スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は寒かった!

昨日は、冷たい雨で寒くて DIYどころでは有りませんでしたぞ!
従って昨日のブログは無しでした。

今日、庭のトマト(餌も貰えずタダ生えている)の枝に、実がなっている写真を撮りましたので、
UPします。

先ずは、普通のトマト
我家のトマト

次に、ミニトマト  我家のミニトマト

いずれも、紅くなっていません。
もっともミニトマトは、何でも黒トマトと言う?らしく、黒っぽいです。
普通のトマトも一向に色気が出てきません。採って少し置いたほうが良いのかな?
やっぱり餌をやらないと駄目なのかな?

そろそろ忙しくなるので、1~2週間くらい、Non DIY の日々が続きそーー。
作業場の棚も未完成のまま。

DEN
スポンサーサイト

棚作り

今日完成させようと頑張りましたが、未完に終わっちゃいましたです。
先ずは、昨日お見せ出来なかった、骨組みの写真から。

棚骨組み
柱(径38mm×89mm)は、新規購入材、ハシゴ部分は棚板を乗せるサンで、再利用材。
後ろに母屋そして無線用の鉄塔(12m)、下のほうにカナダで購入してきた
「インパクトドライバー(ネジ締めドリル)」とその左の方に収納バッグ(赤)が見えてます。
これで強力木ネジ(コーススレッドスクリュー)を使い、棚を組みます。
左のブルーシートの中は、カーポートに敷いた砂のアマリ・・・!

次に、半完成状態。
棚半完成
上3つの棚板は出来たけど、下の2つは間に合わず!。

高さが1.8m有り、作業場に入れるのが重くて大変なので、上から3段目のみ固定し、
最下段は中の棚板2本を取り外し式に、上の2段と下から2段目は完全取り外し式にしました。
勿論、分離棚板は、ピッタリおさまりガタツキの無いように作ります。丈夫ですよ!

所で、小生のブログで紹介している小物品ですが、次の写真の如き原材料を加工して作っています。
で、結構手間掛かります。
原材料
 ・真中に横たわっているのは、ケヤキの50Cm厚の材料で、それから切り取ったものが
  手前右の材。つまり「手芸糸巻きスタンド」に使った材。
 ・左奥の小さい円柱が「色まきボビン」に使った桜材。
 ・奥中央に鎮座しておられますのは、エンジの丸太で、これを切り出した物が
  手前中央の角材と、左端の板材。
自分で切り出す為、中々大変ですよ!

サテこんな記事ばっかりじゃや、アギッチャンべがら、次は別の内容も載せっぺってが!。

DEN

MYイス と今日の作業

NHK のDIY番組「住まい自分流」のテキスト本住まい自分流の 2010年3月読者ページ「自分流通信欄」で
紹介された「MYイス」を写真で紹介させて頂きます。

MYイス

◎ 作品概要
 ・材 料:ウエスタンレッドシダー(ほのかな甘味の、良い香りがする)
 ・脚と背もたれ柱:2×6材を加工
 ・座面と背もたれ板:1.5×6材
 ・材の結合:木ネジ(コーススレッド)と大入れ(組み手)に木工ボンド使用
 ・仕上げ:オイル(英ワトコ社製)の、ナチュラルカラー仕上げ

やや高い背もたれと、盛り上がりの有る座面で「座り心地がトッテモ良い」と
好評。
5脚作り、円形テーブル使っています。

ついでに、カナダで見たこのようなロッキングチェアーを作ってみようと
思っていますが如何でしょう!(何時出来るやら(汗))
モデルは気にしないで下さい。
ロッキングイス1

後ろに動かした状態
ロッキングイス2

前に動かした状態 ロッキングイス3

一般にあるロッキングチェアーより床面積が小さく、我家に最適じゃよ!

さて今日は、作業場の整理の為、物置棚を作り始めました。
イヤー冷たい風が吹いて寒いの何の!
午後ブログコメントの返信作業後から作業始めた為、骨組みが
出来上がったころには暗くなってしまい、写真が取ず(涙)。
明日には完成するつもりで取り組みますので、写真はそれからにて御免あれ。

また、見て下さーい。
DENでした。

昨日の続き作業

今日は、午前中は知り合いの工場の仕事。
帰ってから昨日からの続きの「塗装変え」でアイボリー色の仕上げをしました。
が、天候が悪く(時々小雨)乾きも鈍い為、カーポートに置いたままです。(トホホ!!)
従って、正規の「重ね置き」写真になっておりません Hi!

本箱塗装変え

下地をそのままで重ね塗りした為、さらに構造用下地合板製の為、細かい割れ目に
アイボリー塗料が上手く乗ってくれません。
3回塗りで 0.7Lの塗料を丸々使ってしまいました(本棚は意外と表面積大きいです)。

そう言えば昨日、息子の結婚式に出される食事の試食に言ってきました。
一品一品のボリュームは少ないものの、全体では、質・量共に十分で、
そして満腹で帰ってきましたが、写真が無くては分りませんよね(汗)。

ところで、家にデッキを作られて居る方も多く折られると思いますが、
小生も4年位前に作りました。

メグ宅デッキ横

メグ宅デッキ

このデッキは1.8m×3.6m、屋根付でロープで上下出来る物干し竿かけ付。
次女の家に作った物で、残念ながら我家にデッキはありません(トホホ・涙)
このデッキは、以前「ドゥーパ」(http://dopa.jp/ )
というDIY雑誌の NO.060号の読者投稿欄に載りました。(エヘへ!)
これからも、雑誌に載った作品も紹介すっぺ。
では。  DEN

塗装がえとパソコンラック

今日は、以前息子に作ってやった「TV台兼本箱」の色を“ベージュに変えて欲しい”と言われ
塗り替えしましたが、元々外周は青味の「うす緑」色、内部は「黒色」に「アクリルニス」
塗装の為、2度塗りしたものの一筋縄では行かず、明日に持ち越しに成ってしまいました。

TV台件本箱

塗り替え前は、こんな感じの物体で、幅 1.8m・高さ 下62Cm 上30Cm・奥行 30Cmです。
全体が重いので運びやすくする為、最上段の本立て部分は下の黒い部分とは分離型です。
この最上段の中央に、「TV(37インチまで置ける)」を置きます。
すぐ下の棚には、DVDプレイヤー等を置けます。

ところで、別物体で今操作中のパソコンを収めている「パソコンラック」ですが、
写真で紹介しちゃいましょう。数日前の出来立てのホヤホヤ品です。
一番下に有る物は、主に電気関連用の道具箱です。

PCラック1

部屋が狭いので、キーボードとプリンターを「スライドレール」を使い収納式にしました。

PCラック2

PCを使用する時の状態では、プリンターは収納し、スキャンする時だけ引き出します。

PCラック3

本日はこれまででーす。 DEN

片付けなど

ブログ作業(AM中)と、午後木工作業場片付け、木材買いの一日でした。

作業場片付けは、適当にしました。何とも片付かないもんですねー。
写真は昨日までのBefore(半片付)ですが、Afterは変り映えしないので遠慮です(汗)。
なお、左のゴミ袋は廃棄するごみで、作業は右の台(ダンボールが乗っている)
などを外に出して行います。
真中に90Cm×1.8mの広さの作業台が有り、そこで作業しますが、
やはり物が置いてあり天井にも多くの工具が藤の花の如くぶら下り、
大物作成は困難。大物は晴れた日のみで外作業(冷汗)。
車庫なので、左奥が正面入り口ですが、作業にはこの横の出入り口を使ってます。

作業場Before整理

今日は、古いのですが数年前に施工した「丸太敷き」カーポートの写真です。
丸太は、長さ(高さ)20Cmで防腐防虫剤に着け塗装し砂に埋めて固定(砂決め)
して有りますが、今だに沈むことも無く、色あせしてますが現役です。
(このカーポートは、以前Woceanさんのブログにも乗ってたかな?)
丸太は貰い物でタダでしたが、切断と皮むきが大変でした。
70Km離れた所から2tトラックを借りて運びましたが、積込みが・・・(汗)。
今思うと「マーよくこんなのヤッタなー」としきり。(笑?)
一応車輪の乗る所には、車庫入れの目安も兼ね太いモミの木の丸太を敷いてますが、
如何いうわけか、車は時々斜めに入っちゃいます。(恥かし)

丸太敷きカーポート床

最後に今日の買い物!
ホームセンターで、1×4 材(長さ1.8m)を18枚買って来ましたぜよ。
軽トラ荷台の右端に有るのがそれで、左に有るのは以前入手して置いた材、
テレビ台とゴミ箱を作る予定(未定にして、決定にあらずで御座いますぜよ)。

材料お買物

イヤー、今日は良い天気で、紅葉の行楽シーズン!されど小生家に有るなり(爆)。
皆さんは「紅葉がり」の予定は「あんのがな?(地元弁)」
(紅葉の中で暮らす方も居られるかも知れませんが、悪しからずです)。

Fm:DEN

長テーブル

中々小生のブログを見て頂ける方が現われませんねェ。我慢我慢!

今日は、ゴチャゴチャな物置状態で、木工作業に支障をきたしていた作業場
(工房などとはおこがましくて)を少しだけ(あまりにも散らかし放題だから)
片付けましたが、片付いた感じがしません(汗)。
明日も、片付け継続です、トホホ・・・! 片付けのための棚を作らなくては駄目かな?
作業場の写真撮るの忘れたー!
作業場は、元々は車を格納する為のコンクリートブロック建ての為、工具やら材料やらを置くと、
狭くてその上、冬は冷房完備で寒いこと(当然床もコンクリートなので)。

さて、予告しておりました「長テーブル」がこれ。

長テーブル1

◎ 作品概要
 ・材 料:ヒノキ?(貰い物で本当のところ不明、戴いた方に大感謝です)
 ・大きさ:長さ=2m
      幅=65Cm
      板厚=5Cm
      脚太さ=90Cm角(ウエスタンレッドシダー材)
      高さ=35Cm
 ・仕上げ:オイルフィニッシュ
 ・脚構造:折りタタミ可能

重くて二人がかりでないと動かせませんが、6~8人で座れ、ドッシリしてて大好評。
大きい為、作業場では作れず、テント(ターフ)を張って暦日2カ月くらい
掛かってしまいました。
天板は、反りが大きかった為、後ろにノコで何本もの割目を入れて反りを矯正、
重いのを一人で動かした為、腕が太く(本当は腕が痛いのだ)なっちゃったかな?

次の写真のテーブルは、暫く前に作ったテーブルですが、140mm幅、40mm厚
長さ90cmのパイン材(米松)を、カナダに行った時買ってきた「ビスケット」で
剥ぎ合わせ、長さ1.1m、幅55cmに作ったものです。
ビスケットと言っても食べるビスケットではなく、ブナの圧着材で作った
木材結合部品ですぞー(笑)。

中長テーブル

ナチュラル色オイル仕上げで、2~3人用に最適。
次女の所で使ってますが、時々次女宅に行ってはこのテーブルで、
ビールや焼酎や日本酒やらで、酒盛りをやってます。
次女の旦那は米国人ですが、日本酒好きでどちらかと言うと「変な日本人」ですかね。

今日は、ここまで。次回の作品自慢話をお楽しみに。==勝手にしろってが==

PS.今回は、はみ出し写真には成ってないですよね! DEN

手芸用糸巻きボビン作りました

電気ドリルを使った「木工旋盤」で、写真の様な物作ってみました。

手芸用糸巻きボビン

◎ 概要
  材 料:右の2個は「桜」のマホガニーオイル仕上げ
      中央は「雑木(不明)」のマホガニーオイル仕上げ
      左から2つ目は「米松」仕上げなし
      左端は「雑木(不明)」ナチュラルオイル仕上げ

今度は、赤味の木「えんじ」の木で作ってみようと思います。
知人からの注文で作りましたが、初めての木工旋盤加工で、
真ん中の穴の中心出しに苦労しました。
中央を「クビレ」させると、糸を巻いた時「ビヤ樽」状に巻けるそうです。
ブログ開始の最初に掲載した写真のもの
手芸糸巻きスタンド
糸巻きスタンド2
も注文を受け思案して作ったものです。
この「思案」がまた楽しいのです。
作りたい物を考えると、夜寝ていても考えてしまい(水平思考)「夜も眠れない」
事に成ってしまう事しばしば。
皆さんは、こんな事有りませんか?
次回は、先般作った一枚板の「長テーブル」を紹介します。
では、次回もチョコ見て! DEN

ナカナカ見つからない!

自分のブログが中々見つかりません!
ブログ管理ページを「お気に入り」に登録して置いたので、よかったけど。
とにかくマメにブログの更新をしないといけないんですね。

では早速作品写真を紹介します。
前回のブログでは、小物を紹介しましたが今回は、やや大きな作品です。
2坪小屋
2坪小屋

◎小屋の概要
 床面積:2坪(タタミ4畳)
 建築法:ツーバイフォー(2×4)工法、つまり「枠組壁工法」、木ネジと接着剤結合で強固
 屋 根:アスファルトシングル貼り
 内 壁:針葉樹合板貼り
 床 財:イエロー塗装コンパネ貼り
 外 壁:杉板ドイツ下見貼り
 断熱構造:壁&屋根&床≫スタイロフォーム(発泡断熱フォーム)
      窓≫アクリルやポリカ板による2重構造(全窓)
      ドアー≫2重板構造(全ドアー)
 外部塗装:オイルステイン仕上げ

建築は、2年前ですが半年掛かりました。地上で組み立てた屋根上げを除き、
全て自分一人で作業した為、今になって「良くやったな~」と思っています。

如何でしょうか?

はじめまして

”DENでん”です。
初めての「ブログ」です。
DIY(日曜大工)人で暇さえ有れば何か作っています。
製作物の写真を掲載して行きたいと思いますので、ご意見有りまたら宜しくです。
ブログ作成が不慣れな為、ミスも有るかも知れませんがご容赦を願います。
私が作った作品のひとつです。
手芸糸巻きスタンド

機能としては…

1 糸巻きは八つ付で、テーブルが回転します。
2 材料は最高級のケヤキです。
3 引き出し付で、ボビンが8個入ります。
4 仕上げはオイル仕上げです。
5 画像には無いですが、一番上には針坊主を取り付けます。

皆さんいかがでしょうか?ご感想をお聞かせくだされば幸いです。

プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。