スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出(2)!

今日は、そこそこ晴れてくれたのは良いけど、やはり太陽が顔を出すと
暑い事暑い事!

JJを連れて買い物に出向いたものの、JJが滅法元気に店内を走り回って
追いかけまわるジージは大変!
適度な疲れで、ついつい夕方「キドコロ寝」をしてしまいました。

チョコット昔の思い出!

小生のマレーシア赴任時代の思い出ですけど、昨日のミャンマー旅行
の続きではないんです。

1987年のシンガポールのクリスマスでの写真。

1987年、小生最初の赴任2年目の事で、同じマンションに住んでいて、
懇意にしていた、I さん一家(3人)と、、シンガポールのクリスマスを
見学に行った時の写真です。

写真は、ネガを「ナカバヤシ」のスキャナーでスキャンした物で、
ネガも古い事も有って、画質はいまいちですが、あしからず。

電飾
1987_12_26 Sin Xmas
1987年当時だけど、結構派手な電飾でした。
場所は、もっとも賑やかな「オーチャード(果樹園)通り」ですが、
スゴイ人出でした。

我が家族と I さん達
1987_12_26 Sin Xmas FI家
左:小生家族全員
右:I さん達家族

1987_12_26 S Xmas子供達&全員
左:小生の子供達
右:両家全員

シンガポールでの宿泊は、「ホリデー・イン」(ここは、れっきとしたホテルです)で、
そこでの写真。

Sin 「Holiday INN」で
1987_12_26 S Xmasホリインで
「両手に花(?)」の小生達と、たまたま居合わせたインド系の人達と
Wo2とが「パチリ!」。

皆、幸せ~な顔つき!

小生の最初のマレーシア赴任は、1985年~1990年で、
小生は家族と離れ、1週間の単身赴任生活。

家族がシンガポールの隣のマレーシアの「ジョホールバル」に住んでいて、
毎週休日に、シンガポールに有った「大丸」「伊勢丹」「ヤオハン」等に、
買い物に行きました。
勿論、現地の店にも行きましたよ!

子供達の学校も、シンガポールだったし、買い物以外でも、
良くシンガポールには行きましたね

古く画質の悪い、人物写真ばかりのシンガポールクリスマス編をご覧頂き、
有り難う御座いました。

また、以前から小生のブログを覗いて頂いてる方々には、
「また同じことだわ」とお思いでしょうが、改めてご覧頂ければ、
「アーリガタヤ・アリガタヤ!」です。

では又です。

DEN
スポンサーサイト

思い出!

今日は、午前中は結構の雨が降り、午後も雨が降ったり止んだり
曇ったり。
梅雨はとっくに過ぎたのに、良く降ること!

12年前の思い出

小生がマレーシア赴任中に、お母ちゃんと(4泊だったかなー)行った、
ミャンマーの「シュエダゴォン・パゴダ」の写真が出てきたので、
アップします。

写真は、もっと沢山有るはずなんだけど行方不明の為、
「地球の歩き方」のミャンマー編から頂戴した写真も掲載しますので、
悪しからず。

「ミャンマー」は、1989年6月までは、「ビルマ」と言う国名でした。
軍事政権が勝手に変えたらしいですが、今では公式に「ミャンマー」と
なってますね。

「ミャンマー」一有名な「シュエダゴォン・パゴダ」は、首都「ヤンゴン」に
有ります。

本物の写真ですが、マレーシア在住時に、A4サイズでプリント
して置いた物を、再撮影した物です。

シュエダゴォン・パゴダ
ミャンマーシュエダゴォンパゴダ
中央に写っている人物は、小生のおかあちゃんでして、
割にスラーっとしてますねー!

パゴダ境内は、裸足でしか入れません(イスラムのモスク等も同じ)。

真っ青な空と、金ピカピカのパゴダが対照的でした。
パゴダは、金箔が張られていて、本当にまばゆいばかりでした。

首都「ヤンゴン」は、以前は「ラングーン」といわれていましたね。
しかし今の政治の中心は、軍政時代作られた「ネピドー」です。

「ヤンゴン」では「ホテルニッコー・ローヤル・レイク・ヤンゴン」に宿泊。
「ミャンマー」と言うお国柄か、渋い感じがしましたね。

そして、本来の目的地である、パゴダの林立する事で有名な、
「バガン」へプロペラ飛行機に乗って移動。

「バガン」には、黄金に輝くパゴダも有るけど、石積み建てのパゴダが
多数、それも大から小(2~3m高)までピンからキリまで林立してます。

バガンのパゴダカタログ
旅・1パゴダカタログ
代表的パゴダの一覧で、殆んどのパゴダを見てきました。
案内は、日本語の話せる現地人のガイドでした。

バガンの風景
旅・2バガンのパゴダ群 (2)
スゴイ量のパゴダが林立してます。

バガンで代表的パゴダ
旅・パゴダの色々
左:シュエズィーゴォーンパゴダで「バガン」代表No.1
    シュエズィーゴォーンパゴダより後の建造らしい。
中:シュエサンドパゴダで、石積みの大きなパゴダ
    1057年建造
右:アーナンダ寺院本堂内の高さ9.5mで、4方に4体あり圧巻。
    直下で見ると怒った顔、離れてみると笑顔の黄金仏像。

「バガン」での宿泊は、「バガン・ホテル」、バリのリゾートホテル風で、
客室棟は「バガン」の遺跡風外観であり、食事もショーも中々
良かったです。

最後の日の観光場所は、「ビルマ」独立に尽力した「ボーチョー・
アウンサン将軍」の家で、あの「スーチー」さんの幼少時代に
暮らした家でしたが、当時は博物館として観光名所になってました。
(今日でも博物館だと思う)質素な生活を送っていたらしいです。

≪記憶に残ってる事≫ (約12年前の事です)
・小生達が訪れた頃は未だ軍政下で、貧しい国でした。
・観光地に行くと、裸足の子供達(コジキ同然)に取り囲まれ、
 「ボールペン」とせがまれました。
・国際空港の送迎バスは、東京のワンマンバスで、日本を
 走っている時と全く同じ姿のままでした。
 勿論、停止呼び鈴ボタンも付いたまま。
・自動車は、殆んどが日本の中古車、トラック等も「自家用」の
 表示や店の名前がそのまま、又、バスも「108」=栃木県の
 「東野バス」や、 「**観光バス」等と掛かれたままで、
 日本での衣装のまま。
 塗装変えもまま成らなかったんでしょうね。
・「ヤンゴン」の街を散策しいていると、日本語で話しかけてくる人が
 多いのに驚きました。
 その人達に聞くと、「日本で、ラーメン店で働いていた」とか、
 「日本の**に住んでいた」等との返答、日本との関りが多い国
 だったんですね。
・「ミャンマー」の食事は割りと口に合いました。
 「バガン」のホテルでは、赤飯に近いコワ飯も有りました。
・「バガン」は、無数のパゴダが有るけど、田舎的でした。
・「ミャンマー」も今は民主化されたので、訪問もし易いでしょうし、
 小生達の行った時期も、行きやすかったけど、数年前は、
 行くのにとても勇気の居る国でしたね。
 争乱中に射殺された日本人写真家の事件も有ったし。
 
飛行場で合った、ミャンマーの夫婦 (生写真です)
旅・1-1ミャンマーの人
真ん中の人は日本人ですよ、小生のお母ちゃんですから。

この人たち、日本人的な顔つきですよね。
「ミャンマー」の北の地方で、果樹園(みかん園だったかなー)を
営んでおり、以前は日本で働いていたとの事。

「ミャンマー編」は、写真が見つかったら、再放送予定ですが、
今日はコレまでとします。
とにかく、色々思い出されて懐かしいですね。


余談ですが、多くの海外のホテルは、一部屋ナンボで、
子連れなどでもエクストラベッド追加くらいで、同額で泊まれる
(エクストラベッド代が掛かる所も有る)ので良いですけど、
どうして日本のホテル(旅館)は、一人ナンボなんですかねー?

ではおやすみなさい! m(_。_)m

DEN

マレーシアの思い出(1)

久し振りに小生のマレーシア赴任時代の思い出の写真をアップ
します。

但し写真は、保管状態が悪かった為、カビにやられたものや
色調のおかしなもの等あるので、底の所はお許しの程。

それと過去にも紹介している内容が殆んどですが、
まとめなおしたので、底の所もご了承の程を。

しからば今日のその写真は、1986~1990年頃の物で、ネガを
デジタル保存した物です。



マレーシアのジャングル
1_Msiaジャングル
田舎のジャングルはこんな感じ。

全く人の手が入ってないので、色んな木々が勝手に競って生えて
いるので有ります。



田舎の道
2_BP西海岸田舎
田舎の道は、さすがにこんな南国テイスト!

民家の庭には、ヤシの木生えていて芝生ではないが、それに
近い草で覆われていて、良い感じ!



パームヤシの植林直後
3_パーム椰子植林直後
「ヤシの実オイル」の原材料と成る、パームヤシの苗木を植え
付けたばかりの、広大なパームヤシ園です。

パームヤシの広大な林
4_Msiaパーム椰子園
道路の両側は、何処を向いてもパームヤシだらけ!

空の、入道雲はさすがに南国の規模!

そして道路の路側帯が広い(赤土で陸上競技場のアンツーカー)事。
小生は良くここを走らされました。
(一般道で100Kmオーバー位いのスピードで走ってたので、危険回避)



次はゴムの木
5_ゴムの木
ゴムの木は、もともと南米に生えていたものを、英国の
植民地時代に、英国が持ち込んだ物らしいんです。

日本で見かける、葉っぱのでかい観葉植物のゴムの木ではなく、
白樺の、白くない木の様な感じなんですよ。

ゴム樹液採取
6_ゴムの樹液採取
こんな風に、木の表面を斜めに傷を付け、その傷の下に
小さな樋を付け(木に差し込む)下の付けたおわんに溜めます。

採取されたゴム液は、いわゆる生ゴムに成るんですねー!



マレーシアの川
7_MsiaBP川
マレーシアの国土そのものが平坦な為、川はグニャグニャと
蛇行してて、飛行機から見るとその蛇行が、良く分かります。

そして川の水は、黒ずんでいるか茶色に濁ったままなんです。

この写真の川は、小生が赴任していたBatu Pahat(バトパハ)
の、バトパハ川(スンガイ・バトパハ)の中流です。

川に掛かる橋
8_Msiaの川の橋
川の水面が、地面スレスレの為、橋はこのように高く成って
いる場合が殆んど。

この写真は、スンガイ・バトパハの上流です。



今後も、時折「マレーシアの思い出」編アップするので
御ひいきに。

但し、ブログ作成の為に撮影した写真ではないので、
見たいところに、手が届かない事が多々あると思うんですが
悪しからずご了承下さい。

では、次回(何時になるやら)です。



≪特別付録≫
1395269444258.jpg 1395269448581.jpg
「あっかんべー!」しちゃった。

DEN

訪加滞在記(30-5)

一応今回が、楽しかった ’13年トロント訪問記の最終回であります。

トロント滞在記最終版の最終回

色々な場所を見て歩いた Wo との楽しかった市内観光を終えて、チャイナタウンで
P と待ち合わせ。

この日は、小生と御母ちゃんが「韓国冷麺」が食べたいという希望を聞いてもらい、
早速「コリアンタウン」へ!

トロントには、大都会だけあって、また多民族国家なだけ有って、色んな料理のレストランが
有りますね。

コリアンレストランの一つに入りました。
7日韓国料理店前
メトロシアターが目立ちますねー!
目的のレストランは、右端に写っていますです、ハイ!

P の注文料理
7日韓国料理豆腐
豆腐を使った激辛土鍋料理(正式名は判りません)を注文、コレに何かの混ぜご飯。
Wo も似たようなものを注文して、旨そうに食べてました。

小生とお母ちゃんの注文品
7日韓国冷麺
韓国冷麺です。

写真撮るのも忘れて、箸を入れかかき混ぜてしまってからの写真で、スマンです。

この日は好天だったものの、やや涼しくなって来たのに「冷麺」とはこれ如何に?
と思われたんですね。

P には、「スズシイノ二レイメン? ホントニ!」と言われました。
レストランのウエイトレスには、ヤッパリ「涼しいけど冷麺で良いんですか?」(英語で)
「食べたいからいいんだよ~!」(日本語で)て、言い返しましたっす。

日本の小生の街では、冷麺食べたいのに中々食べられないので、「寒いのに?」と
言われても、頑固にコレを注文!

韓国料理では、前菜の「キムチ」が沢山出てきますが、ここでは4種類でした。
白菜キムチ・豆腐千切り(忘れた?)・豆腐キムチ?・もやしキムチでしたよ。

4人皆で美味しく頂きました
7日皆で韓国料理
天ぷらの様なものも有りました。

箸もスプーンも金属製で、昔の宮廷料理の名残だと思うけど、多分「銀」製ではないでしょうね。

客は、白人・黒人・黄色系・当然我々以外の日本人もいました、さすが移民の国で多民族だー!



滞在記の最後の写真は、コレです!

仲良く手芸中
9月22日仲良く手芸
コテージで Wo が P のママと、仲良くビーズで腕輪などの手芸品を作っているところで、
実にほほえましい!

所で、Wo のコテージでは、土曜日に雪が降っていたようですよ。




今日、頂いたビール

軽井沢高原ビールの「ワイルドフォレスト」(左端)を、いただきました!

軽井沢高原ビール

アルコール5%の、すっきりした呑み口。
このビールの「ワイルドフォレスト」と言う名前は、軽井沢のボランティア団体の名称で、
ビールの売り上げに一部が、この団体の動物を含めた自然保護のために、使われているそうです。



土・日には、勤め先の工場の事務所の床に敷く「床板」作成をしたので、それをアップしたいと
思ってます、乞うご期待!

DEN

訪加滞在記(30-4)

’13年トロント滞在記最終版(4)

今回は、トロントの大きなショッピングモールの、STローレンスマーケットをフィーチャーした
様なブログに成ってしまいました! (どうもです!)

ウオターフロントから、少し市街地に近い場所で、タクシーを拾って移動。

STローレンスマーケット
7日1STローレンスマーケット1 7日マーケットはデカイ
このマーケットは、観光客相手の店も有るし、ローカル人の買い物マーケットでも有るし、
とにかくデッカカッタです。

左の写真、観光二階オープンバスも見えます。

マーケット内部
7日マーケット内1 7日マーケット内2
平日だった為か、客数はさほどでなくユッタリでした。

専門店
7日ソーセージや. 7日漬物や?
ソーセージ類の専門店と、ピクルス(漬物)などの店です。
このソーセージ店で、おみやげ用のサラミを、結構多量に購入。

おみやげ店
7日お土産や日本語の宣伝
日本人も多く訪れるらしく、日本語の宣伝表記も!

ワーキングホリデーで来ていると思われる、日本人の娘さん達が、アレやコレやとみやげ物を
物色してました。

少々歩き疲れたので、搾りたてジュースを売ってる店から、小生がマンゴージュースを
買って来て、この店の前のベンチで、ジュースを飲んで休息。

色んな店で、買い物をしたりウインドーショッピングをしたので、帰路に着く事に!

帰路(と言っても、Pに中華街へ迎えに来てもらう)に着いた時に、ドッグシッター3組が
行き逢った所に出くわしました。

3組の、ドッグシッター
7日預かり犬に散歩3組?
夫々散歩中らしく、この写真は分かれて夫々の方向に移動始めたところですけど、
この前の時点では、3組が話合ってましたよ。

ドッグシッターは、旅行などで留守になる2~3軒から犬を預かり、面倒を見てくれるんです。
丁度その散歩中だったんですね。

Woは興味深深でしたね。

映画撮影に出くわした
7日映画撮影 7日撮影機材運搬車
古いレンガ造りのビルの外階段で、映画撮影中! 何の撮影だろう?

近くに、撮影機材などを運搬すると見られるトラックを発見!

俳優の乗る乗り物は、写真がは無いけど、立派なワンボックスのデッカイ豪華な車両でした。

狭三角ビル
7日有名な狭三角ビル
このビルは、狭小三角地に建っていて、とっても人気スポットらしいんです。
で、写真をパッチリ!(逆光だった為、ナイスポイントを探して撮影・・・)

郵便ポスト
7日郵便ポスト 7日市中心街?

徒歩で、市の中心街に向かう途中、郵便ポストを見かけたのでパチリ!

所が中心街に着いたら、ここにもポストが・・・・・ナーンダ、そんなに珍しい物じゃないんだ!


この市街地では、多くのバイクを見たんです。
多くのバイク
バイク編\bike 9

その後、ストリートカーで(だったと思う)、Pが迎えに来てくれる中華街へ向かいました。


今日は、以上です。





変なイナカッペ弁

いやー、何とも久し振りだなー「いなかぺ弁」!」

ヒョウズン語       イナカッペ弁
子を生む         子をなす・・・・・だぶん「生す」だんべ


「生す」って、一応標準語なんだけんど、殆んど使ってねーベね!

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。