スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になりました!

突然ですが、今回をもって小生のブログを暫く休止いたします。

2010年にブログを開始してから6年を経過し、皆さんには暖かいコメントを頂き、本当に有り難うございました。

小生のブログ、内容も何となくマンネリ化してきており、皆さんにもあまり興味を持って見て頂けないと思います。

これまでの、「こんな物作り」作品の一部の写真をアップしますので、「DENは、こんな物作ってたんだ」と思ってご覧ください。

4小屋

3イス

6カップボード

2糸巻ボビンホルダ引出全開

1完成外観

2風力発電機

では、皆さま少し早いですが、「良いお年を、お迎えください!」

DEN
スポンサーサイト

こんな物つくります(最終)

小さな岡持ち!

仕上がりました。

出来上り
16-12-23出来上り2
小生の「焼き印」を付けました。

裏にフェルト貼付け
16-12-23出来上り裏
テーブルなどに置いた時、置いたテーブル等に傷を付けない様、フェルトを張り付けました。

作った小物入れは、実用を重視し、取っ手の手掛の形以外はシンプルに作りました。

これを作るきっかけは、テーブルの上に結構いろんな物が雑然と置かれているので、不便の無い様に片付けたいと思い、4年前に作ったんですけど、物入れ部分が浅かった為、TVリモコンなどを入れると倒れてしまい、今回の物は深くしました。

今日は、出来上がりの報告です。

DEN

こんな物作ります(2)

小さな「岡持ち」作り
今のテーブルの上に置いて、リモコンやたばこその他の小物を入れる為の、入れ物ではがきの幅の物が入るように、またリモコンを入れる事を想定し、少し深い入れ物です。

ベース板の溝埋め
ベース板は、丁度良い巾のレッドシダーの端材板が有ったものの、先のブログでご承知の様に、残念ながら端っこに溝が掘って有り、使うのをあきらめ掛けたんですけど、これを埋めて使う事に。

16-12-20ベース溝埋め
ベース板は、研磨してもヤニのシミが取れなかったのであきらめました。

埋め木の幅の丁度良い木が有ったが、長さが短いので、3本使い埋めます。
埋め木を作り、ボンドを付け溝に入れてクランピング。

出ている部分をアサリ無しのこぎりで切り取り、手カンナで平面出しして完成。

取っ手部分の加工
取っ手の手持ち部分は、手になじむのでハート形に切り抜きます。

手持ち部分の加工
16-12-20取っ手バリと面取り
始めに、直径35㎜のフォースナービットで2つの穴をあけ、次に糸のこ盤で2つの穴を切りつなぎ、彫刻刀や木工ヤスリで均しルーターで面取りします。
写真には無いけど、均しにはミニサンダーも使用。

枠の組み立て
先に加工して置いた側板を組んで、枠を作ります。

枠組み立て
16-12-21枠組み立て
結合は、突き合わせだけど、ボンドとエアーネイラーのネール(釘)で固定。

枠の修正
16-12-21枠修正加工
枠の凸凹を手カンナでそろえ、ネイルのクボミは目立たなくすべく、水を付け木を膨らませる作戦。
クボミは幾分見えにくくなったものの、完璧には塞がりません。
しかし、以前作った時は穴埋め用のコンパウンドを使ったけど、オイルが浸みこまず目立ってしまったので、今回は穴埋め材は使わないです。

取っ手・ベース板取付

ベース板埋め木仕上げ
16-12-21ベース板溝仕上げ
溝埋め木の出っ張りを、カンナで削り平らにしました。
ベース板のこの面は、下(底面)にして使います。

ベース板取付
16-12-21ベース板取付
ボンドを塗り、底面からミニネジで枠に(枠を)固定。
この底面は、フェルトを貼るので、見えなくなります(木口は見えるけど)。

オイル仕上げ
ワトコオイルを塗って仕上げです。

オイル塗布
16-12-21オイル塗布
使ったオイルは、カナダで購入したもので、日本で売られている容器と異なるんです。

オイルは、木に浸みこんでさらに表面が硬く固着し、なんとも言えない色に仕上がるんです。
その為には、1回目はタップリとオイルを塗り、木に十分浸み込んだら、固まらないうちに拭き取り、細かい目のサンドペーパーで表面を磨きます。
すると、木の粉が、表面のザラザラ面に入り込み、ザラツキが改善(少しですけど)されます。

2回目は、オイルをしみこませた布で刷り込む様に塗り、乾燥したら布で磨きます。
オイル塗布しても、年月を経ると次第にあめ色が増してきて、更に良い色になります。

最終仕上りは、次回のアップです。


カナダは寒い!

16-12-20Wo2地方の気温
Wo2の住んでる地方(カナダ)の気温、-25℃ 体感温度―32℃、鼻の中も凍るらしい(12月14日)。
部屋の中は暖かいけど、外がこれでは小生暮らせない!

DEN

こんな物作ります

看板作り・取付も終わり(もう一つ作らないといけないけど)、小物作りをします。

小さい「オカモチ」作り

テーブルなどに無造作に置いてしまうもろもろの物(リモコンもその一つ)を入れる、小物入れを作り始めました。

以前に作っているので、思い起こしながら作業します。

これです
16-12-19小さいオカモチ
これは、4年前に作ったもので、5個作ったうちの一つです。

材料加工

主材料は、野地板で、ベース板はウエスタンレッドシダ―です。

板をカットして、表面をサンダーで研磨します。

ベルトサンダー
16-12-19ベルトサンダー
サンダー(B&D製)に角材を取付て、クランプで作業台に逆さまに固定。
サンディングベルトが最後の一本で、新たに購入しなくては!

側板サンディング中
16-12-19 側板サンディング前中
上はサンディング前・下が反って出ている部分を、サンダーで削った物。
ベルトサンダーによる粗削り工程で、板が少し反っているので、サンディングしながら削って平面を出します。

自動カンナで削っても良いが、薄い板の場合、カンナのローラーで押さえられる為、反りが矯正されてしまい、凸凹を修正しにくいので、今回はサンダーで平面出しをしました。

側板粗サンディング済
16-12-19 側板サンディング済
側板の長辺・短辺の4枚の板の、粗削り(サンディング)済。

ベース板
16-12-19 ベース板
ベース板は、端材として手元に有った「ウエスタンレッドシダ―」材を使います。
この板は、ヤニの出たSPFの端材と重なっていた為、ヤニが付いているのでヤニを落とし、更に溝も掘ってあるのでこれを埋めなければならないんです。

以上の作業をして、次に仕上げの研磨をしようと思ったら、その仕上げの為のサンダー(三角型)のサンディングペーパーの手持ちが無くなっていることに気付き、ベルトサンダーのベルトと共に、隣町(市)に有る「コメリスーパーホームセンター」に出向いて、買ってきました。

ここで夕刻になったので、今日(19日)の作業は終了としました。

明日は、オカモチの取っ手を加工し、全ての板を三角型サンダーで、仕上げサンディングをします。
上手く行けば、組み立てまでこぎつけるかな。

DEN

看板作り(7・完結)

やっと取付しました。

看板取付完了

こんな場所に
16-12-15看板取付場所
小さな交差点角の建物で、取付場所に悩みましたが、この面の壁の右端です(右の写真のところ)。
肝心なところに、「道路標示」物とミラーのポールが有りますねー!

付けました
16-12-15看板取付完1
思った通り、「手しごとの店」が白なので良く目に付き、それなりの効果あり、更に近くで見れば良く見え、目が行けば当然「POPCORN」を見る、と言う事ですね。

依頼主も、他の方達も「木の温もりが有ってすごく良い!」と言ってくれましたわ。(^_^)

ちょっとポールの陰に
16-12-15看板取付完2
ヤッパリ道路標示物のポールが邪魔してますねー!
この看板だけでなく広くあいている壁に、一つ文字を書いただけだけど、もう一つ看板(手の込んでない)を付ける予定。


尚、この店は店と言うより工房ですかね、人が集まり、手芸品をコツコツと作ってましたわ。

一生懸命作ってました
16-12-15手芸作成中jpg
皆、賑やかに(黙ってコツコツじゃないの?)作業してましたですよ。

この日は、先般改造したフォトフレームに入れる立体(3D)絵、マグネット付きフックや、奥の部屋ではワタの様なものを針(先般木の柄を付けた)で突き固める小物(サボテン)等を作っていました。


作品例
16-12-15作品1
16-12-15作品2
16-12-15作品3

掲載しきれないので、これくらいにしておきますが、もし訪れることが出来る方は、一度訪問してみてはいかがでしょう。
作るのも楽しいですよ!

場所は、大田原市「中央多目的公園」南端の十字路の角に有ります。
小生作の看板が目印ですよ。

DEN
プロフィール

Author:DENでん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。