FC2ブログ

サーモスタットBox(2)

サーモスタット(以下サーモと表記)Box作成すっかんね! (^ー^)

それにしても、今日は天気は良いんだげっと、気温が冷たいねー。
今朝方、寝室の温度計を見たら、5.5度だった。

エアコン、電気毛布など委細使ってないけど、ダウンの布団等タップリ
被ってるので、寝てて寒くは無し。

既にAM10時過ぎたし、ボチボチ作業すっか!(ここでブログ小休止)




サーモBox作成

ヤッパ寒いし、PM3時頃作業終了しましたです。

サーモ本体は、電気スイッチBoxの取付パネルに直接付かない為、
サブパネルが必要。

薄いアルミ製のL型アングルの切れ端が有ったので、それを折り曲げて
2枚重ねのサブパネルを作ってサーモ本体に取付、Boxの取付パネルに
マウント(取付)したっす。

作成経過写真

アルミ板加工 既に折り曲げて2枚重ねにしてある。
アルミ板加工前
左側の取付パネルに現物合わせをし、右の様にアルミ板(サブパネル)に罫書く。

サブパネル加工完
アルミ板加工完
穴あけ加工と、両側の切込加工。
バリが目立つが、見えない部分なので、加工したままですわ。

サブパネルとサーモ本体取付
サーモ本体へ取付
3㎜ネジを、菊型ワッシャー(内側ギザギザタイプ)を挟んで留める。

Box取付パネルへの取付
Box取付パネルへ
上の、シャフトの出ているのが、サーモの温度コントロール本体。
下が2個口のACコンセント。

配線
取付パネル背面
電源コード(白色)、サーモコントローラーの端子と2口コンセントとを接続。

サーモBox完成
7サーモBox完成
電源コードは、元コンセントに繋ぐ為、電線断面2m㎡でコード長は5m有る。

センサーとコイルは、露出でブラブラしているが、何か良い方法を考えっぺ。

Box取付穴
Box完背面
燻製器(箱)に取り付ける(引っ掛ける)為、引っ掛け長穴を、3箇所開けた。
上方に2つ、下方に1つの取り付け穴を付けたので、引っ掛けても安定するべな。

明日は、出かける予定が有るので、実用確認は明後日(11日)に成るな。(~ム~)

と言う事で、実用性がどんなものだか、楽しみにしてとごれ!

今日の気温
2013年2月9日作業場環境
今日3時現在の気温は、5.7℃でサブガッタわー!

では、又です。  m(_._)m

DEN

サーモスタットBox作成

先ごろから、木工作品作りに「分別ゴミ箱(兼 調理台)」の作成をほのめかして
一部作業開始していたDENだげっと、燻製器の温度コントロールの為の
「サーモスタットユニット作成」を先行させっかんね。 (^へ^)

燻製器温度制御サーモスタットユニットBox作成

そんでもって、サーモスタットの本体を収納するBoxとして、買い置きしてある
電工用Box(スイッチBoxや小形分電盤Box)等を持ち出してみたげっと、
イマイチ!

それは、こんなBoxです。
燻製器2月8日Boxたち

左下:壁用露出スイッチBox・・・小さ過ぎ
左上の下:配線ジョイントBox(上に乗っているのは、購入したサーモスタット)
              ・・・これでも小さい
右:小形屋外用配電盤・・・・・・・デカ過ぎ

どれも「帯に短しタスキに長し」だわ。  (ー.ー)




今日は、食料品などの買い物に出かけるので、ついでに「ビバホーム」に寄って
Boxを買ってくっぺ。  

てなわけで、現在AM11時、買い物に出かけますぞ。 (@¥@)




買って来たでー!

買い物のハシゴ(4店舗と1事務所)をしてきたので、帰宅はPM3時過ぎ、
だからDIY作業無し!

買って来た部品
燻製器2月8日使う部品1
中央のBoxが、今日購入してきた壁用スイッチBoxで、手持ちのものより
一回り大きく、サーモスタット本体がちょうど入り、2口コンセントも付けられ
そうで、良い塩梅だ。

右の、3つの袋入り部品も、今日買って来た部品だけど、一番下の1つは
   ACコンセント、上の2つはDCコンセントで、もう一台持っている
   CDラジオ(寝床用)を12Vで電池チャージ出来る様に改造する部品。
   (サーモBoxには関係ないね!)
左のBoxカバーと2口コンセントは、元々手持ちだったもの。

これを使う
燻製器2月8日使う部品2
Boxには、右の如く2口コンセントと、ブランク(空)の内部プレートを
付ける。

中央の、穴あきカバーを使ってカバーする予定だげっと、右の四角い板
(Boxの目隠しカバー)で、場合によっては、この板を加工して使う
可能性も有るです。

完成イメージ
燻製器2月8日Box完成イメージ1
マズマズの外観に成るな!

コイル部分は露出になっけど、本体は上手い事Boxに収めっからね。

コイル部分もBox内に納められっとベストなんだげっと、丁度良いBoxが
無かったんだわ。 (~.~)

コイルとセンサー部分が銅合金で出来ており、極端に曲げられない為、
フリーにしておかないといけないし、燻製器(箱)に固定しないので、
燻製器にセンサー部分を挿入する為、露出でも良いことにしたっす。

それでは、Box作りの乞うご期待!  m(_._)m
DEN

サーモスタット!

今日は、午前中にヤボ用が有り出かけたし、天候もかんばしくないし、
木工作用する気が沸かねーんで、作業休みだね。 (~_~)

燻製器の「温度調整器」

ネットで注文しておいた「サーモスタット」が、届きましたでー! (^o^)

米国の「ロバートショー」社のもので、EA3-L 型(15~120℃)。

店の冷凍・冷蔵ショーケース等にに付いている、直径10㎜・長さ100㎜
程度の、真鍮製のセンサーと同じ様なセンサーを使っており、液体を使った
「液圧式」と言うもので、信頼性が高いんだと。

これです
ロバートショウサーモ2月5日
ビニール袋に入っているのが現物で、右の赤い箱に入ってだんだわ。

コイル状の細いパイプの中には、液体が入ってるので、急峻な曲げはダメ。
取り扱いには、注意がいっぺなー! (やれやれ!)

燻製器に引っ掛けるような「コントロールBOX」を作んなくっちゃ。
どんな風に作っか、お楽しみあれ~!




癒しの植物

「サーモスタット」の記事だけでは寂しいので、おまけ記事っす。

家の中に置いてある、小さな花等の植物をご覧下せー!
お母ちゃんが、飾りつけましたっす。

玄関正面
花1玄関正面2月6日
玄関入って上がった正面。
(部屋のドアーを開けといたから、右下に写っちゃってんね)

台に使っているのは杉の丸太で、姪2号宅の屋敷内に有った木の切り倒した物を
頂いて来たものだす。いいっしょ!

玄関内横
花2玄関側面2月6日
玄関入って上がった直ぐの右側。
(右下に見えるクツは、小生の作業靴)

洋間のテーブル上
花3洋間テーブル2月6日
テーブルは、普段使ってないので、こんな風に置いてんだわ。
(テーブルクロスが汚れてっところは、見て見ぬフリして下せー!)



あんま興味を持ってもらえない内容かも知れず、恐縮でっす。 m(_。_)m

DEN

サンマの燻製作り

分別ゴミ箱を作って居る頃なんですけんど、那珂湊の市場で、燻製するべと
買い込んできたサンマのヒラキが有るんで、それを先行。

今日は今日で、用事があり木工せづ。
なので、サンマの燻製についてチョックラ書くがんね。

何で、ヒラキサンマかと言うと、先日、生サンマを自分で開いたんだげっと、
大変手間が掛かったんですよ。
そんで、塩付けもされ、既に開いてあるヒラキサンマを使ったわけだす。

元々実家の父親が魚もやっていて、イナカの結婚式などに料理を作ったり、
つまり魚さばきのプロだったんだげっと、それなので小生はサンマの
ヒラキなんちゅう物は、全くやったことが無くて、しかも包丁は家庭用の包丁。
大変でしたっす!

できばえは中々で、おかあちゃんから合格点もらいました、が、とにかく
手間取りましたっす。

サンマを水洗いし、ハーブ付けして3時間冷蔵庫で香り付け。
その後、ハーブを落として水気を取り、乾燥箱へ投入。

乾燥箱で乾燥
サンマ乾燥
20本入ってます。

そして強制換気ファンで乾燥、サンマが揺れていたから、結構空気が
動いてんだなー!

薫製器へ投入
サンマ燻製器入れ
20本だと、かなりの密林状態だ!

燻製は、夕方6時頃に終了し、その後空気に触れさせて一晩寝かせて養生すますだ。

燻製後の養生
燻製後の養生
乾燥箱を利用し、一晩寝かせますだ。

最終保管
サンマ燻製の保管
ビニール袋に入れた上に、大き目のタッパーに収納し、それを冷蔵庫で保管。

そして今日、口に入れました。 (^ー^)

お母ちゃんなどは「旨い!」と褒めてくれたげっと、小生的にはやや燻臭い感じ。
と言うのは、燻製中ウッカリ監視を怠ってる間に、スモークウッドが燃え出して
しまったんです。   (トホホ!)(TへT)

「失敗は、成功のもと」って言うし、結果オーライだんべー!

DEN

ファンユニット作成(2)

ユックリの進捗なんだげっと、一応出来上がったんで、ご覧くだせーな!

乾燥箱強制換気ファン作成

ファンベース板穴開け
乾燥箱1月21日1ファン穴開1
ファンの穴を、バッテリー式ジグソーでカット。 穴径90Φ

バッテリー式は、コードが邪魔になんねーで、使いやすくて良いねー!

穴開け完
乾燥箱1月21日2穴明完
右にあるファンを、ジグソーで開けた穴(中央)に、左のネジ(3㎜)で固定。

45度突合せネジ留め
乾燥箱1月21日3枠コーナーネジ止
ビスケット留めするまでもないので、ボンド併用ネジ留めです。
尚、ネジ頭の部分はネジを奥まで届かせる為に、10㎜くらい座繰ってます。

座繰ったネジ穴は、ダボで生めてやっか。・・・・・・後でね!

ベース板にボンド塗布
乾燥箱1月21日4ベース・枠ボンド止
タイトⅢボンド使用。 

枠にボンドを塗ってあるんで、これをひっくり返しして、ネジで留めんだわ。

ネジ打ち
乾燥箱1月21日5ベース・枠ネジ止
ベース板が5㎜と薄く、枠も10㎜、トータル15㎜なので、使ったネジは、
長さ12㎜の皿ネジっす。

突合せ部段差修正
乾燥箱1月21日6枠段差カンナ掛け
カンナで段差を削って修正。 ついでに、枠周囲もカンナで仕上げまった。

ファン取付
乾燥箱1月21日7ファン取付
少し傾いてっけど、マッ良かんべー。

内側(下側)
乾燥箱1月21日8ファン付完底面
ファンがチョックラ小ちゃいけんどね!

本体天面交換開始
乾燥箱1月21日9取替え準備
上の網天面を外し、下に置いてあるファンユニットを取り付けます。

こんな感じ
乾燥箱1月21日10本体へ取付
モーター丸出しで、ミットモネーがもしんねーゲット、実用本位で行くべ。

比較
乾燥箱1月21日11交換前 乾燥箱1月21日12交換後
左:網天面の場合(あれ!後ろ側だ)。     右:ファンニットの場合

尚、天面の取り付けは、外せる丁番何で簡単に交換出来んだわ。


電源は必要だげっと、これでゆるい風だげっと、強制乾燥出来んな!



おまけ

小銭財布に長い鎖取付

チッチャイもんだがら、チョコット上着やズボンのポケットに入れといて
落とす事が有っから、フックでバンド通しなどに引っ掛けておき、落としても
ぶら下がっている様にしたんです。

2013年1月21日財布鎖フック付



作業場環境

今日は、風が無く作業出来る程度の気温(と言っても4.4℃)だったんで、
以上の作業をやったのであります。

2013年1月21日作業場環境


昨日、卵とサンマの燻製を作ったんだげっと、燻しが少し不足して、小生としては
失敗作だったね。

DEN
プロフィール

DENでん

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR