闘記(1)

オフグリッドソーラー発電=つまり、電力線(グリッド)に繋がってない(オフ)
ソーラー発電システムです。

今回は小電力ですが、バッテリーに蓄電する為、夜中の停電でも
2夜中の灯りくらいは灯せます。

いよいよ届きました。
80Wのシステムを、電話で2セット注文、しかも次の日に届きました。

昨日まで、勤めがあり作業出来ませんでしたが、今日作業開始しました。

残念ながら、強風と寒さで、高所への取り付けまでは至らずでした。

届いた内容を紹介。
今回は、2セット購入しましたのです。(^_^)
26 ソーラー電気 到着2式
パネルの梱包が2枚、バッテリー2台。、ケーブル10Mを2セット、コントローラー2台、
カーコンセント(2個口)2セット、12V LED照明器具 ランプ6個。

開梱して、1セット分を開梱紹介。
26 ソーラー電気開梱1式
これは、1セット分で、実際は2倍のボリュウム。
左の黒い巻線が、ソーラーとコントローラー結合線・その中央に有るのが
コントローラー・その右がLEDランプとその箱(全3個)・その箱の前にあるのが
シガーライター型コンセント・右の青い箱がバッテリー。

参考までに、12V専用 LED電球です。
26 ソーラー電気 LED電球
電球には、LED15個が、ヘバリ付いてます。

配線作業に当たって、H/Cで、必要な部品を購入してきました。
26 ソーラー電気 購入部品
電線40M(上)・電球ソケット1個(中央)・スイッチ付電球ソケット2個(左の黒い2個)・
シーソースイッチ2個(したの2個)・さらに、器具に電線を差し込む為の棒型端子(右)。

システムの設置は、暖かく成ってから本格設置する事にして、とりあえずの仮設置とし、
今日は、パネルを取り付けるためのフレームを、得意の木工で作りました。(^_^)

風が「強風で冷たい」風だったので、フレーム作りまでに止めました。(写真撮影忘れ (><))

明日の天気が気がかり!(~へ~)

DEN

ソーラーデンキ

しばらく勤めと、ノートパソコンを取り上げられていて、デスクトップPCでは、
寒くて、中々ブログに成りませんのですわ。(><)

かと言って、ブログ無しでは皆さんに忘れられそうで、今日はノートPCが空いたので
アップしましたが、殆ど文章だけのブログに成り申した。(^~^)

今週は、先週に引き続き終日お勤めで、本当の日曜大工と成りました。
先週末は、土日でカップボードを完成させた事は、すでにブログで紹介致しまたので、
ご承知頂いていると思いますです。

次に作るものは、やっぱり台所用品で、野菜ストッカーと、炊飯器置き棚などを組み合わせた
収納棚を予定していたけんども、今回の、計画停電(輪番停電)のために購入した
「ソーラー電気」の工事をしなくてはならないので、木工作品作業は少しお預けです。(~へ~)

その「ソーラー電気システム」は次の様な物で、小生のようなDIYヤには、
結構良い物だと思いまっせ。(^¥^)

発電蓄電電量 : 80ワット
伝統     : 15W2.5W(50W相当白色)LED電球 3個
連続灯火時間 : フルパワーで、約25時間連続点灯可能らしい。
構成品    : ・ソーラーパネル1枚(80W用)
         ・蓄電バッテリー1台
         ・コントローラー1台
         ・12V LED ランプ3個
         ・ソーラーパネルとコントローラーの結合ケーブル10M
         ・シガーライター型ソケットユニット2個口 1個
         ・説明書
       但し、屋内配線材やスイッチ・電灯器具など個人趣向の有るものは
       個人購入必要。
価格     :85,000円(代金引換料まで込み)
取扱い会社  :ネクストエナージー・アンド・リソース(株) オフグリッド
        オフグリッドソーラーでも検索可能

12V仕様良い所:12V自動車用機器が使える(DVD・冷蔵庫・TV他・キャンピング用品
多数あり)、雑音が出ないのでラジオなどがキレイに聞こえる、
電気工事免許不要、100V交流用のインバーターが無用で安上がり。

参考記事   :ドゥーパNo.081 4月号ページ062~066
DP 081 11,Aplソーラー電気1
DP 081 11,Aplソーラー電気2
DP 081 11,Aplソーラー電気3

非常時の電源として、ガソリンエンジン発電機も考えたが、家庭用非常灯としては、
ソーラー式が良いかなーと思い、昨日(23日)TELで、2セット注文したら、
今日(24日昼過ぎ)の届いちゃったんだわ。(^_^)
エンジン発電機は、ウルサイ=家の中には持ち込めない、ガス欠では使えない、

しかし、平日はお勤めがあり、取付作業は土日しか出来ず、残念!(><)
次回は、このソーラー電気工事奮闘記をブログアップ予定ですがね!
まー、あまり期待しないでいてくださいな。(~ム~)

では、こうご期待・・・・・失礼、期待しないで下っせ!(^o^)

DEN

カップボード作成(10)

出来上がりましたぞな!
木工作業記事もしばらくぶり、て感じだなー。

しかし、お見せする前に、こちらです。
計画停電(輪番停電)の時の夜は、マレーシアで買ってきたこんな明かりで
過してましただよ。
地震ロウソク1 地震ロウソク2
フラッシュ無しで撮影。 暗らーーっ!          フラッシュつけて撮影 湯気がユラユラ
中々いい感じの卓上ランタンでっしゃろ!
このランタンのロウソクは、筒の中にロウソクを入れると下から、
スプリングで押されて、常に上部で灯っている優れもので、
結局日本製でした。

東北関東大地震は、避難者、原発問題等あり予断を許さない状況なるも、
我々としては、手出し出来ないので、作業を致しやした。





いよいよカップボードの完成なりーっ。 こんな感じっす。(^_^)
20カップボード完成正面
白色で、ハート切抜きと、丁番が良いでっしゃろ!(^_^)
何だか誰かの足が見えてっけど、無視だっせー!

塗装の状況!(ツートーン?スリートーン?塗装で一寸手間掛かり)
先ず上段部の棚板をマホガニーステイン塗装の上に、透明アクリルニス2回塗装。
20M宅カップボード上段棚板塗装

テーブル部分は、アクリルクリアー、外観は薄い白色で木目が見える。
20M宅カップボード上段塗装完
棚板を差込んでます。

背板は、接着剤を付けタッカー(ステップル)止め。
20M宅カップボード上段背板付け
タッカーは、7Cm置きに止めたんで、丈夫でっせ!

上段部の完成
20M宅カップボード上段完成

下段部の塗装
20M宅下段本体塗装完
上段部同様、内壁も白色ですわ。

引出し塗装
20M宅引出し塗装
内部は、マホガニーステイン+アクリルニス塗装。

扉の塗装
20M宅カップボード扉塗装

完成状態を斜めから見た
20M宅カップボード完成斜めから
上段部は、やっぱしウインドースタイルの扉があったほうが良いかなー!(~へ~)

扉など開放した写真。
20M宅カップボード下段開放
扉は、下段部本体棚板のローラーキャッチャーで止まりまんねん。
写真で確認出来っぺな。

意外と手間が掛かったなー。
中々じゃねーがなと思うんだけんども、如何なもんでやんしょ!(~ム~)

しばらく終日勤務になるんで、ものづくりはチョッと遠のくかも!(><)

DEN

地震のその後

暫くブログに成りませんでした。

次女の、旦那(J)が、勤務地(東京=)から帰ってきて、
在宅勤務しており、ノートブックPCを、貸した為、デスクトップPCで
ブログ書いてますが、コタツで出来ないので、寒くまた停電があったりで、
通電中は仕事に行く為もあり、ブログ休んでいました。

また木工作業も休んでるし、本来のタイトルのブログになりませんね。

で、小生引き続き無事である事の報告と、ご心配頂いた皆さんへの
挨拶ブログとしますので、ご了承ください。

重ねて、震災にあわれた方々、避難されておられる方々に対して、
お見舞い申し上げますと共に、亡くなられた方々のご冥福をお祈り
致します。
又、原発で身の危険を背負いながら活躍されておられる方々、
救援活動をされておられる方々、物流に苦労されておられる方々
等様方、心よりエールを送るものです。

DEN

昨日・今日(14~15日)

先ずは、今日も小生方は、皆無事である事をお伝え致します。

昨日は、終日パート先に行って来ました。

社員が怪我をし、穴埋めで出社しましたが、金属加工の町工場で、
その肝心の機械(16台)が、地震で動いてしまっていた為、
何トンも有る機械を、ジャッキーを使って動かし、台座の
ネジを調節して、高さ合せをしたり、水平器を使って水平出しを
したりしました。

朝の出勤時には、輪番停電(計画停電)の予定でしたが、
停電なしで、それらの作業が出来、助かりました。

結局、小生は年期の有る方と2人で、その作業を一日掛りで行い、
立ったりしゃがんだりで、太股が筋肉通に成った上、疲れてしまい、
夜は無ブログしてしまいました。スミマセン!(><)

今日は、やはり朝から出勤しましたが、機械のうち2台の本体が、
地震で微動していた為、連結していた設備との位置ずれが有り
2時間位、再調整をしました。
筋肉痛が響きますねー。(><)
その後、NC機械での加工作業に入りましたが、切削加工の刃
(バイト)で、3箇所も手を切って(軽い切り傷)しまいました。(><)

ラジオのニュースによると、今日の計画停電がPM3:20から
7:00まで有る予定との事だったが、停電せず。
よって作業続行したが、結局4時過ぎに停電になり、機械が中途で
停止(バイトが加工物に食い込んだまま)し、作業も中止で帰宅。

暫定の今の出勤は、終日の為「カップボード」作成作業は、
塗装と仕上げ・組み立てを残し、しばらく延期です。

以上、愚痴めいた内容で、ゴメンナサイ!

それにつけても、地震の被災地の状況をTVで見たりすると、
言葉が有りませんが、心からお見舞い申し上げますと共に、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

更に、原発事故問も大変な事態で当惑しています。
現場で対策に当たっておられる方々は、身の危険も覚悟で
おられると思うと、本当に頭が下がります。

一刻も早い復旧を祈るばかりです。

以上、昨日・今日の報告まで!

DEN

皆無事です。

皆様には、ご心配頂き、有難うご座います。

小生関連だけですが、今日の状況報告します。

一人ぼっちでいた、次女Qの旦那Jは、今日4時半頃無事こちらに着きました。
昨日まで、JR線の影響で、勤務地の東京からこちら(栃木県大田原市)に帰れず、
ウイークデーの住まいである、川崎の東京寄りのゲストハウス(主に外国人が住むアパート)
に足止めされていましたが、今の余震の状況から、こちらに居たほうが安全と考え、
宇都宮までJRが運行開始したので、とにかく宇都宮まで来てもらい、迎えに行きました。
約30kMの距離を車で行きましたが、ガソリン供給が困難な状況で、途中の
ガソリンスタンドは、道路上に長蛇の列交通上危険な状態になっていました。
小生も、給油したかったが、この行列では・・・・!とあきらめました。
まだ70%程度残っていますから。

姪2号N子(T宅)達は、家が住めない状態(半壊)の災難に遭いましたが、
公営の住宅が借りられる事に成った様なので、一安心です。
家裁道具などを運搬するために、小生の軽トラを貸出しましたので、
活躍すると思いますが、問題は燃料供給ですね。
また家をなんとかしなくてはならないので、大変ですが今度は地震い弱くない
所を探す様協力したいと思います。

今も余震がありました。 
余震は、1~3時間ごとに起こっています。
が、こちらは大丈夫ですので、ご安心頂きたく。

大変な被災をされた現地の方々を思うと、我々は幸せと思うしか有りません。

東北地方の被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。

DEN

ご心配頂き。有難う御座います。

小生ブログご覧の皆さまへ!

先ず、小生関連の親族含め、1家族の家が地割れしている上に建っていたため、
倒壊までは至ってないものの、かなりのダメージを受けていますが、
また、他の家も被害落下物などの被害は有ったものの、怪我もなく無事ですので、
ご安心ください。
次女(Q)の、旦那Jは、JR宇都宮線・東北新幹線が動いてない為、勤務地の東京
(神奈川県の東京寄り)のアパートに足止めされていますが、無事であり大丈夫です。

原発も問題が起こっていますが、1号機は心臓部の炉心の爆発などの危険性は無い様です。
3号機も冷却不能に陥ったようですが、高圧空気を抜くなどの対処と、1号機では
海水注入での冷却を試みている様で、3号機も同様かと思います。
自衛隊員などが被爆覚悟で懸命の作業をしており、言いようがありません。

東北太平洋岸では、甚大で、地震そのものよりも、津波による被害は町によっては
町全体が津波の濁流で、コンクリートの大きな建物を除き、跡形も無くなっています。
行方不明・死亡者の数も、日増しに増えており、1000人以上といわれてますが、
人街だけで200~300人の死亡が確認されており、確認できはい場所も有り
実態は、莫大な数に成るのではないかと、小生なりに危惧してます。
救済ヘリが活躍してますが、助けたくとも近寄れないところもあったり、
救援活動中の警察、消防、自衛隊員などのご苦労を思うと、・・・・・!

被災された方、亡くなられた方のことを思うと、心が痛みます。

大きな余震や、新たな地震も2~3時間おきに起きておりますが、取りあえず
無事ですことを、お知らせしますとともに、ご心配頂き本当にありがとうございます。

DEN

ビックリした

家の掛け時計が、3時50分に止まっています。
が、本地震は2時50分頃でした。
今日は、パート先の会社から、急に呼び出しが有り、昼から仕事に行きましたが
3時の休憩で一服した後しようと言う時間のころに「グラグラーーーー!」怖かった。
何トンもある大きな機械がズッコケていて、ちかくの家の瓦屋根の瓦が落ちていたり、
家が心配だったが、大丈夫でした。
皆さんは大丈夫ですか?
DEN

茶だんす 改め カップボード作成(9)

「茶だんす」では、イメージが合わない(皆さんも思いましたよね)ので、
改めて「カップボード」に変更えますべ。

従って、タイトルも「カップボード」に変えますが、何か?(~ム~)

それにしても、朝晴れにはうらぎられて、やっぱし寒がったなー!(> <)

今日は、せっかく組み立てた上段ユニットをバラシました。

何ーんでかって?

そりゃーあなた、塗装をする為でんがなー。

人間も同じで、ベースがキチットしてないと駄目だんべな!(笑)

なんで、サンダー掛けをしましたよ。
サンダー掛け1
上段ユニットの底板(テーブル?)でごじゃる。

先ずは、上段ユニットの材料全てに、サンダー掛けやりました。
サンダー掛け全板
バラシた上段ユニットの全材料でっせ!

下段のベースユニットも扉を外してっと!

その為に、丁番を外して
扉の丁番

外した扉は
外した扉
切り抜きは、近くで見ると粗が見えっぺが?

引き出しも前板のサンダー掛ける(引出し全体も)為、取っ手をはずしてと。
引出し取っ手

以後の作業、写真省略。(ー:ー)

一通りサンダー掛けが終わったし、寒いし作業を終了にして作業台に片付けてと。
全てサンダー済み

で、今日は閉めに致しやした。

さて、昨日お伝えした、「ドゥーパ」に載った事とは、読者投稿ページに
掲載された「長テーブル」と「浴室脱衣場収納棚」の記事の事なんですねん。
これですーこれ!
DP 081表紙 ドゥーパ 081号
DP 081記事

残念ながら「ネギ苗カッター」の、ドゥーパ「DIY大賞」は、ハズレでした。(~?~)

では、続きをご期待くだっせ。

読み逃げも大いに歓迎だよーっ! 見てもらえれば嬉しいですから。
ついでに拍手でも宜しくです。

DEN>

茶だんす作成(9)

何だって、今朝の天気(晴れていた)にはゴマカサレタなー!
午後は曇って、白いものが落ちてきたり、もー作業止めっぺがと思った頃には、
オテントウ様が顔を出したり。
しかし、結構さむがったわ。(><)

さて今日は、カタチ的に完成したでーー!(^^)

上段の棚板が1枚不足してたんで、幅の足りない板をビスケット5枚で結合し、
棚板を作りやんした。
棚板接ぎ
手前の、接合部の横線が見えるべかなー?(~へ~)

この結合した板が乾燥してから、棚板3枚の前部分コーナーの逃げを切り落とし、
側板の溝にはめ込んで、勘合を確認。
棚板逃げ
写真は、組み上げ後に映したものなんだわ、悪しからずー!(_ _)
左の側板の溝に、合板が差し込んであって、溝の先が丸くなって止まってるべ、
合板がその溝を越えて前に出るよう、合板に逃げの切欠きを作って有るんですわ。

上段の扉は、最終的にオーナーの意見で、付けない事と成ったが、何となく間抜け顔に
なっちゃうんで、上部に邪魔にならない程度の幅の狭い桟と、左右両サイドに、
下段の前両サイドの縦板と同じ板を追加する事にしましたです。
上下合体した写真で確認してけれ。(~o~)

だげんども、もしかして “それも要らねー” なんてことになったらヤベーんで、
接着しないで、あとで外せる様にネジ止めにしたけんども、ネジが外から見えては
見栄えが悪いんで、桟木を付けてネジ止めだけにしやした。(~ム~)
前桟木

出来上がりましたぞ。上段下段を重ねてみたんだけんど。(^_^)

正面から
上下合体正面

少し斜めから
上下合体斜め
クランプは、背板を抑えるために使用しているものなので、無視くんなまし。

扉を開け、引き出しを出したところ。
扉と引出し

外観上見えるネジは、側面の後方のネジ2本づつ、左右合計8本だけだよ。
外観ネジ8本のみ
横の桟木を止めている、各々2本づつの皿ネジ頭が見えっぺが?
後方になるんだから、目立たねーべ、きっと。

以上で、基本的に出来上がりだけんども、まだ塗装が残ってっぺや。(><)

この塗装がまた大変で、現在の仮組み状態から、バラすところをバラし、
サンダー掛けをして、組む前に塗装すべき物は塗装しちゃってがら組立するわけ。

組上がったら全体の塗装だけんども、やっぱり白色の拭取りペインティングでやんす。

所で、DIY雑誌「ドゥーパ(http://www.dopa.jp/)」が、昨日発売だったんで
(奇数月の 8日発売)買ってきましたわ。(^_^)
載ってましたでよ!
“何が載ってだんだ” って!  それは次回のおたのしみーっす。(へへへッ)

DEN

茶だんす作成(8)

結構寒い日だったがねー今日も。 昨日よりはマシだったがなー!

今日は、上の段の作成にトッカカリましたで。

側板は下段の側板と一緒にビスケット結合してたので、進行が早かったですわ。(^ ^)

そんでも、棚板をハメコムための溝堀りをしたり、若干手間は掛かったけんどもね。

先ずは、側板の溝彫りじゃ!
棚板用溝堀
自作の溝堀治具を使い、棚板の厚みの 12mmに合わせて、トリマーで
幅12mmで深さ 5mmの直線溝を、かっ掘ったがね。

背板用の溝堀りをしやした。
背板用溝堀
深さは、背板の厚み 5mmに対して余裕を持たせ 6mmとし重ね幅は
13mmとしたです。

天板と、テーブル板(下段の底面板)の、側板への取付の為に下穴をあけたんだ。
天板下穴あけ
実用では、天板の上もテーブル板の底も、外見上見えねーんで、ボンドを付けて
ネジ止めすることにし、その下穴を 5カ所を開けたってわけだす。

そして、上段の外枠を仮組みし、下段本体に乗せてみたけんども、どーだんべ。
上下段重ね
全高 1.7mで、結構背高ノッポだなや!(◎h◎)
上段の棚板用溝は出来ているんだけんど、棚板が未だ無い・・・・・!(@o@)

そんで、棚板を切リ出して、差し込んでみだわさ。
400
今日は、2枚しか切り出せねがった(片割れの幅が狭い為)んで2枚だけ、
側板に差込んでみだんだ。

2枚切り出した幅の狭い残りの板を、例によって「ビスケット」結合し
不足の 1枚を作るべー、明日結合作業だな。(~ム~)

尚、棚板の前の部分は、見た目にキレイに見えるよう、切り込みを入れで、
大入れの溝もその分手前で止めだがら、棚板は未だ奥まで入らねーんだわ。

以上だけんど、今日のはあまり面白くない? (_ _)
しかし、あと数日続きまっせ!お付き合いたのんまっせ!!

DEN

「旅行シリーズ」(4) バリ島編

今日は、寒いし雪が舞い落ちてて、ダメだーこりゃー!(><)

てな訳で、木工作業なし。
そんでもって、「旅行シリーズ」(midasjennyさん命名の)にすっぺっと。

4回目(になるかな?)、今回はインドネシア「バリ島」編でごじゃります!

でも、ここで写真を使うとは夢にも思って無かったから、最適な写真がネーわ!
“勘弁してちょーだい”だね(~~)

バリは、イスラム国のインドネシアに有って、ヒンドゥー教の州。

古い家は草屋根で、小さ目の田んぼが多くあり、田舎道では日本を感じましたわ。

以下、一般民家の写真でっす。
バリ民家4
バリ民家の老人 バリ民家5
バリ民家1

バリは、石の彫刻でも有名です。
長崎の原爆記念像は、バリ製だと現地のコミュニティー誌に有ったと記憶してます?
違ったかなー?(記憶アイマイ(_ _))

で残念ながら、石の彫刻の町の(“の”ばっかし)写真なし!(_ _)です。

石細工の町の写真は無えげっとも、バリ文化の石門です。以下「寺」の写真。
石材の門
寺の塔? 寺の獅子
寺1
寺2 寺3

続いて、とても細かなタッチの「絵」! 先ずは、買ってきた絵からです。
バリ購入絵1
バリ購入絵
ブレて(?)ますけど。(><)
購入の絵3
キャンバスに描かれてますが、とにかく小さい(絵そのもの:18×23Cm)!
一番上の写真に、万年筆型のボールペンを引っ掛けておいたので、小ささが
解かるべかや!

現地で撮った「絵」の、3連パツいくでー。
バリの絵1
バリの絵2 バリの絵3
          これら2つは、どちらも白黒の絵です。

次は、ツアーで見た踊りの数々。(@@)

バリ特有の「ケチャック(カエル)ダンス」等です。
ケチャックダンス1
ちょっと暗くて見えないかな。
ケチャックダンス2
踊り3
踊り4

ダンスの演奏をする楽団
踊りの楽団

海岸の海の家みたいな食堂で、食べるのに選んだ魚。
食べた魚
バナナの葉に包んだバーベキュウで、食べてと記憶。(~へ~)

こんな事もしました。
ニシキヘビ
重かったわ。(笑)

風景の写真がほとんど無かったので、ガッカリしたがな?(ーへー)

また、絵の最初の3枚の写真以外の、当時の写真は、シンガポールで購入した
「コダック」のデジカメで、1百万画素(最近のカメラ:1千万画素?)の、
DC215 Millennium 2000 金色の 2000年 限定モデルですが、
単3電池が使えるんえすけど、マンガン電池で写したら、数枚で終わっちゃいました。
結局、充電電池(NiMH=ニッケル水素電池)を買って使いましたが、それでも
少ししか取れませんでしたね。(^?^)

これが、その金色のカメラです。
コダックデジカメ

景色を写した写真が少なくて、ガッカリさせっちゃったがな!(_ _)

今日は、此れだけでござんすが、何か・・・・? 

DEN

茶だんす作成(7)

今日は、少しは春めいた気温になると思ってだのに、それほどでもながったなー。(><)
それでもやっぱり「茶だんす作り」と相成りやした。

そんでも、予定通りの進捗したと、自己判断したけんども。(~ム~)

カントリー調の丁番を付けようと思っていたが、丁番の手持ちげ無いので、
ホームセンターにて仕入れてめーりやした。(タイムロスじゃ)

ネジ止めが、其々2~3本しか打ってなかったスライドレールのネジを、追加止めし、
次の作業へと移りまった。

扉の切り抜きを、35φのキリと糸鋸盤で加工、更に取っ手も作成、切り口(エッジ)を
トリマーでトリミングもやりました。(あたりめーだ! 手がケガすっぺ!)(汗)

35φのキリを使って、ハートの上部分の穴開けです。
(また、手が無えーから、透明人間かい・・・・・? てが)
扉切抜(35φ穴開け)
キチャナイ ボール紙の丸い物が有るけんど、これはドリルで切る時、切り屑が
飛び散るのを防止するための物で、写真の如くこの中に溜まってるのがわがっぺな!

糸ノコ作業は、以前写真アップしているので、省略。
(作業に熱中し撮影忘れた、が本当の理由)

取っ手は、引出し用と扉用を作ったが、仮完成で確認したところ、お母ちゃんの意見も
参考に、扉には付けない事にしやした。

引出し用取っ手は、こんな感じ!
引出し取っ手
そーです、カントリー調特有の、ハートの形ですよ。
だけじゃーなくて、取っ手だけに “とっても握り安い” んだよ!(へへへ)
扉に付けようと思って作った取っ手も、同じデザインだったんだけどね。

扉ホールド用の「ローラーキャッチャー」を付けました。
扉キャッチャー付
左側の、白い2ローラーの物がキャッチャーのメス、右側に有る(見えにくい?)
金属の物が、扉側のオスです。 (現物の、写りが小さくてソーリーです!)

背板(5mm厚)を作って、本体に当ててみたです。
背板
さすがに、ピッタシ入ったでよ。(^_^)

けど、ここで背板を取り付けちゃうと、本体が重いだけに、移動するときに邪魔だ。
で、サンデイングと塗装が終わるまで、付けないで置くべっと!

お待たせ致しやした! 仮りで完成させたのが、これ。
下本体仮完成
マーマーの出来がな!

扉に取っ手がいらない訳が、解かったかな?

この上に、上部分が乗るんだけんども、未だ側板しか出来てねーなー。

ガラス入り扉を付けるんだけんど、作んの手間掛かっぺなー。
なにしろ、家具のガラス入り扉を作るの、初めてだがらなー。(~_~)

そういえば、Qさん宅の小屋のドアーにつけたアクリル板がまだ余ってっから、
ガラスでなく、取りあえずこのアクリル板(3 or 5mm厚)にさせてもらうべ。
お祭りさん、いがんべな!(_ _;)

仮で出来上がったこの本体は、扉と丁番、取っ手等を外して、塗装をせにゃー
なんねーがら、上部分が出来上がるまで、ホールドしておくべっと。(^O^)

作業途中の写真が少なく、文章だけでは理解しにくいでしょうけど、お許しを!

今週末頃には、上の部分も仕上がっかなー!(そりゃー天気次第だんべや!)

今日は、寒目の日曜日でも、年中無休みたいに、作業やっちゃったなー。(~_~)

DEN

茶だんす作成(6)

今日は天気が良くて、さぞ暖ったかくなんだんべなー!と思ってたけんども、
なんのなんの、日差しはマーマーだったものの、やっぱし空気がツメタがったなー!
そんでも昨日よりは、まだましだったかなー・・・・!(~g~)

それにしても、ながなが進んだよーに見えねーもんだなや!
今日は、引き出しを作ったものの、外見上は変化なし。
ほがの人が見だら “なーんだ 全然進んでねーなや!”てが。(*´д`*)

今に見でろ、もう少ししたらあっと言うがら、きっと。

こどばが、少しナマリ過ぎだがなや! 標準語にすっぺが!(ー.ー)

今日は、引き出し作成がメインだーっ。

家具作りで扉に使おうと、取っておいた少し木目の綺麗な針葉樹合板、
引き出しの底板に使う幅広板が無かったので、モッタイナイと思ったけど、
切って使っちゃいましたでー。(~ム~)
この合板のカタワレは、Qさん宅へ据付けた「トイレ収納棚」の扉に使いましたよ!

そのカットした板に、下穴を開けてと。
引出底板下穴開
下穴開けのドリルに、人の手が無いけど、透明人間?  じゃーないっすよ!

下穴と同時に、ネジ頭が入るようザグリも一緒に行うドリルビット(錐)を
使って加工、ザグリ加工してあるのが見えっべか?

先に組んで置いた、引出し枠にこの底板を付けたんですけんども、
(しまったー、枠組立のところの写真撮り忘れたー!(><))
引出し底板取付
ローラー式引き出しレールが置いて有るけど、引き出しの底にスライドレールを、
本体の引出し取付部に受けレールを取り付けるんです。

そんで、レールを各々に取付けるのでありますが、これの位置合わせが曲者で、
結構、時間(手間)が掛かるんです。(>o<)

取り付けるネジは、頭が出ていてはローラーが引っかかってしまう為、頭の出ない
「皿頭ネジ」を使うが、ネジ締め後に、位置を動かすことが出来ない。(><)

つまり、位置を失敗すると、開いてしまった穴を、つま楊枝などを使って埋め戻し、
位置をズラシてやり直し、それも左と右の前後と、高さをうまいこと合わせなければ!

本体も、引出しも素人ハダシの出来だから、シャクシ定規には行かねーんだわ!(苦笑)

レールを付けたら、引き出しを本体に組み込んで、前(化粧(してないけど))板の
位置決めですわ。

位置決めは、前板に両面テープを貼り、本体に差し込んである引き出しに押し当てて、
位置を確定するんでっす。(スンマセン写真なし)

で、位置が確定したので、ボンドと木ネジで固定いたしやす。
引出し前板取付
前板を外す前に、位置合わせのケガキをしてから、両面テープを剥し、
ボンドを塗って、ケガキ線にピッタリと位置を合わせたら、クランプで
シッカリと銜え(ボンドでズレやすい)ながら、木ネジ8本でガッチリと
止めやんした。

そうして出来た引き出しが、これ! 但し、取っ手はまだですよ。
引き出し完成

引き出しを本体に付けてみた。
引出し取付1

引き出しを引き出し(?)てみたです。
引出し取付2
フムフム! マズマズ動きは良いんだわ!(^_^)

さて、今日の引き出し作成作業のまとめ!
・引き出し枠作成の為の、1×4材(廃材から選別した)のカット。
・枠板は、表面が荒れていたので、組む前にサンダーかけ。
・引き出しの前枠は、引き出した時に目に付くので、目立たないビスケットで結合。
  後ろになるところは、木ねじによる突合せ止めとした。
・底板は、合板の6尺×6尺サイズからカット。
  ちなみに尺は、フィートにほぼ同じ “人間の考えは世の東西を問わず、
  同じなんだなー” と感心することシキリです。(@o@)
・底板に下穴を開けて、枠にボンド+木ネジで取り付け。
・レールの取付(位置合わせで手こずる)。
・前板の、位置合わせ(両面テープ使用)と、ボンド及びネジによる固定。

以上で引出し完成・・・・バンザーイ! ハクシューッ! (・・||||r)

外で使った道具を片付けた後、取っ手のデザインを練ったのであります。
既製品では、脳がねーな、ヤッパリ手作りでねーとな。(ンダンダ!)

次は、本体の背板カット(5mm厚の紅屋合板を使う)と取り付、扉のデザイン切抜き、
及び取っ手の作成と取付で、塗装を残し一応下側本体の完成となるかな!

本当は明日は、ジョイフル本田(宇都宮)に行きたいんだけんども、絶対条件でねーがら、
未定だなーこりゃ。(><)
明日は暖かいだろーから、ま、いいが!

デハデハ!(o・・o)/

DEN

茶だんす作成(5)

今日は、昨日にも増してシバレたなー。

シバレタ夜は、お酒やでー。

で、昨夜も一昨日の夜も、お酒(日本酒)を頂いて寝ましたです。
今日もご馳走になっぺやー、当然!(~_~)

これです、コレデス!
「天鷹しぼりたて生」これ限定品で、息子(天鷹勤務)が買ってプレゼントしてくれまッタ!
息子がくれたから、美味しさも格別だんべやー!(^o^)
天鷹しぼりたて生1

うんめーな!(@_@)

天鷹しぼりたて生2



酒盛りはこの辺にして、本題に入っぺが。

今日は、筐体(本体)の歪み(ガタ付になる)を、矯正しながら、棚板をボンドと
ネジで固定し、茶だんすの下の筐体の、基本部分を完成させましたです。
棚板固定完

その後で、扉部分の寸法を確認し、扉になる板をカッティングして、
本体扉部分の開口寸法に合わせたんですよ。

カッティング してっとこの写真です。(直線カット治具使用)
扉板カット
板の縦方向両側を、幅2Cm程度づつカットし、下のハミ出し部分の1Cmもカット。

すぐ横に立て掛けてある板は、切り屑飛散防止の為ですが、それに吸塵ホースも
つないで集塵機に吸わせてますけど、それでもかなり飛散しますです。

目に入って、眼科医にかかった事もあります。(~へ~)

そんでこの扉の板を、本体に仮置きしてみやした。
外観下部1

なぬ! 小さいのと、逆さまでイメージがつかめねーだって?(>.<)

そんじゃー改めて、180度回転させてみっぺ!
外観下部2
如何かな?
実際は、作業テーブルに逆さまに置いて写したもんで、その写真をば
ひっくり返したんでやんす。
作業場が狭いため、天井にぶら下げてある道具に引っかかりそーだなや。(高さ:90Cm)

一番上の横板が引き出し前板、その下の幅の狭い横板は、嵌め殺し板で、
その下に4枚の縦板に見えるのが、2枚づつの観音開きのとびらでやんす。

この扉に切り抜きを施し、カントリー調の丁番を付け、取っ手は自作するつもりですよ。

尚、引き出しは、スライドローラーを使って、動きをスムースにすんのは、当ったりめー。

これの上に、上部分(分体)が乗っかんだけんども、これを作んのもてーへんだなー!
ガラス入り(これが大変)の扉を付けっからなー!

明日の天気、どーだんべ?

DEN

茶だんす作成(4)←訂正(6)から

打ち消し文Ver.(6)を(4)に訂正。

昨日の続きでっせー!(>_^)

3月3日五節句で、晴れてたっつーのに、まーず寒みー日だったなー!(>o<)

側板の内側に、棚板用の桟木を取り付ける為、位置決めのケガキ線を書きまった!
桟位置ケガキ
左右の側板を合わせて、一度に線を引いたのであります。(左右の精度が出安い)
下(手前)・中央・上(長い定規のある部分)に、横の線が引いて有るんだけんども、
見えっぺが?

天板を入れ込む為、側板の上面にトリマーで切り欠き作業でござります。
仮組みをして寸法合わせした為、切り欠き作業は今になったのですー。
これ、こじつけの言い訳で、天板を乗せる方法では、天板が横から見えちゃうので、
側板にはめ込む様に、設計変更をしたのであります。(汗)
天板用切り書き
天板が、側板にピッタリ隠れる様にする為の切り欠きでやんす。

桟木の仕上げ(平面出し)を、自動カンナでビューっと(少々ウルセーが許せよ!)
桟木平面出し

桟木を側板内側に取付け、左右の側板をくっ付けてやる。(^ム^)
側板へ桟木取付

前後の桟木がくっ付いたけんど、外れねえ様に、木工ボンドとネジで止めたですよ。
側板へ桟木取付完

この後、側板その物にも、左右の桟木を取り付けて、桟木取付は完了。
前後の桟木を付けてからの方が、つなぎ目の平面が出しやすいがら、
ここで付けたってーわけさー。
で、棚板を置い見たたんだけんども、引き出し前板もついでに置いてみたでー。
棚板仮置き

前面上部、引き出しの下の幕板を取り付け、引き出し前板と、扉に加工する板を置いて、
完成状態(下の本体のみだけんども)をイメージしたんさ。
下本体完成イメージ
扉の下がちーっと長げーなー、寸法ミスだな(汗)、コリャー切んなくっちゃ!(ー.ー)

これじゃー、イマイチパットしねーなー!(笑)
ま、焦んねーで明日のお楽しみだなこりゃー!
明日は、何処まで進捗すかなー?楽しみじゃわ。(^_^)

DEN

茶だんす作成(3)

今日も、少しだけ進捗したっす!

今日は、なんとも変な寒い日だったねー。
朝、太陽が顔を出したので “コリャー良い天気だー、頑張ってやるべー”と、
始まったんですがね。

棚板にする合板をカット!(おが屑が多いなーっ)
茶だんす合板カット
すでにカットしてしまったのが、中央に有る四角い物体で、合計4枚作成。
奥にある青色の、電動マルノコ(手持ち式)で、左手前の孔の4つ開いた直線切り定規
を使ってカット。下敷きになってる白いのは、背板に使う薄手の合板でんね。

4枚の棚板合板カットが終わる頃、あやしい雲行きになって、なんと白いものが
舞い降りて来たじゃーああーりませんか!(*L*)

慌てて、これら外に置いたものを片付けたところ、白いものはパッタリと止まり、
作業場に取り込んだ馬やテーブルが、邪魔なんで再度作業すべく、出しましたがなー。

次は棚板用の「桟木」の作成なんだけんども、細めの角材が無いんで、1×4材や
2×3材の廃材などを、縦割りカットして作りまったっす。
桟木作成1

ナンダって? 良く見えないって? そんじゃもう一発。
桟木作成2
真ん中に見える線が、スライド丸ノコで切った切れ目で、桟木の長さがスライド幅より
長い為、反対にして又スライド丸のこで切るんですわ。
何せ、材料が細いんでヤリにくいし、下手すると怪我のもと、あぶねーあぶねー!

で、カットしたのがこちら!
カット済み桟木

今日の作業で作った材料の全てだよ。(^o^)
カット済み材料
ただし、茶だんす下本体用として、棚板が全部で4枚、それと桟木が16本で、
写真には、棚板1枚と桟木2本が抜けてまっす。 

下の本体のイメージが何となく判っぺか?(*_<)
下本体イメージ
本当は、桟木の寸法確認のために、クランプで挟んで仮組みしたもんです。

下の棚板は、最終では下から7Cm浮いた所に付きますのや。
それと一番上の横向き板は、引き出しの前板、前の開いてる部分に、観音開きの
扉が付きまっせ。

明日は、今日よりも寒いって、TVの天気予報で言ってっけど、寒くては
身体も手先もカジカンじゃって、仕事がスムースの運ばずですわ!(~ム~)

DEN

茶だんす作成(2)

少し、進捗しました。

でも、空腹に飲んだビール(キリン 一番搾り)がまわって、起きているのが辛れーんで、
簡単にでっせーー。(ーoー)

茶だんすのベース部分(全体の下の本体)の側板と、前板(柱に相当)の加工、
そしてそれの結合を、ビスケットを使って加工しまったでな。

先ず、カットする部分にケガキ(印の線引き)を入れてと!
側板ケガキ1
板の上に有るのが、ケガキのための道具で、これの見えてる板の面を、加工する板の
側面に当てて、黒っぽく飛び出している「刃」で、板に線を引きますのや。
写真の斜めの線は、鉛筆で描いたもんで、真ん中の板に僅かに見える横引き線が、
ケガキ道具でケガいた線じゃわ。

次に、背板をはめ込むための彫り込み用の、ケガキ線を入れるべ!
1ケガキ3

良く見えんので拡大写真
ケガキ2
最初から、力を入れて引くと、木目に引き込まれて線が曲がってしまうでよ。

ケガいた線を基に、トリーマーで、側板の背面板が入る部分に彫り込み加工すんだ。
背板用彫り込み
暗くて見にくいかねー? 
解説すっと、真ん中の黒く見える縦の棒がカッターの刃で、高速回転をして木を削り、
溝を彫るんだわ。 溝見えるでしょ!(溝じゃなくって、欠き取りだんべー!)
ただし、背板を止める為、幅6mmで深さを12mmの彫り込みにする為に、
一度では事故っちゃうんで、深さを 3mm程づつ 4回に分けて削るんだわさ!
(結構と、大変なんだなー!)

スライド丸ノコ(綺麗に切れっから)で、前板(支柱)の足になる部分を斜めカットだ。
前支柱斜めカット
組み立てたとき、前足の左・右が「ハ」の状態になる部分ですー。

続いて、側板の足部分をジグソーでカットじゃ!
側板ジグソーでカット
この写真は、すでにカット済のものをくっつけて“こんな風にカット”した事を
示したんで、少々おかしいけんどもね。

そして、前板と側板を「ビスケット」で結合 (ビスケット用スリット彫りの写真無し)。
ビスケット結合1
手前が、前板で側板の横っ腹に引っ付いていらっしゃいますだ。
これは、右側の板で、右の方が足になるんだけんども、イメージ沸きまっか?

さて、これでボンドが乾くまで待つとすっか、何時もの様におっ立て掛けて。
ビスケットで結合2

つまり、今日はこれまでってコトなのー?
ハイソーです。

全体のシェープイメージは、出来て行く段階で描いて下っせ。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。